自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリーミーカレー

今日は、畑仕事で疲れて帰ってくるのは予測できたので朝からカレーを仕込んでいました。
先週から評判のよい淡路産フルーツ玉ねぎをあめ色に炒め、聖護院大根をサイコロステーキの2倍程度の大きさにカットして煮込みました。
大根は、はじめにフライパンで焼いてからお鍋に入れるのがコツです。
お肉は三田牛です。
冷蔵庫には、冬限定の甘味ホウレンソウがたくさん残っていたので、湯がいて灰汁をとりカットした後にお水を入れてジューサーにかけました。
ジューサーから取り出すとトロンとしています。
これをカレーに入れます。
するとあっという間にグリーンに!
ちょっと食欲がわきづらい色ですが時間が経つにつれてグリーンの色合いはあまり目立たなくなります。
こうすることで、マイルドなカレーを通り越してクリーミーなカレーができるのです。
他に蜜入りリンゴもジューサーにかけて入れています。
聖護院大根は、煮崩れしないでとてもとろける仕上がりとなりました。
かぶらのやわらかさとは、また一味違います。
とても満足できるカレーができあがったのですが、畑からの帰りにパスカル三田で購入した300円の大根キムチがとても美味しくなかったのが残念です。
たくさん売れ残っていた理由が、理解できました。

P1010974_convert_20090209205816.jpg

農作業開始!

今日は、夕方ごろから雨だという予報だったので雨がふる前に畑を耕す必要がありました。
昨日のうちに畑を焼いていただいておりましたので、トラクターで土の中を掘り返すところからスタートです。
三田の農家さんのご好意でトラクラーなどの機器をお借りしての作業です。
はじめは、農家さんがお手本をみせてくれて、じっと見ているだけでした。
途中で何の指導もうけずに見て覚えたことを実践したまでです。
はじめてトラクターは運転するのですが、けっこうハンドルをとられて真っ直ぐに動かないものでした。
それはそれで自分ながらに学習しながらコツを見つけて畑を二往復しました。
次に耕運機で畝を作りましたが、これも見よう見真似での作業です。
必要以上に力を入れたので腕から背筋にかけて筋肉が痛かったです。
寒いのに汗もかいてしまいました。
これだと女性や老人は大変だろうなあという感想です。
畑は、無事に夕方までには前準備が完了しました。
次は堆肥ですが、また晴れの日がつづいて土が乾燥した日を狙って作業をしようと思っています。
今日は、まだ堆肥が届いていなかったもので...
それにしてもいろんな農機具を見せていただいたのです金額もバカにならない高さでした。
かるくベンツ1台が買えてしまうものも。
最近では、パソナという人材派遣会社が就農希望者を支援しているようですが農業を学習したあと機器や器具などの資金はどうするんだろうと思いました。
販売ルートもあるわけではないだろうし。
企業は、まだまだ農業の大変さを理解してないように思えます。
一度、自分でやってみてから他人を巻き込んでほしいものです。
ボクは、周囲に支援していただける農家さんがいて本当に幸せ者だと感じた一日でした。
久しぶりの運動で少々、疲れましたが畑を耕していると次々に小鳥がやってきて気持ちいい時間を過ごすことができました。

P1010960_convert_20090209182539.jpg

P1010961_convert_20090209182607.jpg

セカンドステージ突入!

本日も当店にてお野菜をお買い上げいただき、まことにありがとうございました。
今朝は、明日の農作業にむけて髪を短くカットしました。
昨日、来られた方は、今日のボクを見ていきなり雰囲気が変わったのでビックリされたようです。
行きつけの明石で髪をカットした後は、急いで小野市へ向かいました。
まだまだ、当店には隠し玉が残っています。
今年は、野菜の品質と味をさらにグレードアップするために小野市の農家さんと連携をとる計画を進めていました。
巡回ルートもガソリンをあまり消費せずにスムースに走れる道を模索しており、ようやく確定しました。
本日、実践してみましたがおもしろいほどにスムースに移動できます。
とりあえずは、細ネギと大根菜と春菊、紅芯大根、無化学肥料でつくられたニンジンをデビューさせてみました。
これまで細ネギの販売を見送っていたのは、あまり美味しいと思えるものがなかったからです。
今回の細ネギは、お鍋の薬味として今夜使いましたが、カットしているときのネギの香りといいヌメリによる甘さといい申し分なかったです。
春菊も長さ10cmにとどめておいて収穫しましたが、やわらかくてお鍋に入れるとジクのほうが少し歯ごたえもあり美味しかったです。
お店のほうは、夕方近くまでお客さんも少なく、それほど繁盛したわけでもないのですが気持ち的には充実していました。
昨日、当店にてベビーリーフを買われた方はボクの提案したサンドイッチにして食べたところご主人にも好評だったとのこと。
お礼にパンをわざわざ焼いてもってきてくださいました。
ありがたいことです。
また、他の方からはお料理教室との連携のご提案をいただいたりと。
ご近所の方で、昔から興味をもっていたといわれる方や先日から当店で野菜を買われ始めた方もちらほらとお越しいただき、ゆっくりながらもお店は支持されてきているのかなあと。
明日は、お昼すぎから農作業なのでゆっくりと休もうと思っています。

P1010939_convert_20090208205738.jpg

おしながき

本日は偶然にも漁連の方とお会いできたので、ついでに殻付き牡蠣をいただいてきました。
もちろん、とれたてです。
ご希望の方へ原価でご提供いたします。
販売行為ではないことをご理解ください。

地元産
 ・紅芯大根
 ・コウサイタイ
 ・フルーツトマト
 ・細ネギ
 ・大根菜
 ・ミニ白菜
 ・ハリハリ水菜
 ・菜花
 ・オータムポエム
 ・ミニサラダ水菜
 ・原木しいたけ
 ・小松菜
 ・小カブ
 ・丸大根
 ・おでん大根
 ・下仁田ねぎ
 ・ニンジン
 ・ターツァイ
 ・わき芽ブロッコリー
 ・おかのり
 ・おかひじき
 ・ビッグニンジン
 ・ふきのとう
 ・クレソン
 ・わさび菜
 ・丸大根

鹿児島産
 ・安納芋

北海道産
 ・レッドムーン(最終出荷)

淡路産
 ・フルーツたまねぎ

青森産
 ・たっこニンニク

極野菜
 ・芽キャベツ
 ・赤茎ホウレンソウ
 ・シャオパオ(ミニチンゲンサイ)
 ・冬限定甘ホウレンソウ
 ・レタス
 ・サニーレタス
 ・プチヴェール
 ・京水菜

匠野菜
 ・ベビーリーフ8種

AREA 504

本日も寒い中、お越しいただきありがとうございました。
今年に入って、営業のほうはちょっと苦戦しています。
しかしながら、遠くから足の悪いご年配の方がわざわざ歩いて来店してくださるともっと努力をしなければと思わされる一日でした。
まだまだ、プロジェクトは進行途中なので焦らずにじっくりいこうと思います。
今朝方は、いつもよりもよい天気が続いていたので少し寒さは和らいでいるかとおもっていたのですが大変寒かったです。
三田方面を脱出したのは8:00過ぎでしたが、その時間帯でも氷点下でした。
今日は、月曜日に畑を耕すので当日のスケジュールや堆肥の発注を行っていました。
堆肥は牛糞をベースとしたものをチョイス。
明日、2tトラックで畑に運んでいただくことになりました。
EM菌を含んだ堆肥は、倍以上の値段がするので今回は見送りました。
栽培方法は、農家さんと相談して無農薬栽培をすることにしました。
はじめから農薬をつかわずにどれだけ無農薬栽培は難しいのかを体験しようと思っています。
無農薬栽培については、ボクなりの秘策もあり実践で試していきたいものです。
ボクの畑は、なんとか農園やなんとかファームといったありふれたネーミングではなく”AREA 504”となづけました。
ネーミングからこれまでの農業とは違うイメージを表現したかったので...
ちなみに504という数字は、三田市の郵便番号から畑の位置を示すユニークな番号です。
明日は、新しい仕入れルートの巡回シュミレーションです。
うまく時間内に神戸に帰ってこれるかが心配です。

P1010937_convert_20090207231033.jpg

不況の足音

なかなか、不況に関する嫌なニュースがあとを絶ちません。
毎日、悪いニュースばかりだと自分までも暗示にかけられそうです。
そんな中、土曜日に限っては珍しくお客さんは少ない状況。
今年に入ってお客さんの動向がなかなかつかめません。
お客さんは少ないながらもいろんな方から差し入れをもってきていただいたりと、なんとも不思議なお店のようにも思えます。
たいてい、いただくものはカロリーが多いお菓子類ですが、もしやこれはボクを太らせる陰謀ではないかと...
冗談ながらも考えてみたりしています。
不況の本格化は、やはり4月以降だとにらんでいます。
ほとんどの非正社員は、3月末で終わりで次の職もない様子。
たとえ、技術があっても厳しい状況。
うれしいことにボクには4月以降の契約の依頼がちらほらとでてきていますが、子供のいる家庭をもっている方を優先に契約してほしいとの旨を伝え断っています。
ボクは、IT以外に農業も土木もいろいろとできるので...
4月からは、農業といまのお店の二本立てで生計を立てる予定でいますが、おそらく今以上に厳しくなると思っています。
でも、それはそれで楽しみもあります。
このような困難の中、どう頭をひねってピンチをチャンスに切り替えるかを考えるのも面白いと思います。
なにか不況を脱出する手段はあるはずなので。
すでに不況対策は進んでいて今日も提案をあちらこちらの農家さんにお伝えしてまわっていました。
ボクも農家さんもそして消費者の方もWIN-WINの提案内容です。
それから昔一人で行っていた移動販売も視野にいれています。
車を止めるスペースさえあれば、お知らせください。
検討いたしたいと思います。

おしながき

今日も畑に行っていたので、開業時間は遅れます。
冬野菜も終わりに近づいてきたので、ちょっと内容的にとぼしいです。
2月からは、春まきにそなえて畑づくりが中心となるため野菜は現状傾向となります。
また、行列のできるキムチの販売はもうしばらくお待ちください。

地元産
 ・ミニ白菜
 ・ハリハリ水菜
 ・菜花
 ・オータムポエム
 ・ミニサラダ水菜
 ・原木しいたけ
 ・小松菜
 ・小カブ
 ・丸大根
 ・おでん大根
 ・下仁田ねぎ
 ・細水菜
 ・ニンジン
 ・ターツァイ
 ・わき芽ブロッコリー
 ・おかのり
 ・おかひじき
 ・ビッグニンジン
 ・ふきのとう
 ・クレソン
 ・わさび菜
 ・丸大根


鹿児島産
 ・安納芋

北海道産
 ・レッドムーン(最終出荷)

淡路産
 ・フルーツたまねぎ

青森産
 ・たっこニンニク

極野菜
 ・芽キャベツ
 ・赤茎ホウレンソウ
 ・シャオパオ(ミニチンゲンサイ)
 ・冬限定甘ホウレンソウ
 ・レタス
 ・サニーレタス
 ・プチヴェール
 ・京水菜

匠野菜
 ・ベビーリーフ8種

水道停止!

昨日の夕方に当店と同じマンションでレストランを経営されているパレルモさんからメールがはいりました。
なんと火曜日に当店の水道メーターが撤去されたとのこと。
慌てて水道局に電話をいれるとどうも使用者が以前使われた方のままになっていたようで当店の名義に変わってなかったとか。
申請したつもりでいました。
ボクは、いい加減なところもあり通帳をまったくみないので水道料金が引き落とされてないことに気がつかなかったのです。
お店の確定申告は今年からで、まだ作成途中ですし領収書の整理におわれているので、まだ通帳までには至りません。
それにしても、明日の営業までには、お水が使えそうで一安心です。
ちなみに昨夜は、後輩らをつれて京都で焼き肉をチビリチビリと食べていたので帰宅は深夜になってしまいました。
どうも味付けに中国産のニンニクを使っているような感じで、朝起きるとニンニクの嫌な臭いが口の中に充満しています。
中国産ニンニクの臭いは、なかなか消えないので嫌いです。

農家の苦悩

なぜか最近、お付き合いのある農家さん経由で他の農家さんが相談にこられます。
農業も販売も全く経験もないボクが野菜をしっかりと売っているのが不思議なようです。
最近では国も自治体も農業を後押ししてますが、野菜を作っても売れなけれは意味がありません。
また農家さんの中には新しい野菜や珍しい野菜をどのくらい成長させて収穫したらよいか悩んでいる方も少なくありません。
ボクの販売方法や収穫のタイミングは非常識とのことですが、これまで常識だといわれていたことの根拠を聞くと納得いく回答は得られません。
ボクは経験がないからこそ心理学や化学的根拠に基づいて実行しているだけです。
かといって、簡単には真似できないところがミソなのですが。
現在は、23センチの方程式や13センチの法則など地元の農家さんの間では、ちょっとしたブームになりつつあります。
それにしても、まだ農業もはじめていないボクに栽培の相談にこられるのも不思議な話です。

春パスタ

今日は立春。
夕方に会社をでると外はいつもよりも明るかったです。
野菜と向き合うようになってから、畑にいくと季節の足音を誰よりも早く感じることができるようになりました。
植物は素直です。
今は、毎日のように4月以降のお店の経営のことを考えています。
4月から6月まで農業に専念してお店を閉めるか、農業をしながら平日営業に突入するか...
なかなか悩むところです。
同時に月の移動距離も格段に増えるため、車の入れ替えも検討中です。
なんども選択が変わるのですが、やはり実際の燃費を考えるとプリウスかなあと。
軽トラックは、意外と燃費が悪いようで自宅の車も一台に集約して不況に備えるつもりです。
というわけで、しばらく趣味の車はおあずけです。
今夜は、アーリオ・エ・オーリオをベースにアスパラガス風味のオータムポエムとキャベツ、ベーコンにしめじを具材にパスタを作りました。
手打ち生パスタのイカ墨のリングイーネは、かつおだしで茹でました。
最後は、具材にかつおだしの茹で汁と薄口しょうゆを少々加えてからパスタを絡めてできあがり。
ちなみにかつおだしの中にお塩はいれておりません。
最近、ちょっとハマっているレシピです。

P1010929_convert_20090204220144.jpg

芽キャベツの正体

これが芽キャベツです。
芽キャベツがどのようにできるのか見たことがない方は少なくないかと思います。
ボクもはじめて見たのは、去年のことです。
へぇ~といった印象でした。
こんなのを見ると芽キャベツの見方が変わってきます。
畑では、おなかがすくとちぎってつまみ食いしています。
正直いって、少しゴワゴワして食べづらいです。
やはり芽キャベツは熱を入れたほうが正解かなと。
今週末は、この芽キャベツを根っこごと抜いてお店に持ち帰ろうと思っています。
さて、三田の畑ですが来週水曜日に畑を耕す予定ですが天気が心配です。
土が乾いた状態で耕さないと耕運機で土が練られて土が硬くなるからです。
土が硬いと野菜がうまく育ちません。
たとえば、人参なんて成長途中に硬い土にぶち当たると二本足になったりするのです。
野菜は、土づくりで決まるので慎重に日程を模索しています。
ただ、来週水曜日の前日あたりに雨が降りそうなので会社を休んで来週の月曜日に決行するかもです。
種の発注もほぼ完了したので、日増しにワクワクしてきました。

P1010911_convert_20090203204004.jpg

強気な性格

今日は、とても機嫌の悪い1日でした。
ひとつは、ボクも企業とは個人で契約しているのですが業績が悪いようで四月以降の更新はないようです。
派遣労働者も含め、非正社員はみんな同じようで今後は正社員だけでプロジェクトを進めていくとか。
ボクは就農の準備もしていましたので、腹をくくるにはいいタイミングかなあと。
企業に対しては、自分らでやれるんだったらやってみろという姿勢です。
自分らに能力がないから社外にプロデューサーという人材を求めてきたのだから、利益のでる新事業なんてできるわけないと。
もうひとつは、昨年末から新事業を模索して分析した結果をチームのメンバーがトップに対して発表する会議があったのですが、発表に不慣れなメンバーが一生懸命に説明しているにもかかわらず、何かを食べたりよそ見をしたりと態度が気に入りませんでした。
社員をおもいやる気持ちもない企業のトップです。
途中、怒りもピークで心の中では、便器みたいな顔しやがって!と思ってました。
もちろん、機嫌は悪いまま誰とも口をきかずに定時退社で只今帰宅中です。

フレッシュレタス

最近は、外食がかなり減ってきました。
不況でいかなくなったわけでもありません。
自宅のほうが贅沢な食事ができるからです。
特に野菜に限っては、いろんな飲食店さんで有機野菜だとかシェフの厳選と紹介されたりしていますが、いつも味に疑問を感じます。
以前も野菜を前面に宣伝していた有名店で、どう厳選されているのかと質問してもめたことがあります。
答えられたためしがありません。
答えたとしても上っ面の決まり文句を並べたようなものです。
少しつっこんで、質問されてみるのもよいでしょう。
これは、いじめではなく自己防衛です。
不況という中、いい加減なお店に高いお金を支払ってまでも食事にいきたくはないでしょうから。
ただ、値段の安いところに同じ対応をしては酷というものです。
安いところは、それなりの素材しか使っていませんので。
昨夜は、ようやくレタスができてきたのでカレー鍋をつくって、レタスでしゃぶしゃぶしました。
当店のこれからのキーワードは、『畑をまるごと』です。
採れたての鮮度を極限まで追求して、なるべく土付き・根つきで販売します。
農家さんは、ボクのリクエストを聞いたときにびっくりされました。
きれいにしなくて大丈夫かと。
農家さんからしたら非常識な販売なのでしょう。
しかしながら、農家さんがこの状態で直売所で販売したところバカ売れ状態になり、最近これを真似て販売する農家さんがちらほらとでてきたところです。
お客さんの中には、きれいなほうがよい方もおられますので近く野菜を洗う場所も備える予定です。
さて、このレタスですがとにかく甘いです。
どれだけ甘いか他店のものと比べていただければわかると思います。
カレー鍋でしゃぶしゃぶをしてもしっかりとレタスの存在を主張して、カレーのスパイスに負けていません。
こんなレタスでフレッシュなサンドイッチを食べると最高でしょう。
近くリーフと一緒にサンドイッチを作ってみようと思います。

P1010922_convert_20090202061320.jpg

かわいいチンゲンサイ

本日も当店まで足を運んでいただき、ありがとうございました。
年末に病気をしてしばらく休んで以来、どうも日曜日の経営は思うようにいっていません。
今年に入ってから満足できる経営ができていないのです。
非効率な経営はしたくないので、しばらく日曜日はお休みして畑仕事に専念したほうがよいかと検討中です。
このままだと販売も農作業も中途半端になることを懸念しています。
ボクは何か兆しが見えてくるとすぐに対策を考え、現状を変えられるように行動をします。
新年早々、変化を求められてきているのかもしれません。
今夜は、昨日に引き続き早朝から畑で収穫してきたミニチンゲンサイのシャオパオをつかってシンプルな料理をつくりました。
当店のベーコンで脂出しをします。
ベーコンに塩コショウして味付けします。
あとは、縦半分にカットしたシャオパオを入れて炒めるだけです。
最後の隠し味にお醤油かポン酢を少しだけ加えるとよいかと。
ターツァイと同じくクセもない中国野菜なのでベーコンとマッチします。
特にシャオパオは、大きなチンゲンサイと違ってスジもなくとてもやわらかいので食べやすいです。

P1010914_convert_20090201192319.jpg

P1010908_convert_20090131205245.jpg

おしながき

今日は、加東市方面の原木しいたけを少しいただきました。
オレンジクイーンが余分にできたらしく1つだけいただきました。
ご予約も含め先着1名さまとさせていただきます。
半分切りでも可です。
本日は、他の農家さんより販売のご相談をいただいて話し込んでいましたので開店時間は少し遅れるかもです。

地元産
 ・ミニ白菜
 ・ハリハリ水菜
 ・菜花
 ・オータムポエム
 ・ミニサラダ水菜
 ・原木しいたけ
 ・小松菜
 ・小カブ
 ・丸大根
 ・芽キャベツ
 ・おでん大根
 ・下仁田ねぎ
 ・コウサイタイ
 ・細水菜
 ・ニンジン
 ・赤芽大吉さといも
 ・レッドキャベレッジ
 ・くらかけ豆
 ・ターツァイ
 ・わき芽ブロッコリー
 ・フルーツトマト

鹿児島産
 ・安納芋

北海道産
 ・レッドムーン

淡路産
 ・たまねぎ

青森産
 ・たっこニンニク

極野菜
 ・キャベツ
 ・赤茎ホウレンソウ
 ・シャオパオ(ミニチンゲンサイ)
 ・スティックセニョール
 ・オレンジクイーン
 ・冬限定甘ホウレンソウ
 ・レタス
 ・プチヴェール
 ・京水菜

匠野菜
 ・ベビーリーフ10種

ダルマな大根

お店を始めるときに一番、気にしていたのがお客さんの層でした。
どんなタイプのお客さんらが中心のお店になるのかと。
各スーパーや八百屋さんを見てもそれぞれにお客さんによるカラーが見えてきます。
ボクは、まず農作業や農家さんの苦労を知っているので安さだけを求めるお客さんや表面だけを見て判断する方は避けたいと思っていました。
安全性はもちろんのこと味や鮮度、栄養価に着目する方がいいなあと。
その中で、昔ながらの人情を忘れずに安くできるものは安くして、あまりガツガツとしせずにオマケや値引きも可能な限りやっていこうと。
年配の方や若くてお子さんの多いご家庭であれば、食費もバカにならないでしょうし。
現在の当店は、周辺のお店や視察にこられた方からは客層に恵まれているといわれます。
うらやましいとのことです。
ボクもお客さんには恵まれていると思っています。
しかしながら、他ではプレッシャーも日増しに重く...
お客さんは、かなり口がこえている方が多く評価もまた厳しいため、ちょっとした失敗も許されないという緊張感で販売しています。
特に新しい野菜や珍しい野菜を販売するときには、その後の感想を聞くまでは次週の営業日まで悩んだりと...
神経質な性格なので、これが今のストレスになっているのかもしれません。
他の八百屋さんは、そんなこといちいち考えていられないとか。
結構、割り切って営業しないとやってられないといいます。
そうしないと、長くはやっていけないのかなあと。
こちらは、聖護院大根です。
みなさんは、あまり食べたことがないのか敬遠されます。
値段は、市場に出回る価格よりもかなり格安で販売しているのですが。
先週、数名のお客さんが購入されてトロンとした旨みでおいしかったという感想をいただいております。
ボクもちょっと一安心です。
この大根は、おでんなどの煮込みに最高のパフォーマンスを出します。
煮ることですごく軟らかくなって、味もしみ込みやすくとろけるような口当たりがします。
しかも煮崩れしません。
大根も今月でそろそろ終わりに近づいてくると思いますので、また機会がございましたらお試しください。

P1010790_convert_20090124201622_convert_20090201062416.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。