自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強い睡魔

本日は雨の降る中、当店まで足を運んでいただき、ありがとうございました。
最近、夕方になると強い睡魔に襲われます。
19:00前にはリビングで寝てしまい、日をまたぐ前に起きてしまいました。
当然ながら、寝ぼけながら書いています。
これ以上、書ける状態ではないので、このまま寝たいと思います。
スポンサーサイト

新しい栽培

本日は台風明けに当店までお越しいただき、ありがとうございました。
今日は早朝から化学物質過敏症の勉強をしていました。
ボクが、その病気というわけではありません。
最近の子供の中には、化学物質過敏症や小児ガンなどで大変辛いおもいをしている子が想像以上に多かったりもします。
野菜も有機栽培であっても食べることができず、食べることができる野菜を作られている農家さんは多くの品種を栽培していなかったりと...
ボクなら無肥料で沢山の種類を作っているので、いろんな野菜を楽しんでいただくことは可能です。
なので、少しは役に立てるのではないのかなあと。
先日は、東京の料理長からもボクの野菜を褒めていただいたところです。
昨年から農業をはじめて、幸運にも一発目にできたカブラから評価をいただいていたのですが、今年はさらに絶賛されるのはうれしい限りです。
今年は、ルッコラにちりめん葉からし菜、ブラックキャロット、ニンニク、赤玉ねぎ、三州生姜など...
なので大変な思いをしている子供たちに、少しは自信をもって安全な野菜をおいしく食べていただけるのではないかと。
また、来年からは今の栽培方法をバージョンアップする予定です。
もっと自然環境を再現するために野菜と一緒に花も栽培しようと思っています。
通常、自然界の中では雑草も花も野菜もバランスよく生存しています。
今の畑には花が足りませんし、花を栽培することでもっと畑に集まってくる虫たちも豊富で理想の生態系が構築できるのではないかと考えます。
それに畑の中に花も育っているなんて見ていて楽しいはずです。
なんだか、来年の春が楽しみになってきました。

人気ブログランキングへ
 ┗ 素人がゆえに常識はずれな栽培方法が思い浮かんできます。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。

化学物質過敏症

ちょっとメモです。

突然、発症する。
手に赤い斑点がでる。
近代建築物には住めない。
化学物質は空気より重いから下にたまる。
ゴミや排気ガスの臭いに反応して外出できない。
洋服は製造時の機械の油で反応する。
魚の切り身は消毒されている場合があるので注意。
フライパンのテフロン加工等がダメ。
香水、洗顔料もダメ。
絵の具で鼻血が出る。
清涼飲料水でもたまに遺伝子組み換え原料使用している。
調味料の入っている容器や缶に含まれる化学物質が素材に移る。
有機野菜でも肥料によって反応する。
病気のことを理解してほしい。

出荷の基準

今日は明日が台風で収穫できないかもしれないので、一部の野菜を収穫してきました。
お昼には丹波へいましたが、やはり丹波は寒いです。
なかなか、いいニンジンができています。
先週のカブラも蒸し炒めしてバーニャカウダで食べたらなめらかな舌触りでおいしかったです。
それから三田の畑へ向かって、まずは台風対策です。
いろんなものが飛ばないように固定しましたが、すでにバギーを格納しているテントは無惨にも強風で破れていました。
とりあえず、ボクの野菜も収穫です。
イノシシに荒らされてから種を蒔いて三週間ですが、畝によっては発酵が進み微生物が養分を供給するシステムが出来上がっているのでミックスエンダイブは出荷できる状態です。(画像上)
このサイズがボクの基準です。
他の野菜もこのサイズで収穫してサラダセットの出来上がり!
エンダイブだけでなく、10種類ほどの野菜を入れたと思います。
東京べか菜、折菜、赤からし菜、ルッコラ、水菜など...
どのタイミングで収穫して、どのようなスタイルで売るかはセンスだと思います。
このような野菜は小さくても一つ一つに個性があります。
特に肥料でなく微生物の養分で栽培された野菜は、有機栽培された野菜とは全く違います。
イメージとしては、たくましい味がします。
ボクのオススメは、はじめに一つずつ何もつけずに味を確認してからお好みの野菜を混ぜて軽めのドレッシングかオリーブオイルとお塩、コショウで楽しんでいただけたらと思います。
さて、その後のトレヴィーゾ2です。(画像中)
かなり色づいてきました。
そして、ヴァリエガータです。(画像下)
日増しに巻いています。
触ってみるとフワフワして、やわらかいです。
このヴァリエガータは、最高のデキとなりそうです。

人気ブログランキングへ
 ┗ 明日の朝が収穫できそうな天候か心配です。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。


101029_125551_convert_20101029190605.jpg

101029_130911_convert_20101029190623.jpg

101029_130941_convert_20101029190637.jpg

スーパーの野菜

今日も雨なので畑作業はお休みです。
朝は理学整体に行ってきました。
体のバランスはよくなったのですが、風邪を引いたのか少々寒気と目眩がします。
頭痛も少々...
夕方は先週、売れ残った酸っぱいミカンを使うためにパエリアを作ることにしました。
レモンの代わりです。
ちょっと材料が足りないので、数ヶ月ぶりにスーパーへ出かけました。
ボクがスーパーで買い物をするなんて珍しいことです。
せっかくなので、野菜のチェックをすることにしました。
地元産の野菜が販売されていて、いかにも地産地消で鮮度もアピールするような陳列でしたが食べると死にそうな気がしました。
包装も農家任せなのか、機能性のないビニール袋の中にナスが入っていました。
当然ながら、シワシワです。
ブロッコリーはボロボロで、茎の中央には穴があいて痛んでいます。
大きな北海道産のニンジンは2本で88円。
でも小さな有機ニンジンは、2、3本で298円。
もちろん、葉はついていません。
この差は、何を意味するのかを考えた消費者は何人いるのでしょう。
有機ニンニクは、めちゃくちゃ小さくて298円です。
数年前は、このような野菜を買っていたと思うとぞっとします。
ボクに言わせれば、腐った野菜です。
食べても健康にはならないわけです。
これからがおいしい鍋料理も、これではつまらないでしょう。
野菜に味がないので、市販のスープでごまかすしかありません。
しばらく、ウォッチしていましたがボクの車の隣に駐車した白い新型Eクラスのベンツに乗った派手な婦人が、このような野菜を買い込んでいました。
見栄にしか金を使わない人間の典型的な例かなあと。
婦人の乗ってきたベンツと手に持っていたエルメスのバックが中国製か韓国製の偽物に見えてきました。

人気ブログランキングへ
 ┗ 真夏に無理して働いたせいか、体調不良が続いています。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。

海老と春菊のペペロンチーノ

シンプルペペロンチーノの命“オイル出汁”に、春菊の複雑な香り。
ジューシーに味わってほしい、香り高き春のパスタ。

【材 料(二人分)】
海老    ・・・6尾
春菊    ・・・好きなだけ
にんにく  ・・・2片
アンチョビ ・・・2枚
EVオリーブオイル

鷹の爪

【作り方】
1.フライパンににんにくのみじん切りEVオリーブオイル、鷹の爪とアンチョビを入れ弱火でじっくりと香りをオイルに移していく。

2.香りが出てきたら、食べやすい大きさに切った海老を入れさっと火を通す。

3.生パスタを茹で、茹で上がり30秒ほど前に春菊を入れパスタと一緒にサッとアク取り程度に茹でる。

4.茹で汁を「2.」のフライパンに足し乳化(白濁)させ、塩で味を整えておく。

5.火を止め、茹で上がった生パスタと春菊を「4.」のフライパンで和えれば完成です。

【ポイント】
★春菊は茹で時間30秒ほどで。

1239688155-731582.jpg

本格カルボナーラ

今週末は台風が直撃しそうな感じですが、月末なので手打ち生パスタを販売します。
先月は、発注を忘れてしまって申し訳ございませんでした。

小細工しない・・・・直球ストレート。
“生パスタレシピ”間違いなくNO.1です。

【材 料(4人分)】
パンチェッタ         ・・・100g
パルミジャーノレジャーノ・・・60g(お好みで量は調節してください)
生クリーム         ・・・200ml
卵黄             ・・・2個
白ワイン           ・・・少々
ブラックペッパー


【作り方】
1.フライパンでパンチェッタを炒め、白ワインを降り入れアルコールを飛ばす。

2.「1.」のフライパンに生クリームと削り下ろしたパルミジャーノレジャーノを入れブラックペッパー、塩で味を調える。

3.大きめのボールに卵黄2個を割っておく。

4.茹で上がったパスタを「2.」に入れソースと絡め、「3.」のボールに移し全体を素早く混ぜれば出来上がり。

5.お皿に盛りブラックペッパーを散らせば完成です。

1213340243-356757.jpg

見えない世界

今日は朝から張り切って畑へ向かおうとしたのですが、雨が降っていました。
とりあえずは自宅待機で、午前中はフランス語を聞きながら生物学を勉強していました。
午後から晴れ間が見えてきたので、急いで畑へ...
雨の後で何が作業できるかわかりませんが、時間があれば畑で過ごしたいものです。
三田市も雨が降っていたのですが畑は水はけがよく、すぐに作業ができる状態でした。
畑を歩くとフワフワとして土がやわらかくなっています。
昨年のブログ画像にもありますが、昨年は雨の後は水溜りがひどくて翌日になっても作業ができない状態でした。
最近は、そのようなことがなくなりました。
なので、休む暇もありません。
今日はスローペースで、2畝に種を蒔いて終了です。
今年の春に販売していた韓国のオークリーフも大きくなってきました。(画像上)
こちらのレタスもとてもやわらかくてオブラートみたいです。
口の中でとろけてしまいます。
東京べか菜は、密集栽培した箇所は勢いよく生長していました。(画像中)
同じくあぶら菜の折菜も密集栽培すると生長スピードは早いです。(画像下)
肥料を使わずに生長を早めるためには密集栽培すればよいわけです。
よく、密集栽培すると野菜同士が競争し合うから生長が早くなると昔の農家はいいますが、そんなことは理由になりません。
そういう発言を公の場でするとバカにされるだけです。
一つ一つの野菜が吸収した養分バランスは個々に違います。
密集栽培すると土の中で根っこが絡み合います。
そこで野菜同士のネットワークが形成されて、足りない養分を補い合って生長が促進されるものと考えます。
これまで、いろんな野菜で試してきましたがすべて同じ結果を得られました。
なので、今は種を蒔く間隔を狭くしていますが、もっと狭くしてもよいかと思っているところです。

人気ブログランキングへ
 ┗ 人間は野菜を育てるのではなく、育つ環境のことだけを考えればよいと思います。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。


101027_154809_convert_20101027193526.jpg

101027_155214_convert_20101027193543.jpg

101027_165218_convert_20101027193603.jpg

自然な野菜

久しぶりの1st Stageです。
このところ、ほったらかし状態です。
のんびりとした気分で畑内を歩いてみると花が咲いている箇所が多くなっていました。
その中で、春に種を蒔いたニンジンも生長しています。
ニンジンを軽くみている消費者もいますが、化成肥料を使わない栽培だと半年も栽培にかかったりします。
そんなことも知らずに食育だの野菜ソムリエだのと偉そうに言ってほしくないものです。
このような自然環境で育った野菜は、なんだか気持ちよさそうな表情をしています。
黒大根もできていました。
水菜もこぼれ種でできています。
なぜか種を蒔いて育てているものよりも生長が早いです。
とても不思議に思えました。
ボクの目指している野菜を目の当たりにした一日でした。

人気ブログランキングへ
 ┗ 明日は一日中、種蒔きに専念します。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。


101026_122153_convert_20101026211310.jpg

101026_121802_convert_20101026211257.jpg

101026_122408_convert_20101026211407.jpg

101026_121626_convert_20101026211242.jpg

封印した理由

本日の気温は13度。
裏六甲へ抜けるととても寒かったです。
グローブも靴も傷みだしたので、途中で購入して畑へ向かいました。
畑は水はけもよく水溜りはないのですが、まだ水分を含んでいるので下手にいじることはせずに畑のメンテナンスをしました。
ボクは、他の農家とは目的も目指すレベルも違います。
特に肥料を使わないで土の養分で野菜を作るのは、とても高度な技術を必要とします。
他の農家がメディアに取り上げられたり、多くのレストランや家庭に出荷しているのを聞くと少々焦ったりもします。
ボクの今の実力だと肥料を使って防虫ネットをすれば、相当なレベルの野菜を作ることができます。
あえて実力を封印するのは、そのようにして作られた野菜に全く興味がないからです。
あくまでも誰もが簡単に作ることができない最高の野菜を目指します。
巷では有名なロールケーキに行列ができますが、一日に一万本売るということはバカでもチョンでも作れるということです。
他に店舗拡大している有名なパン屋など全く興味もなく、おいしいとも思ったことがありません。
作られたものには人間味は感じることはできず、金の臭いがプンプンします。
さて、イノシシから荒らされてから種蒔きをして三週間が経ちました。
津田かぶが生長しています。(動画上)
間引きをして葉を食べてみると十分に味がのっています。
やわらかくて苦味はありません。
これだけでも一品できそうです。
また、隣では天王寺かぶも大きく生長していました。(動画中)
こちらも間引きをして食べてみました。
やわらかいというよりはシャキシャキしています。
津田かぶのような旨みとは別に、ほのかに苦味を含んだ味がします。
ちなみにボクは畑で試食する際には、必ず歯を磨いてから正当に評価できるように心がけています。
畑で歯磨きをしているのは、ボクくらいかもしれません。
それからイノシシに荒らされたままにしておいた畝では、なにかしらのレタスが生長していました。(動画下)
どこにもネームプレートが落ちていないので、何のレタスかわかりません。
食べてみると口の中で溶けていくようなレタスで、これまで食べたことがありません。
女性にウケそうな食感です。
このレタスを作れるものなら作ってみろを言いたくなるくらいに自信があります。
今週末には、またいくつからの野菜を店頭販売するかもしれません。





効率のよい野菜

今日は、しっかりと雨が降っているので完全オフです。
といっても早朝からデスクへ向かって、分析をしていました。
栽培期間によるリスクや気象障害、栽培面積、手間、単価などから、どの野菜を作ったほうが収入をアップできるかです。
結果としては、やはりニンジンやカブラ、ビーツにホウレンソウといったところが高収入を得られそうです。
だいたいが畑に直接、種を蒔いて栽培する野菜だったりもします。
大根は微妙です。
大きな大根は重量がネックとなります。
収穫も運送も大変です。
運送時の空間も取られてしまいますので。
このように総合的に判断できるシステムを構築し分析して、農業でもサラリーマン同等のレベルで生活できるように模索しています。
ちなみにブロッコリーやキャベツ、白菜は栽培時に面積を取られますのでニンジンなどの収入と比較すると4分の1になってしまいます。
なので、今の価格の2倍で売れたとしても非効率です。
全然儲からないので、大規模農場で機械を使って農薬と肥料で機械的に栽培しないとワリがあいません。
このような野菜は余力で作ったほうがマシで、優先度を落としたほうがよさそうです。
ただ、ブロッコリーでもスティック系ブロッコリーだと何度か収穫できますし人気もあるので、まだマシかと。
少しずつですが、農業における経営手法が見えてきました。
でも、こんな風に考えると夢もあって楽しいです。

人気ブログランキングへ
 ┗ 今週は体調回復を第一にゆっくりと作業したいと思います。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。

心残りの営業

本日は小雨の降る中、当店へお越しいただき、ありがとうございました。
今朝方、農作業をしているときは快調だったのですが、お昼あたりからは胃腸に激痛が走り辛い営業となってしまいました。
このところ、体調も悪化してきているのは感じており、今日の営業まではもってほしいと願っていたのですが16:00でギブアップしてしまいました。
それにしても、接客中に小さなお子さんが野菜を見たくてお店の正面にずっと立っていたのですが、接客と体調に気をとられ声をかけることもできず、待ちくたびれたのか去っていったのを心苦しく思います。
これまでお越しになられたお客さんではないので、また来られるかもわからないところです。
野菜にとても興味がありそうだったのに、かわいそうなことをしてしまいました。
ただ、その後は興味本位で当店へ何名も来られましたが、つまらない客だったのでお断りしました。
先ほどの女の子の目を記憶しているので、なおさら野菜に興味がないことが一目でわかります。
ボクの祖父は根っからの商売人で、頭を下げるのはタダなので誰にでも頭を下げれば商売はうまくいくと教育されました。
確かにどのような客もWelcomeであれば今日も売り上げも上がったと思います。
でも、どうしてもそれができないのがボクの性格です。
嫌な人間や自分が間違っていない場合には、絶対に頭を下げないというのがポリシーです。
こんな性格なので、これから先も苦労しそうです。

人気ブログランキングへ
 ┗ 明日は雨なので、ゆっくりと寝ていようと思います。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。

心地よい畑仕事

本日はポカポカ陽気の中、当店まで足を運んでいただき、ありがとうございました。
ここ数日で急に朝夕が寒くなり、今朝の畑の気温は10度でした。
でも、このくらいの気温だと空気も澄んでいて、とても気持ちいいです。
毎日の仕事で疲れ、週末はゆっくり眠っていたい気持ちもわかりますが、たまには早起きして出かけるのもよいかと思います。
今朝は、ピンクカイワレの収穫から始めました。
おそらく、こんなに収穫が面倒な野菜を露地で栽培する変態はボクくらいかと思います。
一般の方に受け入れられるかどうかはわかりませんが、これはガン予防として進めて行くプロジェクトに位置づけています。
ボクは、野菜の付加価値としてガン予防を考えています。
くだらない企業がイメージだけのブランド戦略として、野菜を高く売ることばかりを考えていますが、そんな低レベルのことはしたくありません。
あくまでも本物の野菜をつくりたいと思います。
このピンクカイワレの評価は、まずまずと言ったところ。
野菜自体は小さいですが、発酵土壌で栽培された味は強烈です。
水耕栽培とは、かなり違います。
さて、畑の一部ではイノシシにやられた畑でもシュンギクが生長していました。(画像上)
野菜の生命力を感じます。
こちらのシュンギクは、ミックスラディッキオと一緒に販売しました。
また、夏の暑さで壊滅状態だったチコリのフリーゼもいくつかは生長し続けています。(画像中)
うまくいけば、このまま生長すると中央部が白っぽくなるかと思います。
一方、イノシシに荒らされた後に整備をして種を蒔いた畝では、早くも津田カブが生長していました。(画像下)
土壌が発酵しているせいか、害虫被害もなくとても綺麗な葉をしています。
寒くなっても他人の畑では害虫が葉を食べていますので、ボクの畑で防虫ネットもせずにこのような様子を見るとうれしくなってしまいます。
確実に畑は、いい感じに仕上がっています。

人気ブログランキングへ
 ┗ 明日の朝も気持ちよく畑仕事ができると思うと楽しみです。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。


101023_074145_convert_20101023192403.jpg

101023_080646_convert_20101023192418.jpg

101023_073504_convert_20101023192348.jpg

枝豆の価格

最近、どうも体調がおもわしくない日々が続いています。
働きすぎなのか...
無我夢中で、イノシシに荒らされた畑を復旧していましたので。
ようやく目処がたってきたところです。
今回は再度、畑全面を短期間で整地して立て直したので、今の畑の面積を倍増しても対応できる自信がつきました。
大型機械もなく、一人で2000坪はやり遂げることができます。
人を頼った農業をしているといつまで経っても効率化することはできず、知恵も使わないことになります。
表向きは仲間と一緒にと奇麗ごとをいう若い農家はたくさんいますが、結局のところ一人では何もできないということです。
ボクは仲間を増やすのは、自分一人ですべてのことができるようになってからだと思っています。
とりあえず、本日は作業はせずに丹波に黒枝豆を買いに行って、そのまま帰ることにしました。
先日、お客さんから枝つきでなくても枝豆のおいしさは変わらないと販売者が売っていたと言われました。
いまでは、機能性のある袋も開発されて鮮度や味を以前よりは保てるようになりましたが、それは基本的に遠方や海外に住んでいる方や年中使用する飲食店にはよいことかと。
でもよく考えてみてください。
枝つきで販売される前、収穫時点では沢山の葉っぱや小枝がついています。
この状態で購入すれば500円以下で購入することができます。
これらをちぎる作業は面倒で、販売できる状態にすると500円以上になります。
つまり同じ鮮度と味でも手間がかかると高くなるわけです。
さらに枝から莢をちぎってパック詰めするともっと手間がかかります。
パック代や枝からちぎったので鮮度と味を保つには適温による鮮度管理も必要となります。
それでいて価格は、逆に500円以下に値下がりします。
答えは、味が劣るからです。
販売者は自分の都合がいいように宣伝しますので、お気をつけください。
逆になぜ手間と経費がかかっているのに値段が安くなるのか質問するとよいでしょう。
さて、明日から愛媛の無農薬ミカンとレモンを販売開始します。
安納芋同様に、まずは二番手の農家さんからスタートです。
安納芋は来週あたりから一番手の農家さんに切り替えますので、今週末は在庫を投売りします。

人気ブログランキングへ
 ┗ 来週あたり、雨が降りそうなので一日中、何も考えずに寝ていたいです。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。


101022_195507_convert_20101022200653.jpg

新たな実験

なかなか雨が降りそうで降りません。
今年は夏から非常に降水量が少ないです。
この3ヶ月間、まともな雨は数えるほどしかありません。
ボクは畑の水やりをしないので、野菜も限界にきています。
たとえ、水やりをしたとしても相当量の水分がなければ土壌に浸透しないため生育は悪くなります。
困ったものです。
さて、本日は理学整体の後に畑へ向かいました。
まずは、ニンニクの植え付けです。(画像上)
田子ニンニクをチョイスしました。
ニンニクの球根は高くて、栽培にも半年以上かかるので価格も高くなるのは納得です。
たいていの農家は安い中国産ニンニクの球根を買って栽培するようです。
ちなみに中国産ニンニクは、国産の10~30分の1の値段です。
ボクは、中国産をすべて疑っているので安くても買わないことにしています。
中国産のニンニクに限らず、松茸にしても過剰な香りと雑味がして食べられたものではありません。
そして、畑では新たな実験もスタートしています。(画像中)
新たな計算式でブレンドした土です。
今後、想像もつかない気象の変動に対応できるようにしておく必要があります。
真冬に種を蒔いても野菜を生育させたり、畑が全滅しても別の場所で簡易的に栽培できたりと...
すべて露地栽培での可能性を探ります。
特に寒い時期での栽培では、いかに土壌を暖かく保つかがポイントとなるかと。
植物の根は、暖かいところにしか根を伸ばそうとしません。
そこで、ある廃棄物を混ぜることで一日経たないうちに発酵させて地温を上げることに成功しました。
さらに白い糸状の菌も同時に繁殖しています。(画像下)
理論上は、これで野菜は生長するはずなので、今後の経過をウォッチしていこうと思います。

人気ブログランキングへ
 ┗ 産業廃棄物の中には、まだまだ畑に活用できる資材がありそうです。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。


101021_133614_convert_20101021174708.jpg

101021_150304_convert_20101021174726.jpg

101021_150334_convert_20101021174740.jpg

漬物畑

そろそろ雨が降ってもよさそうなので、朝から種蒔きと苗の定植に専念しました。
苗の定植は、茎ブロッコリーのスティックセニョールとロマネスコのみで終了しました。
どちらも50本以上はあります。
いつもながら生長が途中で止まっているものもあります。
よくよく調べてみると土の中が、空洞になっていました。
根をはることができないわけです。
すべてモグラの仕業です。
モグラの対策も着々と進んでいますので、来年からは大丈夫でしょう。
今回は、地道に空洞となっている穴を埋めていくしかありません。
また、今日から新しい畝にニンジンやカブの種を蒔いていきましたが、恐ろしいほどに発酵していました。
大げさに言うと土を触ると火傷をするくらいに熱いです。
逆に大丈夫か心配になってきました。
同時に発酵している周辺は、漬物の匂いが強烈にします。
自分自身が漬物になった気分です。
さて、今夜は初めてかもしれませんが中華丼を作ってみました。
初めてにしては、おいしいのですが、ちょっと味が濃かったようです。
椎茸や野菜から出る水分から逆算してお水の量をきめたのですが、ちょっと計算ミスだったかと。
高級なお酢を使ってみましたが、あまりにもお酢を強調しすぎるので、普通の米酢でよかったです。
それから贅沢にパプリカを入れてみましたが、やはりピーマンのほうが厚みと食感が中華丼にはよく合います。
そろそろ、バーニャカウダも食べたくなってきたところです。

人気ブログランキングへ
 ┗ 秋らしくなってきたせいか、食欲がわいてきました。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。

母の見送り

今日は、予定を一日ずらして母が宮崎へ戻るので、いつものように空港まで見送りです。
お昼は、西宮の中華料理・ぴーまんさんで軽く食事を。
母はあまりたくさんは食べないほうですが、注文した海鮮焼きそばがおいしかったようでいつになく食欲旺盛でした。
確かに麺の油は、すんなりと体内に吸収されていきます。
また、帰りのお土産は芦屋のワインバー・フードヴァンさんの牛肉のワイン煮込みもあってか、とても喜んでいました。
これまでいろんなビーフシチューを食べてきましたが、間違いなくおいしいです。
どのくらいのレベルの赤ワインを使われているかはわかりませんが、火の通し方がうまいはずです。
母を見送った後に考えることは、あとどのくらい親孝行ができて、何をすれば楽しい人生だったと思ってもらえるかをずっと考えてしまいます。
その後、畑へ行っても考えながら作業をしていました。
おそらく今回、イノシシに畑を全滅させられたことで心配をかけたと思います。
まずは、早く畑を復活させて沢山の野菜を送ることができるようにがんばるしかありません。
明日から発酵状態になった畝から種蒔きのリベンジです。

人気ブログランキングへ
 ┗ 土のコンディションは上々なので、これで虫の食べない野菜ができるはずです。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。

ピンクな野菜

昨夜は疲れがピークに達して、19:00には寝てしまいました。
本当に今年は雨が少ないので、休みなしで毎日働いています。
本来ならば少しは休めるはずなのですが、イノシシに荒らされた畑の修復は思った以上に大変です。
なかなか、土の状態が元に戻りません。
今朝も畑へ行くと電柵の外においてあった籾殻をムチャクチャに荒らされていました。
いつ、電柵を破られるかヒヤヒヤしてストレスも溜まっています。
あと一度、畑を荒らされると完全に気が狂うと思います。
さて、今週中に新しいデザインの畑に種を蒔きたいので大量にカーボンを投入して、急いで畝となる部分を発酵させています。(画像上)
これまでの4倍以上の量を投入しているので、すでにホコホコ状態です。
あとはビニールトンネルにして、さらに全体の温度を上げる計画です。
地温は明日、測ってみようと思っています。
そして、ようやくガン予防に効果があるといわれている野菜が出荷できる大きさに生長しました。(画像下)
本来、野菜というものは太陽の光と水と土で栽培されるものだと考えています。
なので、手間がかかりますが土壌で栽培しました。
土壌を発酵させて栽培しているので、害虫被害はありません。
色もともて鮮やかなピンク色をしています。
味もしっかりと自分を主張できており、水耕栽培とはまったく違ってパワーを感じます。
今週末よりデビューします。

人気ブログランキングへ
 ┗ どこでも手に入らない最高に体にいい野菜作りに挑戦し続けます。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。


101018_140508_convert_20101018184543.jpg

101018_141007_convert_20101018184556.jpg

丹波の野菜

本日もお天気のよい中、当店まで足を運んでいただき、ありがとうございました。
今朝は、いつも以上に畑は寒かったです。
時期的には遅いのですが、とりあえず種蒔きをしていました。
イノシシの荒らされた畝は、一部をそのままにしています。
わずかな望みをもって...
すると、ニンジンやルッコラが少しだけ育っています。
キノコもあちらこちらに発生しています。
キノコ菌が順調に広がっている証拠です。
これで、微生物が活性化して野菜が育つための養分を供給してくれるものと考えます。
その後は、丹波へ向かいました。
丹波はさらに寒かったです。
半袖で行ったのを後悔しました。
今日は、アケビやマコモダケなどをいただきました。
丹波のモロッコインゲンやシュンギクは、これまで販売していた農家さんのとは味や香りが違います。
特にシュンギクの香りは、さわやかな感じです。
熱を通すのがもったいないくらいです。
アケビは、中身の種の部分はそのまま食べて、外の部分はナスと同じように皮ごと焼いてお味噌などで味付けをするようです。
ボクは、皮が舌に残るのが嫌なので皮を剥いていただきます。
味は、ゴーヤにも似た苦味があるのでお味噌で炒めるか、蕗味噌と一緒に食べるのがオススメです。
マコモダケは、皮を剥いて生食できます。
ウドと同じように調理するとよいでしょう。
クセがないので、どのような料理にいれても合います。
なかなか気に入っています。
丹波の野菜は比較的高いのですが、価格を抑えて今後も積極的にお店で販売していく予定です。

人気ブログランキングへ
 ┗ 珍しい野菜を食べることができると得した気分です。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。


101017_085803_convert_20101017181023.jpg

厳しい時代

本日はお出かけ日和の中、当店まで足を運んでいただき、ありがとうございました。
今月に入って、おしながきをメール配信のみとさせていただいておりますが、プロバイダの障害でうまく配信されていなかったりもしているようです。
現在、原因を確認していただいている最中です。
大変、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
最近は、さらに景気の悪化も懸念され、あちらこちらで明るい話は聞かなくなってきました。
ボクのお店もかろうじて継続できているものの、厳しい日々が続いています。
いままでとは違った視点で物事を見て考えていなければ、商売をするにはなかなか難しい時代になってきたかなあと。
今日は時間に余裕もあり、いろいろと考えさせられる一日でした。

人気ブログランキングへ
 ┗ 努力する方向が間違えれば、何も報われることない人生が待っています。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。

改善の日々

本日は、農家さん宅へ立ち寄ってから畑へ向かいました。
やはり暑さが長引いたのと雨が少なかったせいか、いつもより野菜の生育状態がよくありません。
約1ヶ月ほど遅れています。
明日からいただくレタスですが、ボクの目には少し黄色っぽく見えました。
昨年よりも明らかにコンディションが悪いようです。
ただ、時期をずらして栽培されているので次にできるレタスに期待です。
さて、ボクの畑のほうは焦らずに畑を発酵させる作業を継続しています。
最近では、耕運機を自走できるように改良しました。
勝手にカーボンと土をあえてくれます。
動画をアップしておきます。
常に作業軽減と効率化を工夫しています。
また、ボクの畑の土の状態も動画をアップしておきます。
かなりできあがっています。
適度に水分を含んでいますので、握り締めると固まりますが団粒化して空気の層ができているので、細かく壊れます。
すでにカーボンの投入量は適量を超えていますが、来週もさらに投入して経過を見てみようと思っています。

人気ブログランキングへ
 ┗ 上唇を虫に刺されたのか、ひどく腫れ上がってうまく話せません。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。


101015_102649_convert_20101015200353.jpg



畑の新デザイン

最近、野菜の高騰といってニュースになっていますが、冷静に考えてみてください。
取り上げられている野菜は、トマトやきゅうり。
これらは、夏の野菜です。
今が旬ではありません。
当然、露地栽培だと品薄です。
わざわざハウスで栽培した栄養価の低いものを食べる必要はないかと思います。
他には、レタスや大根、白菜なども取り上げられています。
でもこれらは通常であれば、これからの季節のものです。
8月あたりから種蒔きをするので、早くても11月あたりから出てくる野菜です。
このような野菜も無理して寒い地域で栽培されたものを食べる必要はないかと思います。
それほど人間の体も欲しがるシグナルを出していないはずです。
過度にニュースや新聞があおっているように感じて腹立たしい限りです。
人間の体は、生活地域の特性にあわせて出来上がっているものです。
いきなり、沖縄で育った人間が北海道の生活になじむのは難しいかと。
なので、できるだけ地元で季節にあった野菜を食べたほうが体に負担は少ないということになります。
地産地消です。
そのほうが少量で多くの栄養を吸収できます。
ボクは旬以外の野菜を食べませんが、それでも難なく生活できます。
ストレスも感じません。
毎日の献立も季節にあったもので作るべきだと考えます。
さて、本日はイノシシの被害が最も大きかったエリアを平坦にして畝のデザインを変えてみました。
畝といっても畝立てはしません。
故意に畝を作らなくても水はけがよくなったので、必要ないと思っています。
畝立ての作業がなければ、時間を短縮できます。
今回、種を蒔く畝の幅はこれまでの2倍。
畝間も2倍。
カーボンを定期的に投入するため、運びやすいように畝間を広くしました。
これまでも歩きやすくするために一般よりは広かったのですが、さらに広くなりました。
これまでの農家は、畝間を狭くして栽培面積を大きくする農業をしていましたが、ボクはその逆です。
体力の軽減と効率を考えます。
まずは、これからの季節は寒くなって芽を出すのも生育するのも難しいので大量にカーボンを投入して発酵させます。(画像上)
まずは、TYPE-Siを畝に当たる部分に投入です。
その後、耕運機で軽く土とあえていきます。(画像中)
数センチの深さしかローターを土の中へ入れていませんが、土自体がやわらかいので足跡が深いです。
そして、TYPE-SoとTYPE-Kiを投入していきます。
そうしてブレンドされた土は、適度に水分を含み手に握ってもパラパラと壊れていきます。(画像下)
気温も低くなり地温自体も下がってきたので、もっとカーボンを投入しないと発酵しないかもしれません。
明日は、さらにカーボンを投入して土壌の発酵状態を観察しようと思います。

人気ブログランキングへ
 ┗ うまく発酵してくれれば、一週間後には畑一面に菌が繁殖しているはずです。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。


101014_151051_convert_20101014215605.jpg

101014_152641_convert_20101014215619.jpg

101014_172150_convert_20101014215638.jpg

昨年との比較

本日は、モグラ対策から始めました。
これまで黙認していたのですが、せっかく生長した野菜がモグラでやられるのは非常に頭にきます。
これ以上、ストレスをためるわけにはいきません。
ソーラー充電して数秒間隔で電子音が響きます。(画像上)
イノシシ対策でお金を使いすぎて、金銭感覚が麻痺していますので、これまで我慢していた設備を惜しみなく投入する日々が続いています。
カード決済しているので、数ヵ月後の請求書が怖いです。
その後は、ひたすら土作りに専念しました。
お昼は畑でご飯です。
ボクは毎日、おにぎりをもって出かけますが、今週は母が来ているので母に作ってもらっています。
会社に勤めているときから自分でお弁当を作って持って行ってます。
たくさん給料をもらっていても贅沢はしていなかったので、農家と同じ生活レベルになってもそれほど苦ではありません。
よくニュースなどのインタビューで節約と会社員や主婦が発言しますが、お昼のランチやコンビニの弁当をやめたらどうでしょう...
浮いたお金で新鮮な野菜はたくさん買えると思います。
健康にもいいです。
現代人は楽ばかりを考えて、お金を使うべきモノを間違っていると思います。
たとえば毎日500円ほどのランチや弁当をやめると週に2500円浮きます。
2500円もあればボクのお店では、いろんな野菜が買えます。
その野菜で週末は、豪華なすき焼きを食べることができます。
鍋モノも豪華になります。
たかが野菜ですが、かなり違います。
そのような食事をしていると中途半端な飲食店にお金を出すのが馬鹿らしくなります。
さて、8月10日に種を蒔いたトレヴィーゾ2は、長さ50cm程度にまで生長しました。(画像中)
茎も赤く色づいて、そろそろ巻いていくかと思います。
同じ日に種を蒔いたヴァリエガータも赤い斑点が出てきて、色気づいてきました。(画像下)
昨年より確実に生長がいいです。
もう7年以上は肥料を入れていないので昨年よりも生長がいいということは、微生物による養分供給の仕組みができてきた証拠かと。
ちなみに肥料成分が土壌に残っている畑では、無肥料栽培を始めると肥料が抜けきるまで年々、生長が悪くなっていきます。
そして微生物にエサを与えることを怠れば、何も畑で育たなくなり最悪の状態となります。
無肥料栽培をかっこいいと思うのか最近、始める農家もいますがルーズな性格だと継続できないと思います。

人気ブログランキングへ
 ┗ 微生物にエサを与える作業は単純ですが、時間も体力も費やします。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。


101013_150549_convert_20101013204251.jpg

101013_150436_convert_20101013204239.jpg

101013_143947_convert_20101013204225.jpg

定植作業

どうも、おとといあたりから体調が下降ぎみです。
とても体がだるくて少々息苦しい日々が続いています。
イノシシの被害に合って10日がたちますが、毎日のように足跡を発見しては悩まされています。
ストレスも相当溜まっているかと...
一般に農業というのは、耕して種を蒔いて肥料をあげておけば簡単にできるものと思われがちですが、それほど単純ではありません。
家庭菜園をやっているからといっても規模が違います。
規模が違うと管理や手間も天と地の差があります。
一度、普段買っている野菜の値段で今の年収を得るためには、どのくらいの量を栽培してどのくらいの栽培面積を管理し何ヶ月必要か計算してみるとよいでしょう。
さて、今日はお昼すぎから目眩もして危機感を感じてきたので軽めの作業のみ行いました。
とりあえずは、苗床で大きくなったスティックセニョールの定植です。(画像上)
昨年の今の時期と比べるとかなり大きくて生長も早いです。
定植の際に昨年だとスコップで穴を掘っていましたが、今では土が軟らかいので軽く手で掘ることができます。
土がここまで仕上がるとうれしいものです。
定植した畝は、これまでオクラを植えていた畝にしました。(画像中)
この畝は、イノシシの被害にあっていなかったので、カーボンを投入してからの定植です。
両隣の畝は、9月に種を蒔いたのですが両方ともに被害にあってそのまま放置状態です。
それから昨日、アップし忘れた農家さんの畑です。(画像下)
ネギを収穫して、宅配便に入れました。
まだ霜が降りていないので、それほど甘みはないのですが今だとすき焼きがオススメです。

人気ブログランキングへ
 ┗ 被害にあったショックが大きすぎて胃炎を発症してしまいました。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。


101012_170650_convert_20101012211605.jpg

101012_170922_convert_20101012211620.jpg

101011_100429_convert_20101012211549.jpg

オリジナル栽培

今日の作業は畝の草刈です。
まだ、種を蒔いていない畝がかなりありますので、夏草を刈ってカーボンを投入していきます。
ただ、気になることがあります。
畑に到着するとあちらこちらに動物の足跡がついています。
畑は荒らされていないものの、嫌な予感です。
足跡からしてイノシシです。
電柵の電気は正常に流れているようです。
本日も誤って触ったので、身をもって確認しました。
ということは、電柵を飛び越えている可能性が考えられます。
現在、2本の電線を並行して引いているので、明日中に3本に増加しようと思います。
なかなか気が休まりませんし、本来の仕事が全くできません。
さて、試験的に栽培しているガン予防に効果的な野菜は、計算どおり生長しています。
種を蒔いたのが先週金曜日の夕方。
種を全体にパラパラと蒔いて、薄く籾殻を敷いただけです。
土は、各種カーボンを大量にブレンドして発酵させています。
運がよければ、今週末には出荷できそうです。
ボクも食べたことがありません。
通常は、室内で水耕栽培される野菜ですが、ボクの理論では露地で栽培することで、この野菜がもつ機能を最大限に引き出すことができると考えています。

人気ブログランキングへ
 ┗ 常識外れの栽培方法ですが、何事もやってみなければわかりません。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。


101011_144937_convert_20101011203926.jpg

移転の候補

今日はお店をお休みしましたが、いろいろと行くところがあったので結局のところ、ゆっくりはできなかった感じです。
現在、お店は改装途中のままで営業を続けています。
そろそろ、移転を検討しているからです。
今の場所で食や農業を理解しようとする住民はそれほど多いようには感じません。
だから、安さだけが売りの大型スーパーが次から次へとできるのだと思っています。
しかも最近は特にお店の前にバイクや自転車を無断で止められていて、お店に行くたびにストレスがたまります。
そこで、以前からずっと目をつけていた店舗は苦楽園口から徒歩圏内になり、大通りに面しているマンションの1階となります。
周辺住宅地は、お偉い方々が住まわれています。
だからといって、食や農業に関心があるとは限りませんが...
もっと気持ちよく仕事をするには、このあたりかなあと。
いずれにせよ資金難のため、ITの仕事の契約金次第で決めたいと思います。
本音としては、できれば今年中に移転したい気持ちでいっぱいです。
さて、今宵は久しぶりに夙川沿いを散歩しました。
空気が澄んで、川の音が心地いいです。
星も綺麗でした。
毎日のように畑にて一人で作業をしているときは、いろんなことを考えています。
農業を始めて考えるようになったのは今の世の中、あたかも人間中心のように考えがちですが、人間は自然の一部にすぎないということです。
なので、自然に逆らえば必ずしっぺ返しをくらいます。
自然は偉大であり、人間が太刀打ちできないことを十分に認識しなければなりません。
すると自然と野菜の作り方がわかってきます。
これまでの農業は、結果(過去)から野菜の作り方を考えてきました。
その結果、農薬や肥料など次々と開発され、より複雑な農業となってしまったような気がします。
そして、いまだに害虫とのいたちごっこです。
ボクは逆に自然(未来)から現在を見つめ今の畑の状態を把握して、自然の状態に近づけるように土つくりだけに専念しています。
そうすると農薬も肥料も必要なく、簡単に野菜ができるようになりつつあります。
農業は本来、もっと簡単な職業だと思っています。
適当に種を蒔けば何でもできるような...
野菜の種の価格は、カブラだと安いもので1粒に換算すると0.01円程度。
1個が100円で売れれば、1円の投資で1万円の儲け。
仮に10個中1個しか売り物のならなかったとしても、1円の投資で千円の利益です。
1万円投資すると利益が1000万円にもなります。
そんなにうまくいくわけないのですが、このように考えると農業の未来も明るく見えてきます。
ちなみに種を自家採取すると投資金は不要となります。

人気ブログランキングへ
 ┗ 明るい未来を目指して、明日も休日ですが土つくりに専念します。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。


101010_122553_convert_20101010204006.jpg

今後の予定

昨日は大雨の中、当店までお越しいただき、ありがとうございました。
ただいまの時刻は、2:00。
お店が終わって帰宅すると寝てしまったので、ブログの更新が日をまたいでしまいました。
金曜日の種蒔きが相当こたえたようで、土曜日の朝は目は覚めるものの起き上がれませんでした。
農家さんやお客さんに励まされ、なんとか一日を乗り切れることができました。
今回、種を蒔いた野菜は葉ものが中心で、ニンジン、大根、かぶらといった根菜類が非常に少なかったのに気づきました。
すぐに種の手配をして、なんとしても今週中にすべての種蒔きを終わらせたいと思います。
その後は、ひたすら来年春まで土作りに専念して畑全体を発酵状態に仕上げます。
といっても毎日、作業する必要もないためIT業界に戻り相談役や講師をして資金を貯める予定です。
本日は雨の後で畑仕事もできないので、ゆっくりとしたいものです。

人気ブログランキングへ
 ┗ 電柵システムが正常に機能しているか、毎日心配でなりません。
    みなさんの心ある1クリック/日が、本日の活力となります。

おしながき廃止

本日は営業しておりますが、おしながきは廃止しました。
最近、真似ばかりする販売者や生産者が多いもので...
開業4年目から野菜のラインナップを大きく変更する予定です。
おしながきの内容は、メール配信のみとします。
メールの登録は、当店を活用されている方のみとなります。
それ以外の方には、必要のない内容と考えています。

種蒔き三昧

今日は、朝から晩まで種蒔きです。
ひたすら黙々と...
食事もとらずに指先だけのコントロールで種を均等に蒔きます。
種蒔きも誰にも教わっていませんが、手馴れたものです。
親指と人差し指で種をはさんでひねりながら種をまくのですが、それに腕を移動する早さもあわせて間隔を調整します。
種によっては、種を落とす深さまで調整します。
種蒔きも奥が深いものです。
最近では播種機を使って種蒔きをする農家が多いので、本当の種蒔きのやり方を知らなかったりもします。
一日中、種蒔きをしていましたが、それでもまだまだ時間がかかりそうです。
立ったり座ったりの繰り返しで、相当疲れました。
それにしてもイノシシに荒らされた後の畑の土は、どうもコンディションが悪いです。
雨の後に畑を荒らされたので、サラサラで細かい土だったものが石ころのように大きく固まっています。
本当にこれで芽が出るのか心配です。
あまり期待ができません。
たとえ芽がでたとしても土の層を掘り起こされて、土の階層がムチャクチャになっているので養分をうまく吸収できずに生育が悪いようにも思えます。
考えるだけでイノシシには頭にきます。
一方、新しい実験も開始しています。
ガン予防に強力な野菜を露地で栽培しようとしています。(画像)
おそらく誰もこの野菜を露地栽培して販売している人間はいないはずです。
来週くらいには、結果が見えそうです。

人気ブログランキングへ
 ┗ 今の畑の状態を見るたびにヤル気が薄れてきています。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。


101008_163258_convert_20101008195650.jpg

野菜の生命力

このところ、想定外のことばかりで1st Stageは手付かずです。
雑草もかなり伸びきっています。(画像上)
こちらは、玉ねぎとニンニク専用の畑なので、少しずつ草刈を始めました。
草刈のあと、カーボンを投入してから苗の植え付けとなります。
本日、草刈をしていると野菜らしきものがちらほらと...
この夏は雨不足ですべて枯れたと思い込んだニンジンが生長していました。(画像中)
一箇所ではなく、種を蒔いた畝全体にできています。
種が昔からの伝統種のせいか、自分たちの力で育つことができるのを目の当たりにしました。
同時に何もしなくても成長できる養分を土が蓄えていることも確認できました。
すべてが確実にいい方向へ進んでいます。
久しぶりにうれしい気分になりました。
他には、ルッコラもできていました。(画像下)
大きさから真夏に生長したかと思われます。
害虫も多い時期なのに虫食いもありません。
やはり、自然環境の中で育てたほうがよさそうです。
このあたりは、春に花を咲かせたルッコラの種が落ちたのだと思われます。
少し味見をしてみると、始めは何も感じないのですが、5秒を過ぎたあとくらいに口の中で線香花火が点火して、その後にバズーカ砲でも打ち込まれたイメージでした。
その辺で売られているルッコラとは、全く別物です。
このルッコラは、まだ少量しかできていません。
すでにご予約も入っておりますので、機会があればお試しください。

人気ブログランキングへ
 ┗ このような環境で育った野菜を食べることができるなんて幸せです。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。


101007_165655_convert_20101007211708.jpg

101007_165710_convert_20101007211725.jpg

101007_165554_convert_20101007211649.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。