自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極野菜

当店の匠野菜というブランドに続いて、極野菜をブランド化します。
極野菜というのは究極の鮮度をもつ野菜のことを言います。
朝10:30に収穫したものを三時間以内に店頭にて販売します。
鮮度重視のために土つきで採れたままの状態での販売スタイルとなります。
これまでも朝採れ野菜にこだわっていたのですが冬になると霜が降りるため前日の夕方に収穫せざるをえなかったりしました。
そこでギリギリまで収穫時間を遅らせて、最短時間で店頭にて販売したいと思います。
明日は、無農薬ほうれん草を収穫してきます。
他、新たにデビューする野菜は、サラダ小松菜です。
現在、コラボレーションしている農家さんよりブロッコリー、キャベツ、ネギ、サトイモもいただいてきます。
ようやく、テンダーボールも芽がでてきたところです。
また、先週完売した北海道最北端の坊ちゃん南瓜と種子島の安納芋も再入荷しました。
三連休でお出かけされる方も多いかと思いますが、よろしければお越しください。
当店が一押しするバーニャカウダソースもありますよ。
スポンサーサイト

全身筋肉痛

本日は、会社を休んで一日中お店の内装をやり直していました。
新しく設置した棚がぐらつくもので何度も試行錯誤してうまく固定できました。
さらに野菜を置く棚も人間工学に基づいて計算し、角度と高さを変更しました。
作業が終わったのは21:00すぎ。
もう全身が筋肉痛で腰や足、腕も痛いです。
明日は、いったいどうなるのやら。
ゆっくりと営業したいなあと思っています。

トマト&ポルチーニ茸のパスタソース登場!

当店で人気の手打ち生パスタ!
先週は、売れ残ったのでボクの食卓へ。
ボクの大好きなイカ墨の生パスタなので売れ残ってもいいのです。
今週から販売開始するイナウディ社のトマト&ポルチーニ茸のパスタソースをさっそく検品。
青森の本当のにんにくと最高のアンチョビをふんだんにつかってアーリオ・エ・オーリオをしこみます。
炒めるときのオリーブオイルは、サルバーニョをチョイス。
茹で終わるとまずは、ソースと茹で汁を絡めます。
ソースとパスタを絡めるのではありません。
ポイントは、茹で汁を絡めるのです。これが本場のパスタの作り方です。
あとは、パスタを混ぜるだけ。
イカ墨のパスタは黒くて色合いが悪かったので余っていたベビーリースを惜しみなくのせました。
手抜きしてベビーリーフは水にもどしませんでいたが、まだまいけます。
その下には、匠のミディーフェンネルをたくさんちらしています。
バジルの代わりにフェンネルを使ったのですが、香草の香りが食欲をそそります。
仕上げにオリーブオイルのコロンナ・レモンをつかっています。
パスタソースの味も合格です。
これでさらにイタリアレストランにいかなくても最高の味を自宅で楽しめる準備が整ってきました。
他のイタリアン食材も今週デビューです。
ただ申し訳ないのですが、今回は予約注文が多かったので数量は少なめです。
また、近く発注予定です。

P1010242_convert_20081031104816.jpg

今回も納得いかず

前回、みかんを販売したのですが検品してみて味が当店の基準を満たさなかたので赤字販売しました。
極早生みかんなので仕方ないのかなあと思ってみたりもしたのですが...
今回は、他の農家さんに変えてみました。
こちらも昨年お世話になってかなり評判のよかった方なので安心はしておりましたが、届いたものを食べてみると触った感じで嫌な予感がしました。
最近のボクは、舌だけでなく視覚や触覚もフル活用して見極めることできるようなったような...
食べてみると味がのっていません。
どんよりとした、ボンヤリともいえるような味です。
イメージ的にスパーンッといった味を求めているのですが、パンチ力にかけています。
先週、5kgの注文をいただいていたのですが味見をして決めていただこうかと思っています。
当店の基準を満たしていないものは信用を落とすことになるので、今回も赤字で販売しようと思っています。

2008103023280000.jpg

禁断のトレーディングルーム

昨年6月まで株と為替のトレードをしていたコンピュータルームです。
デイトレードで結果を出すには、トリプルモニタが必要だと思います。
秒刻みで発生する周辺の動きを見ながらトレードしなければやられてしまうからです。
けっこう、楽そうに思われますが毎日経済の動きをウォッチしたり戦略を立てる必要があるので想像以上に厳しい世界です。
このような現実を隠して雑誌やテレビなどで、簡単そうに取り上げられたりしますが冷静に考えてみていただきたいと思います。
そんなに楽して儲かるなら、仕事などせずにみなさん億万長者です。
なぜ、そんなことがわからないのかいつも理解に苦しみます。
自分だけは...と思う方は少なくありませんが、何を根拠にそう思うのか!?
これまで、自分だけ一番になったことはありますか?と質問したりもします。
今では、ほとんどが野菜の勉強に使っているコンピュータです。
最近仲間が、為替のトレードについて質問してきて熱弁したりしていると、お店が落ち着いたら為替くらいは復帰しようかなあという気持ちになったりします。
やはり分析することが好きなんだなあと。
まだ先にはなると思いますが、少しブログでもふれてみようかと...

2006_convert_20081030000234.jpg

本日も飽きもせず

最近は鍋よりも蒸し料理です。
手軽に調理でき野菜を沢山食べることができ、大量に余った野菜を食べきるためにはもってこいです。
鍋の場合は野菜の栄養素が水に流れ出るため、残った水分もとらないと十分な栄養がとれませんが、蒸し料理だとアクが下のなべに落ちて旨味が凝縮され甘さが引き出されるのが強みです。
ほうれん草は一度軽く湯がいてアク抜きしてから蒸してください。
ほうれん草には結石や発ガン性のもとになる成分が含まれているので、そのままレンジで温めるといった料理研究家のいうことを鵜呑みにすると後で後悔しますよ。

P1010236_convert_20081029230809.jpg

もっと機能的に

今日は一時間早めに退社しました。
先日、レイアウトを変更したばかりですが、取り扱い商品が増えたことやオリーブオイルの試飲スペースなどもっと機能的に行動できるようにしてみました。
真ん中に木製の棚を置くとデッドスペースができるため金具が骨組みとなる棚をチョイス。
組み立ててみるとなにやら不安定な強度でガッカリです。
補強しないとグラグラするので三連休の月曜日にでも対応しようかと。
今週はあまり時間がないため仮留めで営業しようとおもいます。

2008102919500000.jpg

商売人の流儀

ネット上でお店の情報公開をするとお客さんは増えたりもしますが、逆に同業者にもマークされるのが難点です。
また、野次馬客を避けるためにお店の場所を書いた記事とコメント欄は削除しました。
ボクの実家は宮崎でお菓子の卸売問屋をしていて商売のノウハウは小さいころに手伝いをしてる間に自然と身に付いたようです。
昔、祖父のお店だけが黒砂糖を販売していたようで仕入れは自分一人で鹿児島まで行っていたようです。
祖父はボクが高校三年生の夏に父が水死してからショックで祖母と立て続けに亡くなっていきましたが、いまだに誰もどこから黒砂糖を仕入れていたかは謎のままです。
ボクは小さいながら祖父の言葉が頭に残っていて、商売をするときは絶対に仕入れ先は他人にも身内にもいうなと。
なので、たまに業者っぽい人がお店にきては根掘り葉掘り聞いてくる場合、かなりぼかして話したりデタラメを言ったりすることもあります。
そんな人は商売人の勘でわかるんです。

コーヒーにはコーヒーを!

先週末にデビューしたばかりの天然素材でつくった手作りアイスクリームは発売直後から早速リピーターさんもでてこられました。
おかげさまで完売に近い状態で残りわずかになってしまったので来週にでも発注しようと思っています。
このアイスクリームはどの種類も味はしっかりしているものの後味がさっぱりしていて、ついついもうひとつ食べたくなります。
今夜はハーブコーヒーをいただきました。
手元にあったコーヒーをかけるとさらに美味しくなりました。
できればエスプレッソがいいかなあと。
また、コーヒー豆を粉々にくだいてお好みの量をふりかけて食べるのもオツですよ。

P1010231_convert_20081028222941.jpg

究極のスペシャルサンド

おしみなくベビーリーフをつかっての贅沢サンドイッチです。
パンは薄切りのものを軽く片面焼いています。
こだわりのマヨネーズに粒マスタードを塗っています。
今回は、パンにしんなりとなじむようにベビーリーフに当店で量り売りしているオリーブオイルのサルバーニョと飲む柑橘酢をかけてから盛りました。
さらにその上に生ハムをのせてサンドして食べます。
リーフは、レタス三兄弟も含め全部で17種類。
これでもか!というくらいの盛り合わせです。
これで、現在仕込み中のベーコンができあがれば更にバージョンアップ間違いなしです。

P1010228_convert_20081028212926.jpg

レタス三兄弟

週末に売れ残ったレタスたち...
どれも個性があります。
マノアにリバーグリーン、グリーンレタス。
どれをとっても苦味はなく食べやすいです。
どうもお客さんは、スーパーのレタスの印象が強いようで、なかなか手を出さないようにも思えます。
また、ボクの宣伝力のなさもあると思っています。
マノアは、ボクの大好きなレタスでとてもかわいらしい味がして軽いです。
リバーグリーンはちょっとボーイッシュな感じで少しだけ食べ応えがあります。
グリーンレタスは、ふわふわとしてやさしい感じです。
どれも食べやすいのでお勧めです。
お肉をはさんで食べてもよいでしょう。
まずは、しっかりと冷水で戻して生のままどうぞ!
もうしばらくすると、マザーレッド、ロロロッサ、レッドファイヤーなど個性的なレタスが登場しますよ。

2008102820390001.jpg

八百屋の特権

昨夜は手打ち生パスタにサラダがメインの夕食でした。
サラダといっても10種類のベビーにセルバチカシーメンやエルバステラ、サマーレッド、スクールピットを加え、東西の匠野菜のオンパレードです。
いつも脇役でそえられているこのような野菜をメインで食べられるなんて贅沢すぎます。
レストランで食べるとしたらサラダだけで一万円以上いくだろうなあとニヤケてました。
サラダは半分をオリーブオイルのコロンナレモンと飲む柑橘酢で食べて、残りは紅芯大根を塩でしんなりさせて塩気を洗い流し、リーフと生ハムやスモークサーモンを巻いて食べました。
ソースは、オリーブオイルと粒マスタード、ワインビネガー、塩こしょうです。
色合いもきれいで、なんともいえない美味しさでした。
画像がないのが残念です。

ショッキングな現実

今日はかなり厳しくも詳細にお店の経常利益率を計算しました。
かろうじて一年目にして黒字ではあるものの1%にも届きませんでした。
ちなみにこの業界は1-2%が平均で5%いけばかなりいいようです。
ただ今回の計算にはインチキがあり自分の給料を経常していません。
ボクに時給50円以上支給したら赤字となる厳しい現状です。
今の本業の約100分の1です。
これでも農家さんのために土日返上で休みもせず朝から晩まで仕事をする意味があるのかと思ったりもします。
時には、安売りスーパーと比較されお客さんに値段が高いと文句を言われつつも。
ただ、見方を変えると土日だけの営業で家賃や光熱費などの必要経費をカバーしなければならないという悪条件で経営しているのだから一応は頑張っているのかなあと。
平日営業すれば少しは楽になるはずです。
それに新鮮で美味しい野菜や卵に肉類やデザートも不自由なく食べれるので、まだしばらくは頑張るしかないです。

最後の手段

今朝も早くから起きて今週の献立を考えていました。
どんなレシピを使っても今回の在庫を食べきることはできない結論に。
わさび菜やマノア、リバーグリーン、大根菜など葉っぱばかり。
こんなとき月曜日の夜にでも営業できたら格安ご奉仕品として売れるのにと思ったりします。
しかもスーパーの鮮度がおちたものとは比べものにならないかと。
全ては昨日収穫された野菜なので。
早めにリスク対応策を考えなければ。
今回は仕方ないので会社へもっていって一人暮らしや大家族の方に提供することにしました。
大赤字ですが農家さんの汗は無駄にできません。

もうしばらくの辛抱

本日は、小雨の降る中お越しいただきありがとうございます。
遠くのほうから歩いてこられた方もおられたようで、たいへん恐縮に思います。
また、初めての方には時間帯によって十分な対応ができなくて申し訳ございませんでした。
本日は、ひさしぶりに大量の在庫を発生させてしまい今週は毎日が葉ものだらけの食事が続きそうです。
明けても暮れても葉っぱ葉っぱです。
もう少し分析能力を高めて、今回のようなことがないようにしなくてはと思っています。
もしくは、在庫を格安で購入していただける方の募集だとか...
さて、椎茸の販売を開始しておりますが昨年好評の椎茸のデビューはまだまだ先となります。
画像は、昨年のものですが毎朝8:00すぎに三田の山奥へ上り、自分で収穫してきます。
現在、販売しているものより2倍程度肉厚で大きさも半端ではないかと。
ちょうど、その時期にはとても甘いキャベツやニンジン、下仁田ネギ、大根もできているので、あと1ヶ月ほどお待ち願います。

P1000513.jpg

おしながき

地元産
 ・ニラ
 ・ざくろ
 ・わけぎ
 ・しいたけ
 ・サラダかぶ
 ・キャベツ
 ・ピーマン
 ・つるむらさき
 ・長なす
 ・サラダ白菜
 ・冬瓜
 ・フルーツトマト
 ・ミニトマト
 ・ほうれん草
 ・サニーレタス
 ・グリーンレタス
 ・レンコン
 ・春菊
 ・くぼ柿
 ・マノア(初デビュー)
 ・リバーグリーン(初デビュー)
 ・ビッグブロッコリー
 ・京いも(初デビュー)
 ・四角豆(最終)
 ・パプリカ
 ・ラディッシュ
 ・紅芯大根(初デビュー)
 ・大根菜
 ・ひらたけ
 ・花ズッキーニ
 ・ごぼう
 ・むかご
 ・紅あずま
 ・ヤーコン
 ・黒枝豆
 ・栗坊
 ・古しょうが
 ・日野菜かぶ
 ・わさび菜
 ・すだち

鹿児島産
 ・安納芋(昨日完売)

青森産
 ・にんにく

北海道産
 ・たまねぎ(残りわずか)
 ・坊ちゃん(残りわずか)
 ・インカのめざめ(残りわずか)

匠野菜
 ・イエローキャロット
 ・ミニパプリカ
 ・ミディーフェンネル
 ・スクールピット
 ・サマーレッド
 ・エルバステラ
 ・ルッコラセルバチカ
 ・ベビーリーフ10種

匠野菜

昨日、ご紹介できなかった匠の西洋野菜です。
本日は、販売します。
たかが葉っぱですが、されど葉っぱです。
ひとつひとつが個性的な味をしており、食べてみると作り手のやさしさを感じることができます。

P1010219_convert_20081026072642.jpg
P1010223_convert_20081026072724.jpg

イエローキャロットとミニパプリカ

本日もお忙しい中、当店へお越しいただきありがとうございました。
今日は、配送業者の手違いで午前中に匠野菜が届かずに販売できませんでした。
大変、申し訳ございません。
明日は、店頭にて販売いたします。
ただ、こちらの野菜は上物なので値段はかなり高いです。
同じニンジンでも通常の野菜よりも3倍ほど高くなります。
しかも利益がとれません。
このようなトップクラスの野菜を求めている方もおられるのと当店の強みの部分ですのでしばらくの間、利益関係なしで定期的に販売していこうと思っています。
たとえば、お寿司にも廻る寿司から地元の普通のお寿司屋、さらに銀座の一流お寿司屋といった具合に質も違えば、値段にも差があるように野菜も同じことがいえます。
なので、野菜でも値段は通常のものより三倍以上するものがあってもおかしくはないということです。
後悔はさせませんので、機会がございましたらお試しください。

P1010210_convert_20081025231425.jpg

おしながき

地元産
 ・ニラ
 ・ざくろ
 ・わけぎ
 ・しいたけ
 ・サラダかぶ
 ・キャベツ
 ・ピーマン
 ・赤ピーマン
 ・つるむらさき
 ・なす
 ・サラダ白菜
 ・冬瓜
 ・フルーツトマト
 ・ミニトマト
 ・れんこん
 ・ほうれん草
 ・サニーレタス
 ・グリーンレタス
 ・レンコン
 ・春菊
 ・サラダ水菜
 ・くぼ柿
 ・エンサイ
 ・かぶ
 ・ねぎ
 ・ひらたけ
 ・サラダ白菜
 ・花ズッキーニ
 ・ごぼう
 ・むかご
 ・紅あずま
 ・ヤーコン
 ・人参葉
 ・黄人参
 ・ミニパプリカ
 ・黒枝豆
 ・栗坊
 ・葉つき大根

青森産
 ・にんにく

鹿児島産
 ・安納芋(残りわずか)

北海道産
 ・たまねぎ(残りわずか)
 ・坊ちゃん
 ・インカのめざめ(高級じゃがいも)

他、ベビーリーフ各種

休めない日

どうも風邪をひいたり治ったりの繰り返しが続いており、なかなか元気もでない毎日が続いてます。
今日は下期のキックオフがありトップの経営方針に対して異論をぶつけたい気持ちもあり体調不良ながら午後から出動です。
明日のお店の準備も整っておらず、早めに帰宅して準備を終えてゆっくり休みたいものです。
なぜ毎週のように準備で忙しいかというと、何度も悪いところを見つけ出し改善と試行錯誤をしようとするからです。
はやくお店を完成形にもっていきたいのですが、しばらくは落ち着きそうにもありません。

蒸篭のススメ

これからの季節は、蒸し料理をおすすめしようと思っています。
野菜のうまみをMAXパワーまで引き出し、おいしく食べるにはやはり蒸すことです。
素材がよければ、なおさらこの旨みにびっくりすることでしょう。
実は、レンコンを5分ほどお水につけてから15分ほど蒸して、明太子マヨネーズもしくは明太子とオリーブオイルをあわせたソースで食べるとおいしいのだ。
さらに付け加えると来月店頭販売予定のバーニャカウダソースで食べるともっと野菜が楽しくなることでしょう。
こちらのソースは、オリーブオイルで3倍ほどにのばして暖めるとできあがりです。
実は、このソースを販売したくて先日まで輸入元業者と交渉していました。
もうしばらくお待ちください。

2008102321520000.jpg

将来は一元さん、お断り

ボクは三年目でお得意さまを100名という目標があります。
おそらく、一年目のペースでお客さんが増えると無理な目標ではないかと。
もちろん、これまでどおり宣伝もなしで取材もお断りします。
興味がてら野次馬的にこられるといつも来られるお客さんに失礼で、無駄な労力を使うことになるのが嫌なんです。
このブログでお店の住所を明確にしないのは、このような理由からです。
ただ、メールにてお問い合わせいただいた方にはお知らせしております。
ちなみにお得意さまというのは月に三回以上の来店を見込んでいます。
達成したら一元さんお断りのお店に切り替えたいと思っています。
何がしたいかというとこの100名の方に最高のサービスを提供するのが狙いです。
お客さんが望んでいる野菜や体調や家族構成などを把握した上で、農家さんと一緒に野菜を作ったり、また新しい野菜を提案できるスタイルをとりたいと考えています。
いまの販売者は生産者の顔は見えても消費者の顔が見えないから悪いことを平気でしでかすのだと思っています。
そして安売り合戦でないとお客さんを獲得できないという情けない現状にも思えます。
なので、この業界に新しいスタイルのビジネスモデルを誕生させたいのです。

P1010180_convert_20081023185230.jpg

裏メニューの野菜

今週は、お客さまのご紹介でとても野菜にこだわりの方が来られるとの連絡を受けました。
いい機会なので、ボクがあまり店頭販売せずに必要な方のみに特別に販売している匠の野菜を披露しようと思っています。
店頭での販売はこれが2度目になります。
正直、栽培施設から栽培方法まで、ちょっとこだわった農家さんよりも遥かにお金もかかっており値段も高いので、リクエストをいただいた方のみにご提供しております。
このようなトップクラスの農家さんは絶対にネット上で探すことはできません。
ボクは、いつも自分の足で探し回って契約しています。

今回は、下記の野菜をチョイスしてみました。
 ・ミディーフェンネル
 ・スクールピット
 ・サマーレッド
 ・エルバステラ
 ・ルッコラセルバチカ
 ・黄ニンジン
 ・ミニパプリカ
黄ニンジンとミニパプリカ以外は、いつものリーフサラダと一緒に量り売りの予定です。
どうぞ、お楽しみに!

無敵の黒土栽培

当店は、鹿児島で完全無農薬栽培されている農家さんとのコラボレーション企画を春から進めています。
現在は、種苗会社の協力を得て下記のものを栽培中です。
 ・黒大根
 ・ミラノ大根
 ・ミニキャロット
 ・紫人参
 ・西洋カブ
 ・ビート
 ・コールラビ
 ・ジャガイモ(デジマ、シャドークイーン)
 ・ベビーオニオン
 ・トレビス
 ・リーフレタス(赤、青)
 ・紫ホウレンソウ
 ・フダン草(カラー)
 ・ロロロッサ
 ・カラシナ(赤、青)
 ・ズッキーニ
 ・カラーピーマン
どうも最近、同業者や小売業がボクの動きをウォッチされているとの情報を耳にしますので、すべてを詳細には公開できませんのでご了承ください。
ボクは、ITのプロデューサという本業をもっており忙しい合間をぬってこの事業を進めています。
本業で小売をされている方は、人の真似をせずにもっと知恵を絞るなり勉強してほしいと思ったりもします。
さて、こちらは鹿児島の放し飼いの黒豚ですがこの豚くんたちは毎日元気に遊びまわっており顔もかわいらしいです。
一方、近くにある大手ハム会社の豚は三階建ての小屋の中に身動きがとれないほど押し詰められています。
当店が販売しているウインナーやベーコンはまったく味も質も違ってきます。
もちろん、餌も100%国産品をつかっていますので輸入穀物は一切食べておりません。
黒豚くんらが遊んで土を耕してくれたあとに別の場所に移動させ、野菜の種を播いています。
なので、できあがってくる野菜の味もぜんぜん他のものとは比べ物にならないかと。
完全無農薬の黒土栽培野菜は、来月には少しずつ出荷できそうなところまで育ってきました。

P1000560_convert_20081022112241.jpg

カレー鍋

寒くなるとひとつだけ助かることがあります。
土日の営業であまった野菜をどう一気に食べるかです。
あまった野菜を一週間かけて食べきるのがボクの試練です。
ちなみに昨日は、ビーフシチューを作りました。
毎日のように料理はしますが、すでに趣味の域は超えているかと...
ご飯の炊き方からお肉への火の通し方など極めていると思っています。
ただ、弱点はあります。
飾りつけまでは、さすがに手がまわらないため見た目はおいしく見えないこともあります。
今夜は、カレー鍋をつくりました。
昆布だしをとり、しょうゆとみりんを加え、片栗粉とお水とカレー粉を溶いて混ぜるのですが
どうもコクがでません。
なにが足らない!?
そこで、即席で鶏がらスープを入れてみました。
これで、なんとか目標としていた味に完成です。
あまった野菜をたっぷりといれて、今週もなんとかすべての野菜を食べきれそうです。
カブと日野菜カブは、とろけて甘くなっておいしかったです。

2008102122120001.jpg

お昼休みも契約交渉

会社のお昼休みになるとお店関連の仕事をしています。
たいていが契約交渉や発注業務、地元農家さんと栽培状況の確認です。
今年の目標はあと一社だけイタリア食材の輸入業者と取引できるようになることでした。
こちらには、どうしても手に入れたい食材があったので。
本日、なんとか取引できることになりました。
これで今年の冬は鍋だけでなく、もっと野菜を自宅で手軽においしく食べられるレシピをご提供できそうです。
今年のクリスマスは外食でなく、おうちで楽しい食事をしていただきたく、どうやら全ての食材が間に合いそうです。
来月には順次デビューしますので、どのような食材かはお楽しみに!

花ズッキーニ予約受付中!

今週末は、花ズッキーニを販売する予定です。
土曜日の朝に収穫してきますので究極の鮮度でご提供します。
花ズッキーニは長く放置しておくと花がしぼむのでお早めにお召し上がりください。
今週一回限りで収穫は終わるかもしれません。
20本ほどいけそうですが露地栽培のため天候に左右されます。
ご予約はメールにてうかがいます。
当店は、現物をみてからのキャンセルも無料としておりますのでお気軽にどうぞ!
ボクは、イカスミのパエリアと花ズッキーニの実を花でくるみフリッターにします。
ひき肉を炒めてチーズと一緒にいれてもよいでしょう。

正真正銘の魚沼産

ようやく稲刈りもすんで、新米が出荷できるとの連絡を受けておりましたがバタバタしていて後回しに...
当店では、魚沼地区でも津南町の一軒の農家さんからまじりっけなしのお米をいただいております。
単に魚沼産というだけでなく食味値、農法ともにこだわっていますので、スーパー等で売られている魚沼産とは全くことなります。
よく、スーパーやネット販売で魚沼産という文字を目にしますが、魚沼地区でそんなに多くのお米ができるはずがありません。
米の産地表示にもいろんなルールがあり、違反ギリギリのことをしているのが現状かと思います。
普通のお米よりは値段は高いですが、茶碗一杯10円程度の差となります。
これを高いと思うか...
ボクはいつもお客さんにいうのですが、野菜もお米もトップクラスのものを食べたことがないから騙されるのだと。
たとえば、最近だとお米屋さんのおにぎり屋というテイクアウトのお店ができていたりします。
とてもおいしそうな店構えですが、正直いっておいしくないです。
コンビニのおにぎりと変わりません。
このような味の比較や判断は、おいしいものを食べていないとできないと思います。
なので、大しておいしくないものに対して必要以上のお金を払ったりすることになるのかなあと。
これは飲食店にもいえることですので、もっと舌を鍛えて騙されないようにしましょう。

005_convert_20081020222445.jpg

天然素材のアイスクリーム登場!

これまでブログで紹介してきたアイスクリームを正式発注しました。
今回、失敗は許されないためかなりの量を食べこんできて、相当太ったのでただいま減量中です。
素材から職人の人間性まで重視した結果、このアイスクリームで勝負します。
もちろん、業界トップのハーゲンダッツに対抗です!
無農薬のものを中心に天然素材で作ったナチュラルで体に優しい、健康手作りアイスクリームとなります。
もちろん、着色料、香料は使用していません。
卵も使っていないので、後味がサッパリしています。
おいしく食べるためのコツがあります。
しばらく常温のまま置いて、まわりが柔らかくなってきたらスプーンなどで全体を良く混ぜてお召し上がりください。

まずは、10種類がデビューします。
 ・ミルク
 ・チョコチップ
 ・あずき
 ・抹茶
 ・ハーブコーヒー
 ・チョコレート
 ・ブルーベリー
 ・くり
 ・ラズベリー
 ・落花生

2008101920330000.jpg

さしみベーコン

週末に先行披露したベーコンです。
生まれも育ちも100%鹿児島産の放し飼い黒豚を使用したものです。
たくさんの方より売ってほしいといわれましたが、まだ十分に検品や食べ比べも終わっていなかったため、ご提供できませんでした。
申し訳ございません。
黒豚はエサや育て方で、脂肪のノリが違ってきます。
こちらは約九割が脂肪ですが豚の脂肪は身体にも美肌にもよいと言われています。
ボクは、薄切りにして刺身と同じようにたまり醤油とワサビでチビリチビリとお酒を呑みながら召し上がるのをオススメします。
想像されるほど脂っぽくなく、口の中でとろけますよ。
胃もたれしたり気持ち悪くもなりません。
また、パスタをつくるときに油としてご使用されると独特の旨味がでますよ。
来月中にこの黒豚のさしみベーコンと白豚の赤身ベーコンが販売開始となります。
ウインナー同様にエサも材料にもこだわった薩摩豚シリーズをお楽しみください。

2008101920580001.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。