自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポリフェノールカレー

今日午後から出動です。
なので、午前中はエステサロンから依頼をうけてたポリフェノールカレーを作ってました。
今の時期、トマトがないのでお水を加えてつくりますがオリーブオイルで玉ねぎをしっかりとアメ色にしあげます。
2ヶ月前の三田の玉ねぎですがほったらかし状態でも悪くなっていません。
他に生ニンニクやサツマイモ、皮をむいた長ナスをふんだんに使います。
そして決め手は紫ニンジンのパープルスティックです。
表面のポリフェノールと甘味がかなり好まれています。
煮物の極意は肉じゃがでも30分程度煮込んだあと、火を消して三時間ほど放置するだけ。
これで格段に味がかわってきます。
有名料亭もこのやり方です。
カレーは自分流にこれをなんども繰り返して完成させてます。
スポンサーサイト

ツルムラサキ

明日は疲れがひどいため休暇をとることに。
畑で痛めた足首が日増しにひどくなりなかなか普通に歩くこともできず週末の立ち仕事はきつかったです。
帰宅後は横になっていたのですが朝から何も食べていなかったので仕方なく台所に立つことに。
さて、最近人気のツルムラサキですがレシピをバージョンアップしました。
はじめに適度に切ったベーコンをカリカリ手前まで炒めます。
その後、半分に切ったツルムラサキを入れて半生状態まで炒めて、塩控えめにしてコショウするだけ。
癖になりそうです。
ツルムラサキの食感は、太いほうれん草のイメージで癖は全くありませんのでどんな料理にもあいますよ。

新しょうが

そろそろ、新しょうがも島オクラも栗坊も週末で終わりだそうです。
新しょうがは、おろして冷奴にかけて食べると香りもよくオススメです。
また薄切りにして醤油だけにつけておくとご飯がすすみます。
少し塩分が多すぎるように思えますので、お酢とみりんで調整してください。
残った醤油は調味料としても使えて便利です。
それから縦きりにしてクリームパスタに最後に入れると最高ですよ。

コラボレーション

本日も会議室に閉じこもりで先ほどまで環境ビジネスについて議論してました。
お店の片付けがおわってないため深夜まで作業に追われそうです。
また最近、毎週、コラボレーションしている畑によっているためオープンは13:00からにしています。
今のペースだと早い時期に自分の作った野菜を店頭販売するのも遠くはないかなあと。

西洋野菜

本日は、久しぶりに7時すぎまでぐったりと寝てました。
もう少し寝てたかったのですが9時から西洋野菜の農家さんへ訪問予定だったのでバタバタしながら出かけました。
とても若い青年が西洋野菜の種をイタリアより購入して無農薬で栽培しているのには関心しました。
しかしながら、農薬を使わないため全体の半分も商品にならずに赤字続きで、レストランに営業しても野菜が珍しいため使い方がわからないと敬遠するようです。
料理人なら少しは勉強したらどうなんだと少し不満をぶちまけました。
サンプルとして、無料同然の金額にてロメインレタスをいただきました。
冷水につけるとパリッとして生命力の強さを感じます。
本日、購入された方は試してみてください。
帰りに直営店でお肉とキムチを買って、午後からはお店のリニューアルです。
大幅に改良しているため結局は本日中にできあがりませんでした。
かなりの筋肉痛です。
さて、本日はお肉を細切りにしてニンニクと一緒に炒めて、ロメインレタスでお肉とキムチを巻いて食べました。
サラダは、匠のリーフサラダに完熟いちじくと花オクラ、島オクラを添えていただきました。
これだけ食材がよいと外食する必要はないかと最近思います。
花オクラは、オススメです。

噂というのは不思議なもので、なんと当店が近くの果物屋さんと一緒に経営するとか。
火のないところに煙はでないといいますが、火がなくても煙がでてしまいました。
ボクは協業やチェーン展開が嫌いで、どこかの系列というのもいやなんです。
つまり、いま問題になっている偽装などは流通や管理体制に問題があるため自分で管理できる範囲内でないと本当に自信をもって安全なものは提供できないかなあと。
なので、これからも独立してやっていきます。

オリーブオイル

昨日も朝方、風はいくらか涼しくなったものの気温は暑く、またまた日焼けしてしまいました。
暑い中、お越しいただきありがとうございました。
やはり夕方近くになって高齢のせいか金曜日の作業の疲れが筋肉痛として出てきてしまい、帰宅したらクタクタでした。
しかしながら、野菜は完売状態で身体がおいしいものをほしがっていたので、いつもの夙川のオリーブオイル専門店へ。
こちらは、月に1,2回は通っているお店ですが毎回、違うメニューを頼んでは驚かされ、参った!の一言です。
バーニァカウダも野菜を盛るだけでなく野菜の味を最大限にひきだされています。
他の料理も素材とオリーブオイルの使い方が絶妙です。
うち会社の人間は、お金もち風の方がお店から出て行かれるのをみて敷居が高くて入りづらいといいますが、ボクが行くのですからそんなことはありません。
いつも営業のときと同じかっこうで貧乏くさくサンダルで行っています。
数年前はこのような格好で門前払いを何度も経験していますが最近は不況ですしこれでフレンチも大丈夫ですよ。
ヘタなお店に2回通うより、本物志向のお店に1回通ったほうが心も体も癒されるかと。
当店の名前を出していただくと話はスムースにいろいろとお話していただけると思います。

台風

ボクの実家は宮崎の日南市でいつも台風がくると最大風速で取り上げられり油津という町です。
母一人なのでいつも電話をするのですが、何だか人気もありざわついていると思いきや近くで避難勧告うけた人が大勢で実家にきたようです。
体育館には行きたくないらしく、なんとも田舎らしい。
今回は、先ほどまで土曜日の営業を迷ってましたが、なんとかいけそうなのでリーフサラダを発注しました。
今回はピリ辛系としてレッドマスタードとレッドピリカラの二種を取り入れました。
これでよいバランスのサラダが出来上がるでしょう。
今夜はリーチイン冷蔵庫の搬入を夜に行うため週末はゴチャゴチャしたまま営業の予定です。

アンチョビ

先日、販売してた高級アンチョビは漬け込んでいるオイルのレベルがまったく違って、ビンの蓋をあけても全く白くならずサラサラしているのには驚きです。
やはり値段ほどはあります。
さて、オリーブオイルにニンニクと鷹の爪、アンチョビで前準備して玉ねぎのみじん切りを入れてあめ色になったら余った野菜を二センチほどのサイコロ状にカットしたものを入れて煮込みます。
じゃがいもは煮えにくいので一回り小さめがよいでしょう。
じゃがいもが煮えたらできあがり。野菜はズッキーニやなす、パプリカ、トマトなどをどうぞ。
時間がたつほどに美味しさが増しますよ。

リーチイン

ようやく、お店にリーチイン冷蔵庫が入ります。
かなり大きく、これでより鮮度を保ったままの状態でお野菜をご提供できそうです。
これまでは、お店に運んでくるまでは保冷できていましたがお店では木箱に置いたままなので鮮度が少なからず落ちているようでかなり気になってました。
特に夕方にこられる方には申し訳なく思っていたのでこれで解消できればと思っています。
週末は店内リニューアルでゴチャゴチャしているかもです。
また、台風も避けられない場合は露地栽培のため収穫できないので突然お休みするかもしれません。
状況をみてご連絡いたします。

花オクラ

本日も暑い一日でした。
そんな中、最近来られるようになったお客さまが多い一日でした。
いつもありがとうございます。
本日の主役は、やはり花オクラでしょうか。
レモン色の大きい花びらを食べるのですが、これがまた噛むほどに粘りがでておいしいのです。
ボクは、リーフサラダと混ぜて食べました。
または、ユッケを花オクラで巻いて食べると絶品です。
次週末に収穫できたらまた販売します。
おそらく、お野菜好きにはたまらないでしょう。
最近はパレルモさんがいろいろと興味深くチャレンジされているようです。
パレルモさんでもリーフサラダや他の野菜が評判いいらしく一安心です。
あとは、ツルムラサキですが、さっと湯通しして胡麻和えやカラシ和えなどが定番ですが、オリーブオイルに刻んだアンチョビを入れて半生でいためて食べるのも通ですよ。
丸オクラとモロヘイヤは、細かく刻んでカラシと麺つゆ、お酢を混ぜてトロトロにして海苔や韓国海苔で巻いて食べるとよいでしょう。
そのまま天ぷらにするのもおいしいかと思いました。
もし機会があればいかがでしょうか?

鶏レバー

最近は焼肉などあまり食べなくなりました。
多分、動物性油が身体にあわなくなってきたようで、カルビも四枚食べると気持ち悪いくらいです。
毎日、色とりどりの野菜を食べれることに幸せを感じるようになりました。
今はお米の食べ比べでまた脂肪がついてきましたが、涼しくなったらお店をする前のように10キロのランニングをしようと思ってます。
さて、昨夜は鶏レバーを臭みのとれる極意で下処理をしてオリーブオイルにニンニク、唐辛子、赤ワイン、粒マスタードを入れて煮込みました。
オリーブオイルと粒マスタードはなかなか相性がよく、最後に残ったオリーブオイルをバケットにつけバジルと一緒に食べました。
これまで食べたことのない珍味でハマるかもです。

オンリーワン

明日、農家さんに提案する資料づくりで睡眠不足です。
うまく受け入れられればよいのですが。
農家さんは仕事に見合う収入を得たいのですが高いと消費者がこまります。
野菜の値段は手間隙にかかった時間と比例します。
ミニトマトやスティックセニョール、無農薬栽培が高い理由です。
ならば手間隙を少しでもかけさせなければ、よいかと思いました。
例えば、葉つき枝つきの枝豆だと安く仕入れができデパートで1000円以上のものが500円程度で販売できます。
昨年も出したのですが葉っぱをとるのが面倒なんです。
葉つきならばより鮮度もよく安く買えて農家さんもお客さんもwinwinと考えてます。
ミニトマトも枝つきだと農家さんは楽で夏野菜収穫後の後片付けも少し楽になりお客さんの子供さんらの食育にもよいかと。
もし家庭菜園されているなら残った枝や葉はゴミでなくオリジナルで強い堆肥となります。
このような売り方は農家さんとの信頼関係もあり簡単に真似できないので当店としてはオンリーワンの経営となるわけです。

栽培計画

本日も暑い中、お買いいただきありがとうございました。
今朝方は、強い大雨だったので気温的には居心地よかったのですが9:00すぎには猛暑に。
急に仕入れを変更できず本日は少々在庫が発生しました。
しかしながら、農家さんとの新品種栽培計画を順調に進むことになり、ますます今年の冬が楽しみになってきました。
もっと変わった見たこともない野菜を販売しようと思っています。
さて、今夜は豚肉のステーキです。
端の脂肪部に切れ込みを適当に入れることで焼いたときにU字に曲がらず平らのままとなります。
お肉を焼くのに同じ火力で火が通るまで焼く方がいますが、お肉にストレスを与えないためにも弱火から中火で短時間焼いて、あとは余熱で中身まで熱を通すことをオススメします。
地道な作業ですがボクは3度ほど繰り返してお肉の中身まで火を通して肉汁を閉じ込め最高の状態で食べるようにしています。
野菜は、12種のリーフサラダです。リーフ系だとお腹にたまりませんので、今日は丸オクラを軽く茹で、縦に切ってイタリアン風に飾ってみました。
リーフは通常、つけ合せで使われて脇役だったりしますが当店のリーフは主役として使っていただき、旬の野菜をミックスするとよいでしょう。

Francfranc

よくどのようなお店にしたいのかインタビューを受けますが、イメージ的には野菜のFrancfranc版かなあと。
野菜を雑貨屋みたいな感じで楽しく付加価値をつけて売りたいです。
安全性や鮮度は当たり前ですが見た目や栄養価、味を追求したいのでイタリアン野菜や伝統野菜に力を入れて、どこかのタイミングでガラリとお店のデザインをかえたいなあと。
もちろん、入門的なポジションで地元野菜もつづけます。
野菜を価格だけで判断するお客さんはターゲットにはしないので、少し高いかなあという印象を今は持たれているのでちょうどいい感じだと思っています。
今週末のリーフサラダは12種類セレクトしました。リクエストにあったサラダ春菊とピリ辛系ではルッコラ、甘系ではターサイを追加入れ替えしました。
将来的には16種類にしたいと思っています。
セルフスタイルでお好みのリーフでオリジナルのサラダミックスをどうぞ!

仕入れ専用車

夏休みにカーコンビニの整備不良で廃車になったニューマシンの手続きがまだなので、明日か明後日は休もうかと。
いつも整備に出している工場は親しいのですが、高級車ばかり扱っているためさすがに軽自動車をお願いするのは申し訳なくて別会社に出したのですが、価格の安さは必ずどこかリスクがつくんだなあと。
高速道路でエンジンのボルトが外れて止まったので命拾いしました。
ところでバジルなど葉ものの鮮度や長持ちは収穫方法なども影響します。
葉に傷をつけたり雨に濡れたまま収穫すると短い期間でダメになりますので、あとで農家さんがどのような扱いをしたかすぐにバレるというわけです。
かなり手間のかかる作業となります。
ただ保存する際に冷えすぎて低温障害を起こす場合は、流通と販売サイドに原因があるためかなり気をつかいお店まで運んでいます。

時給

なかなか食品偽装がなくならないようで、やはり中国やベトナムあたりはどんな薬品を食品に使っているのかわからないので食べないことにしてます。
外食のときもかなり気をつけてますが、食材がいいところは値段も高くつくので食べたいものは仕入れてお店で取り扱うようにして自分で作ったほうが安心で安上がりかなあと。
ボクの土日の時給は120円程度なので、そんなに楽な仕事でなく少しでも油断するとすぐに赤字で余裕はありません。
土日だけで月にかかる家賃や冷蔵庫の電気代を稼ぐ必要があるためかなり過酷な条件で働いています。
ただ、これをクリアできて平日営業となるとかなり楽になるはずです。
ちなみに農家さんの時給はだいたい80円にも満たないです。
ボクの本業の時給は数十倍なので、残業一時間すれば土日働かなくてもゆっくり過ごせるのになあとたまに思ったりします。
そんな時に限って農家さんから電話があり、元気な声で週末新しい野菜たべてみて~と言われると何を血迷ったか断然やる気が起こるといった繰り返しです。
さて、昨夜は久しぶりに手打ち生パスタをたべました。
たっぷりのオリーブオイルにニンニクと唐辛子を入れて余った加茂なす、パプリカ、トマトを細かく刻んでたっぷりと。
パプリカとトマトの赤色と最後に加えたバジルの緑色のコントラストがとても綺麗でした。
それからオクラも縦切りにして最後に熱をくわえます。
始めにいれるととろみが出すぎてパスタがおいしくなくなるので。
たまたま親戚がきていて、いつもこんなに豪華なの?と驚いてましたが、残りものを消化しないといけない使命感で必然的にこうなっているだけです。

経営戦略

時間をみては色んな経営戦略をたてています。
いまは広い農地を借りて当店オリジナル野菜を作る計画が進んでいます。
これで農家さんの収入は安定し、こちらが欲しい野菜が手に入る仕組みで、なるべく収穫に参加したり自分で栽培したいと思ってます。
うまく進めば平日営業の準備はできあがるので、あとは毎週100名ほどお客さんがくる見通しさえつけばスタートする予定です。
同時に会員制として一元さんお断りにしようかと。
これには理由があり、お客さんの好みや要望、家族構成、健康状態を把握したうえで喜んでいただける野菜を提供したいので。
これまでの農家さんや販売店は根拠もなく栽培したり販売してるので売れ残りが生じているのかと思いますし、誰に提供するかを知ることで偽装やいい加減な栽培はしないと思っています。

コリンキー

今週もコリンキーが収穫できそうです。
生で食べれるカボチャですが甘酢漬けにして食べるとやめられません。
先日、イタリアンレストランが欲しがっていたので提供したのですが、不評らしく試食してみるとマズい。
どうもイタリアン野菜すらも知らないシェフが多く単に調理が下手なだけでした。
一体なにをもってイタリアンというのだろうか?
パスタとチーズ、ワインさえあればイタリアン?
と思ったりもします。
本当のイタリアンは野菜とオリーブオイルがメインだと思うボクとはどうも話があいません。
今はフレンチのほうが素材にこだわるようになってきました。
かなり昔ですが、フランスでは土地、気候、流通網の関係で新鮮な野菜が手に入らなかったのでソースがメインになってたようです。
さて今回、コリンキーを栽培されている加東市の農家がプッチーニを栽培されていて、出来上がったそうなので週末にはデビューするかもです。

顧客第一主義

昨日は完売したものの暑さで身体もだるく開店から大幅値引きやオマケをしていたせいか売上半減だったので驚きました。
もちろん利益すらもなく販売に集中しないとまずいなあと。
夜は鶏専門のお店から相談をうけてましたのでゆっくりもできず。
このお店は順調経営らしいですが他店と差別化したいとのこと。
鶏の素材にこだわりをもっているので今度は野菜も強力な武器にしたいようです。
ほとんどの方は鶏肉だけでなくサラダも注文しますがドレッシングで味付けしてるためサラダも油っぽく感じるようです。
そこで野菜本来の味を前面にだして素材で勝負したいとのこと。
こちらは利益優先でなく顧客第一主義なのでしばらく協力することにしました。

天然きのこ

どうも月曜日は一番疲れがたまっているようで仕事がはかどりません。
ただいま、天然きのこ類の交渉が難航中。
どうも中国産が多く国産でしかも天然ものを提供したくて動いてました。
最近は舌が鍛えられ飲食店で中国産ニンニクが使われているとすぐにわかります。
特に焼肉屋のニンニクは要注意です。
自己流ですが野菜は舌の奥の両端の少し上あたりで意識的に感じるように食べ比べして判断しています。
お酒を先に飲んだら多少麻痺します。
ワインのソムリエはテイスティングのテストもありますが野菜の味まで判断できないことが最近わかりました。
おそらくオリーブオイル同様に喉で判断するのかと。
では、だいたいどのくらいで判断できるようになるかというと食べる量にもよりますが一年くらいでしょうか!?
飲食店の使っている素材のレベルもわかってくると外食がもっと楽しくなりますよ。
これで雑誌やテレビに登場する食通といわれる人物や芸能人がオススメするお店にだまされないですむと思います。
ちなみにボクは相当騙されてきました。いまでもたまに騙されたりします。

プライド

ボクが農家さんの人柄までこだわるのは子供の育て方同様に親の性格がそのまま移るからです。
農家さんも色んな方がおられ野菜を商品として扱うか生き物として扱うかで箱詰めや袋詰めの丁寧さまで違ってきます。
この一年でかなり農家さんの入れ替えをしてきました。
わざわざ耐久性のテストをするのも時間をかけて栽培された野菜ほど長持ちするので、農家さんがいくら自慢気に栽培について語ってもあとですぐにバレてしまうということで、最近ではプライドをもって栽培されている農家さんしか近寄って来なくなりました。

全面改装

本日は、暑さのせいか着替えを忘れて畑から帰宅のままお店に来てしまいました。
汗臭くてすみません。
今朝方から加東市の農家さんとコラボの話をしてきました。
みなさん、当店からリクエストする野菜の栽培に全面的に協力したいとのお返事をいただいております。
二年目の目標をクリアするために少し速いペースで周囲が変化しつつありますが、もしも目標をクリアできる見通しが立てば来年夏前に、一度お店を閉店したいという思いがあります。
今回の暑さはコリゴリなので専門業者に依頼して全面改装する予定です。
お金がたまればいいのですが

保存方法

本日は、夕方にかけてお久しぶりのお客さまがたくさん来られたため野菜がなくなってしまい大変ご迷惑おかけしました。
申し訳ございませんでした。
なかなか仕入れ量のコントロールは難しく思えます。
また、野菜の保存方法ですが店頭ではコスト削減のために簡易ビニール袋を使用しておりますので、ご自宅に帰られましたら野菜専用のタッパーや袋で保存されることをおススメします。
今後は、保存方法などもうまく伝えることができるようにしたいと思います。

ミニなす

小さな茄子の品種はありますが、露地栽培だと先の天候などから早めに収穫したりもします。
たまに店頭に出すミニ茄子はサイズも小さいため流通しないのですが、これを油なしでフライパンをあたため茄子を丸ごと入れて蓋をしめて蒸し焼きします。
あとは、美味しい塩で食べるだけ。
バジルソースでも美味しいです。
蒸しかたは特にフライパンにこだわらなくてもよいかと。
グリルでもしっかりまるごと焼いて食べるとよいでしょう。

ベビーリーフミックス

今日は、かなり暑かったです。
早朝からお昼にかけての温度変化は相当体力を消耗するようで、仕入れからの帰宅時は吐き気がするほどでした。
予約注文もあり休業するにも仕入額が半端でないため休むこともできず。
そんな暑い中で、野菜だけを買いに来られた方には大変恐縮です。
ありがとうございます。
本日は、オリジナルコーディネートしたベビーリーフミックスを食べたくて早めに帰宅しました。
今回は、ピリ辛系の野菜を外しましたが次回からは2種目程度加える予定です。
また、匠のベビーリーフは周年収穫可能なので随時ミックスする野菜を変更する予定です。
どうぞ、いろいろな野菜の味を楽しみながらサラダ生活をお楽しみください。
もちろん、栄養価も熟成した野菜よりもかなり高くガンの抑制にも効果的です。
明日も試食可能ですよ

全品半額

現在、試験販売中のベビーリーフは本日から販売開始した匠に決定する予定です。
開業二年目の第一弾は、ベビーリーフを戦力として販売拡大したくおもっています。
おそらく、どのお店でもベビーリーフに力を入れているところはないかと。
こちらは、数十種類以上のリーフ類がありますので定期的に種類を入れ替えして特長も個々に記述する予定です。
最終的な販売方法としては、個々に分けたリーフ類をお好みでチョイスできるセルフサービスを検討しています。
また、今月末か来月初めに開催する一周年感謝際ですが、匠野菜を除く地元野菜を全品半額にて提供する予定です。
予約されても半額にします。
一ヶ月で赤字を取り戻せる範囲で限りなくお安くご提供いたします。
他、量り売りシリーズについても割引をしますのでお楽しみに。

国産冷凍シーフードミックス

完全国産冷凍シーフードミックスはイカ、エビ、ホタテが300gで1000円前後になりそうです。
通常売られているものよりも量は多く、他社の国産品よりは二割近く安いです。
マイナス18℃保存で半年可能です。
今月デビューします

耐久性

昨夜は深夜までベビーリーフの鮮度と耐久性について匠と議論してましたが、これまで宅配の途中に冷凍ものと一緒にされたりして品質低下することが何度かあったようです。これから対策を練らないとと思ってます。
ところで無農薬で化学肥料を使わない本物の有機野菜の見分け方があります。
本物は枯れる症状はでても腐ることはないのです。
あとにならないとわからないのですが。
これでだまされることはないでしょう。
このようなことは農家さんや販売者にとって都合がわるいため公には教えられないかと。
また、これまでたまに完熟したゴーヤを販売してご迷惑おかけしましたが、ようやく目だけでなく手の感触で見分けることができるようになりましたので今後は品質向上すると思います。

最高記録

昨日は、先週の過去最低とは反対に、過去最高の売上となりました。
今回は、新規の方がかなり多く来られたので偶然だとおもってますが、理由はなんであれ、いつもありがとうございます。
週末に新しいオリーブオイルとアンチョビが入りましたがアンチョビは売り切れました。
価格は2000円近くしますが品質は他と比べ物になりません。
次回入荷までしばらくお待ちください。
薩摩豚オリジナルウインナーも完売してますので、これから仕込みに入ります。
10月くらいに店頭に並ぶ予定です。
こだわりの無添加マヨネーズは残り三個となりました。
また先行販売した無農薬ベビーリーフは毎週入荷予定です。
いい野菜というものを知っていただきたいので適正価格よりかなり安く価格設定してます。
オリーブオイルを広めるきっかけにでもとも思っていますので原価ギリギリです。
少しでも残るとすぐに赤字なので仕入れ量はしばらく控えめにしたいと思ってます。
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。