自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラスの仕業

今日は、13:00すぎになると雨が降ってきたので畑作業は中断です。
トマトのわき芽摘みをメインにしていました。
わき芽が大きくなっていたのでハサミでカットです。
うちの母が生け花の先生もしているので、子供のころにやったのを思い出します。
大変な作業だといわれますが、なかなか面白いものです。
毎日のようにひとつひとつが赤く色づいていますが、一番真っ赤になっていたトマトがありません。
よく見ると食い散らかした後があります。
カラスです。
いつも朝早くからうるさいくらいに泣いている馬鹿ガラス。
とうとう戦うときがやってきました。
明日も天気は悪いようですが、雨がやんだときにでも対策をしようと思っています。
さて、1st Stageの現状です。
雑草に占領されています。
草刈機が修理中なのでなにもできません。
こんな状況でもたくましくベビーシュガーは実をつけています。
がんばったご褒美にスイカ周辺の雑草を1時間以上かけてカマで草刈りをしました。
中腰の作業でそうとうこたえました。

P1030050_convert_20090716204516.jpg

P1030052_convert_20090716204547.jpg

いい感じ

このところ、朝起きて体が痛い毎日が続いています。
クワで草刈りしたり、トマトやナスの誘引やメンテナンス、耕運機の微妙なコントロールで特に手の指がパンパンです。
このところ腰痛はありません。
背筋や腹筋が鍛えられたからかと。
野菜とお米は自分で作ったものか農家さんからいただいたものだけを食べています。
お肉も直接、飼育されているところから。
お魚は漁連から。
オリーブオイルや調味料は、お取引のある老舗のものを。
ITの仕事をしているときよりも体のしくみがバランスよく整ってきていい感じに仕上がってきています。
相変わらず雑草との格闘にはストレスを感じますが、無理に雑草を抜こうと思うからかなあと。
1st Stageの野菜と2nd Stageの野菜を比べるとどうも雑草の茂った中でほったらかし状態でできた1st Stageの野菜のほうがパワーがあるように思えます。
雑草は生えるのが自然の法則であった、無理に綺麗にしようとするのではなく野菜に負担がかからない程度にメンテナンスする程度でいいように思えてきました。
シルバーマルチもお金や手間隙がかかるだけで必要ないのかもしれません。
畑にいると地元のいろんな農家がやってきます。
まだまだボクがやっている栽培をバカにする人らが大半です。
いつもキレそうになります。
雑草に囲まれ緑のジャングルだとか。
ボクみたいにいきなり未経験の人間がやってきて、はじめから数十種類の野菜を作ると気分が悪くなるのでしょうが...
いまの農家とボクとの違いは、すべての作業に根拠をもとめて実行する点です。
いまの農家は根拠もなく作業をし、しつこく質問しても答えられません。
また、説明も下手くそで何を言っているのかわかりません。
だから後継者を育てることもできず、組織をつくってもマネージメントできないわけです。
最近はくだらない話をしている時間は無駄なので、声をかけられても無視をして一人でコツコツと作業をしています。

天日干し野菜のススメ

今夜は天日干しした野菜をオリーブオイルで塩コショウだけして食べてみました。
なかなかインパクトのある味です。
バルサミコ酢を少しかけるとサッパリします。
オクラもかなりいいデキです。
すべての野菜が、うまく天日干しできたようです。
表と裏を各3時間以上天日に干していました。
干す時間と気温を計算して少し太めにカットしています。
天日干しした野菜は、
 ・ズッキーニ
 ・丸ズッキーニ
 ・ナス
 ・翡翠なす
 ・ピーマン
 ・万願寺とうがらし
 ・ニンジン
 ・オクラ
 ・ゴーヤ
です。
次に露地トマトをいただいたので、湯向きしてからオリーブオイルと一緒に炒めてトマトソースを作りました。
強火がポイントです。
途中、塩コショウしてコンソメを少々。
ドロドロになったところで、天日干し野菜を入れました。
仕上げにバジルも。
チーズも添えるとよいでしょう。
文句なしにおいしい一品です。
残ったソースは、バケットにつけてどうぞ。
ミックス天日干し野菜は今週末デビューです。

P1030047_convert_20090715220206.jpg

むかつく毎日

今日も暑い中、朝から雑草を除去していました。
どうも雑草が多いのは根が残っていたからかと。
深く掘り起こさないと根元から取り除けないため、クワでの作業に切り替えました。
雑草の根が強いためなかなか取り除けません。
むかつきながら、やけくそで一日中クワを振り回していました。
もう、何度除草剤を使って抹殺してやろうと思ったことか。
でも、こうなったら徹底的に戦ってやろうと。
そんな中、今度はローザビアンカというナスにアブラムシがすべての葉の裏に発生していました。
ガムテープで取り除いていましたが時間がかかり効率が悪いです。
ホームセンターに行って、有機認証されているアブラムシ除去薬を見てみると使用回数の上限が書かれており、使用上の注意事項としてマスクをしたり作業後に綺麗に洗ったりと。
そんな内容を見るとどうも害があるように思えて使えません。
とりあえず、牛乳を噴射して乾燥させてアブラムシを窒息死させることにしました。
はたして、うまく機能してくれたらいいのですが。
一方、1st Stageでは今週末から試験販売する新商品をつくっていました。
天日干し野菜です。
通常、スーパーなどでは残った野菜をお惣菜にしたりします。
ボクにいわせると死んだ野菜をお惣菜にして、なおかつ安い調味料をつかって作られた惣菜なんで美味しくもなく体にもよさそうにも思えません。
当店では、鮮度のいい状態で野菜を天日干しして販売することにしました。
天日干しすると野菜の甘みは増して栄養価も高まります。
しかも畑で天日干しするので、空気もよく街中よりは排気ガスも少ないというわけです。
天日干しした野菜についてはまた後日。
それから、丸ズッキーニの第二段ができてきました。
今度は、しっかりと光合成さえて旨みもアップさせています。
収穫タイミングも逃さず今週末にデビュー予定です。

P1030038_convert_20090715204707.jpg

P1030039_convert_20090715204737.jpg

P1030045_convert_20090715204803.jpg

暑さとの戦い

午前中は、草刈機のメンテナンスをしましたがやはり動きません。
エンジンがかからないので、修理にだしました。
1週間ほどかかりそうなので、長く生えた雑草は耕運機を走らせてからクワで根元から抜くことに。
草を刈ってもまた生えてくるわけで、そのたびに頭にくるのも目に見えているので徹底的に根元から抜く必要があると思いました。
さすがにこの暑さの中での作業は疲れます。
じっとしているだけでも汗をかいてしまうので。
今日は、雑草抜きのほかはトマトのわき芽摘みがメインでした。
これまた、これまで何も作業をしなかったのでジャングル状態です。
その中でも赤色に色づくトマトも見られうれしくなりました。
ただ、小さな穴の開いているトマトには虫が入り込んでいます。
今後は、実のなる野菜は実の部分をネット袋でつつんでガードしようと思っています。
実のなる野菜は手間隙がかかってどうも作業効率がよくありません。
害虫の発生するリスクも多く、労働力にあった収益も得ることはできそうにもないので避けたいものです。
一方、レモンバジルは直播しましたが順調に生育中です。
育苗せずに直播でいけるのが確認できたので、他のバジルも種を蒔いていこうと思います。

P1030032_convert_20090714215853.jpg

P1030034_convert_20090714215928.jpg

P1030036_convert_20090714220000.jpg

フレッシュトマトのガーリックオイルパスタ

トマトの美味しい季節、思いっきりトマトを食べなくては!!
こだわり尽くした、トマト尽くしの元気なパスタ。

材 料【二人分】
 薄切りベーコン  ・・・5~6枚
 フレッシュトマト ・・・大1個
 ニンニク      ・・・2片
 唐辛子      ・・・1本
 EVオリーブオイル
 塩
 フレッシュバジル
 パルミジャーノレジャーノ

【作り方】
 1.フライパンに食べやすい大きさに切った薄切りベーコンを並べ、弱火でベーコン自身から出る油でカリカリになるように炒め、キッチンペーパーの上などに取っておく。

 2.あらためてきれいにしたフライパンに、にんにくのみじん切り、EVオイル、唐辛子を入れてから火を付けゆっくりとオイルににんにくの香りを移していく。

 3.ニンニクの香りが部屋に広がったらざく切りにしたフレッシュトマト、手でちぎったバジルを足し軽く炒める。

 4.トマトから水分が出て、オイルと混ざり合いトロッとしてきたら塩で味を調えます。

 5.生パスタを茹で、茹で上がったら「4.」のフライパンに入れ、あらかじめ炒めておいたベーコンを足し、全体を和えます。

 6.お皿に盛り、お好みでパルミジャーノをかければ完成です。

【ポイント】
 ★今回はオリーブオイルとフレッシュトマトから出る水分で乳化(白濁)させ、ソースにします。

1247214044-756097.jpg

憎き雑草

先週は、天気も悪く雨も降ったので雑草が一気に伸びています。
見るたびに頭にきます。
さっそく耕運機で土を掘り返しますが、雑草がからまり作業が思うように進みません。
除草剤を使用しないと毎回、このような痛い目にあってしまいます。
そんなことも知らずに農薬を使っているかと消費者はしつこく聞いてきます。
実際に聞いてくる消費者の多くは、値段の高い無農薬野菜なんて買わずに近くの安売りスーパーで買っているのが実態です。
除草剤は農薬です。
農家の中には、除草剤は農薬との認識はなく除草剤を使用しても無農薬野菜や有機野菜として販売しているのも事実です。
これからは、雑草対策として米ぬかとEMぼかしを刈り取った雑草と一緒に土へすきこんで雑草を抑制しようと思っています。
うまくいけば、かなり労力は軽減できます。
さて、シュガーベビーというスイカができてきました。
ミニスイカで大きくはないのですが、これから形が整ってくると思います。
縞模様の部分が凸凹の筋肉質になるように育てたいなあと。
凸凹のスイカはとにかく甘いです。
今夜は、夕食のひとつにボクの畑で栽培したキオッジアビートを使いました。
カットしたビーツを沸騰したお湯にお塩とお酢を入れてじっくりと茹でます。
20分ほどたってから冷まします。
今の季節だと冷蔵庫で冷やすとよいでしょう。
お塩をふってどうぞ!

P1030023_convert_20090713212526.jpg

P1030026_convert_20090713212643.jpg

P1030027_convert_20090713212737.jpg

P1030029_convert_20090713212830.jpg

会員制への準備

本日もお暑い中、当店へお越しいただきありがとうございました。
改装に伴い断熱材を入れているのですが、どうもエアコンの利きが悪いようで今月中に対策しようと思っています。
まだ、お店の正面は中途半端なので完成したらお店も涼しくなるかもです。
しばらくは、サーキュレータでエアコンの風を循環させようと思っています。
また、今回デビューしたルッコラのリンダですがまずまずのスタートをきることができたようでうれしい限りです。
2nd Stageで栽培した野菜は初めての販売だったので少々不安でした。
堆肥から栽培方法まですべて変えましたので。
ニンジンのほうも一度栽培したらコツをつかんだので、今度は甘くてお子さんにも喜ばれるものを栽培中です。
それにしても今朝方、サラダゴボウを収穫する際にあまりにもゴボウが抜けなくて背筋を痛めたようです。
普通にしていても痛いです。
今週は、天気もよく畑は雑草だらけなので早朝から日がくれるまで畑での作業となりそうです。
はやく、会員制にして月額定額制の採り放題にしたいので最低でも20種類以上の野菜を安定供給できるようにがんばりたいものです。
会員制の詳細については、まだ公に公表できませんので店頭にてお尋ねください。
ただ、本当に今年からスタートできるかはボクの栽培能力次第となります。
農薬さえ使えば可能ですが、無農薬栽培を前提としておりますのでまだどうなるかはわかりません。

あやしいアミノ酸

先月末に畑に散布すると植物の成長がよくなるという玄米アミノ酸のお試し版を申し込みました。
HPを見る限り人物のポーズや人相から怪しそうに思ったのが第一印象ですが、なんでも興味がありますし無料ですので。
HPから申し込むとすぐに返信メールが返ってきました。
それから発送のメールや到着の確認メールです。
ここまでは、まだ許せます。

1回目:お申し込みありがとうございます。
2回目:まもなくお届けいたします。
3回目:お手元に届きましたでしょうか?

その後、しつこいくらいに2,3日おきにメールが届きます。
メールアドレスは、このような迷惑メール対策用のものを別途用意して使用していますので無視できます。

4回目:言い忘れていたことがありました。
     お試しを申し込まれた方だけにこんなプレゼントをご用意しましたという内容。

5回目:ちょっと嬉しいことがありました。
     お試しをお送りしたお客様からこんなメールを頂きましたという内容。

6回目:誠に申しわけございません。
     インターネットのシステムトラブルのためメールが誤って再度一斉に配信したという内容。

7回目:実は大事なお知らせが一つあります。
     反響を頂きましたという内容。

ここまで、やられると頭にきます。

おしながき

昨夜も疲れ果てて21:00には就寝していました。
今日も暑い中、畑で収穫していたのですでに疲れています。
のんびりと営業します。

本日の10%OFF対象
 ・オリジナル薩摩豚ウインナー
 ・ロロロッサ
 ・カーボロネロ(黒キャベツ)

地元産
 ・万願寺トウガラシ
 ・韓国カボチャ
 ・スピノーザ(ぴり辛トウガラシ)
 ・空心菜 ← Check!
 ・バターナッツ ← Check!
 ・長ナス
 ・黒枝豆
 ・スティックセニョール ← Check!
 ・ピーマン
 ・オクラ
 ・丸オクラ
 ・大葉 ← Check!
 ・赤タマネギ
 ・アンデスレッド
 ・キャベツ ← Check!
 ・葉つきニンジン ← Check!
 ・ネギ
 ・水ナス ← Check!
 ・モロヘイヤ
 ・ゴーヤ
 ・いんげん
 ・ししとう
 ・おかひじき
 ・バジル
 ・ヤングコーン

徳島産
 ・土生姜 ← Check!

淡路産
 ・タマネギ ← Check!

極野菜(各農家とのコラボ) ← ALL Check!
 ・とうもろこし
 ・そうめんカボチャ
 ・コリンキー
 ・ミニトマト千果
 ・アイコ(レッド、イエロー)
 ・桃太郎トマト(昨日完売)
 ・桃太郎ファイトトマト
 ・イエローピコミニトマト
 ・グリーンゼブラトマト
 ・チェリートマト(昨日完売)
 ・ブラックトマト(昨日完売)
 ・フルーツレッド
 ・ゴールデンクイーン
 ・ぺぺミニトマト
 ・ズッキーニ
 ・翡翠ナス
 ・ナス
 ・ジャガキッズ(レッド、パープル)
 ・ローザビアンカナス

NEO野菜(完全無農薬) ← ALL Check!
 ・カーボロネロ(黒キャベツ)
 ・葉つきイエローストーンニンジン(最終出荷)
 ・ロロロッサ
 ・丸ズッキーニ
 ・ルッコラリンダ
 ・ビーツ

匠野菜
 ・ベビーリーフ8種

手打ち生パスタ
 ・完熟トマトのタリオリーニ(昨日完売)
 ・完熟トマトのリングイーネ(昨日完売)
 ・イカ墨のリングイーネ(残りわずか)
 ・サフラン入り手切タリアテッレ(昨日完売)

珍しい野菜

本日もお暑い中、当店へお越しいただきありがとうございました。
やはり玄関のドアをつけるとエアコンが効いて、以前よりは快適です。
これで、興味本位の方が入りづらくなったのも確かです。
まだまだ完成には程遠いので、早く仕上げたいと思っています。
今日は、農家さんとコラボレーションして栽培した野菜がたくさんできました。
トマトもいろいろとできましたが、中でもローザビアンカという茄子がおススメです。
食感はクリーミーです。
もっと具体的にイメージするなら魚のタラを思わすような...
今夜は、しっかりと塩をふってしばらくしてからオリーブオイルでソテーしました。
厚さは、1.5cmがベストかと。
味付けは、お塩とブラックペッパーです。
オリーブオイルは、先にニンニクで香りつけしました。
できあがった茄子は、ポン酢をかけたりバルサミコ酢をかけたりとお好みでどうぞ!
それから、おかひじきはしっかりと茹でたあとに水気を切って、オリーブオイルと塩コショウ、ワインビネガーかレモンなどの柑橘系で味付けして食べるとよいでしょう。
食感は、シャキシャキとしてクセがないのでどんな味付けもOKです。
かなり栄養価の高い野菜となります。
今食べている野菜の効果は10年後の体を作るといわれます。
10年後にエステや化粧品にお金をかけるか、いまから楽しみながらいろんな野菜を食べて素顔でいられるかは、お客さん次第かと。
なんせ綺麗に年をとられる方は、毎日かなり多くの野菜を食べているようです。

2009071119230001_convert_20090711203346.jpg

2009071119570000_convert_20090711203413.jpg

おしながき

本日は、丸の内OL仕様の畑(2nd Stage)で栽培した野菜をはじめて出荷します。
その名は、リンダ。
ルッコラです。
丸の内OLのイメージに牛糞は似合わないのでバーク堆肥を使用し、自然界に近い環境で育てました。
もちろん、自然農薬すら使用しない完全無農薬です。
素朴な自然な野菜の味をお楽しみください。
コラボレーションしている農家さんからは、パープルのゼブラ模様のローザビアンカという茄子もデビューです。

本日の10%OFF対象
 ・オリジナル薩摩豚ウインナー
 ・ロロロッサ
 ・カーボロネロ(黒キャベツ)

地元産
 ・万願寺トウガラシ
 ・黒枝豆
 ・スティックセニョール ← Check!
 ・ピーマン
 ・オクラ
 ・大葉 ← Check!
 ・赤タマネギ
 ・アンデスレッド ← Check!
 ・キャベツ ← Check!
 ・ニンジン ← Check!
 ・ネギ
 ・水ナス ← Check!
 ・ナス ← Check!
 ・モロヘイヤ
 ・ツルムラサキ
 ・ゴーヤ
 ・いんげん
 ・モロッコインゲン
 ・ししとう
 ・おかひじき
 ・バジル
 ・ヤングコーン

徳島産
 ・土生姜 ← Check!

淡路産
 ・タマネギ ← Check!

極野菜(各農家とのコラボ) ← ALL Check!
 ・とうもろこし
 ・そうめんカボチャ
 ・コリンキー
 ・ミニトマト千果
 ・アイコ(レッド、イエロー)
 ・桃太郎トマト
 ・桃太郎ファイトトマト
 ・イエローピコミニトマト
 ・グリーンゼブラトマト
 ・チェリートマト
 ・ブラックトマト
 ・フルーツレッド
 ・ゴールデンクイーン
 ・ぺぺミニトマト
 ・ズッキーニ(ビッグ、グリーン、イエロー)
 ・翡翠ナス
 ・ナス
 ・ジャガキッズ(レッド、パープル)
 ・ローザビアンカナス

NEO野菜(完全無農薬) ← ALL Check!
 ・カーボロネロ(黒キャベツ)
 ・葉つきイエローストーンニンジン(最終出荷)
 ・ロロロッサ
 ・丸ズッキーニ
 ・ルッコラリンダ
 ・ビーツ

匠野菜
 ・ベビーリーフ8種

手打ち生パスタ
 ・完熟トマトのタリオリーニ
 ・完熟トマトのリングイーネ
 ・イカ墨のリングイーネ
 ・サフラン入り手切タリアテッレ

今週末のご案内

ただいま当店は、急ピッチで改装工事をしております。
本日も20:00すぎまで作業をしていたのですが、予定通りに作業が進みませんでした。
外見は、少し立体的になり玄関の引き戸の装着しております。
ただ、仮組の箇所も多々あります。
ちなみに引き戸に取っ手はまだ付けておりません。
構造上、耐震性には問題ありませんが、引き戸を激しく扱うと外れることも考えられます。
実際、ごくごく普通に取り扱っていただければ壊れたりはしません。
もし、不安であればヘルメット、軍手、安全靴を装備してお越しください。
玄関を入る前に指差呼称まで行うと、なお安全かと。

旬な野菜たち

明日、販売予定のトマトです。
 ・イエローピコ
 ・イエローアイコ
 ・レッドアイコ
 ・チャドウィック チェリー
 ・グリーンゼブラ
 ・ぺぺ
 ・千果
 ・ブラックミニ
 ・フルーツレッド
 ・ゴールデンクイーン
画像にない桃太郎や桃太郎ファイトも収穫できるかと。
これが当店の強みです。
トマトは色んな品種があり一人ですべてを栽培してマーケティングするには無理があるので、各農家さんとコラボレーションして栽培しています。
種はボクは無償で提供しています。
売れないというリスクもかかえていますので、たくさん栽培はしておりませんので、機会がありましたらお試しください。
今日は、東京のシェフから教わった焼き枝豆を作ってみました。
東京方面のシェフは勉強熱心で関心させられます。
わざわざ休日をつぶしてまで、実費で畑まで見学に来られるくらいです。
関西のシェフも雑誌で偉そうなことばかり述べるのではなく、少しは行動してみるべきかと思います。
景気が悪いから売上げが減少したのではなく、単にそれだけの魅力しかないお店であることを認識すべきです。
当店で販売している採れたての黒枝豆ですが、これから秋にかけて美味しい季節です。
茹でて食べるのもおいしいですが、焼き枝豆のほうがうまみも凝縮され香りも香ばしいですよ。
レシピは店頭にて。

2009071016120001_convert_20090710205201.jpg

2009071021000001_convert_20090710213324.jpg

名刺製作中

お店の名刺はあるのですが、畑の名刺がなくいつも場所の説明に困っているので名刺を製作しています。
まずは、ラフ案から。
これから贅肉を削り取ってシンプルに仕上げていこうと思っています。

card-l0.jpg

card-l1.jpg

サラミフェリーノとスナックエンドウのペペロンチーノ

複雑な味のペペロンチーノに魅せられて・・・・。
深く深く奥深い、イタリアの香り漂うオイルソース。

材 料【二人分】
 サラミフェリーノ     ・・・スライス5~6枚
 スナックエンドウ    ・・・20本
 セミドライチェリートマト ・・・5粒
 ニンニク         ・・・2片
 唐辛子          ・・・1本
 EVオリーブオイル
 塩
 パセリ

 1.フライパンに、にんにくのみじん切り、EVオイル、唐辛子を入れてから火を付けゆっくりとオイルににんにくの香りを移していく。

 2.ニンニクの香りが部屋に広がったら、食べやすく刻んだサラミフェリーノ、セミドライチェリートマト、パセリを入れ軽く炒める。

 3.生パスタとスナックエンドウを一緒に茹で、はじめにフライパンに入れたEVオイルと同量の茹で汁を「2.」のフライパンに足し、かき混ぜてオイルと茹で汁を乳化(白濁)させる。
  ※生パスタとスナックエンドウは量によって入れる順番を調節すること、スナックエンドウは茹で過ぎるとフニャフニャになってしまうので気をつけて。

 4.塩で味を調えればソースの完成。

 5.火を止め、茹で上がった生パスタ、スナックエンドウを和えれば出来上がり。

【ポイント】
★オリーブオイルと茹で汁を乳化(白濁)させてトロッとソースにさせるのがコツ。
★サラミとドライトマトに塩気がある為、塩は控えめで。

1243409509-279189.jpg

多忙な一日

今日も朝からお店の改装工事をしていました。
といっても設計がほとんどで工事自体は3時間程度です。
難関の引き戸を玄関に仮組み込みをしました。
どれだけ軽量化できてコストも抑えることができるかが課題でしたがなんとかなりそうです。
あまりにも軽すぎてちょっと気が抜けます。
後は、断熱材を入れて内張りを装着する予定ですが今週末までには間に合いそうにもありません。
畑作業もありますので。
畑には夕方に向かいました。
気温は28度程度でとても気持ちよく作業できますが、草刈機のエンジンがかからなくなったので、鎌で雑草狩りです。
中腰の体勢が続いたので明日の腰痛が心配です。
各種ニンジンは雑草に圧されてあまり大きくはなっていません。
残りの収穫量も少ないので、そろそろ終わりかと。
ただ、2nd Stageでは次なるニンジンが新しい栽培方法で順調に成長しています。
また、ルッコラのリンダも雑草と戦いながらもしっかりと成長し、あとは収穫のタイミングを待つばかりとなりました。
もしかしたら、今週末にデビューするかもです。
バーク堆肥で栽培した2nd Stageの野菜デビューは、これが初めてとなりそうです。
肥料は、油粕を元肥として土作りの際にすきこんだだけで、あとはほったらかし状態で育てました。
というよりは、勝手に育ってくれました。
よくよく考えると、畑仕事といっても土づくりはしっかりとしましたが、その後は雑草と害虫対策ばかりで育てることについて何もしていないなあと。
一方、1st Stageではメロンとスイカがいつの間にか大きく成長していました。

P1030022_convert_20090709210345.jpg

営業日のお知らせ

このところ二転三転しており、申し訳ございません。
先週は、金曜日と土曜日の営業に変更すると申しておりました。
これは、平日営業のリクエストが以前からあったので試みたのですが営業するには非常に効率がよくありませんでした。
営業時間内は、フル回転で販売しなければ無駄な時間が発生しますので。
よくよく考えてみるとリクエストいただいた方の多くは当店の利用頻度がかなり低いお客さんで、いつも当店を利用いただいているお客さんの意見を優先したいので、営業日を元通りの土曜日と日曜日にもどします。
しばらくは、土曜日と日曜日のままです。
平日営業は、スポンサー制を取り入れるまでは保留とさせていただきます。
営業時間帯は、だいたい13:00~19:00くらいが目安となっております。
夕方近くになるとお客さんが途切れて早めに切り上げる場合もありますので、もし夕方あたりに来られる予定のある方は、お電話かメールでお知らせしていただけると助かります。

営業日
 土曜日、日曜日
 13:00くらい~19:00くらいまで

鰻とフレッシュトマトの冷製和パスタ

冷製パスタはイタリア料理の未開拓地・・・
 パイオニアに誰でもなれる可能性の泉。
「美味しいかな?」と思ったものを自由に作れる夏の喜び。
今回は、夏のスタミナ“ 鰻 ”とジューシーな甘さをソースのベースに“ フレッシュトマト ”を合せ、 平賀源内先生も食べたいであろう夏パスタを作りました。

材 料
 鰻1匹(1㎝幅に切る)
 トマト(ある程度細かく)
 ぶっかけうどんのつゆ
 シソの葉4枚(トッピング用)

1. 大きめのボール(後でパスタを絡めるため)にトマトと鰻を入れる。

2. 生パスタを少し長めに茹で、冷水で〆る。

3. パスタの水気をきちんと取り「1.」のボールに入れ全体を和える。

4. お皿に盛り、ぶっかけうどんのつゆをかけ、刻んだシソの葉を散らせば出来上がり。

1216893985-846995.jpg

証券マン

昨日は、一日中お店の改装工事をしていました。
作業を行いながらデザイン設計や寸法取り、耐震性などを考えて進めています。
なので途中、寸法があわなかったり思わぬ落とし穴がありどうにもならなかったりと失敗もつきものです。
作業をしていると証券会社の人間が営業に来られました。
はじめから相手にされていない口調で、なめられるのも嫌なので以前、株式投資のコンサルタントをしていたボクの正体をあかすことに。
証券会社の人間は、なにかとテクニカルな指標ばかりを口にしますが株式投資は心理戦です。
出来高とチャートだけで十分です。
なので、ブログでたまに書いていますがGSユアサの動きもしっかりと見えています。
お客さんにも1000円超えたら、ひとまず利益確定して様子見だと宣言していました。
テクニカルを使用するとしたら未来が予測できる一目均衡表くらいでしょうか。
よく本屋にはテクニカル指標であたかも儲かるような本がでまわっています。
これに騙されて購入する人間も人間です。
数万円や数百万円儲ようとするのに、たった数千円しかしない本の投資だけで成功するわけがないです。
都合のよい話です。
また、このような本は後出しの説明なので、どうにでも書けます。
書いている本人ですら株式投資はしていないのが現状です。
証券会社の人間は、ITの年収を捨ててまでなぜこんな商売を?と尋ねてきました。
逆になぜ証券会社に就職したのかを尋ねてみたかったです。
人生、お金を儲けて贅沢して見栄をはる生活がすべてではないのです。

3年目に向かって

このところ、時間が空くと3年目の事業計画をたてて新事業の精査を行っています。
今年10月から三年目を迎えます。
商品開発も大詰めとなり失敗も多々ありました。
もちろん、手ごたえもあります。
数字的には、2年目の売上げは前年の2倍を目標にしており達成しました。
しかしながら、2倍の利益とはなっていないのが難点です。
損失もそれなりに大きなものもありました。
利益が伸びなかった原因は、50%近くの野菜を20%ほど価格を落としたせいです。
特段、安売り合戦に参戦するつもりでもなく他店の価格を気にして下げたわけでもありません。
とにかく、ギリギリ下げれるところまで下げてみようという試みがあっただけのことです。
ボクの値段設定には、理由があります。
毎回、値段が変動するにも理由があります。
それは、栽培されている農家さんによって使用されている肥料や手間隙といった労働時間が異なります。
それらを計算して、それぞれの野菜ができるまでの費用を割り出します。
農家さんの時間給は、かなり抑えて500~600円で計算しています。
なので、店頭に表示されている価格は野菜本来の原価です。
最低でもこの価格で売れなければ農家さんは生活できません。
通常、販売されている野菜は時間給というものは加味さていないのです。
さらに本来であれば、当日の早朝から巡回し野菜を集めて販売しているボクの利益をのせる必要がありますがそこまではONしていません。
3年目はしっかりとお客さんの質を確保をしつつ、新しい商品を導入して2年目の売上げの倍増を目指したいと思います。
そのためにも、もうしばらくお店の改装工事には時間がかかりそうです。

ボンゴレロッソ

アサリを使ったパスタは美味しい!!
どっちかと言うとボリューミーに食べたいロッソの登場。

材 料【二人分】
<トマトソース>
トマト缶  ・・・400g
玉ねぎ  ・・・小1個
にんにく  ・・・2片
EVオリーブオイル


<その他>
アサリ   ・・・1パック(約200g)
ニンニク  ・・・1片
パセリ
パルミジャーノレジャーノ
白ワイン


<トマトソース>
 1.フライパンにニンニクとくし切りにした玉ねぎを入れEVオリーブオイルをたっぷりと注ぎ、じっくりと火にかけていきます。
  ※多少焦げ目がついた方が、トマトソースの味に深みが出ます。

 2.火が通ったら、トマト缶を入れ水分が半分以下になるくらいまで煮詰め、塩で味を調えます。

 3.出来上がったらざるにあけ、丁寧にソースだけを濾したらシンプルだけど美味しさの詰まったトマトソースの完成です。

<ボンゴレロッソ>
 1.フライパンにオリーブオイルとにんにく、パセリのみじん切りを入れ、ゆっくりと弱火にかけニンニクの香りをオイルに移していく。

 2.香りが出てきたらアサリを入れさっと表面を炒め、白ワインを降りかけて蓋をし、あさりが開くのまでゆっくりとフライパンを揺らす。

 3.生パスタを同時進行で茹でる。

 4.アサリが開いたらあらかじめ作っておいたトマトソースを入れ、温めながら塩で味を調えるとソースの完成。

 5.煮込み過ぎず、茹で上がった生パスタをさっと和え、お皿に盛りパルミジャーノを散らせば出来上がり。

【ポイント】
★アサリは十分に砂抜きすること。
★アサリは煮込み過ぎないこと。

1245664827-511800.jpg

騙されない購入方法

ボクがお店や農業をやるにあたり、他の販売店や農家と比べての強みは全国各地を訪問して自分の目で見て確かめてきた点です。
なので、自然と知識もついて未経験の販売ができたり、無農薬で野菜をつくることができたと思います。
また、大手の企業も同じように全国各地を飛び回って厳選食材を探していますが、自ら生産するところまではしていないのがほとんどです。
今年から農業を始めたボクは、生産も販売もできるのでオンリーワンの強みを確保したと思います。
人と同じだったり、誰にでも真似できるビジネスモデルだと資金力のある者にすぐに負けてしまいます。
さて、無農薬や有機野菜を買うときのポイントについて簡単にアドバイスしておきます。
いまの消費者は、なにかと無農薬ですか?とか有機ですか?としか質問しない方がほとんどです。
農家も悪気があるわけではないのですが、勉強不足の人間も少なくありません。
化学肥料を使用していても、有機肥料も使用しているから有機野菜という農家もいます。
化学肥料をつかったら有機野菜ではありません。
また、同じ畑でキャベツには農薬をかけ、となりのホウレンソウには農薬をかけていないから無農薬ホウレンソウといったりもします。
同じ畑でどれかひとつでも農薬を使うと無農薬とはいえません。
それから、夏は農薬を使用した畑でも冬は害虫が少ないから農薬を使用しない栽培したから冬にできた野菜を無農薬だという人もいます。
これも間違いで年中無農薬栽培でなければなりません。
あとは、害虫が多い中、対策はどのようにして栽培しているか質問するとよいでしょう。
防虫ネット以外に木作酢やニームなどの国で許可されていないものをふりかけているのであれば、登録されていないものを使用してもいいのかと質問攻めにして反応をみることです。
登録されていないものを使用しているから無農薬とはいえません。
たとえば、極端な話だと青酸カリは登録されていないので使用してもよいのかということになります。
中には、こんなことをいうと常識で考えろを言う農家もいるでしょうが、逆に国が認めていないものを使用して安全だという根拠を言えと切り返すことです。

正真正銘無農薬

今日は一日中、1st Stageの草刈でした。
草刈機は使用せずに全て鎌での作業です。
途中、あやまって指を切ってしまい、出血がとまらず作業中断。
薬局へ行って応急処置をして再開しましたが、あらためて気をつけなければと思いました。
一日やっても1st Stageの20%程度しか終わりませんでした。
除草剤を使わないので手間がかかります。
でも、草刈をした後のオクラは一気に成長していましたので、はずせない作業です。
2nd Stageは完全マルチなので、今日のような無駄な作業は発生しません。
昨日は、近くの農家さんから農薬の本をいただきました。
無農薬栽培でも農薬について知識はあったほうがよいかと思って勉強しています。
現在、無農薬や有機栽培している農家は全体の数%しかいません。
でも、害虫対策として自然農薬を使用していたります。
たとえば、ニームだとか登録されていないオイルだったりと。
木作酢や竹作酢も同じです。
これらは農薬に登録されていないため、農薬としてカウントされませんので無農薬や有機として販売したい農家は平気で使用します。
ボクもはじめは、キャベツとブロッコリーにニームを2回ほど使用していましたが、いろいろと勉強して許可されていないものを使用すべきではないという結論に達しました。
ちなみに、キャベツとブロッコリーは全滅したので効果はありませんでした。
他の野菜は元肥の油粕のみで栽培した本当の完全無農薬野菜です。
害虫対策は、防虫ネットかほったらかしです。
これからボクは、どのように害虫対策をしていくかは試行錯誤が必要ですが今のところ防虫ネットが一番効果がありそうです。
完全ではないですが、20%の損失リスクでいけそうです。
現在、いろんなサイトで無農薬を前面に出した宅配が多いですが、消費者も勉強して疑いをもって購入したほうがよいかと思います。
販売サイドも売っている野菜がどのように栽培されたかわかっている人間はほとんどいないかと。
毎年のように害虫が増え、農薬を規定ギリギリで使用しても対応できないのが現状です。
そう簡単に無農薬で栽培はできませんので。

薄切り肉としめじのボロネーゼ

一日の仕事終わり、「お腹が空いた~!!」でがっつり食べる。
こんな生パスタLIFEが最高!

材 料【二人分】
薄切り牛肉   ・・・150g
しめじ      ・・・一株
玉ねぎ      ・・・半分
にんにく     ・・・1片
オリーブオイル
ミートソース缶  ・・・1缶(2~3人用)

<細かい味付け(お家にある調味料を少しづつ)>
赤ワイン
ナツメグ
塩コショウ
ケチャップ
ウスターソース
醤油

【作り方】
 1.フライパンにオイル、にんにくのみじん切りを入れ弱火でゆっくりと香りを出す。

 2.香りが出てきたら粗みじんに切った玉ねぎ、薄切り肉、しめじを加え炒める。

 3.赤ワイン、ナツメグ、で風味づけをし、塩コショウで味を調え、ミート缶を開け入れる。

 4.味を見ながら、ケチャップ、ウスターソース、醤油を少しづつ足し好みの味に調える。

 5.生パスタを茹で、茹で上がったら「4.」に入れ全体を和えれば出来上がり。

【ポイント】
★ミート缶で味のベースは決まっているので、各好みで風味の調節を。

1208577401-996284.jpg

厚切りベーコンとスナックエンドウのトマトソース

噛むほどに甘い甘い旬素材“スナックエンドウ”を真赤なトマトソースで纏う。
幸せ時間が訪れる・・・・。

材 料【二人分】
<トマトソース>
トマト缶      ・・・400g
玉ねぎ      ・・・小1個
にんにく      ・・・2片
EVオリーブオイル


<その他>
ベーコンかたまり ・・・150g(お好みでカット)
スナックエンドウ ・・・10~20本

<トマトソース>
 1.フライパンにニンニクとくし切りにした玉ねぎを入れEVオリーブオイルをたっぷりと注ぎ、じっくりと火にかけていきます。
  ※多少焦げ目がついた方が、トマトソースの味に深みが出ます。

 2.火が通ったら、トマト缶を入れ水分が半分以下になるくらいまで煮詰め、塩で味を調えます。

 3.出来上がったらざるにあけ、丁寧にソースだけを濾したらシンプルだけど美味しさの詰まったトマトソースの完成です。

<厚切りベーコンとスナックエンドウのトマトソース>
 1.フライパンにお好みでカットしたベーコンを入れ弱火でじっくりと油を出しながら焼いていく。

 2.ベーコンの外側がカリッとしてきたらあらかじめ作っておいたトマトソースを加え温めておく。

 3.生パスタとスナックエンドウを一緒に入れ茹で上げる。
 ※量により茹で時間を調節し、生パスタとスナックエンドウは時間差で入れること。

 4.茹で上がった生パスタとスナックエンドウを「2.」のフライパンでトマトソースと和えれば完成です。

【ポイント】
★極上のトマトソースが出来上がれば後は問題なし。
★スナックエンドウは茹で過ぎないこと。

1208393539-887191.jpg

イワシのトマトパスタ

香りよく仕上げることで上品な逸品に。

材 料【二人分】
<トマトソース>
 トマト缶     ・・・400g
 玉ねぎ     ・・・小1個
 にんにく     ・・・2片
 EVオリーブオイル
 塩

<その他>
 イワシ      ・・・7尾
 松の実     ・・・10粒
 ローズマリー  ・・・一房
 白ワイン
 EVオリーブオイル
 塩
 パセリ

<トマトソース>
1.フライパンにニンニクとくし切りにした玉ねぎを入れEVオリーブオイルをたっぷりと注ぎ、じっくりと火にかけていきます。
  ※多少焦げ目がついた方が、トマトソースの味に深みが出ます。

2.火が通ったら、トマト缶を入れ水分が半分以下になるくらいまで煮詰め、塩で味を調えます。

3.出来上がったらざるにあけ、丁寧にソースだけを濾したらシンプルだけど美味しさの詰まったトマトソースの完成です。

<イワシのトマトパスタ~ローズマリー風味>
(下準備)
イワシの内臓、中骨、背びれ、尻尾を取り除き、身だけにして軽く塩を降り5分ほど置いときます。
※このとき塩を降り過ぎないこと

1.フライパンにローズマリーとEVオリーブオイルを入れ、弱火でじっくりオイルにローズマリーの香りを移していきます。

2.香りが出てきたら、焦げる前にローズマリーを取り出し、強火にして下ごしらえをしたイワシ、松の実を入れサッと炒めます。

3.火が通ったら、あらかじめ作っておいたトマトソースを入れ温まったら、茹で上がった生パスタを入れ和えれば出来上がり。

4.お皿に盛り、パセリを散らせば完成です。

【ポイント】
★ローズマリーは香りが強いので入れ過ぎに注意
★イワシの塩はそのまま残るので、軽く降っておく程度、塩が利き過ぎるとしょっぱくて食べれません。

1240112908-105336.jpg

緩まないポリシー

本日は、たくさんのお客さんから営業についてのお電話をいただきました。
なんだか金曜日と土曜日の営業に変更することが伝わっていなかったようで、当店までお越しいただいたのに大変申し訳ございませんでした。
ただ、今週から元通りの土曜日と日曜日の営業形態に戻しますのでご安心ください。
また、数名の方より本日発売の雑誌に野菜の特集で関西方面の八百屋さんがご紹介されていることを教えていただきましてありがとうございます。
勉強のため購入して読ませていただきました。
ボクのお店も宣伝したらと勧められましたが、今のところ全く興味がありません。
自分の目指すところは、地方レベルではないのが理由のひとつでもあります。
これまでのITの仕事でも同じですが、国内にしか通用しない資格はあえて取得しなかったのと同じです。
目指すのは世界だったので、世界共通の資格にしか興味がありませんでした。
人それぞれ目的は異なり目指すレベルも違いますので、どれが正解ともいえません。
ということもあり、ボクはこれからも我が道を進むと思います。
ひとつだけハッキリとしておきたいのは、いくら自分のお店の野菜を雑誌で自慢したり宣伝したところで農家が十分に生活できる収入を得ることができなかったり、減少すればそのビジネスモデルは絶対に崩壊してしまうということです。
現在、話題になっている八百屋さんとは7年後に本気で勝負しようと思っています。

出荷開始

昨日より出荷開始をしたロロロッサと半白節成キュウリです。
ロロロッサは、寒冷紗をとり光合成をさせてみごとに真っ赤に色づきました。
今の季節はある程度、大きくなるまでは寒冷紗をかけて暑い日ざしから守ってあげないと葉が焼けてやられてしまいますので、大きくなったところで寒冷紗をはずします。
寒冷紗をしておくと赤くなりません。
半白節成キュウリは、一週間で一気に成長しました。
早く売りさばかないと巨大化して味がボケてしまいそうです。
このキュウリは、店頭にて試食も行いました。
韓国では一番人気のあるキュウリです。
1日経ってもとてもみずみずしいように栽培しました。
パリパリとして歯切れもよく、甘いタイプのキュウリとなります。
もちろん、香りもしっかいとキュウリです。
他に雑草と格闘しながらルッコラのリンダとサラダミックスが成長しはじめました。
今の段階で雑草を抜くと野菜まで一緒に土ごと抜けてしまうので、しばらく雑草を栄養分を取り合う試練を与えたくましく育ってほしいと願います。
しっかりと根がはったところで雑草を抜き取ります。
これらの野菜は、成長が早いのであと1、2週間でデビューするかと。

P1030004_convert_20090705175340.jpg

P1030016_convert_20090705175424.jpg

P1030017_convert_20090705175457.jpg

野菜の生命力

今日は、朝から畑作業です。
お店は、お休み。
いつもなが雑草の延びが早くて頭にきます。
2nd Strageも雑草だらけなので、とりあえずは目立つところだけを刈って地面がかわいたところで管理機で整備しようと思っています。
トマトも急激に成長しはじめて、実が大きくなってきました。
あとは色づくのを待つばかり。
おそらく今月末にはデビューできそうです。
一方、茄子とミニパプリカの成長が遅いので今週中に肥料を与えようと思っています。
さて、1st Stageの野菜ですがほったらかし状態にしていてもしっかりと育っています。
3種のオクラは、雑草の中に隠れていたので雑草を刈りました。
こちらも栄養を雑草にとられ成長が遅いので今週中に肥料を与えて一気に成長させます。
雑草を刈ってみると、ちらほらとオクラができています。
なんともかわいらしいです。
野菜の子孫を残そうとする生命力はすごいです。
これまで、ブロッコリーやキャベツに時間をとられていた分、オクラの管理を徹底しなければなりません。
ブロッコリーはキャベツはさらにひどい状態に。
見るたびに頭にきますので、片っ端からつぶしました。
これ以上、害虫の好き勝手にさせるわけにはいきません。
2nd Stgageのプチヴェールもひどい状態で手におえなくなってきました。
やはり、甘いアブラナ科は植えると同時に防虫ネットをしないとダメなようです。
なぜなら、はじめからずっとネットをかぶせているチリメンキャベツや黒キャベツは、被害も少なくしっかりと成長しているからです。
他になにひとつ防虫対策はせずに自然農薬すらかけていません。
あと、うれしかったのがメロンができてきています。
こちらも管理を徹底してしっかりと太陽光を浴びさせて甘さを出していこうと思っています。
シュガーベビーというスイカは、まだ見当たりませんでした。
いまのところ、無農薬栽培で失敗しているのはアブラナ科くらいです。
なので、8~9割の野菜は作れていることになります。
本格的に畑をはじめて3ヶ月程度ですがすでに30種類程度は栽培に成功して実績をつくることができています。
日増しに栽培効率もよくなって、労力も軽減しています。
最近では小ばかにする農家も少なくなり、ど素人の若造が大したもんだと言われるようにもなりましたが、ボクとしてはまだまだです。
今年度中の目標は、100種類以上です。
もちろん、アブラナ科も完全無農薬栽培で成功させてみせます。

2009070512320000_convert_20090705151200.jpg

2009070512410001_convert_20090705151252.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。