自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追従の無意味さ

ボクのお店は、よく他の専門店と比較されたり販売内容を調査に来られたりします。
比較されたり、真似たりされるのは好きではありません。
ならば、比較も真似もできないようにしてしまえと現在、プロジェクトを進行中です。
いま、自分で栽培しているのもその得策のひとつですが、完全無農薬で未経験のボクができるかわからないため先行して各地の農家さんに協力いただき栽培していただいています。
その中のステムレタスが完成しました。
茎レタスやアスパラガスレタスともいって茎を食べるレタスです。
長い茎の部分はセルリーとして、葉の部分はレタスとして活用します。
また、茎の部分の皮をむき細切りにして天日干ししたものが山くらげとなります。
腰の調子も少しよくなってきたので、今週末にデビューさせたいと思います。

週末営業危うし

本日は、お昼すぎまでベッドで横になっていました。
やはり半分ほどギックリ腰です。
しかも全身筋肉痛。
もう自分の体は、何がなんだかわからない状態です。
ただ、今は育苗の大切な時期なのでお水をやりに行く必要があったので車で畑に向かいました。
三田へ着くと今日も強風です。
トンネルをしていた寒冷紗が吹き飛ばされており悲惨な状態。
誰にも文句を言えないのが農業の辛いところです。
なんせ、自然相手なもので。
腰をかばいながら片付けをして、絹はだというかぶらを間引いてみました。
葉のほうもくん炭のおかげかしっかりしており、害虫の被害もほとんどありません。
来週くらいには形も整って出荷できるかもしれません。
また先週、サンプルでお出しした大絹さやです。
通常の2倍ほどの大きさで甘みもしっかりとあります。
フレンチやイタリアンで出されると注目間違いなしですが、さてこの関西に何人つかいこなせるシェフがいるでしょう!?
ボクは、しっかりと茹でてオリーブオイルで軽くソテーするのがおススメかと。
いい素材は、シンプルが一番です。
それよりも腰の状況次第では、週末の営業は難しくなりそうです。
もしかしたら土曜日はお休みすることになるかもしれません。
明日の体調を見て判断したいと思います。

P1020673_convert_20090514193304.jpg

P1020644_convert_20090514193340.jpg

またもや

昨夜、じっくりとお風呂に入って筋肉をほぐして湿布薬を貼って寝たものの、今朝起きると全身筋肉痛になっていました。
特に腰痛がひどく、ギックリ腰手前の状況でモノにつかまらないと立てません。
一応はゆっくりとは歩ける状況。
他に手首から背中、ふくらはぎや足首から足の先まですべてが激痛です。
とにかく、腰痛さえ治まれば週末の営業はできますので今日と明日は静養しようと思っています。
かなりハードに畑仕事をやったせいかと。
ただ、苗への水やりと害虫チェックはしなければならいので時間を見て畑に行かなければなりません。
こんなときに仲間がいればなあと思ったりもします。

竹作酢の敗北

今日は、いよいよアブラナ科の定植です。
苗を見るとブロッコリーはなんとか虫つきが悪くなって被害が最小限にとどまっていましたが、タケノコキャベツのほうがアオムシがウヨウヨと。
もう、気持ち悪かったです。
昨夜、竹作酢をふんだんにかけたのですが防虫効果はなかったようです。
このキャベツは絶対に成功したいので、定植の際はシルバーの虫除けマルチをかけることにしました。
マルチをかけることで、雑草抜きといった余計な労働もなくなるので。
しかしながら本日は、強風です。
なんども風に吹き飛ばされ、むかつきながらの作業をすすめました。
夕方には、一部を残して定植完了。
残りは、明日です。
他の野菜をみると甘口ミニ大根の雪小町が大きくなっていて出荷できるサイズに。
これまで寒冷紗をベタかけして窮屈そうだったのと窒素過多を回避するために丸二日間はフルオープンにしていました。
今日からは、トンネルでの栽培です。
これまで狭い中での栽培でストレスがたまっていたと思いますので、これで一気に成長していい味になると思います。
この大根は生食専用なので生で食べてみましたが甘いです。
他の野菜もいろいろと月末にむけて出荷準備中です。
今日もヘトヘト状態で19:00まで作業をしていました。
もうここまでくると気合で体はもっているようなものです。
明日の体の痛みが怖いです。

P1020666_convert_20090513202412.jpg

P1020668_convert_20090513202440.jpg

P1020670_convert_20090513202507.jpg

はじめての草刈

今朝あたりから起きたときの体の痛みが和らいだように思えます。
体が畑仕事に慣れてきたのかもしれません。
今日は、草刈です。
コメリで草刈機が一万円台で売ってあったので、購入しました。
なにごとも効率を考えなければ...
はじめて草刈機を扱うのですが、説明書を読んで適当に動かしたらできました。
安全のためにゴーグルをして作業をします。
結構おもしろいものです。
はじめは、体の余分なところに力が入っていましたが、時間とともにコツがつかんできました。
午前中は、1st Stage の周辺を刈りました。
雑草の中には蛇が潜んでおり、知らずに2匹とも抹殺してしまいました。
害虫の天敵の蛙を狙っていたのかもです。
実はボクは、蛇や蛙、アオムシ、ナメクジ、ミミズなどすべて苦手です。
野菜つくりをしたい方の中には、ボクと同じように苦手で断念されている方もおられると思いますがなんとかなるものです。
午後は、草刈機の燃料がなくなったので近くのホームセンターで購入して、2nd Stage の草刈です。
ここは、全面雑草だらけ。
広さは約800坪ほどあります。
ITの仕事をしていたということで、周辺は半日でできるわけないとバカにしますが、ボクは体育会系なので全く問題なしです。
草刈が終わったのは17時でした。
4時間ほどノンストップで作業しました。
あとは、この草を枯らして米ぬかを混ぜて堆肥にします。
それにしても自宅へ帰ると手首に力が入っていたせいか、筋肉痛をとおりこしてお箸がもてません。
明日は、イタリアンブロッコリーと赤オクラ、キャベツの定植をしようと思っています。

P1020661_convert_20090512205229.jpg

P1020663_convert_20090512205304.jpg

P1020662_convert_20090512205330.jpg

ひとりぼっちの毎日

昨夜も自然農薬の勉強をしていたら、いつの間にかリビングで寝てしまいました。
自宅の夙川と畑のある三田を往復2回する忙しさでした。
分刻みのスケジュールで、クボタにも行って管理機について購入のポイントなどを説明をうけました。
これまでの仕事と全く業界が異なるのでクボタに行くのは初めてですが、けっこう感じのよい方ばかりでした。
ボクを担当していただいた方は、かなりの男前です。
他にも男前が多く、未婚女性にはクボタはかなりの穴場ではないでしょうか!?
最近、一番ストレスに感じるのは近所の見知らぬ農家さんとの会話です。
何かと機械がないとダメだとか、軽トラを買えとか、除草剤を使えとか...
ボクはボクなりの生活スタイルがあり、人生のすべてを農業についやしたいわけでもなく。
こういった農家さんの言うとおりにしたら結局は、これまでの農業や農家になってしまうので農業そのもののイメージを変えることはできないかと。
これまでの表六甲での生活をしながら。裏六甲の農業もこなすビジネスモデルを完成させれば、いくらかは農業をし始める方も出てくるといった考えです。
ボクからすると表六甲と裏六甲は、全く別世界で考え方も異なります。
イメージとしては、田舎でアナログな仕事をしてながら、都市圏でデジタルな近代的な生活をするといった感じでしょうか。
いまは、一人ぼっちの農作業ですがそのうちに同じ考えの若い仲間でできる日を楽しみにしています。

雑草だらけ

今日も朝から畑です。
はじめて全ての寒冷紗をオープンにしました。
パッと見るとあたかも野菜が成長しているように見えていたのですが、実は雑草だらけ。
特にニンジンが雑草に負けて成長が思わしくありません。
今、蒔いている種はどうも直播すると成長してくれない傾向があります。
ニンジンは発芽するまで時間がかかるようなので、もうしばらく放置しておこうと思います。
次回は、種を水につけて発芽させ雑草対策でビニールシートで土を囲ってマルチ栽培しようと思っています。
それにしても昨日、抜いたかぶらと大根エリアの雑草ですがまた出てきています。
くん炭を撒き散らした箇所はほとんど雑草は再発していませんが、くん炭がかかっていない隙間から雑草が生えてきています。
もうイタチゴッコのようで、非常に効率が悪く働いた時間分が赤字となってしまう状況。
これだから除草剤を使わざるをえない現代の農業事情なのかと思い知らされました。
なんせ草むしりに時間がとられてしまい何もできないので、その間に害虫に葉を食べられたりと...
とにかく無農薬で作ろうとすれば時間もお金もかかることが理解できてきました。
今日は、とりあえずコールラビやビーツ周辺の雑草を抜いて害虫対策とワラやくん炭をまいて雑草対策をしておきました。
すでにいくつかは害虫に葉を食べられており、再起不能状態となっています。
これらが全て売れても1万円程度にしかないないので、やってられません。
明日は、周辺の雑草が伸びて苦情が出たので草刈機を買って刈ろうと思っています。

P1020655_convert_20090511194925.jpg

空振りな一日

本日も暑い中、当店までお越しいただきありがとうございました。
このところ野菜が足りない日が続いたのとデキのいい野菜が多かったので、多めにご用意していたところ予想に反してあまりお客さんの来られない一日でした。
なかなか予測というものは難しいものです。
今日のような日は鮮度重視の当店の場合、次の日に売ることもできず大きなリスクを背負うことになります。
もっと販売方法について、なんらかのアイデアを考えなければと思いました。
帰宅後は、緊張も一気にとれて体中が激痛に...
横になるといつの間にか寝てしまいました。
明日も早朝から畑で雑草抜きと害虫対策なので、このまま寝ます。
今朝は、絹はだというかぶらが一気に成長してたので雑草を抜いて、くん炭で覆い、害虫対策で竹酢を散布してきました。
しばらくは、休む暇もなさそうです。
本当に今の努力が報われるのか疑問に思う日もある今日この頃です。

P1020642_convert_20090510235103.jpg

おしながき

二日連続で畑作業した後の販売は体力的にきついです。
少し自宅で休んでからお店へ向かいます。
今日の野菜は、雨上がりの晴れた日の翌日なので昨日のものよりもかなりデキがいいです。
のんびりと営業開始します。

本日の10%OFF対象
 ・日本一行列のできるキムチ(ハクサイ)

地元産
 ・葉赤たまねぎ
 ・ミニ赤たまねぎ
 ・小松菜
 ・細ねぎ
 ・ニンニクの芽
 ・ミディかぶら
 ・みょうがスティック
 ・シュンギク
 ・サニーレタス
 ・グリーンレタス
 ・パープルスティックキャロット ← 期間限定
 ・結球レタス
 ・チンゲンサイ(ビッグサイズ)
 ・葉ネギ
 ・わさび菜
 ・まびき菜
 ・葉つき春ニンジン
 ・春ニンジン
 ・春大根 ← Check!
 ・生アスパラ(ロングタイプ、ミニタイプ) ← Check!
 ・わき芽ブロッコリー(くずタイプ) ← Check!
 ・サラダミズナ
 ・ベカ菜(中国野菜) ← Check!
 ・赤茎ホウレンソウ
 ・細ホウレンソウ
 ・ズッキーニ

淡路産
 ・新たまねぎ(長持ちバージョン) ← Check!

青森産
 ・たっこニンニク

鹿児島産
 ・薩摩トマト(昨日完売)

極野菜
 ・春キャベツ ← Check!
 ・ニラ
 ・やわらか小松菜 ← Check!
 ・スナップエンドウ ← Check!

匠野菜
 ・ベビーリーフ8種(ご予約完売)

雑草対策

本日は暑い中、当店へお越しいただきありがとうございました。
今朝、起きると体中が痛く疲労感もあり休みたいのが本音でした。
さらに早朝から農作業をしてきたのでお昼には、もうヘトヘトでしたがお客さんとお会いするうちに疲れていることも忘れることができました。
また、注文したキムチが大根ではなく白菜が届いてしまったので、白菜をカットするのに手間がかかってしまいました。
キムチのほうは、あと少し残っていますが薩摩トマトは完売です。
白菜キムチは、意外と芯の部分がおいしいです。
昨日まで雨が降っており、本日は気温が上がるとのことで雑草対策でくん炭を畑にまきました。
これで少しは、雑草の成長を防げればよいのですが...
他の野菜は、切りワラを敷いて雑草対策してみよと思います。
明日も早朝から畑仕事をしてきますが、なにか間引きできそうなものがあればお店にもってこようと思っています。

P1020640_convert_20090509185515.jpg

おしながき

今朝方、畑作業したので雪小町大根を間引きしてきました。
完全無農薬の四季菜ブランドを先行デビューさせます。
オリーブオイルでシンプルにまるごとどうぞ!

本日の10%OFF対象
 ・日本一行列のできるキムチ(カクテキ)

地元産
 ・葉赤たまねぎ
 ・小松菜
 ・パープルスティックキャロット ← 期間限定
 ・ロメインレタス
 ・結球レタス
 ・チンゲンサイ
 ・さくらんぼラディッシュ
 ・葉ネギ
 ・やわらかクレソン
 ・わさび菜
 ・まびき菜
 ・チンゲンサイ
 ・葉つき春ニンジン(ご予約完売)
 ・春大根 ← Check!
 ・生アスパラ(ロングタイプ) ← Check!
 ・わき芽ブロッコリー(くずタイプ) ← そろそろ最終
 ・スティックセニョール ← 期間限定
 ・サラダミズナ
 ・ベカ菜(中国野菜) ← Check!
 ・赤茎ホウレンソウ
 ・ホウレンソウ
 ・スナップエンドウ
 ・ズッキーニ

淡路産
 ・新たまねぎ(長持ちバージョン) ← Check!

青森産
 ・たっこニンニク

鹿児島産
 ・薩摩トマト ← Check!

極野菜
 ・春キャベツ ← Check!
 ・ニラ

匠野菜
 ・ベビーリーフ8種

NEO野菜
 ・雪小町大根(マイクロミニバージョン)

巡回シミュレーション

平日営業に向けて毎週金曜日は仕入れ巡回のシミュレーションをしています。
取引先が多くなったので土曜日の午前中では回りきれなくなりましたので、金曜日中に仕入れたりもしています。
鮮度を重視した野菜の保存は、他の八百屋さんよりも完璧なので、ご安心ください。
なので、金曜日の午後にボクがお店にいたら購入も可能です。
また、現在の畑でうまく栽培できたら巡回の必要性もなくなってくるので営業時間も早めることが可能となります。
現在、お店に保存している野菜は以下のとおりです。
本日は、21:00すぎまでお店の改装工事をしていると思います。
いまだに確定申告の修正で税務署ともめているので、改装作業の開始が遅れてしまいました。
害虫対策の自然農薬もまだつくっていません。
明日から気温が上昇するので、あせります。

・パープルスティックキャロット
・ロメインレタス
・結球レタス
・チンゲンサイ
・さくらんぼラディッシュ
・葉ネギ
・やわらかクレソン
・わさび菜
・まびき菜
・薩摩トマト

P/S
 素材にこだわったアイスクリームと韓国海苔は発注が間に合わなくて来週となります。

薩摩トマト

今夜、鹿児島からトマトが届きました。
先日、契約したばかりの完熟トマトです。
5月末まで品質確保できないのと、四季菜オリジナル規格にあったものは数量が少ないため限定販売となります。
今週は、限定80個となります。
さっそく、GW中に有名なフレンチシェフから教わった調理法を試してみました。
まずは、湯むきするために熱湯へトマトを放り込みました。
すると、ドスンといった具合に沈みます。
通常のトマトは、沈みません。
これはトマトの果肉密度が高くて、芯室の数まで違うからです。
これだけで、このトマトが只者ではないとわかります。
なるべく固めうちに湯むきされたほうがよいでしょう。
湯むき後は、冷蔵庫で冷やします。
冷たくなったトマトを生ハムではさみ、オリーブオイルと刻んだバジルで食べます。
絶対に後悔しない一品ですよ。
見た目までは、手がまわりませんでしたが...

P1020636_convert_20090507221316.jpg

仮植な一日

今日は、朝から雨なので畑作業はできません。
育苗は順調で苗が窮屈そうなので一日中、ハウス内でポットへの仮植作業をしていました。
先日、仮植したズッキーニのイエロークルークネックやロンドデニーズはさらに大きくなっています。
そろそろ畑へ定植しようと思います。
本日は、主にトマトを仮植しました。
スタピストマトにイエローペアートマト、グリーンゼブラトマトなど。
おまけにデリカータカボチャとスイカのシュガーベイビーも。
来週は、畑にタケノコキャベツのフィルダークラウトとオクラのスターオブデイビッド、オクラバーガンディを定植します。
それから、2nd Stage もいよいよ耕していきます。
畑の半分は、ハーブです。
限りなく自然農法に近い形で栽培します。
堆肥も牛糞から木材中心のバークに変更。
採れたてを畑で食べたいので、バーベキューエリアも新設予定です。
仮植だけでも体中が痛いのですが、お店の改装がストップしたままなので明日はお店で土方をします。

P1020628_convert_20090507182445.jpg

P1020629_convert_20090507182512.jpg

NEO・四季菜

ボクのお店は、地元野菜を中心に販売するお店として”四季菜”という名前から始まりました。
それから一年が経ち、日本でもトップクラスの農家さんとお付き合いできるようになり、多くの匠から野菜の供給や栽培知識などをサポートしていただけるようになり、”四季菜+匠”として2年目に突入しています。
現在は3年目に向け、野菜を栽培して販売、提案できるお店になれるように全力で突っ走っています。
その進化したお店が、”NEO・四季菜”です。
真の野菜、本物の野菜を販売するお店を意味します。
単に無農薬というだけでなく、お客さん各人の体調やライフスタイルにマッチした野菜を提案して、喜んでいただければと思っています。
”NEO・四季菜”まで、coming soon!です。
本日は、お昼間に畑へ行ってきました。
1週間の間に雑草は畑中に広がっていて、ニンジンよりも雑草の成長が早くてニンジンの成長があまり好ましくありません。
とりあえず、雑草を手で抜きました。
雑草抜きは大変だといいますが、今のところ楽しんで作業できる範囲内です。
もちろん、完全無農薬です。
そんな中、雪小町という大根がいい感じで成長しています。
少し間引きしてみました。
食べてみると、これまで食べたことがないくらいにジューシーでみずみずしかったです。
大根独特の辛味もあります。
自宅へ持ち帰り、塩を振ってフライパンで空焼きして辛味とアクをぬき、オリーブオイルをかけてブラックペッパーで仕上げました。
そのまま食べても美味しいのですが、必殺の手作り味噌があります。
先日、御影のお嬢さんからいただいたものですが、このお味噌にお酢を加えるととてもおいしいことを発見したので、少しだけ酢味噌をつけて食べてみました。
思ったとおりの味で、急にお腹がすいてきました。
もっと、収穫してくればよかったです。

P1020621_convert_20090506161812.jpg

P1020623_convert_20090506161850.jpg

24時間拘束

昨日、7時に宮崎の実家を出て今朝7時に夙川の自宅へ帰宅しました。
プリウスを満タン給油して1000kmを走り抜けることができました。
出発時は、平均燃費も軽く30km/Lをマーク。
いい気分だったのですが、九州自動車道の熊本手前から7kmの事故渋滞。
全く進みません。
この渋滞を抜けるのに3時間ほどかかりました。
渋滞を抜けたあとは、集中豪雨のような大雨で時速50kmでも怖いくらいでした。
こんなアクシデントで大分発のフェリーに乗ることはできず、陸を通って帰ることにしました。
しかしながら、その後も福岡で30kmの渋滞。
九州から脱出できたのは、夜の7時を回っていました。
その後、山口や広島でもところどころ20kmの渋滞で、渋滞を抜けてホッとしても次から次へと渋滞情報が流れサービスエリアは満杯状態。
こんなの初めてです。
途中、仮眠を取りながら運転しましたが姫路に入ると夜が明けてきました。
渋滞の原因は全くわからず。
ニュースによると日ごろ運転しないドライバーが高速料金が1000円となったことで不慣れな高速道路を運転した影響だとか。
原因は何であれ、疲れましたのでこれから寝ます。

P1020606_convert_20090505072347.jpg

P1020615_convert_20090505072420.jpg

Uターン

本日の九州南部地方は雨。
畑をしていると雨はありがたいのですが、旅行をしているときの雨は迷惑です。
特に運転には気をつかい疲れもひどいです。
今日は、鹿児島の農家さんにお会いしたあと、そのまま神戸へ戻る予定です。
福岡あたりでホテルを探したのですが、泊まりたいホテルがなかったものでそのまま1000kmを走って帰ると思います。
四国経由のルートも大分から愛媛へ渡る船は予約でいっぱいでしたので陸を走るしかありません。
最近、体力も落ちてきたのを感じているので状況次第で途中、どこかで一泊するかもです。
ハイブリッドで燃費を気にしながらの運転で1000kmはちょっときつそうです。
すると20%アップの30km/L前後まで燃費をあげることができるようになりました。
プリウスマニアに方々は、常に30km/L以上の燃費をたたき出しているようなので、あと一歩です。
あとは、この調子で神戸に帰っても同じ記録で出れば一安心!

P1020602_convert_20090504064912.jpg

リフォーム

昨日からのリフォーム作業でヘトヘトです。
以前から気になっていた実家の床です。
歩くたびにギクシャクと危なっかしいのです。
もう築70年ほどになるので無理もありません。
フローリングさえ変えてしまえば大丈夫かとおもい、床をめくると骨組みや角材がシロアリでやられていました。
この部屋は昔、台風で浸水の被害にもあったようです。
部屋の中央には囲炉裏がありました。
小さいころに父と遊んだ思い出があります。
とりあえずは、すぐに手に入る材料で補強しないと地震がきたときに危ないのでコンクリートブロックを地面に敷いて水平を取りました。
器具類ももってきてなかったので、急遽そろえましたのが痛い出費です。
ただ、親孝行と思って、これから仕事をがんばればよいだけのこと。
当初、一部だけの補強を考えていましたが床をめくればめくるほど耐震性に問題があるのがわかり結局はすべてやり直すことに...
水平取りもとてもいい加減だったということがわかりました。
一部はつぎはぎだらけな箇所もあり、本当に大工という人間は見えないところで何をしているのか信用できなくなりました。
一応、応急的な耐震補強と床張りはできたものの少し不安が残ります。
ひと部屋でもこのような状況が見つかると他の部屋も調べずにはいられません。
宮崎の実家には母一人でいることが多く不安なので、時間を見つけては帰省して耐震補強をしようと思っています。
今回、補修した部屋は次回は内庭として砂利を敷いて囲炉裏を復活させようと思っています。

P1020596_convert_20090503094040.jpg

ぱっぱらぱ~誕生!

昨日は、有機農法の上をいく自然農法の農家さんも訪問しました。
こちらは2度目となります。
定期的に電話で話したりもしますが、お元気そうでした。
こちらも畝の高さは低かったです。
長い時間、話し込みましたがこちでもバカになれといわれました。
あまり細かく考えずになんでも種を撒き散らせて、あとはほうきで土をかぶせる程度でよいとか。
あとは、野菜が競争して育っていくらしいのです。
野菜だって生き物で、子孫を残すために一生懸命なのですから。
また、できるものとできないものも出てきますがはじめはうまくできたものから栽培量を増やしていくとそのうちに土ができてきて、これまできなかった野菜もできるようになるとか。
農薬を使わないとできないと農家はいうが、農薬をつかわずに農業をやったことがあるのかと思ったりもしてきました。
自分らが自然破壊しているのではないか!?
あまり本を読みすぎてあれこれ悩むよりも、まずは手当たり次第やっていくうちに答えは自然と見つかるようです。
本来、農業は楽な仕事らしいのです。
自然が勝手に植物を成長させるのですから。
だから、休みもしっかりととれるとか。
いろいろと貴重なお話やアドバイスをいただき、パワーがわいてきました。

P1020584_convert_20090502065705.jpg

P1020587_convert_20090502065902.jpg

P1020589_convert_20090502065950.jpg

有機農園

昨日、訪問した有機農園です。
JAS認証までとられていました。
こちらの農園の特徴は、畝の高さが15cm程度と低く、畝と畝の間が広かったりもします。
畝は低くても水はけがよいので、これ以上高くなくても大丈夫とのこと。
畝間が広いのは収穫よりも作業効率を考えているらしく、とても歩きやすくて作業もしやすそうでした。
ボクの畑は、ガツガツとした感じで畑にはいるとちょっと息苦しいです。
2nd Stage からは畑のデザインから変えていこうと思います。
ここで、お水や除草などについての質問をしてみました。
基本的に定植してからの水やりは自然任せで、人間が水をやることはしないらしいです。
四国のような干ばつが続いたときは別ですが。
肥料は元肥程度で、追肥も行わなくても育つと。
除草は、はじめのうちは手で抜くしかないらしく、雑草よりも野菜が育ってしまえばあとは野菜が勝手に育つとのことでした。
雑草対策としては、土つくりの際に米ぬかを入れるとよいみたいで、それから一ヵ月後に定植すればOK!
油粕は菜種を使い、籾殻はとてもよいらしいです。
何がよいのかは、これから勉強ですが。
特にビニールマルチもする必要もなく、除草する人手がないときにマルチングする程度のこと。
土は、人間がつくるものではないのであれこれと手をかけないで自然に任せればよいと言われました。
こんなことをしていると、周囲の農家はバカにするが結果がすべてであって自分がバカになれば何ら問題ないでしょうと。
これまでの仕事と同じ感覚で緻密にやってもそれだけの成果を得る保証はないのですから。
また、トンネル栽培は見当たりませんでしたがトンネルをすると硝酸態窒素が増えるらしいのです。
なので防虫ネットすらありませんでした。
どうしてもトンネルをする場合は、日ごろから風通しをよくしないといけないらしいです。
それから害虫は、農薬や化成肥料に反応して増えるのでそれらをやめれば自然と被害はなくなるようです。
ハウスを使って野菜をだましてつくる栽培だと自然の原理に逆らうので、いろんな障害が出てきて結局はまた農薬などを使用するはめになるとか。
とても勉強になりました。

P1020567_convert_20090502065518.jpg

P1020571_convert_20090502065609.jpg

P1020574_convert_20090502065810.jpg

新たなる戦略

5月から着手を考えているのはハーブです。
ハーブは、いろんな用途に使えます。
今日は、ハーブの使い方や使い道についてレクチャーを受けました。
ハーブは、コンパニオンプランツとして野菜を栽培するときの防虫にもなります。
また、ハーブを料理に使うことでワンランク上の味も楽しめます。
ボクが初めに仕掛けたいのは、生ハーブミックスです。
売れ残ったハーブは、天日干しして乾燥ハーブとして使えます。
本日は、専門の方からハーブティーを作っていただいたのですが、これまでのハーブのイメージが変わりました。
ハーブは無限の可能性があると思います。
それから、大人の休日シリーズとして最高級の食材をご提案いただきました。
こちらでは、当店のオリジナルウインナーを作っていただいています。
どうしてもウインナーだけだとパワー不足を感じていたところ、放牧の黒豚で2年熟成の生ハムや白豚のチョリソー、サラミはいかがかと。
国内で鹿児島の黒豚を使いスペインでの製法でつくられた生ハムは絶品でした。
他に白豚の生ハムも試食しましたが、これでも十分です。
もちろん、質のレベルが違うので価格は高くなりますが味のわかる方には納得していただけるかと。
売れなかったら自分で食べればいいだけのこと。
おそらく、生ハムから先行デビューさせると思います。

P1020583_convert_20090501215926.jpg

P1020576_convert_20090501221020.jpg

度肝をぬいたトマト

本日は、2軒の農家さんを訪問しました。
これまで悩んでいた栽培方法も解決しつつあります。
また今後の展開も決まりました。
訪問内容については、今日も200kmほど運転して疲れたので後日...
さて、これまで強烈なトマトを探しまくっていました。
普通の完熟トマトでフルーツトマトを超えるものを。
トマトというよりも新しいフルーツかと思わせるレベルのものが理想です。
トマトは甘いのが一番だとは思っていませんが、セレクトショップとして今回は甘さ一本で勝負したかったのです。
そこで、ようやくたどりつきました。
このトマトを食べたときの衝撃は、言葉にならないほどでした。
ただ、残念なことに今年の5月末で出荷は終わりとのこと。
次回は来年春からとなります。
なので、今月いっぱいの販売となります。
来週早々にでも、なるべく価格を抑えて販売スタートしたいと思います。
数量が限定されるため、営業日当日のご予約と大量購入はご遠慮ください。

P1020579_convert_20090501203755.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。