自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタミナ抜群!簡単ニンニク料理

熱が下がるにつれ、食欲がでてきました。
やはりスタミナをつけないといけません。
腰がいたいのでゆっくりと立ち上がり、顔面が腫れて左目があかないので片目での調理です。
ニンニクは、1分半ほど皮付きのままレンジで暖めます。
そのあと、皮をむき芽をとりのぞきます。
当店で扱っているニンニクは芽止めしていないもので...
あとは、ゴマ油とお塩で味を調整します。
ダシをまぜるのもよいでしょう。
わさび菜とクレソンが残っていたので、一緒にあわせました。
しんなりとさせるためにもう一度レンジに入れて20秒ほど暖めて出来上がりです。
中国産ほどニンニク臭くなく、ほどよい香りが食欲をそそりますよ。

P1010438_convert_20081130191115.jpg
スポンサーサイト

脱イタリアン

職業病といいましょうか、暇があればパソコンを前にしないと落ち着かない性格になってしまいました。
熱も下がってきて、ようやく38度を割り込んできました。
少しは食欲も出てきたところです。

ところで野菜といえばイタリアンというイメージが先行しているようにも思えますが、最近のイタリアンはピンキリで誰でもレストランを開けるようにも思えます。
プロの方には申し訳ないのですが...
当店では、人間性もよく将来性のあるイタリアンレストランだけとお付き合いをさせていただいております。

実は、ボクは和食と近代フレンチが大好きなんです。
なので、今後の提案はイタリアン系でなくフレンチで進めたいと思っています。
近代フレンチは、ソースでなく限りなく素材にこだわっています。
下手なイタリアンより素材を楽しむならフレンチかと自分なりには思っています。
やはり、おススメは、『カンテサンス』さんかと。

また、気軽にいくならスペイン料理です。
スペインのビールと生ハム関係とオリーブオイルで煮込んだ料理が好きです。
ボクがよく利用するのは、『エルポニエンテ』のカルボンさんです。
ここは、従業員の教育もしっかりとしっかりとしていて立ち飲みバーも居心地がいいのです。
外資系の製薬品の社員だったころによくインド人やアメリカ人と立ち寄っていました。
もし、機会があればどうぞ。

ニュータイプな漬菜

本日は、急にお店を休んでしまって申し訳ございません。
深夜に40度近い高熱と寒気で倒れてしまいました。
おまけに全身打撲もなかなか治らないものです。
最近では、自分で一部収穫しておりますので中腰になる機会が多く、腰痛がひどいです。
また、左顔面の目元付近はボールがぶつけられたかのように腫れて人に会えるようなレベルではありません。
以前に疲れやストレスで顔面神経痛になったときに近い状態です。
このようにパソコンには向かえるようになりましたので、少しは楽になりました。
明日、病院へ行ってきます。

さて、昨日テスト的にデビューした味美菜(あじみな)ですがチンゲンサイと小松菜の優れた性質をいいとこどりしたお野菜です。
大きくなっても葉軸は柔らかいく小松菜のシャキシャキ感も楽しんでいけるかなあと。
昨年のデータで、当店ではチンゲンサイと小松菜は売れない野菜としてリストアップされております。
今年もチャレンジしたのですが、やはり売れません。
最悪の事態を考えて、これらの栄養素やよい食味をいいとこどりした品種を試験栽培していたのです。
画像がなくて申し訳ないのですが、見た目はチンゲンサイをスマートにした形状です。
昨日から販売開始したオリジナルベーコンとの調理がおススメですよ。
野菜というものは、それだけでおいしさを発揮するにはパワー不足であり先行き限界も見えてきます。
これをドレッシングの改良であたかもおいしく感じさせるのは最近の料理人の悪い点です。
こんなことを匠からは、いつもしつこいぐらいに教育されます。
まずは、当店のベーコンで油出しします。
はじめに出る油はふき取ります。
あとから出てくる油で味美菜を炒めます。
当店のベーコンは悪い材料は一切つかっておりませんので通常販売されているものとくらべ塩っ気が少ないので、お好みで塩コショウもしくは醤油やポン酢を隠し味で調整してみてください。

臨時休業のお知らせ

昨夜のイベント終了後、深夜にいきなり高熱と寒気で倒れてしまいました。
また左顔面が少し腫れてます。
現在、熱は少し下がりましたが営業できない状況ですので臨時休業いたします。
大変、申し訳ございません。

これまでにない忙しさ

本日も寒い中、野菜を買いにお越しいただきありがとうございました。
今日から仕入れルートのシミュレーションを開始しましたので、開店準備が遅れてしまい申し訳ございません。
平日営業を視野にいれて、新規の農家さんをどのように効率的に巡回できるか検証しています。
そういうわけでして、明日も少し遅れるかもしれませんがご了承ください。
それにしても、これまで好評だったブロッコリーややわらかキャベツがすべて終了してしまいました。
昨年、お世話になった農家さんは今年中にキャベツはできないとの回答。
他にもつくられている農家さんもいるのですが、品質が悪かったり仕入値が高かったりするので簡単に移行できないのです。
また、品質がよくてもおいしいとは限りません。
これが直近の問題で、なんとか乗り切りたいと思っています。
現在は、早いペースで契約している農家さんの冬野菜がなくなってきているのが想定外で怖いです。

初イベント終了!

本日は、夜遅くまで当イベントにお付き合いいただきありがとうございました。
また、遠くからお越しいただき大変恐縮に思います。
それから、はじめからご案内できなかったことを反省しております。
しかしながら、知らない方どおしが同じテーブルで話が弾んでいる光景を拝見すると内心ホッとしました。
ボクもいろんな方をおしゃべりができて疲れも忘れさせていただき、本当に今のお店をはじめてよかったと感じることができました。

お野菜のほうは、まだまだ納得いくところまで追求しておりませんが、着実にレベルアップはしており先も見えるようになってきました。
ただ、味や品質を望めば望むほどコストがかかり販売価格に転嫁せざるを得ない点が、今後の課題かとおもっております。
やはり、いいものは適正価格で売れるべきだとは思いますが、それでも買いやすい値段で販売することは忘れてはいけないと思っています。

来年からは、目的別に幅広い方々に野菜を楽しんでいただけるようなイベントを定期的に開催しようと思っています。
大人だけで楽しむのではなく、お子さんも連れて一緒に楽しめるような...

おしながき

地元産
 ・しいたけ
 ・ラディッシュ
 ・グリーンレタス
 ・パプリカ(赤・緑)
 ・金時にんじん
 ・大根
 ・オレンジブーケ(カリフラワー)
 ・下仁田ねぎ
 ・フルーツトマト
 ・山の芋
 ・えび芋
 ・ほうれん草
 ・わさび菜
 ・京水菜
 ・赤目大吉
 ・黄芯白菜
 ・グリーンセロリ
 ・春京赤長水
 ・太ごぼう
 ・スティックセニョール
 ・黒大根
 ・ミラノ大根
 ・味美菜
 ・ロケット菜
 ・クレソン

鹿児島産
 ・安納芋
 ・種子島ゴールド

青森産
 ・にんにく

北海道産
 ・たまねぎ
 ・坊ちゃん

極野菜
 ・キャベツ
 ・オレンジ白菜
 ・ブロッコリー
 ・ねぎ
 ・サラダかぶ
 ・ジューシースティック

匠野菜
 ・ベビーリーフ12種

氷点下突入!

今日は朝から濃霧の上、三田方面は氷点下。
身体は痛いし寒いしでつらい季節になってきました。
まだまだ、これから農家さんを回らなくてはなりません。
先週、お休みしたのでどうも怠け癖がついて調子があがりません。

全身打撲な週末

昨日正午前、野菜の配送中に濡れた階段ですべり落ちました。
靴底についた畑の土が原因だったのかもしれませんが、みごとにズルズルと滑ってしまいました。
かなりみっともない姿です。
こんなときに武道で身についた受身は役に立つもので頭を打つことはなく一安心だったのですが、時間が経つにつれてあちこちに痛みが出てきました。
足首からふくらはぎ、太ももの裏側に左側のお尻、腰と背中と肘と首といった感じです。
結局のところすべてではないかと。
特にお尻と背中は膨れ上がってきて、転んだときの笑劇!?の強さを物語っています。
本日から本格的に大根を販売するのですが本当に運べるのか心配です。
また、三田産のニンジンですが、ようやく大きくなったとのことで来週から販売できそうです。
これがまた甘いんです。

新入り

できたてのベーコンが届きました。
鹿児島の薩摩で育った白豚をオリジナルでベーコンにしていただきました。
肩肉なのでショルダーベーコンです。
こちらで育った豚は、ミシュラン三ツ星レストランでシェフをされた方のお店でも使われているものです。
餌までこだわって、育てました。
餌ももちろん国産です。
意外と当店は、いろいろとトップクラスの食材を扱っていますので本当に舌のこえているお客さんは驚かれるようです。
なんで、こんなボロい店で売っているんだあ!などと思っているかもしれません。
逆に本物のベーコンを食べたことがない方は、味が薄いとか思うかもしれません。
また、油っぽいと思うでしょう。
このベーコンはフライパンで熱を入れるや否やすぐにベーコンの香りが漂います。
軽めに火を通したり、カリカリに焼いたりお好みでどうぞ。
この白豚タイプは、しっかりと油出しして、ベビーリーフなどでベーコンの油を抑えるといったシンプルな食べ方がよいでしょう。
野菜は、脇役で使うことでしっかりとメインとなる食材を引き立たせてくれますよ。
最近の方は、野菜本来の役割や使い方をあまりご存知ではないような。
これは、有名なレストランシェフも同様です。
なので、これから本当の野菜の使い方や組み合わせを提案していこうと思っています。

P1010433_convert_20081128225757.jpg

リベンジ!4度目

おそらく、これが最後です。
あまりにも意地をはってこだわったところで、経営が成り立たないものは自分を苦しめるだけのこと。
こちらも愛媛の農家さんですが、味ボケの原因は9月・10月に雨が多いからだそうです。
また、地質の問題もあるようで、地が浅く水はけが良いと味ボケになりにくいとのこと。
今回も検品しましたが、ボクが食べたものはしっかりしていました。
ただ、やはり昨年のものよりは落ちていますが、甘くておいしかったです。
あとは、お客さんの判断にお任せしたいと思います。

P1010431_convert_20081128222042.jpg

イベントのポジション

明日、開催されるイベントはボクにとって、これまでの四季菜を終了させる位置付けとなります。
秋頃から自分の野菜を提案する能力に限界を感じていました。
お客さんが増える一方で、不安が増してきて夜も熟睡できない状況が続いてました。
近頃、リーフサラダやバーニャカウダなど野菜だけでの提案をしてきましたが、それが大きな原因です。
また、このままでは野菜の楽しさも先が見えてきますし他店が真似することも難しくありません。
そんなときに匠から電話をいただきました。
いつも悩んでいるときにタイミングよく電話がかかってきます。
そして、悩みが解決できるヒントをいただけます。
とても力強い師匠で、この人と出会って良かったなあとつくづく思います。
来年からは赤字になっても匠野菜を頻繁に販売してこれまでとは全く違った提案で野菜をこれまでの三倍以上楽しんでいただこうと思っています。
もちろん、学術的に健康面もサポートします。
気長にご期待ください。

ハードラン!

今日は早朝から雨の中、農家さんをまわってました。
明日のイベントに必要な野菜を本日中に届ける必要がでてきたので。
また、眼科に行く予定もあったので午前中、会社はお休みしました。
農家さんと生パスタの職人さんには昨日、メールや電話をして協力していただきました。
雨の降ったあとの畑は水浸しで収穫も大変なのに嫌な顔もせずに笑顔で対応していただき、いつもながら申し訳なく思っています。
ボクも一緒に収穫しましたが、かなりビショビショです。
おまけに靴底についた泥のせいで階段から滑り落ちる始末。
全身打撲で時間が経つにつれ痛みがひどくなっています。
そんなこともあり、帰宅して野菜を洗ってからなんとか無事に野菜を届けることができました。
今回は下記のお野菜をお持ちしました。

・サラダかぶ
・プチベール
・金美まじりニンジン
・ジューシースティック
・インカのめざめ
・安納芋
・京水菜
・下仁田ねぎ
・やわらかキャベツ
・坊ちゃんカボチャ
・グリーンレタス
・グリーンセロリ
・手打ち生パスタ
・手作りアイスクリーム
・ベビーリーフ

P1010429_convert_20081128110216.jpg

まぼろしの種子島ゴールド

本日、ようやく初入荷しました。
その名も『種子島ゴールド(紫芋)』です。
安納芋と一緒に送っていただいたのですが、このお芋はなかなかたくさん収穫できないものでとても貴重です。
安納芋よりはまったりしてなくて少しさっぱりとしております。
大人のサツマイモといった感じでしょうか。
一応、畑の大半は契約しておりますが今後もあまり大量に販売はできないかと。
ご予約も受け付けております。
今回は、安納芋と同じ価格にて販売いたします。
蒸かして食べごろになると皮がつるんとむけます。
ボクは、このお芋をコロッケにして食べます。
これまで食べたことのないコロッケに仕上がりますよ。

P1010424_convert_20081127210914.jpg

納得いかない口コミ情報

昨夜は仕事帰りに会社の後輩らと食事にでかけました。
ネット上の口コミで美味しいと評判のお店を紹介されたので京都駅から少し北側にあるホルモン焼肉店に行くことに。
お店の外観は少し高そうな雰囲気でしたが美味しいのであれば文句はありません。
四名で予約して、はじめにボクともう一人が先に入店しました。
あとの二人は遅れそうだったので。
入店するや否やまたもや嫌な予感です。
客層がちょっとって感じでしたので。
テーブルについて先に注文しようとすると全員揃ってからでないとダメだといわれ、理由を聞いても納得いく返答はいただけませんでした。
このまま一人が来なかったら一生食べられないのかなあと。
その後は無事に全員が揃って無事に注文できたのですが、煮込み料理の味付けやスティックサラダにでてくる味噌はどれも塩辛く、生レバーのタレにつける塩もかなりきつい辛さで食べれたものではありませんでした。
特にスティックサラダはハウスもので野菜の味はせずに切り方は素人同然に長さも太さもチグハグといった状態。
お肉も一通り注文しましたが特段、すぐれてる印象もうけず。
口コミ情報を安易に信用したボクのセレクトミスです。
やはりはじめの直感はあまり外したことはないので、次回から何か悪い予感がしたらお店から出ようとおもいます。

P1010414_convert_20081127073730.jpg

ジェノベーゼ

イタリアの港町“ジェノバ”の名を聞くと思う・・・
  あの頃は、意味もわからず見ていた・・・
            ブラウン管の中の少年と母。
この町で生まれた、香り高き緑のソースは世界中のパスタファンを魅了する、パスタソースの夏の代表格です。

材 料【二人分】
 <ジェノバペースト>
 バジルの葉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20~30枚
 ニンニク・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3~4片
 松の実・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
 パルミジャーノレジャーノ(パルメザンチーズ)・・・10g
 EVオリーブオイル
 塩

<その他>
ジャガイモ・・・小2個
さやいんげん豆・・・10本

1. ジェノバペーストの材料をジューサーに入れ、EVオリーブオイルをつなぎとしてジューサーが回る程度に少しずつ加えていく。味付けの塩加減は、少し効かせすぎくらいがパスタと和えると丁度よくなる。

2. 大きめのお鍋でたっぷりお湯を沸騰させ、ジャガイモ、生パスタ、さやいんげん豆の順で時間差で入れ、一緒に茹でる。

3. 茹で上がったパスタと具材を大きめのボールに入れ、ジェノバペーストをかけ、和えれば完成です。

【ポイント】
★バジルの葉は、すぐに色が変色してしまうので手早く調理しましょう。
★具材になる野菜は、パスタと一緒に茹で上げましょう。

1214547117-100334.jpg

リーフもクリスマスバージョン!

いよいよ、今年もあとわずか!
八百屋はクリスマスとは遠い存在だと思ったら大間違いです。
ボクに、これまでの常識は非常識というものです。
ご好評いただいております四季菜がコーディネートするリーフサラダことベビーリーフは、今週末より半分以上を新しいリーフに入れ替えします。
これまでも週単位で1,2種は入れ替えしておりましたが、今週はイベントもありますし10種類→12種類に増量しました。
今月末に出荷開始されるものを中心にラインナップです。
ひとつひとつが個性を主張する味や色をもっていますので、こちらで冬のサラダをお楽しみください。
四季菜流にオリーブオイルと飲む柑橘酢をかけていただくのがフルーティでおススメですよ。
詳細については、企業秘密なので店頭にてご質問いただければと思っています。
なおブログをオープンしてから同業者の方の店内チェックが増えているようですが、いつもこられるお客さまにご迷惑がかかるため入店はご遠慮ください。

P/S
 手打ち生パスタは、日によってすぐに完売することがございます。
 売れ残りリスクを軽減するため、仕入れ量はギリギリに調整しておりますので...
 必要な方は、あらかじめメールなどで木曜日までに予約していただければ確実ですよ。

しゃぶしゃぶ豚のとろろぶっかけ

“手打ち”にこだわった讃岐うどん・・・・・
   “手打ち”にこだわった生パスタ。
互いを知るところとなりにけり。
進む道は違えども、心のどこかでは繋がっている。
最高のものが出会えば、作られる一皿は人をファンタスティックな世界にいざなってくれる。

材 料(二人分)
 しゃぶしゃぶ豚・・・・・・10枚
 長いも・・・・・・・・・・・・・約200g(すりおろして)
 青ネギ・・・・・・・・・・・・2~3本(刻む)
 生たまご・・・・・・・・・・・トッピングで
 ぶっかけうどん用つゆ

1. お鍋にお湯を沸かし、しゃぶ豚をさっと湯通しする。

2.長いもは、あらかじめすりおろし、青ネギも刻んでおく。

3.生パスタを茹で、茹で上がったパスタを皿に盛り、湯通ししておいたしゃぶ豚、長いも、刻みネギをふり、真ん中に穴をあけ生卵を落とす。

4.ぶっかけうどん用つゆをかければ出来上がり。

※生パスタはソースではなくぶっかけで食するため、少し長めに茹でること。

1207822048-720512.jpg

アントシアニンなあいつ

最近、安納芋がすぐに売り切れてしまいます。
テレビなどで何度も放送されたせいか種子島でも品薄状態らしいです。
その影響がボクと契約している農家さんまで押し寄せてきました。
ボクは先読みして来年までの分を確保していますが、あまりにも格安で売っているのでちょっと苦しいのが本音です。
ちなみに箸でつかめる卵は夏前に仕入値が値上がりして元々原価販売していたのでもっと苦しい状況です。
どちらも近いうちに五円か十円ほど値上げさせていただけたらなあと思っています。
今回は種子島の農家さんが紫芋ができたので安納芋と一緒に送っていただけるとのこと。
こちらは中身は鮮やかな紫色でお菓子づくりにはもってこいのサツマイモとなります。
もちろん、そのまま食べても美味しいですよ。
この紫色がアントシアニンとなります。
アントシアニンを沢山含んだ紫芋で老化防止ですね。

蛸と玉ねぎのクリームソース

玉ねぎの甘く甘くどこまでも甘い甘さをクリームソースに印象付け、
コリっと食感と共に潮の香る真蛸をアクセント。
パルメザンチーズでトロ~りコーティングすれば「素晴らしい!!」と素直にボナペティ~ト。

材 料(二人分)
 蛸・・・・・・・・・・・・・・お好きな量で
 玉ねぎ・・・・・・・・・・・中2分の1個
 バター・・・・・・・・・・・・1片
 パルメザンチーズ・・・好きなだけ(全体がトロッとする程度)
 生クリーム・・・・・・・・200ml
 白ワイン・・・・・・・・・・少々
 塩コショウ
 パセリ・・・・・・・・・・・・トッピング用

1. フライパンにバターを落とし、玉ねぎをじっくり炒めます。

2. 玉ねぎが色づいてきたら蛸を入れ、白ワインをふり香りをつけます。

3. 生クリームとパルメザンチーズを入れ塩コショウで味を調えるとソースの完成です。

4. お皿に盛り、パセリを降ると出来上がり。

※同時進行で生パスタを茹で、ソースの完成と同時に和えれるようにすると最高においしい状態で出来上がります。

1198337484-364092.jpg

お店の欠点

現状、当店の欠点はたくさんあります。
すべて把握しておりますので、PDCAでひとつひとつ解決していきます。
PDCAとは、P(Plan)・D(Do)・C(Check)・A(Action)の意味です。
以前から時間を見つけて作成しようとおもっていた掲示板ボードの試作品です。
これで、入りづらい当店の外側からでも何を売っていて、どのようなことに注力しているのか理解していただけるかと思っています。
なんとか今週末には間に合わせたいです。
ウッドの折りたたみイスにちょこんと乗せておくのが理想なのですが、なかなかピンとくるイスがありません。
我ながらバランスもいいかなあと思っていますがいかがなものでしょうか!?

P1010412_convert_20081124182009.jpg

雨にもかかわらず

本日は、午後から急な注文をうけて畑へ出向いてました。
ボクの畑ではないためお休み中の農家さんも巻き込むことに...
どうしても野菜が必要だというお客さんがおられ事情を説明して協力していただきました。
ひと仕事終えてからお店へ行って片付けや宣伝ボードの作成をしていると定期的にいろんなお客さんが車に乗ってこられました。
最近は、山の手のほうからわざわざ野菜を買うだけのためにお越しいただくようになりました。
しかしながら、本日はあいにく休業であって何も野菜はなく大変申し訳なくおもいます。
ボクの扱う野菜は、他の専門店みたいになんとか農法やなんとか栽培、どこどこから仕入れましたといったすごく優秀なものではなく、普通に作られた野菜なのでそこまでしていただくと大変恐縮に思えます。
ほめていただくのはありがたいのですが、ちょっと戸惑ってしまいます。
もっと自信をもって販売したいので、ただいま来年に向けていろんな策を立てている最中です。
もう少しだけ、長い目で見ていてください。
100%自信をもって販売できる野菜を提供したしますので。

嫌な予感的中!

昨夜はシンプルな食事ですませたせいか、今朝起きると非常におなかがすいていました。
ボクは、アメリカンチックなホットドックやハンバーガーが好きなのでいつものお店『Esquerre』さんへ食べに行こうかと思っていましたが、友人から芦屋でおいしいハンバーガー屋さんがあるらしいんだけど知ってる?...という電話がありふと思い出しました。
ちょっと話題になってる!?芦屋の南側のお店です。(名前は控えさせていただきます)
芦屋駅からは遠いので車で行くことに。
お店はほどよくお客さんが入っていましたが、中に入るやいなや少し嫌な予感がしました。
店員さんと厨房の雰囲気、客層にお店の雰囲気などから直感的なものです。
とりあえずは、ハンバーガーにコーンクリームスープ、オニオンリングフライとジンジャーエールを注文。
はじめにコーンクリームが出てきたのですが、途中で飲めなくなりました。
口がうけつけません。
缶詰で売ってあるスープのような、自動販売機で売られているポッカのコーンクリームのような...
一言で言えば、あまり体によくない味です。
でも、安いからこのようなもので仕方ないなあと。
それから、ハンバーガーが出てきて早速フライドポテトを食べましたが油が悪いのが揚げ方が悪いのか締りがありません。
ポテト自身の味もあまりしません。
最近、インカのめざめばかり食べているせいだろうか!?
まあ、いいかと。
次にメインのハンバーガーを食べるとちょっと冷たいと思いました。
レタスが冷えすぎているからです。
レタスの量は非常に多いです。
ちょっと分解してみました。
なんとレタスが折りたたんで入っていたりもします。
きれいにちぎられていない様子。
まあ、忙しかったのかなあと。
少しずつ自分が我慢しているのがわかっているところでハンバーガーを食べ続けていると肉がパサパサしてジューシーではないのです。
途中で食べるのをやめようと思いましたが、おなかもすいていたし完食することに。
完食したころには、こぼれ落ちたソースで手はベトベトでした。
ここは、ハンバーガーを紙でつつんで食べさせてくれないんだなあと思いました。
ちょっとした気配りにかけているということは、お客さん目線でシミュレーションしていない証拠です。
飲食店として経営が甘すぎます。
最後にオニオンリングフライが出てきましたが、びっくりするくらいに分厚かったです。
すでに諦めていましたが、食べてみるとこれオニオンリングドーナッツ!?とおもえるように衣が分厚かったです。
まったく、オニオンをフライしている意味がありません。
しかも油が臭いのと揚げ方が下手なのでほとんど残しました。
お口直しにジンジャーエールを飲んだのですが、これもジンジャーの味とはなにか違います。
もうそのころには機嫌が悪いどころかあきれかえっており、1000円以上も無駄な金つかってしまったと自己嫌悪になりました。
たまたま今日はハズレの日だったのかもしれませんが、ボクに二度目はないです。

サバのラグーソース

イタリア人は「日本人はなぜこんなにおいしい魚をパスタにしないのだ?」と言う。
日本で作るパスタは、日本の食材を大いに活用する。それがおいしいパスタを作る基本です。

材 料(4人分)
サバ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・400g
長ネギ・・・・・・・・・・・・・・・・・1本(粗みじん切り)
ローズマリー(フレッシュ)・・・1本
トマト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大5個(ざく切り)
白ワイン・・・・・・・・・・・・・・・・100?
EVオリーブオイル・・・・・・・・・大さじ5~6
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適量
白コショウ・・・・・・・・・・・・・・・適量

1.サバは皮を引いて1?角にカットし、塩、白コショウで下味をつけ3~4分おく。

2.フライパンにEVオイルとローズマリーを入れ弱火で香りをオイルに移す。香りが出たらローズマリーは取り除く。

3.粗みじん切りにした長ネギを加え、中火で色付く手前まで炒める。

4.サバを加え、焦げ目がついてきたら白ワインを足す。

5.完全に水分が飛んだらトマトを入れ、水(適量)を足して弱火で30分くらい煮込み、塩、白コショウで味を調える。

6.生パスタを茹で、茹で上がったらソースと和え完成です。

1200716502-266800.jpg

その名はジューシースティック!

昨夜は、20時には寝てしまいました。
大根をかつぐと重くて腰痛がひどく、マッサージチェアを見に行っていました。
以前から欲しかったファミリーのSOGNOが投売り状態。
ほぼ卸値での販売です。
ボクは、家電も卸値で手に入るネットワークがあるのでめったに電気店では買いません。
電気店では、操作性などを確認するだけの嫌な客です。
1時間ほどSOGNOを試してみましたが、指圧マッサージがなかなか気に入りました。
マッサージメニューが終わるころには体はポカポカとして体は軽くなりました。
ちょっと本気で購入を検討しようかと。
最近、歳をとるごとに健康に気を使うようになりました。

帰宅してから新しい野菜を試すために久しぶりに蒸し焼きです。
いつも生で食べてみたあとに火を通して野菜の特長や性能を把握しています。
おいしい料理は、素材と火を通す技かと。
今回のメインは、十勝産のインカのめざめと地元で採れた人参にミニ大根です。
インカのめざめは十勝産に変更して大正解でした。
触感も本当に栗みたいでホクホク感が増しています。
まさに求めていたものを提供していただきました。
人参は、黄色い金美まじりというものでまだ十分に成長していないため販売はしておりません。
ちょっと失敗したかもと農家さんは言われていますが、味はできあがっています。
こちらは人参臭さがなく、肉質は軟らかく甘味が強いです。
人参嫌いのお子さんにはもってこいかと。
生でも食べやすいのでスティックサラダでもいけると思います。
また、ミニ大根はジューシースティックといいます。
こちらも大根臭さはなく甘くてジューシーです。
ほのかにナシ味!?
スティックサラダに適した大根ですよ。

P1010408_convert_20081124062839.jpg

もうひとつの秘密兵器

おでん大根の他にもうひとつの戦力となる大根があります。
長さ20cmほどのミニ大根です。
使いきりサイズですが、大きさが違うだけではありません。
しっかりと甘いです。
蒸して食べるとわかるかと思います。
蒸した後、なにもつけずに食べてもおいしいです。
種まきが遅れたので、今頃になってようやくできてきましたがこちらの大根は今週のイベントで初デビュー予定です。
ダシのしみ込み具合もよく、こちらもおでんに最適かと思います。
当店は、サイズだけで値段を決めないので通常のおでん大根と同等のお値段となります。
大根は、今週末は通常の値段設定に戻したいと思います。
仕入値が高く、あまりにも儲けなしで販売しておりましたので...
ご了承ください。
きっと満足いくものと確信しております。

P1010409_convert_20081123195229.jpg

帰ってきた!ミドリカフェ

以前、摂津本山駅南側にあった『ミドリカフェ』さんが、新しく岡本のほうで営業開始されるとのこと。
これまでのコンセプトにプラスして、なんだか内容も進化して再登場のようです。
当店の野菜も素材をいかした形でだされるようで楽しみです。
新店舗を拝見したのですが、なかなかいい物件でもし当店がオープンしていなかったら確実に入っていたかとおもいます。
まさに隠れ家を楽しむにはもってこいの場所ですが、道が狭いのがちょっと難点。
周辺には時間貸駐車場がないことはないのですが、ぜひとも電車なり徒歩でお越し願いたいものです。
以前、当店に仕事帰りにダンプに乗って来られた方がおられましたが、間違ってもダンプでは厳しいですよ。

大人の隠れ家

以前にボクは、買っていただけたらどこでもいいとは思っていないと書いたと思います。
特に人間性と将来性を重視します。
当店の野菜を使われているお店のひとつに、『OSTERIA ACQUA in BOCCA』さんがあります。
西宮浜のほうになるため、なかなか電車では不便かと思います。
ただ、街中にないため窓ガラスから見えるロケーションとお店で流れている曲でゆったりとした休日を楽しめるかと。
画像でお伝えできなくてすみません。
本日は、お昼に二軒ほどまわる予定があったので、パスタランチをいただく予定でしたが前菜をサービスしていただきました。
ちょっと気を使わせて申し訳なく思っています。
でも、前菜を食べてよかったなあと。
野菜には必要以上にソースはかけてありません。
これだと、めったに下手な野菜は提供できないなあという印象でした。
ちょっと緊張します。
フルーツトマトもありましたが、これうちのトマトか!?と思うくらいにおいしかったです。
あとでフォカッチャを食べてわかったのですが、どうもお塩の使い方がうまいのではないかと。
それ以上にウニは、もっとおいしかったです。
特に取引先といってヒイキして書いているわけでもありません。事実です!
ボクは、シェフの年齢も考慮してどのレストランへ行っても平等な視点で評価しますが若いのにここまで気配りできるのは関心しました。
将来が楽しみです。
また、当店よりもおいしい野菜が手に入るようでしたら気遣いなくそちらを使っていただきたいとも思います。
他にパスタもいただきましたが。
これは好き嫌いもあるかと思いますが、ボクがいつも求めている麺の太さでした。
最近どこにいっても無駄に太くてガッカリしていましたが、ここはやってくれました。
少々細麺です。とても食べやすくソースも単純ではなかったです。
最後にお皿も舐めたかったくらいでした。
デザートもシンプルですが、しっかりと工夫されておりました。
ちょっと交通の便は悪いですが、機会があればお試しください。

イベントの進捗状況

予定どおり今週土曜日29日にオリーブオイルソムリエとのイベントを開催いたします。
18:30~ 阪急夙川近くのエノレアさんにて予定しており、
開場時刻については、まだ決めておりませんが18:00くらいからになるかと思います。
寒いですし早めのほうがよいかなあと。

メニューのほうは、下記の内容でリクエスト中です。
今後の話し合いで多少変更もございますので、ご了承ください。

参加費用は、5000~6000円(ワイン等のお飲み物も含めて調整中です)
なお、参加のご予約はすでに終了しております。
リクエストと機会があれば来年にでも開催を企画いたします。

また、オリーブオイルヌーボー(ノヴェッロ)は3種類ほどございますので当日、エノレアさんにてお買い求めください。
価格は、250~350mlで2000~2500円とのことです。

お席のほうは1テーブル2名さまが理想なのですが、お料理ですぐにいっぱいになりそうなので
長めの1テーブル6名さまでグルーピングする予定です。
テーブルごとのグルーピングは、お任せください。

メニュー案(順不同)

  1.ベビーリーフのインサラータ
    10~12種類を予定しております。
    いつもは混ぜて販売しているのですが、今回は、あえて混ぜないでお客さまでお好みのリーフを
    お好きなように混ぜていただき食べられたらどうかなあと検討中です。
    他にオリジナルウインナーとオリーブオイルと一緒にかけて楽しんでいただく飲む柑橘酢を準備予定。

  2.地野菜のバーニャカウダ
    当日、下記の野菜を採れたてでご提供予定。
     ・ブロッコリー
     ・サラダカブ
     ・ニンジン
     ・下仁田ねぎ
     ・コールラビ
     ・グリーンセロリ
     ・春京赤長水
     ・たまねぎ
     ・坊ちゃんカボチャ
     ・オレンジクイーン(白菜)
     ・インカのめざめ
     ・キャベツ
        など

  3.5種ソムリエセレクトテイスティングセット+自家製パン
    オリーブオイルソムリエに任せします。

  4.生パスタ 2種
    当店で販売している生パスタとエノレアさんのパスタの二種類を楽しんでいただきます。

  5.魚料理
    魚は細かな骨付きのものは除いて骨があればハッキリと取り除けるものか、貝類など。
    内容はエノレアさんにお任せしております。

  6.肉料理
    ミスジなどをリクエストしています。
    内容はエノレアさんにお任せしております。

  7.デザート
    まだ提案中ですが、食後のコーヒーと当店の素材にこだわったアイスクリームを考えております。

モノいう八百屋

現在は、新規に協力していただける農家さんを探すと同時に農家さんの絞込みも進めています。
これまで地元では50軒以上もの農家さんとお付き合いがあったのですが、それを10軒以下に絞り込んでいる最中です。
がんばっている農家さんすべてに協力したいのですが、その中で本当に努力されている方はそれほど多くもないと感じてきました。
10軒の農家さんがいれば周年3種目だけをしっかり栽培していただければ、いつも店頭には30種の野菜は並ぶことが可能となりますし、こちらも農家さんの管理が楽になります。
実は、最近になって少しずつ自分で収穫して野菜を運ぶようになりました。
ボクのリクエストが細かいのと信頼していただけるようになったので、必要な分だけを収穫して持ち帰っています。
これまでは、野菜はこのくらいまで大きくなってから収穫するといったことが常識化されていましたがボクは、もっと大きくなってからだとかもっと早めに収穫してくれだとか非常識に思われるタイミングでリクエストしています。
これはいろいろと勉強しているうちにわかってきたことで企業秘密です。
当店の野菜がおいしいと思われるのは、この収穫のタイミングもあるかと思っています。
これまでの八百屋は、農家さんの作ったものからセレクトして販売していましたがそれではダメなのです。
八百屋というものは、しっかりと自分のお店のコンセプトやターゲットを明確にしてお客さんのニーズを把握したりとしっかりとしたマーケティングをする必要があると考えます。
その結果をもって、農家さんと二人三脚で野菜の栽培に参加するべきかと。
これまで、栽培も販売もするといった企業もでてきていますがどうも中途半端に思えます。
栽培と販売を両立するには、かなりの労力を必要としますのでしっかりと役割分担をすべきです。
いま雑誌などで有機野菜専門店が取り上げられたりもしますが、単に作られたものを売っているだけのことのように感じます。
それじゃあ、先は見えているようなものです。
本当は、このような経営のヒントなんて与えたくはないのですが...
雑誌に載っている記事を読んでいつも低レベルの内容に賛同できない不満をもっています。
メディアに取り上げられたいわけでもありません。
当店は、これからも取材拒否です。

P1010404_convert_20081123074930.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。