自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうひとつのホウレンソウ

月曜日の朝は、いつもながら全身が筋肉痛で動きづらいです。
昨日は、おそらくお店は暇だろうなあと思ったので畑で時間をつぶしてから神戸へもどりました。
昨年からボクの基準を満たした農家さんだけに協力をしていただいて栽培しています。
寒いとなかなか育たないのでビニールで囲ったトンネル栽培をしています。
トンネル栽培といっても材料をまともに買うとお金がかかってしまい赤字になってしまうので、残っている材料をうまく活用したオリジナルトンネル栽培をしています。
これは、赤茎ホウレンソウです。
サラダ専用のホウレンソウとなりますので、そのまま生で食べることができます。
とにかく甘くておいしいのですが、現在販売中のちぢみホウレンソウにおされて少し存在が薄くなっています。
いつも人気ナンバー1な野菜なので、ちぢみホウレンソウがなくなれば人気がでてくるのかなあと。
一応、サラダ専用なのですがパスタの具材としてなど、少し熱を加えると甘さは倍増です。
熱をどれだけ通すかでおいしさが変わってきます。
このタイプは、余熱程度がよろしいかと思います。
絶妙なタイミングで収穫してきますので、これから機会があればどうぞ!

P1010759_convert_20090119063405.jpg

その名はワッキー!

当店では、ブロッコリーが人気のある野菜です。
でも昨年末には畑にあるブロッコリーはすべて収穫してしまいました。
他にブロッコリーを栽培されている農家さんはおられますが、味の面でちょっと取り扱いを敬遠しているところです。
茎までも甘いスティックセニョールは今でもたまに販売しています。
こちらは収穫に手間がかかるため少々、値段は高いのですがすぐに売り切れる状況です。
実は、もうひとつのブロッコリーがあります。
わき芽ブロッコリーです。
ブロッコリーを収穫した後に出てくる小さなブロッコリーのことを言っています。
大きな茎の脇から芽が出ますのでワッキーと呼んでいます。
こんなブロッコリーはスーパーなどでは販売されないので食べる機会はないかと思います。
でも、これがとても甘くておいしいのです。
そして、色のほうも緑ではなく紫がかった色をしたものがさらに甘いです。
あまり、たくさんは収穫できないのですが難点です。

P1010755_convert_20090118215613.jpg

春間近!?

本日は、お天気が悪いのにもかかわらずお越しいただきありがとうございます。
本日もお客さんは少なかったです。
とはいっても、これは予測していましたので仕入れ量、収穫ともに控えていました。
これまで収集していたデータを分析した結果です。
こんな日は、お店を休んでゆっくりと休んだほうがマシなのですが、お一人でも当店の野菜を求めてこられる方がおられるとそうも言っておられません。
このままだと最近、不況のあおりをくらっている飲食店と同じになるので次なる展開を考えています。
今日はお店を18:00に閉店して宅配便を届けた後、イタリアンレストランへサンプルの野菜を届けてきました。
日曜日はすんなりと帰れないのでちょっとつらいですが、今夜は楽しみがありました。
昨日、兵庫漁連さんから直接仕入れたとれたての牡蠣です。
お世話になっているお客さんへは原価でご提供。
牡蠣は、レンジで5分温めてレモンを絞って食べるだけです。
いくつでも食べれます。
今週も兵庫漁連さんと会って仕入れてこようと思います。
それともうひとつのお楽しみがフキノトウです。
普段、食べたことがない方は価格を見て高いと思われますが当店は通常の半値で販売しています。
フキノトウは、いろんな食べ方があるのですが本日農家さんに教わったとおりに作ってみました。
フキノトウとゴマをすってからお味噌とみりん、砂糖を加えてかき混ぜます。
ほのかな苦味がくせになりそうです。
もちろん、ご飯と一緒に食べました。
それから、プチヴェールにマヨネーズとフキノトウ味噌を合わせて食べると絶妙でした。
なかなか贅沢な夕食です。
まだ、半分以上残っているのでゴマ油で炒めたりと違ったレシピで楽しもうと思います。

P1010763_convert_20090118203031.jpg

P1010764_convert_20090118203114.jpg

おしながき

本日でオレンジクイーンは最終となります。
おそらく、最終です。

地元産
 ・小松菜
 ・ふきのとう
 ・原木しいたけ
 ・おでん大根
 ・下仁田ねぎ
 ・わさび菜
 ・山の芋
 ・ちぢみほうれん草
 ・ターツァイ
 ・春菊
 ・菜花
 ・極細サラダ水菜
 ・ニンジン
 ・オータムポエム
 ・スティックセニョール
 ・京いも
 ・ビッグ玉ねぎ
 ・葉玉ねぎ
 ・ホウレンソウ
 ・サラダカブ
 ・フルーツトマト

鹿児島産
 ・安納芋

北海道産
 ・たまねぎ
 ・レッドムーン

青森産
 ・たっこニンニク

極野菜
 ・キャベツ
 ・オレンジクイーン
 ・わき芽ブロッコリー
 ・プチヴェール
 ・レタス
 ・京水菜
 ・赤茎ホウレンソウ

匠野菜
 ・ベビーリーフ10種

氷点下の朝

本日も寒い中、お越しいただきありがとうございました。
今日も朝起きるととても空気が冷たくてなかなか外で出る気がしませんでした。
ただ、交通量は少なくスイスイと走れて気分はよかったです。
三田は7時を過ぎても氷点下です。
車の外気温は、-2.5℃を表示していますが実温度は-5.0℃でした。
ボクは、週末だけの辛抱ですが農家さんは毎日で大変に思えます。
それにしてもこの寒さが今週は続いたせいか、椎茸の成長がおもわしくなくあまり大きなものを収穫できませんでした。
来週に期待です。
お店のほうは、感覚的にお客さんが少ないようにも思えました。
どうも新年から満足いく経営ができていません。
不況にも強いビジネスモデルでお店をオープンしたのですが何かが足りないような...
場所がら人通りが少なく、特に夕方からは人気が少ない地域なのですが場所のせいにはしたくはないなあと。
さて、今日から四季菜スタイルのレタスの販売を開始しました。
レタスを極限まで新鮮に食べれるように工夫したスタイルのご提案となります。
サラダでもしゃぶしゃぶでもいけるレタスです。
本日は、完売しましたのでまた畑からもってきたいと思います。

P1010748_convert_20090117191435.jpg

おしながき

本日は、漁連の方から直接、室津産のとれたて殻付き牡蠣を仕入れました。
当店では、販売許可がありませんので必要な方はご相談ください。
平飼い卵は、予約完売しました。

地元産
 ・原木しいたけ
 ・おでん大根
 ・下仁田ねぎ
 ・わさび菜
 ・山の芋
 ・ちぢみほうれん草
 ・ターツァイ
 ・春菊
 ・極細サラダ水菜
 ・ニンジン
 ・ちりめんキャベツ
 ・オータムポエム
 ・スティックセニョール
 ・京いも
 ・赤目セレベス
 ・ビッグ玉ねぎ
 ・葉玉ねぎ
 ・ホウレンソウ
 ・サラダカブ
 ・フルーツトマト

鹿児島産
 ・安納芋

北海道産
 ・たまねぎ
 ・レッドムーン

青森産
 ・たっこニンニク

極野菜
 ・キャベツ
 ・オレンジクイーン
 ・わき芽ブロッコリー
 ・プチヴェール
 ・プレミアム椎茸
 ・レタス
 ・京水菜
 ・赤茎ホウレンソウ

匠野菜
 ・ベビーリーフ10種

マリネなパープルスティック

先日、つくったパープルスティックのスティックサラダが残っていました。
さきほど、赤ねぎのマリネをつくったマリネソースもあまっていたのでパープルスティックをマリネソースにつけることに。
これでパープルスティックの甘みが倍増するかなあという発想です。
少し多めにブラックペッパーを加えて1時間ほどつけてみました。
ひとつ試しに食べてみるとこれまで食べたことのないさわやかな甘み!
これはいけるぞ!と思っていたらいつの間にか完食してしまいました。
もっと長い時間、つけておきたかったのですが。
次回、パープルスティックが収穫できたときには完璧なマリネをつくろうと思います。
それにしてもたまたま変なお皿が棚にあって使ってみたのですが、ボクがこんなお皿を買ったのか記憶にありません。
ボクは、シンプルなものが好きなのでこのようなお皿は買わないはずなのですが。
ちょっと調子狂います。

P1010740_convert_20090116225926.jpg

赤ネギのマリネ

今日は、午後から大阪でセミナー参加のため楽勝な一日でした。
また、来週から月末までは忙しくなりそうです。
もしかしたら、週末は熊本まで行くことになるかもです。
自宅には、好評だった赤ネギが残っていました。
食べてみるとどれだけ甘いかわかると思いますが、もう畑からはなくなってしまいました。
かなり安くご提供しておりました。
リーフもサラダクレソンもまだまだ残っていたので赤ネギでマリネサラダを作ることに。
赤ネギは色を活かしたいので、お湯で茹でて甘さを引き出します。
あまり茹ですぎてはいけません。
あとは、マリネのソースを作り冷蔵庫で冷やすだけ。
たっぷりのリーフとクレソンの上にのせて生ハムと一緒に食べたりします。
下仁田ネギもマリネにするとおいしいので、ぜひ試してみてください。
明日も早朝は、氷点下かと思います。
今の時期、起きるのは大変きついので、暖かくしてさっさと寝ようと思います。

P1010737_convert_20090116212428.jpg

これぞ新戦闘力!

今夜、青森県からニンニクが到着しました。
すでに予約が入っているので、すぐにでも再注文しなければならないかと。
Lサイズなのでスーパーで売られているサイズよりも大きなニンニクです。
少しでも自然のままに鮮度を保っていたいので土付きでいただきました。
ダンボール箱の中には、農家さんより粟の一種のイナキビがプレゼントで入っていました。
イナキビを米一合に対してスプーン一杯を入れて、ご飯を炊くとミネラルと食物繊維が補えるとのこと。
せっかくいただいたので、ボク一人で楽しむのではなくお客さんでお子さん連れの方にお分けしようと思っています。
また、直筆の手紙まで入っておりとても誠意が伝わります。
このようなまじめな農家さんに囲まれて幸せです。
なんとしてもこの農家さんの収入アップのためにがんばらないといけないと思いました。

P1010730_convert_20090115212243.jpg

料亭も納得!

ボクが早朝に自分で収穫している原木椎茸です。
原木に投入する菌が高くてお値段もかなりのものですが、すぐに完売してしまいます。
ボク自身もなかなか食べることができないので、先週末に少しだけ自分用にとっておきました。
かなりの肉厚なので、その特長を生かして1~1.5cmくらいでカットします。
これは、椎茸のステーキとしかいいようがありません。
バター炒めと同じようにマヨネーズを使って炒めるのですが、この厚みだと少々焦げ目がつく程度がベストだと思います。
本日は、ちりめんキャベツと一緒に炒めました。
途中、博多の明太子を加えています。
それだけです。
これで絶妙な一品ができあがります。
そんなに手をこんだ料理をしなくても素材さえよければ、手軽に自宅でも最高の食事が楽しめるでしょう。

P1010724_convert_20090115212221.jpg

昔なつかしい味

今日は、ボクの誕生日です。
とはいっても何をするわけでもなく、のんびりしています。
これが一番の幸せです。
今日も寒いのでちょっと暖かくなるものが食べたくなりましたので、ペッパーラーメンをつくることにしました。
家に残っている食材をつかってつくります。
ラーメン専用の麺ではなくパスタ用の細めんで卵のタリオリーニを代わりに。
具材は、熱を加えて甘みが増す野菜をシンプルにチョイスです。
ニンジンとちりめんキャベツのみです。
まずは、パスタを湯がくと同時に一方でフライパンでニンジンを空焼きして灰汁を抜きます。
次にちりめんキャベツを入れてごま油で炒めます。
その後、味付けはお塩とホワイトペッパーと昆布茶に1カップのお水を加えるだけ。
ちりめんキャベツは、全く煮崩れしません。
お好みですりゴマをどうぞ。
本日は、黒ゴマをトッピングしました。
茹で上がったパスタ麺をお椀にもって、具材とスープを入れてできあがり!
ホワイトペッパーが懐かしい味を演出しますよ。
対比効果で、野菜がかなり甘く感じます。
こんなレシピですが、これでその辺の行列ができるラーメン屋に勝てる自信があります。
健康面でも悪いものは使ってませんしね。

P1010722_convert_20090115202841.jpg

冬のリーフサンド

先週末に新しいベビーリーフができたとのことで、農家さんにサンプルをいただきました。
ホワイトチコリとホワイトマスタードです。
ホワイトチコリは、ほのかな苦味があり本物のチコリを思わせます。
ホワイトマスタードは、小さいくせにツーンとした辛味が心地いいです。
今週末からデビューです。
さっそく、味見をして舌に覚え込ませた後は、ホットサンドにして食べることにしました。
他の10種類のリーフを山盛りにのせてスモークサーモンと一緒にあわせることに。
リーフ以外にいろいんな食材をあわせて食べています。
当店のマヨネーズは少々多くても野菜の存在を邪魔することはありません。
また、リーフはしっかりとした味を出して自分自身を主張します。
これで15gはリーフを使っているかと。
新鮮で味のあるリーフはなかなか買えるところはないかと思います。
ボクも当店で取り扱うまでは、スーパーや専門店、宅配のものを買っていてこんなもんかあと思い込んでいました。
いまのお店をしていなかったら、一生こんなにおいしいサンドは食べることはなかっただろうなあと思います。

P1010718_convert_20090114212447.jpg

P1010720_convert_20090114212508.jpg

久しぶりのサラダ

最近、かなり体重が増えたせいか夜はあまり食欲がありません。
太るとあまり食べなくなって元にもどる体質です。
でも歳をとるごとに元にもどるのに時間がかかるようになってきました。
夜は簡単なものでよいので今日はパープルスティックとジューシースティックでスティックサラダですませたいと思います。
生で食べるパープルスティックは、かなり甘くて明太子マヨネーズと相性は抜群です。
ちなみにジューシースティックは、1ヶ月以上前のものです。
土付きのまま新聞紙でくるんで冷蔵庫で保存していました。
さらに10種類のリーフでサラダです。
また、昨日作った人参だけの松前漬けは本日は味の調整です。
数の子はありません。
お醤油とお酒を1:2でつけるのですが、お酒がなくなったのでウォッカで足りなかった分を補充しました。
結果、なんとも辛い味付けに。
その後、みりんやお酢を足して調整するものの辛さが強すぎます。
今夜は、かつおでダシをとって調整してみました。
ようやく、味のリフォーム完成です。
昆布のとろみがなんともいえません。
今週末くらいが食べごろかなあと思っています。

P1010713_convert_20090114202203.jpg

P1010715_convert_20090114202229.jpg

たっこニンニク

当店では、地元でニンニクが採れる時期は地元優先で収穫して販売しております。
ただ、ニンニクは年中必要だったりもします。
地元にニンニクがない今のような時期は、青森県の田子産にこだわりをもっています。
最近、偽装問題のニュースが多いですが正真正銘のたっこニンニクで名前の使用許可も取得している農家さんにバックアップしていただいています。
ちなみに”たっこニンニク”という言葉は一定の条件を満たさなければ使うことはできないのです。
しかも、お付き合いのある農家さんは、ニンニクのコンテストで最優秀賞をいただいた持ち主です。
こちらの農家さんは、たい肥と土作りに徹底的にこだわり甘いタイプのニンニクを作られています。
もちろん、芽止め処理もしていません。
また、農協に依存する今の形態から抜け出し、新しい農家のあり方を模索しているとのことでボクと意見もマッチします。
40年前からおじいさんから受け継がれている伝統の味をお試しいただければと思います。
今週末、入荷予定です。

ふざけた儲かる農業ビジネス

昨夜、テレビ東京系列で儲かる農業ビジネスについて番組がありました。
こちらだとテレビ大阪となります。
ちょっと気になりましたのて観てみると、番組の初めのほうでガツガツとした農作業の雰囲気や社長の人相からしてボクとは意見があいそうにない予感がしました。
最後まで番組を観ていて結局のところ、こいつはアホか!という感想に終わりました。
一番、頭にきたのは飲食店との契約で約束した数量の野菜が揃えられなかった場合は、高い値段をだしても他所から買ってきて納めるという考え方。
だったら、あんたらの作った野菜という価値はなくなるわけで結局は何でもいいのですから自分らのメンツだけを考えているような。
これは農家のプライドもなく買う立場、食べる立場のことは一切考えてない最低のビジネスモデルだなあと。
コイツは農業の経験もなければ対面販売の経験もないとわかりました。
だから農業法人というのは好きになれません。
一方、当店では予約注文を受けてますが数量を確保できなかった場合のことを考えて、あらかじめお客さんには了解を得ています。
なので大半の飲食店さんはアレとコレがないと困るといわれるので、手元にある野菜を使ってメニューを考えることができないシェフとはお付き合いできません。
また、露地野菜は前日までの天候によっては味も固さもかわってきますので、状態によっては、あえて収穫しないことにしています。
ちなみにボクの考えているモデルは全く違います。
こんな会社に負ける気もありません。
少しモチベーションが上がってきたところです。

隠れ家イタリアン

今日は、全身筋肉痛で特に肩こりがひどいものの精神的に気分は楽でした。
やはり土日も仕事をしているとゆっくりとする時間がほしいもので、祝日の今日はゆっくりできるからかなあと。
お昼過ぎにはおなかがすき過ぎて食事にいくことにしました。
おそばにしようか、うどんにしようか、中華がいいかなど考えても特段、お金をだしてまでも行く価値のあるお店はあまりなくて悩みました。
どうせなら初めてのお店にいきたいなあと。
そうしていると、ふと思い出しました。
以前、たまたま見つけて気になったイタリアンレストランです。
ディアモ クッチーナさんといいます。
お店から出てくる客層やお客さんの入り具合を見てピンときたのです。
さっそく、出動です。
祝日のランチは1980円コースのみ。
あらためて、詳細な説明はしませんが正解でした。
価格に見合ったランチで、どれをとってもおいしいです。
おススメします。
メディアにとりあげられたり、名ばかりレストランへ足を運ぶよりもこのようなところに食事には行くべきかと。
手打ち生パスタもこちらのシェフが打っているようで、みごとな味でした。
パスタのソースも絶妙です。
帰りにご挨拶をしてボクの正体も明かしたところ、おいしい野菜を探していたところだったとのこと。
次回、お持ちしますとお約束しました。
ボクには信念があり、これまで名が通ってきたお店とはお取引しません。
まじめで、これから将来が期待できるところに野菜を提供してがんばっていただきたいと思います。
また、アルバイトで働いていた子は当店で販売している手打ち生パスタに興味があるとのことで、パスタも一緒にお持ちしようかと。
たまたまカメラを持参していたので、たくさん画像をアップしています。

P1010706_convert_20090112160954.jpg

P1010707_convert_20090112160828.jpg

P1010708_convert_20090112160937.jpg

P1010709_convert_20090112161021.jpg

裏メニュー

当店の裏メニューに宅配セットがあります。
当初、余った野菜を会員登録されている方向けに格安にて店頭にてご提供しておりましたが、またお店に来ていただくことになりますのであまり効果がありませんでした。
そこで、遠くの方に残った野菜でもかまわないという条件ではじめたのが宅配セットです。
残った野菜といっても、やはり申し訳ないので片寄らないように10~15種類はバランスよく入れるように心がけています。
当店の強みは、野菜以外にも卵やオリジナルソーセージ、手打ち生パスタなど厳選食材も取り扱っているため農家さんが直送されているものよりはバラエティーにとんでいるのかなあと。
現在の課題は、送料がネックなのでギュウギュウ詰めにして発送しておりますのでなんとか野菜に負担がかからないようにきちんと整理した形でつめたいと思っています。
価格や発送週、野菜のリクエストなどにも柔軟に対応しております。
価格は店頭価格よりもかなり格安かと思います。
赤字覚悟というようりは、完全赤字です。
現金に換えることができるだけでもありがたいので。
ただ、発送業務もけっこう大変なものであまり多くの方を受けいれることはできませんが、ご希望の方はご相談いただければと思います。

P1010702_convert_20090112093354.jpg

安価な野菜

今朝、起きると足腰が痛くてなかなかベッドから起き上がることができません。
週末の収穫や運送が身体にひびいているようです。
はじめは、大根を運ぶだけでも腰に負担がかかり苦痛だったのですが農家さんから大根を抜くほうがもっと大変やでといわれてから自分で収穫することにしました。
農家や農業は大変だと軽い発言をあちこちで聞きますが、どれだけ大変なのか知っているのですか?と問いたいです。
ボクの性格上、すべては経験をつむことです。
頭で想像するのと実体験はかなりの差があるからです。
特に冬場の野菜は寒い気温の中、まだ寝ていたいのに朝から冷たい野菜をもって中腰で収穫します。
また、重さについてもバカになりません。
白菜もキャベツも大きくて重たいです。
足場の悪い畑の土の上を歩いて車まで運ぶのも一苦労です。
ただ、工夫次第では作業を軽減できるポイントもあるのかなあと考えている最中です。
スーパーなどで大根が100円以下で売られているのを見ると原価はどのくらいで、農家さんの労働力はいくらで換算されているのか計算してしまいます。
これだけ苦労してもたったこれくらいの給料にしかなっていないのかあと。
やってられないだろうなあと。
もしボクが農業をしていたら、価格をさげることばかり言ってくるバイヤーには数ヶ月間、農業体験させたと思います。
また、学校もテキスト上の勉強ばかりでなく実体験というものにも力を入れていただきたいと思います。
世間では塾がどうのこうのといわれますが、ボクの育った田舎は今でも塾にもいかずに部活をしながら東大や京大に一発で合格しますので塾は必要ないと考えます。
当然、ボクの親族も東大や京大へ行ってますし。
ちなみに、ボクは親に反抗して別の大学へ行きましたが...

パンチパーマなキャベツ

ちょっと変わり者のキャベツで、ちりめんキャベツといいます。
葉をちぎってもどこまでもちりめん模様です。
イタリアやフランスでは当たり前のキャベツですが、日本ではなかなかお目にかかれないかと。
高級野菜として一流レストランなどで使われています。
ちなみに、関西で使っているレストランはあまり見かけません。
勉強不足のシェフが多いのは残念に思えます。
生で食べるとシャクシャクな食感でちょっと食べづらいかもです。
あまり美味しくないかもしれません。
おススメの食べ方は熱をほどよく通すことで最高の甘さがでてきます。
イメージとしては煮崩れしない白菜の葉と思っていただければよろしいかと。
ロールキャベツなんて最高でしょう。
パスタの具材としていれてもかなりいけます。
昨日は、野菜がたくさん残って野菜中心のすき焼きで具材として使いましたが、とても甘くておいしかったです。
お鍋にいれてポン酢で食べても間違いなくおいしいでしょう。
今回は、まだ出始めで小さなサイズになりましたが通常であれば1200円程度で売られているようです。
昨日、買われた方はかなりお安く購入できたかと。
あまり多く栽培していないのであと数回しか販売できないと思います。
機会があれば、お試しください。

P1010699_convert_20090112074709.jpg

迷惑なジンクス

本日もさらに寒い中、当店までお越しいただきありがとうございました。
昨年から悩んでいる三連休の中日のため今朝まで仕入れ量をどうするか悩みました。
攻めでいくか、守りでいくか。
いつもながら、攻めでいくことにしました。
根拠はないのですが、逃げるのは嫌だと思ったからです。
結果は、敗北です。
いったい、何連敗したら気が済むのやら。
営業するのがバカらしく思えた一日でした。
とにかくお客さんは少なく当然のことならが売上げも半減。
在庫も多く、宅配希望の方へ送ることにしました。
一週間では食べきれないので...
今日は、特に寒かったので仕方ないとの声もありますが、やはり実力がない証拠かと。
もっとなにか強力な武器を身につけなければなりません。
いつも思うのが、仕事が終わった後にもしあの人やあの人がこなかったらどうなっていたのだろうとよく考えるのですが、そのような事態になるとぞっとします。
ただ、ひとつだけよかったのは通りすがりの方が寄ってくださってとても野菜の話に興味を持たれ楽しそうに野菜を買っていかれたことかなあと。
お近くの方でしたが、当店のことはまったく気づかなかったとのこと。
これもなにかの縁だったのかもしれません。
もしかしたら、ゆっくりと神様がボクの存在を興味のある方に知らせてくれているのかもしれないと思うことにしました。
これから残り福をいただきにえべっさんへ行ってきます。

おしながき

本日は、キムチ各種の試食あります。
他に初もの野菜もあります。
平飼い卵は、予約完売しました。

地元産
 ・原木しいたけ
 ・おでん大根
 ・ミニカリフラワー
 ・下仁田ねぎ
 ・赤ネギ
 ・山の芋
 ・ちぢみほうれん草
 ・京水菜
 ・春菊
 ・極細サラダ水菜
 ・ニンジン
 ・パープルスティック(ポリフェノール人参)
 ・ちりめんキャベツ(初もの)
 ・菜花
 ・サラダクレソン
 ・クレソン
 ・小松菜
 ・ブロッコリー
 ・芽キャベツ
 ・コウサイタイ(初もの)
 ・わさび菜
 ・京いも
 ・赤目セレベス
 ・ビッグ玉ねぎ
 ・しょうが
 ・ホウレンソウ

鹿児島産
 ・安納芋

北海道産
 ・たまねぎ

極野菜
 ・キャベツ
 ・オレンジクイーン
 ・くずブロッコリー
 ・プチヴェール
 ・プレミアム椎茸

匠野菜
 ・ベビーリーフ10種

ただいま交渉中!

とうとう年末にジャガイモやニンニクが品切れとなってしまいました。
玉ねぎもあと数個しかありません。
これまでお願いしていた農家さん宅にもすでに在庫がありません。
季節によりますが、今の時期だとジャガイモと玉ねぎは北海道産にこだわったいます。
にんにくは、芽止めしていない青森産です。
地元産については、生ニンニクと新玉ねぎができたときにお世話になっています。
現在、お取引できそうな農家さんをご紹介いただきなんとか今週末にでもニンニクとジャガイモは販売できそうな状況です。
玉ねぎに限っては難航中です。
また、ブログにてご報告いたします。

甘さが際立つホウレンソウ

本日は、いつものホウレンソウはやめました。
なぜなら、ちぢみホウレンソウが収穫できたからです。
この寒さで甘さが倍増となりました。
見た目だけでなく、普通のホウレンソウとは全く甘さの次元が違います。
おひたしにすると甘さや味の違いはわかりやすいと思います。
味付けなんて必要ないかもしれません。
まずは、なにも小細工せずに茹でたらそのままで根元のほうをかじってみてください。
びっくりすると思いますよ。
たまにスーパーなどで安く売られたりもしていますが、採れたてとの差は比べるまでもないかと。
ボクは、ベーコンと炒めるのが好きなのでベーコンで脂出ししてベーコンに塩コショウしてからちぢみホウレンソウを入れて一緒に炒めます。
炒めすぎないのがコツです。
昨年は二週間しか販売できなくて、一度も食べることができなかったので今年こそはと思ってました。
栽培量が少ないため今年も何週間販売できるかわかりませんが、よろしければお試しください。

P1010684_convert_20090110203911.jpg

P1010688_convert_20090110203934.jpg

鞍掛豆登場!

本日は、天候も悪くとても寒い中お越しいただきありがとうございました。
本格的な冬の季節になり、露地野菜もかなり種類が限られてきました。
今朝は、六甲山を越えようとするとどうも路面に雪がちらほらとあって車のスリップサインも何度か出ていましたので宝塚方面から迂回して三田へ向かいました。
高速道路ならなんとかいけそうだったので。
やはり野菜をいただく農家さん周辺の山々は雪をかぶっていました。
いつもながら雪の中で原木椎茸を自分で収穫するのですが手が冷たくてガチガチです。
三田の他にも各エリアをまわるのですが仕入れが終わったことになると平地でも雪が降ってきましたので脱出です。
またもや高速道路を使い、宝塚方面を迂回して戻ることに。
神戸に戻ると晴天で、裏六甲と表とは全く天気が違ってました。
朝早く起きて、高速道路まで使用してたった少しの利益しかないのに何をやってるんだろうと最近は疑問に思うことが多くなってきました。
これから先、どうするべきか悩む日々が続いています。
さて本日、発売した鞍掛豆については、名前をクリックして参考となるホームページを見ていただければと思います。
あまりたくさん栽培していないので、あとどのくらいあるかわかりませんが、今日は常連のお客さんですぐに完売してしまいました。
また、機会があればどうぞ!

P1010680_convert_20090110200302.jpg

おしながき

本日は六甲山頂から裏六甲は雪のため、平飼い卵をいただきにいけませんでした。
また宝塚方面迂回のため1時間ほど遅れるかと思います。

地元産
 ・ミニ原木しいたけ
 ・おでん大根
 ・ミニカリフラワー
 ・下仁田ねぎ
 ・赤ネギ
 ・フルーツトマト(来週予定)
 ・山の芋
 ・ちぢみほうれん草
 ・京水菜
 ・春菊
 ・サラダ水菜
 ・ニンジン
 ・かぶ
 ・オータムポエム
 ・菜花
 ・グリーンセロリ
 ・太ごぼう
 ・くらかけ豆
 ・芽キャベツ

鹿児島産
 ・安納芋

北海道産
 ・たまねぎ
 ・坊ちゃん

極野菜
 ・キャベツ
 ・オレンジクイーン
 ・くずブロッコリー
 ・プチヴェール
 ・プレミアム椎茸

匠野菜
 ・ベビーリーフ10種

予感的中!

やはり、六甲山は雪が降って少し積もっていました。
迂回して三田方面に向かおうかと。

2009年のスタート

明日から当店は初商いとなります。
どうも寒気がやってきて明日の朝は凍結や雪が予測されますので、リスクを考えて手打ち生パスタの注文はキャンセルしました。
なので、明日は手打ち生パスタはございません。
大変、ご迷惑おかけします。
また、路面の状態が悪かった場合はスタッドレスタイヤを履いていないため仕入れ時刻を遅らせることになりますので、営業時刻も1、2時間遅れる場合もございます。
ご了承願います。
お店のほうは、ゴチャゴチャ感をなくした商品配置にしました。
また、イタリア食材やオリーブオイルは欠品が多くなってきたので新たに仕入れる予定です。
それから年末に完売した素材にこだわったアイスクリームは明日入荷予定です。
今回は、一部を入れ替えてイチゴと紅茶が加わります。
一方、ボクの体調は年末の病気以来、なかなか本調子ではなく正直パワーがでません。
昨年は、忙しすぎてまだまだ体がゆっくりとしたがっているのかもです。
しばらくは、販売もスローなペースでやらせていただきたく思います。

P1010676_convert_20090109192510.jpg

無念!坊ちゃん

本日は、右足の痛みの件で病院へ行こうとおもったので会社を休みました。
しかしながら、どうも隣の席に座っている社員の風邪がうつったようで午前中は自宅休養しました。
はやめに休んだので風邪は大丈夫です。
その時点では普通に歩けたので、ちょっとお店の掃除へ出かけました。
この一週間はお店の改装が中途半端で片付けも終わっていなかったので気になってストレスがたまっていたのです。
片付けの最中に年末に保管していた坊ちゃんをチェックすると腐っています。
あれもこれもやわらかくなっていて壊滅状態。
お店の地面は、モルタルを流し込んだだけなので冬はかなり冷たくなります。
地面に箱を置いていたので冷たさが箱の中までしみこんでやられたと思います。
つまり、冷蔵庫の中で坊ちゃんカボチャを保存した状態です。
新年からついていないことばかりです。
多額の損失をだしてしまいました。
少しでも悪くなっている坊ちゃんを取り除くと売れそうな状態のものは全体の10%もありませんでした。
残りの坊ちゃんは、明日理由を説明して投売りしようと思っています。
ついでにお店は、断熱材をいれるのを忘れたので夏は暑く、冬は寒い構造になっています。
今年は、できれば全面改築したいです。

P1010671_convert_20090109192448.jpg

新年から堂々デビュー!

木曜日の夜はバタバタしています。
今週末の天気を予測してある程度の見込み量をあらかじめ農家さんにお伝えしないといけないからです。
今週末も甘い白菜のオレンジクイーンは出荷できそうです。
でも1月末でおそらくなくなるとこのことでした。
それから、大変お待たせしました。
ようやく三田の農家さんでキャベツができてきたようです。
このキャベツがとにかく甘い!
いよいよ、販売開始です。

また今年の初商いは、北海道最北端の農家さんがつくられたミニトマトジュースがデビューします。
ミニトマトのアイコを20個ほど使った190mlの小サイズは、アイコ1個を40円として単純計算しても800円。
これに加工代や人件費などが加わるとかなりの金額に...
なので東京では1200円での販売となるわけですねえ。
ボクは、今後の野菜についても北海道の農家さんと栽培計画を立てていますし、失敗するわけにはいきません。
おいしくても値段が高いと買っていただけません。
そうなると農家さんの苦労も無駄にしてしまいます。
かといって、値段を安くするにも限度があり販売価格の設定にすごく悩まされました。
すでに胸中には価格は決定しています。
とんでもなく利益をおさえ、販売することに決めました。
それでも他のトマトジュースに比べたら高いのですが、栄養価も含め味も納得いけるかと。
トマトのリコピンは、熱を加えることで3倍に増加します。
もちろん、老化防止、美肌や美白にはもってこいですよ。

P1010670_convert_20090108205548.jpg

連日のニュース

毎日、派遣切りのニュースが流れています。
ちょっとうんざりしています。
人それぞれに理由あって派遣の道を選んだと思うのですがメリットもあればリスクもつきものです。
結局は、派遣というのは個人事業主と同じと考えます。
ニュースでは派遣切りにあって可哀想にとらえて、政府もメディアにおされ色んな策を考えますが、個人で商売していて倒産しても誰も助けてくれません。
ボクに言わせれば大人になっても誰かに助けを求める姿勢は甘いです。
仕事は福祉や劇団、農業、林業とたくさん募集していますがなかなか人は集まりません。
本当に切迫していたら仕事を選んでいる場合ではないと思っています。
また、仕事を選べるほどのスキルをもっているのかといいたいです。
そろそろ派遣切りのニュースは終わりにしてほしいです。
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。