自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶっこみすき焼き

昨日は、売れ残りも多くいろいろなお客さんに助けられながらもある程度、売り切ることができて助かりました。
いつもながら、ありがとうございます。
今年、2回目か3回目の危機的な状況でした。
だいたい15:00くらいまでには感覚的に売れ残り具合がわかってきますので、そのときは覚悟を決めて投売りしています。
在庫を残すよりも少しでも現金に換えたいので、赤字ラインなんて考えていません。
どうも飛び石連休のお客さんの動向がまだつかめていない状況で今後の課題が残りました。
さて、売れ残る状況の中でも夕食の献立は決めており、絶対にすき焼きだと。
下仁田ネギがたくさん余っていたからです。
今回のすき焼きの作り方は、いつもと違います。
余った野菜すべてが同じ時間で火が通るようにカットして鍋で軽く素焼きします。
これでMAX状態のうまさを引き出します。
ただ、下仁田ネギと小松菜は違います。
下仁田ネギは網で真っ黒に焼いてこげた皮を一枚めくってカットしてから鍋にいれます。
とろとろ状態になって、全く食感は違います。
小松菜は食べる直前にカットしたものを入れます。
茎の食感を楽しむためです。
それから、割下を入れて割下に野菜と原木椎茸の旨みをしみこませます。
お肉は、食べる分量をしゃぶしゃぶといった感じで火を通して食べるのです。
小松菜は、すき焼きにすごくあいますし、下仁田ネギのトロトロ感はやみつきに。
なんといっても野菜の旨みがしみこんだ割下は絶品ですよ。
外食では、野菜が少ないですし品目もおもしろくないので他では味わうことができないすき焼きとなります。
画像は、割下を入れる前の状態です。

2008122120030000_convert_20081222061921.jpg

新たな出会い

本日は、朝早くから遠出をしていました。
新規農家さんの開拓です。
昨夜、疲れていながらも約束をしていたので帰宅してからすぐに三宮のホルモン串焼き屋さんとぎょうざ屋さんへ食べに行ったのでさらにクタクタです。
特段、おいしいと評価できるレベルでもないのですがいい加減な食べ方をするには気楽なお店です。
毎回、気合入れて食べるわけではないので...
今朝は、いつもながら目をつけていた地形から回ってみました。
丹波に近い地域では、いくつか気になる畑も発見しましたが農家さんとは出会えず。
ただ、ちょっと目についたキャベツがあったので譲っていただき神戸方面へ向かいました。
また、三田のほうでは農家さんと少しお話だけをしたくらいです。
後日、こちらの考えや戦略をお伝えしようかと思っています。
その後、仕入れをしてさらに神戸の農家さんと会合。
お話をしている途中、これからどんな野菜を作って利益を出すことができるか見えてきました。
これまで珍しい野菜を駆使して販売してきても他店が真似ようと思えば真似ることは可能です。
まだまだオンリーワン経営ではないのです。
いつも当店のビジネスモデルを真似されないかビクビクしているのが現状です。
そこで、当店オリジナルの野菜を栽培すればよいとひらめきました。
オリジナルであれば特許みたいなこともでき、容易に真似されることもありません。
また、オリジナル野菜を作る方法はいくらか案がありますので不可能ではありません。
ようやく、今後の展開と方向性が見えてきました。
それにしても日曜日は営業しないかもといったせいか、お客さんは少ない日曜日となりました。
夕方には投売りせざるを得ないかと思っているところです。

おしながき

本日は、平飼い卵はご予約分のみとなります。
また、地元鹿の肉を手に入れました。
当店では販売できませんが、ご興味のある方はご相談ください。

地元産
 ・しいたけ
 ・ラディッシュ
 ・おでん大根
 ・黒大根
 ・オレンジブーケ(カリフラワー)
 ・下仁田ねぎ
 ・フルーツトマト
 ・山の芋
 ・紅芯大根
 ・キウイ
 ・ほうれん草
 ・ふだん草
 ・京水菜
 ・春菊
 ・オータムポエム
 ・小松菜
 ・ニンジン
 ・わさび菜
 ・パープルフラワー
 ・黄金かぶ
 ・サラダクレソン
 ・赤かぶ
 ・ターツァイ
 ・グリーンセロリ
 ・太ごぼう

鹿児島産
 ・安納芋(昨日完売、次回1月入荷予定)
 ・種子島ゴールド(昨日完売)

北海道産
 ・たまねぎ
 ・坊ちゃん(最終入荷)
 ・インカのめざめ(残りあとわずか)

愛媛産
 ・華みかん

極野菜
 ・キャベツ
 ・オレンジクイーン
 ・ブロッコリー
 ・サラダかぶ
 ・ジューシースティック
 ・プチヴェール
 ・グリーンレタス

匠野菜
 ・ベビーリーフ10種

不安の残る経営

本日もお忙しい中、当店へお越しいただきありがとうございます。
本日は、出だしから軟調で嫌な予感がしておりました。
売上げ的には、いつもと変わりませんがお客さんの入り具合や販売内容に不安の残る一日となりました。
まだまだ、先は長く毎回パーフェクトといくわけにはいかないとは周囲から言われるもののボクの性格上、一日でも不安の残る日があるといろいろと悩んでしまいます。
これからは、もっとお店にくる楽しさやもっと野菜が食べたくなる提案を考える必要があるかなあと。
また近頃、坊ちゃんカボチャやブロッコリーで一部品質に問題のあるものを売ってしまったことは大いに反省すべき点であり、商品の劣化をもっと事前に見抜く能力も向上させなければならないかと。
もし、そのような野菜を買われた方は、ご遠慮なく申しください。
返金もしくはお取替えいたします。
一方、近くに住んでいる方が当店の存在に気づいて、大根や手打ち生パスタをうれしそうに買っていかれたのは少し励ましにもなりました。
明日は、早朝から新規農家さんのところへ行ってきます。
もっと、優良な農家さんを増やさなければなりませんし、きのこ類で欲しいものがあるので作られている方との出会いを期待しています。
来週からは、ようやく三田のスペシャル原木生しいたけがデビューします。
もちろん、ボクが山で収穫してきます。
それから、甘い赤ネギもいよいよ登場です。

デビュー前試飲会

本日からミニトマトのアイコを100%使用してつくられたトマトジュースの試飲会をはじめましたのですが、想像以上に好評のためすべてのトマトジュースがなくなりました。
ボクは、本物しか取り扱いたくないため商品を送られても軽はずみに納得しないのですが、これは絶対の自信を持ってご提供できます。
これまでのトマトジュースの常識を裏切るといっても過言ではないかと。
あとは、農家さんの苦労を評価しつつどこまで価格を抑えることができるか交渉に入ります。
正式なデビューは、年明けとなりますがまだ試飲されていなくて興味のある方はお申しください。
いくつか試飲用をご用意しておきます。

おしながき

本日は、平飼い卵あります。

地元産
 ・しいたけ
 ・ラディッシュ
 ・大根
 ・オレンジブーケ(カリフラワー)
 ・下仁田ねぎ
 ・フルーツトマト
 ・山の芋
 ・紅芯大根
 ・ほうれん草
 ・京水菜
 ・春菊
 ・オータムポエム
 ・小松菜
 ・ニンジン
 ・わさび菜

鹿児島産
 ・安納芋
 ・種子島ゴールド

北海道産
 ・たまねぎ
 ・坊ちゃん
 ・インカのめざめ

愛媛産
 ・華みかん

極野菜
 ・キャベツ
 ・オレンジクイーン
 ・ブロッコリー
 ・サラダかぶ
 ・ジューシースティック
 ・プチヴェール
 ・グリーンレタス

匠野菜
 ・ベビーリーフ10種

氷点下の朝

今朝はいつになく寒く山間部へいくとマイナス三度。
少しタイヤもすべりぎみです。
三田では大根とニンジンが重すぎます。
しかしながら、どうも昨日から胃痛がひどいです。
少し吐き気もあるような。

クリスマスプレゼント

今週末は、お越しいただき2000円程度ご購入された方にクリスマスプレゼントといっては大げさですが何らかのサービスを考えております。
肩もみなどのサービスではございません。
しっかりと物品を差し上げますので、よろしければ召し上がってください。
あまり儲けがないものでたいそうなものは差し上げることはできませんが...

新商品!トマトジュース

これは、ミニトマト100%で作られたジュースです。
トマトではありません。
ミニトマトです。
ミニトマトといってもアイコという品種で夏に爆発的人気だったトマトです。
北海道の農家さんが無農薬で作ったアイコをおしみなく加工してつくられました。
トペンペは塩分を加えていないため、自然の甘さを味わうことができます。
無添加で賞味期限は1年となっております。
当店にて試飲可能ですよ。
本気で検討されている方は、1本さしあげます。
190mlと480mlの2タイプをご用意しております。
これでトマトジュースの常識をくつがえしたいと思います。

P1010546_convert_20081219213040.jpg

最終出荷のお知らせ

本日、農家さんから連絡がありました。
明日は、なんとかオレンジクイーンはいくらか出荷できそうとのことです。
今週末で、ほとんど終了となります。
グリーンレタスもなんとか出荷できますが、こちらもほぼ終了です。
最近になって人気の出てきたサラダかぶは、確実に最後となります。
明日、畑よりすべて収穫してきます。
坊ちゃんカボチャは、今回最終入荷となります。
少し小さめで安くしていただいたので、通常よりも2割程度安くご提供できます。
インカのめざめも残りわずかです。
安納芋は、1月までは収穫できそうとのことですが今年は今の在庫で終了として、次回はまた来年1月とさせていただきます。
ミカンも愛媛から入荷しました。
明日は、トレビスができたので収穫してきます。

P1010545_convert_20081219200908.jpg

クリスマスくん

毎日、ニュースは景気悪化の悪いニュースばかり。
派遣切りについては、突然解雇するところもあるようですが突然というのは契約違反。
契約書には2週間から1ヶ月前と書かれているはずなので、企業サイドの怠慢も考えものです。
ボクは、満員電車の中で新聞を読む行為が嫌いです。
細々と読むのはまだ許せますが、大きく広げてバサバサと音をたてたりするのは気分が悪いものです。
ボクは、いつも早起きして余裕をもって朝の支度をしているので出かける前に全てをすませ、電車の中では今日のスケジュールや仕事の進め方などを考えたりして仕事前の準備に入っています。
仕事が3倍早いという秘訣はここにもあります。
しかしながら、あれだけ電車の中でも日経新聞を読んで今回の事態を予測できなかった経営者は多く、一体新聞から何を読んでいるのか問いたいです。
ボクが思うに単にカッコつけているだけの人もいると思いますし、文字を読んで吸収するだけの人が大半かなあと。
なので、いくら日経新聞を読んでも株で儲けることはできないかと。
日経新聞というものは、文字を読んで頭で考え点と点を結び文字に隠されている裏側の心を読まなければ意味なしと考えています。
これは、よく後輩らにも伝えています。
新聞に限らず、資料などもすべて裏側にひそむ心を読むようにと。
そんな暗い雰囲気の経済状況ですが、昨夜はお店の棚を整理しているとクリスマス用の人形がでてきました。
昨年、母にプレゼントされたものです。
三段の丸い箱に別れ、一番大きい箱にすべての箱がすっぽりと収まるものです。
クリスマスくんを見ているとなんだか癒されます。

P1010541_convert_20081218225710.jpg

こだわりのマヨネーズ入荷!

今夜、こだわりのマヨネーズが再入荷しました。
なかなか売っているところを見かけたことはないかと思います。
こちらは大正創業のお酢屋さんがつくられたもので、完全無添加となります。
それでも賞味期限は1年間ありますので、ご安心して購入できるかと思います。
マヨネーズなのにまったりとせず、さっぱりとしています。
このマヨネーズだけは食べれると言われるお客さんは少なくありません。
先日も最近のマヨネーズが食べれないお客さんが買われて好評でしたので後悔はさせませんよ。
なかなか大量生産もできないため、キューピーさんからの製造依頼も断ったとか。
入荷したばかりで、まだ24個は在庫がありますが飲食店さんやプレゼントなどに買われる方もおられ、たまにすぐに完敗となることもありますのでその時はご了承ください。

P1010536_convert_20081218225648.jpg

広がるネットワーク

ブログなどのネット配信は、いいものを作っても販路がなかったり、デパートに置いても商品の良さが伝わらなくて困っている農家さんと知り合うメリットがあります。
また、ボクの取り扱うレベルの野菜を求めるお客さんと知り合えることはいうまでもありません。
最近では農家さんからの問い合わせが急激に増えてきました。
やはり、ブログというものは毎日書き続けることに意味があると実感しました。今週は、北海道の農家さんよりご相談をうけたところです。
どうも昨年からミニトマトジュースを作って、道内から首都圏まで細々と販路を広げてきて、何とか関西圏にも販路を・・・と考えてはいるものの物理的距離も遠いためなかなか営業にも行けない状況とのこと。
そこで、試飲をした上で取り扱いの検討をしてほしいと。
こちらは北海道ということもあり、農薬を使わずに育てたミニトマトだけを原料に農家さん自身で作ったジュースとなります。
無添加で健康にも良く、甘くて美味しいらしいのですが、小売価格が安くないのがネックらしく東京では伊勢丹や三越レベルでないと置かせていただけないらしく、また売れないようです。
現在、当店で販売しているこだわりのマヨネーズと似たような状況なのかなあと。
このこだわりのマヨネーズの値段は高いですが、当店はちっぽけな店でありながら他店の売上に負けてません。
やはり、お客さんの層や質がいいのかなあと思っています。
ジュースのパンフレットもありますので、ご興味のある方は、ご覧になってください。
もちろん、試飲も可能ですよ。

今月の営業予定

先日、ブログにてアナウンスしておりますが、お問合せが多いもので再度お知らせいたします。
今後は、ブログに掲示板エリアを新設できたらと思っています。

今週より、通常通り土日の営業を目指し準備しております。
今年の営業は以下のとおり予定しております。

 12月20日(土)、21日(日) 13:00くらい~
 12月27日(土)、28日(日) 13:00くらい~

昨年よりも売れ行きペースが早く、すでに畑には来年分までの野菜が終了したものもでてきております。
特にオレンジクイーンという白菜は一気に30個ほど売れてしまう状況で今後の出荷見込みは微妙です。
当店は、目の行き届いた栽培を重要視し小さい農家さんのネットワークでできているもので作られている数量も限られております。
他に作られている農家さんがいても品質基準や味を満たすものは少ないため、無理をしてまで野菜を揃える予定はございませんのでご了承願います。
また、来年の課題とさせていただきます。

アスパラ風味の変な奴

これは菜の花ではなく、オータムポエムといいます。
菜の花よりも甘く、アスパラ風味の野菜です。
ボクは、そのまま最大限まで蒸して全体的にやわらかくして食べるか、茎と葉の部分を分けて茎以外はおひたしにして、茎の部分は軽くピーラーでスジをとって軽めに茹でてアスパラガスと同じように食べたりします。
もしくは、茎の部分を横に輪切りにして葉も花の部分もそのままパスタの具材として加えたりします。
茎の部分のシャキシャキとした食感が新鮮です。

P1010534_convert_20081217214944.jpg

新兵器導入

お店のスモールオフィス化と新しいお店づくりのためにミニノートパソコンを購入しました。
イー・モバイルとセット契約だと五千円以下で手に入れることができます。
このセット契約はいろいろとカラクリがあるのですがボクの場合、普段使用していたイー・モバイルが買い替え時期だったのでタイミング良かったです。
これで出先や畑でも調べモノができますし、情報発信ができます。
これまで携帯電話を駆使してネット接続してましたがやはり見づらくて生産性が悪かったので解消です。
お店においてるスーパーマシンも自宅へもどし事務スペースはいくらか広くなるため仕分け作業も効率化できると考えています。
お店は少しだけハイテク化する予定です。
ちなみに今回チョイスしたマシンはエイサーです。
決め手はハードディスク容量とキーボードビッチとなります。
バッテリーのもちは普通ですがオプションで倍増できるため問題なしかと。
昨夜は夜中までセッティングしていたのでかなり寝不足です。

P1010532_convert_20081217073519.jpg

幻のローマ野菜

プンタレッレは、ローマ以外ではなかなか出会えないため、イタリア人すら知らない人が多い野菜だとか。
外葉の食感は、軽いシャキシャキ感があり苦味もあります。
少し変わった苦味かと。
茎のほうは、コールラビに味は似ていて外葉とは違いポリポリといった感じです。
プンタレッレは、種の表記でアスパラガスチコリとも書いてあります。
プンタレッレは、栽培が難しいのでロス率も高いため値段もバカ高いです。
20年以上のベテランの匠でさえ、うまくいかないことも...
ちなみに他店で売ってあるものは、1kgで4500円以上もします。
だいたい、1株1500~2000円もするのです。
来年は、ボクが作ってみます。
まだまだ、たくさん珍しい野菜をつくりますので現在は、続々と世界各地から野菜の種が輸入されてきている状況です。

さて、プンタレッレは外葉を細くカットして30分以上、水にさらすのがポイントです。
いろいろとやってわかってきました。
水気を切ってからオリーブオイルとビネガー、塩、コショウ、アンチョビのソースをかけて食べたりもしますが、昨夜はバーニャカウダソースをオイルとビネガーで伸ばしてかけて食べました。
ビネガーやレモンなど酸味で調整されるとよいでしょう。
イタリア通の苦味が身体によさそうです。

P1010518_convert_20081216223333.jpg

紅色のレタス

昨年、はじめて出会った赤いレタスのロロロッサ。
ちょっとピンクぽかったりもしますのでピンクロッサともいわれます。
ロロ=ちぢれた、ロッサ=赤という意味です。
フリフリゴワゴワがなんともかわいらしい!
見た目とは違いほろ苦さが特長です。
なんとも身体によさそうな苦味!
食感は、軽くパリッとシャキシャキとした感じです。
ボクは、味的には緑色のロログリーンのほうが好みかもしれません。
こちらのロロロッサは、イタリア野菜の通好みの方にはたまらないでしょう。

P1010524_convert_20081216223301.jpg

またもや身体に悪い物

本日は、お昼を食べたばかりなのに午後からはお腹がすいて仕事に集中できず。
手持ちのお金は百円のみ。
ボクはお金を持つと使ってしまうのでいつもポケットに五百円玉のみ入れて出掛けます。
もちろん、財布も持たずに定期のみです。
本日は、五百円玉を忘れたのです。
仕事帰りには、お腹がすきすぎてICOCAが使える京都駅構内のうどん屋さんに入ってしまいました。
駅構内にはいくつかあるのですが、初めて綾部方面に行くホームに近いところに入って失敗しました。
ダシが化学調味料のオンパレードみたいに濃くて辛くて食べれたもんではありません。
といいつつ、完食したのですが。
こんなの毎日、食べたら即入院だろうなあと。
関東のダシとはまた違います。
よく関東はダシが濃いといわれますが、関東方面の水は関西よりも硬水なのでダシが出にくいため味付けを濃くせざるをえなかったのです。
一方、関西方面は軟水なのでよくダシがでます。
なので薄口でも美味しくできあがります。
料理は、なぜ?という疑問から入っていかないとなかなか上達しないと思います。
同じレシピどおりに作ってもうまくいかないという原因の一つでもあります。
ボクは、やはり料理の基本はダシにあると思っているので、六甲山から流れてくる自然の水が使えて幸せだなあと思います。

12月の営業日

今年も残り、あとわずかとなりました。
今週より、通常通り土日の営業を目指し準備しております。
先日も日曜日にお店の掃除をしていると、たくさんのお客さんがこられましたので今年はあと2週ですし、がんばってみようかと思っています。
全ての方がネットや店頭掲示板を常に見れる方ばかりではないことを意識させらせた一日でした。
なので、今年の営業は以下のとおり予定しております。

 12月20日(土)、21日(日) 13:00くらい~
 12月27日(土)、28日(日) 13:00くらい~

来年からは、本格的に栽培に参入するため営業日と開店時刻は変動する予定です。
また4月からは、本業ITの契約次第では平日営業も行う予定でおります。

クセのないターツァイ

本日もまだ本調子ではないものの確実に体調は回復傾向です。
食欲もあるので仕事中に夕食のレシピを考えていました。
昨日、仕入れたターツァイはまだおいしくいただいたことはなかったので挑戦です。
当店オリジナルのベーコンを使います。
中国野菜なので油との相性がよいはずです。
ベーコンも使いこなしたかった思いもあります。
まずはベーコンを小さめにカットして弱火で脂出しします。
ターツァイは、縦半分に切ってベーコンの脂が出た後に一緒に炒め時間は1分ほどです。
後は余熱でOK!
シャキシャキ感が残ります。
一発目の味付けは、塩コショウと醤油のみです。
想像以上においしいです。
ただ、脂っぽさが気になりました。
二発目は、塩コショウに醤油、お酒とお酢を入れてみました。
お皿に盛る前に余分な脂や醤油、お酒、お酢はしっかりとフライパンからふき取りました。
これで脂っぽさは解消です。
なんとかベーコンを使いこなせるようになってきました。
とても美味しくて、いくらでも食べれます。
ターツァイは見た目と違いクセがないので、小松菜が苦手な方はこちらがおススメです。
栄養価も高いですよ。

P1010511_convert_20081215203451.jpg

P1010514_convert_20081215203515.jpg

魅惑のオレンジクイーン

オープン当初、当店では白菜が売れませんでした。
今おもえば、宣伝もしない当店を知る人も少なかったせいかもしれません。
そのかわりにタケノコ白菜を出したところ、こちらも売れませんでしたが余ったものを無料で提供して味わっていただくことで人気野菜に。
そのタケノコ白菜がなくなったころ、次に導入したのがこのオレンジクイーンです。
おしゃれなオレンジクイーンは、上品なお年寄りの女性の方がつくられています。
この方、ただものではありません。
キャベツをつくっても品評会で優勝するほどの持ち主です。
とにかく栽培が丁寧なのです。
当店は、生産者もお客さんも上品な方に囲まれているのが特長かなと。
オレンジクイーンは、芯がオレンジ色がかった白菜です。
ちょっと黄色っぽく見えますが、鍋に入れたり煮込むと鮮やかなオレンジ色に変化します。
一般市場では、白菜は白と緑が美しいとされるので嫌われているとのこと。
なんともセンスのない市場です。
オレンジクイーンは、ミニ白菜、キャベツとの交配で誕生しました。
栄養価は、白菜の2倍、甘さも断然違います。
なので、虫や鶏の標的になりやすく希少な白菜となります。
そんなこともあり値段は少々高いのですが、普通の白菜を売るのはおもしろみもなく当店で売る価値もないと考えています。
現在は、まだ完全に大きくなっていないため少々お安くご提供しております。
まずは、採れたてを生でかじると、りんごのような味とシャキシャキ感がします。
芯がおいしいのです。
生でサラダとしてもいけますよ。
ボクのおススメは、ロールキャベツでなくロール白菜です。
ロール白菜の中にチーズを入れてもよいでしょう。
こちらは新聞紙にくるんで、立てて保存してください。

P1010512_convert_20081215061654.jpg

美味!太ゴボウ

本日、宅配のお客さん用に手に入れた太ゴボウです。
直径3cmほどあります。
当店では、普通のゴボウが売れません。
サラダゴボウもダメでした。
でも、こちらの太いゴボウは大人気です。
このゴボウは、キンピラとして料理するのではなく、煮込みが適しています。
お酒としょうゆでシンプルに煮込んでみてはいかがでしょうか?
筑前煮なんてぴったりかと思います。
おでんでも良いでしょう。
また、かつおと昆布のダシで煮込んで味付けをした後は、中心をくりぬいて明太子や魚のすり身などをつめて串揚げなんて最高だと思いますよ。
太いですが、とてもやわらかくて甘くておいしいゴボウです。

P1010510_convert_20081214211533.jpg

お見送り

本日は、母が実家の宮崎へ戻るのでお昼に伊丹空港まで車で送りました。
いつも土日は、お店の営業があり一人で電車に乗って空港へ向っていたので、かわいそうなことをして申し訳なく思っていました。
母自身は強い性格で、気にしなくてもいいとはいうのですが...
ボクは、高校三年で父を事故で亡くし、その後かわいがってもらってた祖父母もたて続けにショックで亡くなっていって、なにも孝行できなくて一時期は自分を責めすぎてノイローゼになったときもありました。
それだけ当時は、自分が情けなくてしょうがなかったのだと思います。
それから、絶対に母だけは全力でいつも孝行して楽しい人生を送らせてみせると誓いました。
今、会社という組織に属していないのも、いざ母が倒れたらいつでも助けに向かうことができるようにと思っているのも理由のひとつです。
親孝行というものは、親が元気なうちにしておくべきだと思います。
病気になって看病するのが親孝行ではなく、それは当たり前の行為で親孝行ではないかと。
これから先、すべてにおいて120%の力を出し切って後悔しない人生を送りたいものです。
何事に対しても全力をつくせば後々後悔はしないはずです。

P1010506_convert_20081214201756.jpg

野菜事業の難しさ

先週、うかがった尼崎のあま湯で土日のみ営業している野菜市ですが、どうやら1月をもって休止することになったとか。
9月か10月からスタートしたので半年ももたないことに。
数名で事業を立ち上げていて、たくさんの知恵が集まるはずなのですが...
今後は、別の場所での営業も検討しているらしいですが今回の件でマーケティングを失敗しているので、本物のマーケティング力をつけなければどこでやっても同じかと思います。
よく、マーケティングの講習だとかありますが、テキスト上だけの勉強では難しいのです。
たとえ会社でトップであってもサラリーマンと商売は別モノなので、うまくいくとは限りません。
会社を定年退職して商売を始める方も少なくないようですが定年後からの出発は体力的にも難しく、事業失敗による損失は取り戻せないのでおススメできません。
退職金なんて一発で吹っ飛んでしまった方も多くおられます。
会社は所詮、人の金、商売は身銭なのです。
ボクは、家系が商売人なので小さいころから親の背中を見て育ち、周辺も商売人だらけだったので自然と身体に商売の哲学がしみ込んでいるかもです。
商売は、理屈ではないのです。
一応、アメリカ仕込のマーケティング力は身につけていますが、日本の野菜事業でアメリカのマーケティングの考えは通用しません。
なぜなら、野菜事業は心なのです。
農家さんとの助け合いやふれあいがなければ歯車がうまくかみ合いませんし、お客さんとも心が通じ合わないと難しいかと。
それができなければ、一生適当な野菜をもって安売り販売で勝負するしかないのです。
また、野菜を知り尽くさなければ野菜を語ることもできず、お客さんの支持も集めることはできませんのでもっと勉強をしていただきたいと思っています。

おいしさの秘密

ボクは、この畑で収穫作業をしています。
やはり久しぶりの畑仕事は夜になると全身が痛くなります。
今朝起きても腰痛がひどいです。
たいてい、どの農家さん宅へいってもボクの理論に基づいた収穫タイミングの注文が多すぎるもので、いつの間にかボクが収穫するようになりました。
腰痛がひどいのは中腰になって葉をかきわけて状態を見分けてベストなタイミングのものだけを収穫しているからかと。
中腰になっている時間が長いのです。
特にサラダかぶやジューシースティックは神経をつかっています。
大きいとお客さんは喜ばれる方が多いですが、大きいからおいしいとは限りませんので。
すでにブロッコリーとキャベツは収穫が終わりましたが、雨上がりの作業は泥だらけの上、葉についた水滴でビショビショになるので服が肌にくっついて気持ち悪いです。
これは、今後の試練なのかなあと思っています。
お店を始める前は、毎日500回の腹筋をしていたのでまた再開して筋肉をつけていきたいと思います。

P1010499_convert_20081214074431.jpg

今が旬!プチヴェール

本日から正式デビューしたプチヴェールです。
みなさん、半信半疑で買っていかれました。
昨年も販売していたのですが数量も少なく、食べた方も少なかったのでほとんどの方がはじめてだったかと。
また、原価も高くていくら利益をのせなくても1個の価格は高いため悩まれるのも当然かと思いました。
ボクは値段ほどの価値はあると思っています。
栄養価も高く、美味しいのですから。
飲食店さんで出されると必ずうける一品です。
食べ方は、沸騰したお湯で湯がくだけ。
湯がくと鮮やかな緑に変化します。
あとは、マヨネーズをつけて食べるとよいでしょう。
当店で販売しているこだわりのマヨネーズとかなり相性がいいですよ。
ただ、こだわりのマヨネーズは本日で完売したので、早急に発注しようと思っています。

P1010503_convert_20081213204207.jpg

完売達成!

本日もお野菜だけを買いに遠いところわざわざお越しいただき、ありがとうございました。
おかげさまで早い時間帯に完売することができまして感謝しております。
また、ご予約注文が多く来店された方には十分にお野菜をご提供できなくて申し訳ございません。
これを機に反省し、改善していきたいと思っています。
実は、本日はイヤイヤモードで家を出て仕入れに向かいました。
この仕事で一番嫌いなのは、制限時間内にすべての農家さんを回りお店に到着しなければならないです。
途中、道路工事などで渋滞していると正直、イライラします。
それほど分刻みで巡回しているもので。
これが、すごいストレスとなっているのです。
ただ、そのイライラも農家さんと会ったり自然の中をドライブしていると少しずつ解消されてきます。
今日の三田市は、氷点下でした。
そんな中、農家さんがボクの体調を気遣って発注していた大根や下仁田ネギ、ニンジンなどを収穫していただいて申し訳なく思っています。
本日は、微熱ながらなんとかお客さんに助けていただきながらも無事営業が終了でき一安心です。
明日はまた療養しようと思っています。
ご迷惑おかけして申し訳ございません。

P1010502_convert_20081213200833.jpg

おしながき

本日は、平飼い卵あります。

地元産
 ・しいたけ
 ・ラディッシュ
 ・大根
 ・オレンジブーケ(カリフラワー)
 ・下仁田ねぎ
 ・フルーツトマト
 ・山の芋
 ・えび芋
 ・ほうれん草
 ・極細京サラダ水菜
 ・京水菜
 ・赤目大吉
 ・太ごぼう
 ・黒大根
 ・紅芯大根
 ・春菊
 ・オータムポエム
 ・ニンジン

鹿児島産
 ・安納芋
 ・種子島ゴールド

青森産
 ・にんにく

北海道産
 ・たまねぎ
 ・坊ちゃん

極野菜
 ・キャベツ
 ・オレンジ白菜
 ・ブロッコリー
 ・ねぎ
 ・サラダかぶ
 ・ジューシースティック
 ・プチヴェール

匠野菜
 ・ベビーリーフ10種
 ・ミニパプリカ
 ・プンタレッレ
 ・ロロロッサ
 ・チーマ・ディ・ラーパ

お店のBGM

実は、お店で流している曲はかなり神経つかっています。
まだ、スピーカーを設置していないので聞きづらいかもしれませんが。
基本的にはノリがいいJAZZ系をチョイスしています。
お客さんの耳障りにならなくて、ボク自身のモチベーションがあがるように。
あまりお客さんが意識されていなくても流す曲は脳裏に働いて、購買欲に自然とつながるのです。
心理学も専攻していたので、心理面からもお店づくりをしているわけです。
今回は、NHKの『プロフェッショナル仕事の流儀』などの挿入曲を作られている村井秀清さんのCDを手に入れました。
いつ出るかと待ちに待っていたのです。
これで、明日からの畑仕事や仕入れ、営業もモチベーションアップです。

P1010494_convert_20081212194900.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。