自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宅配の練習

今日は、カーボンを畝間に投入するのみの作業でした。(画像上)
現在は、主に4つのカーボンをサンドイッチ風に交互に投入していきます。
2tダンプいっぱいに積んだカーボンを粉々にして全てを畑に投入するのに3時間ほどかかります。
かなり作業が早くなってきました。
近く、運搬機を購入する予定なので、さらに効率がアップするかと思います。
さて、このところになって色んなレタスが生長してきました。(画像中)
ところどころに白っぽいカーボンが降りかかっていますが、全然気にしなくて大丈夫です。
今年になって気づいたのは、ボクの栽培は初めは生長に時間がかかりますが、中盤になって生長が早まるようです。
それから相変わらず、新しいスタイルの宅配(FIELD STAGE)のセットアップを練習しています。(画像下)
画像は途中経過のもので、この2倍ほどの量で30種類以上の野菜を詰めて配達しました。
かなりの量だと思います。
宅配のネーミングは世の中に出回っている、なんとか宅配とかなんとかボックスといった名前はつけたくないという思いがありました。
ボクの畑(FIELD)の土壌(STAGE)を宅配の中で演出する意味で名づけました。
今日もご注文を受けていたのですが、箱を開けたときの見栄えや冷蔵庫への保存も考えて箱のサイズを考える必要があることに気づきました。
収穫には1時間以上かかりますので、多くの方に対応できない課題もあります。
そろそろニンジンもカブもできてきましたので、お届けまでもうしばらくお待ちください。
今年のニンジンも透明度の高い薄いオレンジ色で、生で食べるとニンジン臭さもないフルーツに仕上がりました。

101130_134047_convert_20101130195855.jpg

101130_134112_convert_20101130195912.jpg

101130_144117_convert_20101130195954.jpg
スポンサーサイト

新ブランド

今日は一日中、カーボンの運送をしていました。
途中、一度の走ったことのない道を通って丹波方面へ向かってみました。
とてものんびりとできる光景です。(画像上)
車もほとんど通らないので、静かです。
そこから山道へ入ると落ち葉がたくさんところを見つけました。(画像中)
昨年の今頃は、毎日のように落ち葉を拾っていたものです。
今年は拾う予定ではなかったのですが、落ち葉を触っているとその下にある土のコンディションがとてもよかったので、また時間を調整して落ち葉拾いをしようと思います。
畑一面を落ち葉で覆うつもりです。
さて、先週末からお待ちかねのとろける水菜を販売開始しましたが、ボクの畑はイノシシに荒らされたので現在はこのような感じです。(画像下)
大きくなるには、まだまだ時間がかかりそうです。
また、新しいスタイルの宅配は以下のとおり検討中です。
トヨタがレクサスブランドを立ち上げたように、ボクが栽培している野菜は店頭販売している野菜とは別ものです。
農業や安全性を十分に理解して、野菜が大好きな方のみに販売します。
単に野菜が好きなだけでは、高いと感じる値段設定です。
逆に農業を十分に理解している方には、確実に安いはずです。
ヴィトンのバッグと同じです。
ヴィトンの製法や品質などを十分に納得して買う方は、値段に納得するかと思いますが、背伸びしてカッコだけで買う方には高いはずです。
ただ、ブランド品とボクの野菜の違いは、ブランド品は見栄で買う人間がいますが、ボクの野菜は見栄で買う人間はいないという点です。
現在は、試験運用中なので格安にてご提供しております。
しばらく、試行錯誤しながら構成と価格を最終決定したいと思っています。

・FIELD STAGE Platinum
 ┗ 4,980yen

・FIELD STAGE Gold
 ┗ 3,980yen

・FIELD STAGE Silver
 ┗ 2,480yen

101129_125144_convert_20101129201854.jpg

101129_125734_convert_20101129201908.jpg

101129_151852_convert_20101129201922.jpg

宅配のスタイル

本日も寒い中、当店まで足を運んでいただき、ありがとうございました。
最近では、効率を考えて日曜日の営業時間を短縮しております。
今後は、試行錯誤しながら日曜日の営業スタイルをどのようにするかを検討しようかと思っています。
平日の営業も考えておりましたが、お店の立地条件からして平日は宅配オンリーのほうが無駄な時間を過ごさないですむかと。
このところ、少しずつボクの野菜を宅配開始しています。
これまでいろんな方が宅配をされていますが、中身の構成や考え方はどれも同じです。
ボクは、これまでの概念とは違った中身で構成しようとしています。
誰にも真似できないオリジナルのスタイルを目指します。
ネーミングも野菜を入れるボックスも全て検討中です。
価格は、当店で販売しているベビーリーフと同等かそれ以下に抑えることを目標としています。
今のところ、店頭販売は考えておりません。
完全受注で他の野菜と差別化します。
これまで運用試験で30種類は対応できましたが、目標は50種類まで対応できたらと思っています。
ようやく、ボクの未来像が見えてきました。

冷静な判断

本日は寒い中、当店までお越しいただき、ありがとうございました。
ようやく、中型のフリーザーを買うことができましたので、来週から冷凍食品を販売することができます。
お店のレイアウトも少々変更しなければならないので、来週もまたバタバタしそうです。
今週末は、エコポイントの半減間近の駆け込み客で家電販売店は混雑しているようですが、ボクは不思議に思えます。
たとえば、現在使用しているテレビが壊れていて買い替えが必要な方は別ですが、そうでなければ急ぐ必要はないかと思います。
地デジへの完全移行までは、まだ半年あります。
家電は基本的に年に4回モデルチェンジします。
今は最新モデルでも半年後には古いモデルとなります。
半年後にはエコポイントが半減する以上に格安で新古品として手に入ります。
また、駆け込み需要後には売上げは落ちるので値引き合戦で商品を売ろうとしますので、最新モデルでも安く手に入ります。
ボクは、アナログテレビに数千円の格安地デジチューナーをつけています。
地デジへの完全移行後でもテレビは見ることができます。
無駄なお金は使いたくなので、タイミングをみて買い換えようと思います。

畑の整理整頓

このところ、土つくりばかりに専念していたので畑の整理整頓ができていませんでした。
ちらかっているのが嫌いな性格なので、毎日のように気になっていました。
少しは作業に余裕がでてきましたし、畑にお越しになられるお客さんも多くなったので気合をいれて整理することにしました。
まずは、不織布です。(画像上)
昨年、防虫ネットとしても使用していたものです。
今年から防虫ネットは全くしなくなったので不要となりました。
とりあえずは草の上に敷いて雨で汚れが流れ落ちた後に収納しようかと思います。
もしかしたら、霜除けとして出番がくるかもしれません。
それから、評判のいい折菜です。(画像中)
たくさんできています。
肥料なしでも沢山できます。
アブラナ科でも防虫ネットなしで綺麗にできます。
農家は口をそろえてアブラナ科の野菜は虫に狙われやすいといいます。
いろんな雑誌にも同じように書かれています。
そして、自分が栽培して害虫被害にあうとアブラナ科だから仕方ないと思う人間がほとんどです。
害虫被害に合わないように防虫ネットや農薬などの方向へ進むわけです。
一生、害虫とつきあうことになります。
勉強をしないとこのような苦労する人生が待っています。
こんなことをボクが言うと必ず反論されます。
折菜は害虫が好まない野菜なんだろうと...
農業経験が1年半と短いと絶対に認めようとしません。
困ったものです。
では、アブラナ科の小松菜はどうでしょう。(画像下)
こちらも防虫ネットはしていません。
虫食いはありません。
もちろん、無農薬です。
木酢や竹作液などといったものも一切使っていません。
次は、どんな反論をするのか楽しみです。
これらの野菜は本日、芦屋のフードヴァンさんに納品しましたのでリクエストして食べてみてください。

101126_141038_convert_20101126185516.jpg

101126_143211_convert_20101126185531.jpg

101126_143415_convert_20101126185546.jpg

ホコリまみれ

どうも2,3日前から喉が痛くて熱も少々...
それでも畑仕事をしていたので、なかなか体調が回復しません。
本日は、閉め切られた工場の中に入ってカーボンを袋詰めしていました。
カーボンを袋に詰める際にホコリが飛び交うので、さらに喉をやられてしまいました。
途中からマスクを購入して装着したのですが、遅かったようです。
目もショボショボ状態で、目薬も役に立ちません。
今、がんばらなければ来年の栽培に影響がでます。
寒い季節に菌を畑に繁殖させて微生物も増加させたいと思っています。
来年こそは、なにがなんでも100%完璧な野菜をつくりたい気持ちでいっぱいなので...
もう見えてきましたので、不可能ではありません。
なんだか、農業はダイエットと似ているところがあります。
毎年のように夏前になるとダイエットと言い出す人間は、いつまでたっても何一つ成果をあげることができません。
農業も作付け前になって肥料を入れたらいいと思っている農家は、いつまでたっても即席の土作りで土壌のコンディションはよくなりません。
どちらも日ごろの積み重ねが大切です。

秘密の宅配

近頃、少しずつボクの野菜を宅配しております。
そろそろ、カブラをデビューさせますが、とろけるくらいにやわらかいです。
包丁を入れた瞬間に違いがわかります。
また、野菜のレシピについて質問されますので、簡単に書いておきます。
まず、センツァテスタや津田かぶの葉は、めんつゆとの相性が良いかと思います。
はじめにベーコンとニンニクをオリーブオイルで炒めます。
刻んだセンツァテスタなどを入れて、めんつゆをベースにお酒、みりん、砂糖などでお好みの味に調整してみてください。
できあがったら、すりゴマをたっぷりとかけるとご飯がすすみます。
折菜は、おひたしが無難です。
ポン酢とわさびで味付けするとおもしろいです。
小さいものだとサラダでもおいしいです。
それから、必殺の20種類以上のサラダセットは、バーニャカウダベースのホットソースをかけて召し上がるとよいでしょう。
普通に販売されているサラダだと今の季節は体を冷やすのでよくありません。
体を冷やさない野菜を組み合わせていますので、ご安心ください。

ブラックカーボン

今朝方、自然栽培のやり方について家庭菜園をされている方からアドバイスの依頼をいただいていたので、畑には11:00に到着しました。
自然栽培を始めても害虫被害は変わらないようです。
ボロボロです。
ボクに言わせれば、はじめから何でもうまくいくわけがありません。
まずは、土壌に含まれている残留肥料や農薬を浄化しなければなりません。
でなければ、微生物も増えずに養分を供給される環境ができないからです。
目先、2~3年はかかります。
農薬や肥料をやめて、すぐに無農薬、無肥料でできた野菜は自然栽培された野菜ではありません。
土壌に残っていた肥料成分で生長した野菜です。
味は、全く違います。
農家は勉強しない人間や頭の悪い人間が多いので、あまり鵜呑みにしないほうがいいです。
賢そうな顔をしていたり、人間のよさそうな顔をしていても騙されないように!
なので当然ながら、ボクの言うことも一応疑ってください。
さて本日は、5つ目のスペシャルな畝つくりです。
昨日、到着したカーボンを始めて投入してみました。(画像上)
下手すると野菜が育たない可能性があるので、安全マージンを大きく保っての投入です。
投入した後は、匂いで判断します。
これまでにない森林にもっとも近い匂いがしてきました。
おもいっきり期待しています。
また、はじめにつくったスペシャルな畝では、バイオレットラディッシュが気持ちよさそうな表情をしていました。(画像中)
換気用の穴は空いているもののトンネル栽培しているので、外気温よりも温度も高いからでしょう。
そして、通常の畝で栽培している天王寺カブも根の部分がカブらしくなってきました。(画像下)
とにかく、葉っぱの色がきれいです。
葉脈もいい感じです。
これが自然栽培された本物の野菜です。
機会があれば、自信満々の有機栽培農家の野菜と比べてみると違いがわかると思います。
ちなみにボクもプライドをもって自然栽培しています。

101124_131919_convert_20101124184147.jpg

101124_140933_convert_20101124184202.jpg

101124_154901_convert_20101124184218.jpg

カーボンの到着

昨日雨量が多かったので、今日は畑に入るのをやめました。
明日はポカポカ陽気みたいなので、今日はITの仕事に専念することにしました。
朝から最新の技術情報を得ながら開発を進めていましたが、技術の進歩はとにかく早く知らないことが多すぎます。
少々、ショックを受けました。
あれこれと勉強をしながら仕事を進めていると、あっという間に夕方になってしまいました。
それでも少しはのんびりと過ごせたほうです。
コーヒーを飲みながらのんびりと...
そして、ようやく東北のほうから畑の浄化として使用するカーボンが届きました。
4袋で約60kgです。
明日から畑に投入していきますが様子を見ながら随時、東北の農家さんから送っていただく予定です。
来年の栽培は、このカーボンの効き目次第で天国か地獄かの結果が待っています。
投入量を間違えれば、野菜への養分供給が非常に危険なカーボンです。

101123_153428_convert_20101123204005.jpg

未来の農家

今日は朝から京都へITの仕事です。
サラリーマンと同じ時間帯に電車へ乗り込みました。
なんだか懐かしくも思います。
でもすぐにストレスを感じ始めました。
車内にはいろんな人間がいます。
ボクは、特にクチャクチャと音を言わせながらガムを噛んでいるオヤジが嫌いです。
下品で耳ざわりです。
会社の一室を借りて作業をしましたが、周辺の社員はペチャクチャと無駄話をしながらダラダラと作業をしています。
結果を出さなくても給料がもらえるのだから仕方ないです。
ボクは委託で作業をしているので、期間内に結果を出さなければお金をいただくことはできません。
さっさと終わらせて夕方前に会社を出ました。
しばらくは会社でなく、自宅での作業となります。
さて、本日は帰宅途中に北海道の農家さんとお会いしました。
久しぶりに若くてバイタリティのある農家さんとお話できてヤル気が倍増したところです。
今の現実は、新規就農の若い農家といっても雑誌やテレビで紹介されているほど、がんばっている農家はいません。
本当です。
たとえ本人が頑張っているつもりでも、ボクからしてみれば笑えるレベルです。
口先だけです。
これからは、農家が栽培した野菜を自ら紹介して販売する時代です。
営業力も問われます。
農家の野菜を買って販売するビジネススタイルは、ママゴトにすぎません。
また、農家を甘やかせることにもなります。
いつまで経っても農家が成長できない理由のひとつです。
農家に代わって野菜を紹介するなんて、大きなお世話だと思います。
農家が栽培した野菜は、栽培した農家が一番正確に伝えることができますので。
消費者も第三者からではなく、農家から話を聞いて野菜を買いたいはずです。
農業経験のない第三者は不要です。

本日の営業

本日は、裏六甲へ行く気力がないのでお店に届いている野菜を投売りします。
セット販売する野菜は、かなり値引きしておりますので原価以下でのご提供となります。
12:00~13:00にお店にいる予定です。
ベビーリーフはたっぷりとサンドイッチに挟んでに食べてみてください。
アンディーブはベビーリーフと一緒にお皿に盛る以外に、ボクは贅沢にもすき焼きや鍋に入れて食べています。
白菜とは違った食感で、なかなかおもしろいものです。

臨時休業

今朝方、急に立ちくらみがして畑で倒れてしまいました。
その後、嘔吐と頭痛、肩凝りや腹痛がひどいです。
運転もできず、自宅へ戻ることができない状況です。
今日の営業はお休みさせていただきます。
明日は、体調次第となります。

氷点下の朝

今朝の畑の気温は氷点下。
猛烈に寒かったです。
畑は凍りついていました。
そろそろ朝採れができなくなってきました。
霜が溶けるのに最短でも9:00まで待たなければなりません。
それから収穫して農家さんを回っているとお昼を回ってしまいます。
よほど日当たりがよくないと難しいので、基本的には前日の夕方に収穫することになります。
本日は、農家さんを回ってお昼からボクの野菜を収穫しました。
まずは、先週以上にバージョンアップしたミニ野菜セットです。(画像上)
今回は、20種類の野菜が含まれています。
種を蒔いて1ヶ月半ですが、かなりのスピードで生長しています。
今後、天災などの被害にあっても1ヶ月半ほどすれば収入を得る体制が整うということにもなります。
しかしながら、害虫被害はないのですが、最近は多くの小鳥が畑にやってきては野菜をつまんでいます。
カラスは少ないのですが、困ったものです。
また、春に種蒔きしたベローナ・パラも出荷可能となりました。(画像中)
葉っぱを一枚ちぎって、それをお皿としていろんなミニ野菜をのせると女性に喜ばれるかと思います。
ベローナ・パラでミニ野菜を包んでから軽く蒸して、バーニャカウダソースで食べるのもよいかと。
こちらは若い料理人の勉強のためにもACQUA in BOCCAさんにご提供しました。
それから農家さんに種を提供して栽培していただいた花ニラです。(画像下)
普通のニラとは違って、葉っぱは立体的で肉厚です。
花が咲いて種も出てきたので、沢山いただいてきました。
ボクの畑にも沢山、種を蒔こうと思います。
明日の朝は、それほど寒くないようなので収穫できそうです。

101119_124241_convert_20101119194817.jpg

101119_123416_convert_20101119194727.jpg

101119_172315_convert_20101119194829.jpg

むかつく店員

どうも畑の天候は変化が激しいようです。
いつも丹波方面の雲行きを見ながら数分先の天候を予測しています。
今日は、お昼になると同時に大粒の雨が降り出して、作業を終えることにしました。
帰りには道路はビショ濡れです。
しかしながら峠を越えると路面は乾いています。
結局のところ、ボクの畑周辺のみ盆地になっているので雨が降りやすくなっていたようです。
帰宅してからは、久しぶりに時間に余裕ができたので洋服を買いに行ったのですが、どのお店へ行ってもやたらと店員が近寄ってきて離れないので嫌な気分になって帰りました。
このような店員が多いので服を買うのは、とてもストレスがたまります。
ちなみに畑での作業服はユニクロで買ったりもします。
農作業用の服で作業をすると暗いカラーばかりなので着るのをさけています。
でもユニクロの店員は誰に向かって、いらっしゃいませ!と言っているのかいつも疑問に思えます。
通常、お客へ向かって言うものです。
今の世の中、挨拶が口先ばかりで気持ちのこもっていない店が多すぎます。
結局のところ、金を儲けることしか眼中になく本気で感謝の気持ちはない証拠です。
せっかく、時間に余裕ができたのに気分の悪い時間を過ごしてしまいました。
やはり、洋服は母の取引先で卸で買うのが落ち着きます。

101118_120321_convert_20101118195012.jpg

自然農法の野菜

昨日から全身筋肉痛です。
久しぶりです。
1st Stageは自然栽培ではなく、昔ながらの自然農法で栽培することにしました。
効率と収益が悪いため、どちらかというと趣味や実験が目的の畑となります。
どちらの栽培方法も無農薬・無肥料・無防除で行います。
自然の力で野菜を育てるので微生物を活性化させるのは同じですが、微生物を増やす手段や種蒔きの方法が異なります。
今日は、ご注文を受けていた玉ねぎの苗を1000本近く定植しました。
ビニールシートを土にかぶせるようなマルチはしません。
土の中に空気を送って微生物を活性化させるためです。
また、雑草も玉ねぎの生長を手助けしてくれますので。
なので、ボクの栽培する玉ねぎの味は一般や有機の玉ねぎとは明らかに違います。
その後は、スナックえんどうの種蒔きをしました。(画像上)
種を蒔く箇所のみ雑草を刈り取って、種を蒔きます。
種を蒔いたあとは、乾燥を防ぐために刈り取った雑草を被せておきます。
水やりは一切しません。
全て手作業で地味な作業なので、かなり疲れます。
自然農法は収益や収量に関係なく、のんびりとやれる方向きかと。
でも、このような作業をしていると気持ちいいです。
さて、1st Stageでは野菜をのびのびと生長させていますので、ルッコラはこのような感じです。(画像中)
自然界と同じように種を上から落としただけで、後は何もしていません。
そして、夏前に種を蒔いたニンジンです。(画像下)
こちらも何一つ手入れはしていません。
今年の夏は雨がほとんど降りませんでしたが、それでもしっかりと生長しています。
これまで雑草に覆われていましたが今の時期になると雑草は自然と枯れていきます。
ニンジンのほうが寿命が長いので、雑草を刈らなくても自然とこのようになるわけです。
一見、雑草が覆い茂っていると野菜が雑草に負けたように思われがちですが、それは人間の一方的な見解にすぎません。
もっと野菜の生命力を信じてあげることが大切かと思います。

101117_161403_convert_20101117184026.jpg

101117_162749_convert_20101117184042.jpg

101117_162827_convert_20101117184058.jpg

丁寧な作業

今日は風が弱かったので、スペシャルな畝にビニールトンネルを張りました。
換気をよくするために穴空きです。
ひとつの畝幅は、約1.5m。
長さは約20mです。
これを一人でやるには、けっこう大変な作業となります。
経験がないと理解しづらいかと。
強風で吹き飛ばされないようにトンネル専用のロープで抑えます。
いろいろとお金がかかるものです。
なので、戦略的な野菜を栽培しているスペシャルな畝だけでしかしません。
このような作業で生産者の性格が見えたりもします。
綺麗にトンネルをつくったからといって、野菜がおいしくなるわけではないのですが、雑な性格だと支柱の間隔もバラバラで直線に並んでいなかったりもします。
そのような農家は、やはりそれなりの野菜しかつくれません。
これまで、いろんな農家を見てきてわかりました。
畑は無造作に見えても作業は丁寧でなければならないと。
スペシャルな畝は、年内にあと3つほど作りたいと思います。

101116_155427_convert_20101116190852.jpg

忙しい毎日

今日から一週間の始まりです。
昨夜は、よく眠りました。
たいてい、ブログの内容が少ない時は眠たくて寝ボケています。
毎日、疲れていますが心地よい疲れです。
ストレスによる疲れはありません。
いつも全力で作業をしています。
片手間で農業をしている人間とは一緒にしてほしくないものです。
今朝はお店のレイアウト変更のために壊れた冷凍庫を移動させながら寸法取りを行っていました。
年内に苦楽園へ移転する計画を立てていたのですが、店舗の契約に先を越されてしまったので中止となりました。
しばらくは、今のところで営業します。
その後はコラボレーションしている農家さん宅を訪問し玉ねぎやニラなどの苗をいただいてきました。
農家さんの畑ではムカゴや花ニラもできていたので、今夜の夕食となります。
今週末は、ニラとサラダホウレンソウをいただく予定です。
また、近くには籾殻を提供していただける会社があります。(画像上)
今年の冬は落ち葉ではなく、籾殻の運搬が中心となりそうです。
これもカーボンの一種です。
畑へ着くと久しぶりに1st Stageの整備にあたりました。(画像中)
畝となる部分の雑草を刈り取って通路にて土へ戻します。
畝は壊すことはせずに上から数種類のカーボンを投入して軽く土とあえていきます。
ただ、小雨が大雨に変わってビショ濡れになったので夕方手前で中断です。
明日、カーボンを投入して玉ねぎの苗を定植しようと思います。
あさってに雨が降りそうなので、明日は忙しくなりそうです。
さて、カルドンができました。(画像下)
これまで、どうもアクのとりかたや調理方法が、うまくいっていないので販売はしておりません。
今週中に料理してオススメできそうであれば、今週末に販売する予定です。

101115_124521_convert_20101115184618.jpg

101115_150156_convert_20101115184816.jpg

101115_145859_convert_20101115184645.jpg

暇な営業日

本日は天候の悪い中、当店まで足を運んでいただき、ありがとうございました。
今日は昨日が忙しかった反動もあり、暇な営業となりました。
こんな日は、さっさと切り上げることにします。
余った野菜は投げ売りしたり、アウトレット宅配にテンコ盛りに入れています。
いろんな場面で、お客さんに助けられているので損失も最大限に抑えることができ、非常に感謝しております。
また、明日から一週間がはじまります。
まだ見ぬ未来の野菜を作り上げるためにがんばります。

オススメ野菜

本日は黄砂の漂う中、当店までお越しいただき、ありがとうございました。
開店前は風邪で熱も上がって不安な気持ちでしたが、なんとか切り抜けることができました。
最近では霜も降りるようになったので、下仁田ネギやホウレンソウがオススメです。
常に気温の状態によって農家さんを切り替えています。
今夜は、絶対に下仁田ネギと天然ヒラタケを使ってすき焼きをしようと心に決めていたのですが、どちらも売り切れてしまい寂しい内容のすき焼きとなってしまいました。
さて、畑ではやさしい味のルッコラがようやくできてきました。
いろんな野菜が生長し始めていますので、10種類以上のミニ野菜でサラダセットをつくってみました。
いつもボクが自宅で食べているサラダとなります。
生ニラも入れてみました。
一見、セコいサラダセットのようにも見えますが、とても収穫に時間がかかります。
霜で指先は感覚がなくなりますし収穫が面倒なので、よほどの変態でない限り、このような販売はしないかと思います。
小さいながらも一つ一つに味がしっかりとしています。
軽く熱を通すかホットソースをかけて召し上がるとよいでしょう。

101113_074025_convert_20101113230520.jpg

101113_080328_convert_20101113230536.jpg

少々風邪ぎみ

昨日は寒い中、遅くまで畑作業をしていたせいか喉をやられたようです。
朝起きると、どうも熱っぽくて少々風邪気味で顔も赤いです。
早めに宅配を終えて自宅で静養することにしました。
そろそろ、秘密兵器のホワイトプチセロリを販売しようと思っています。
サラダでどうぞ!
ボクの栽培している野菜もちらほらと出荷できるものもあります。
カルドンやエンダイブなど順次販売予定です。
先月よりブログでおしながきを公開しなくなりましたので、どのような野菜を扱っているのか販売業者や農家はチェックできなくなったことでしょう。
いつも当店を活用していただいている方のみにメールでお伝えしている状況です。
開業4年目にして、これまで販売しなかった野菜も順次取り入れています。
そろそろリーチインの冷凍庫を導入予定しますので、これまで販売をストップしていた商品も再開する予定です。
野菜のほかにも他では食べることができない美味しい食材を順次ご提供して、毎日の食卓を楽しんでいただけるようにしたいと思っています。
また、来年三月まではITの仕事も自宅にて行うため時間に自由がきくので、新しいサービスも開始いたします。

運気上昇中!

今日から土作りをバージョンアップしています。
土壌の洗浄と微生物の増加を目的としたブラックカーボンを投入しています。(画像上)
これまでのカーボンと一緒に土と和えますが、これまでとは違い黒っぽい土壌に変化しました。
目で見えるものが全てではないので、必ず匂いをかいで土壌のコンディションを把握することにしています。
限りなく山林の土壌と同じ香りがするようになりました。
ブラックカーボンは買ったほうが効率がよいので、こればかりは投資しなければなりません。
目先、来春まではブラックカーボンへ経営資源を集中しようと思っています。
ただ、すでに宮崎県の会社がスポンサーとなってくれそうです。
なので、年末にでもボクの考えていることをプレゼンテーションする予定です。
さて、最近は何かと運気が上昇傾向にあるように感じます。
トンネル資材を買いにホームセンターへ行って種のコーナーに寄ってみると一袋400円以上もするパープルスティックやスノースティックなど珍しいニンジンの種が99円で投売りされていました。
種蒔きの時期としても遅いですし、変わったニンジンなんて年寄りは栽培しないので誰も買わないのでしょう。
すかさず、在庫のニンジンの種をすべて買い占めました。(画像中)
約80%OFFです。
ついてます!
早速、新しいバージョンの畝に蒔きました。
それから、今夜はできたばかりのエンダイブを持ち帰りました。
苦味は最大限に抑えています。
芦屋のワインバー・フードヴァンさんにも差し上げたので、もしかしたらシークレットメニューで食べることができるかもしれません。
本場のエンダイブは、歯ごたえもしっかりしています。
けっして日本のレタスのようにやわらかくはありません。
オリーブオイルで炒めながら塩コショウで味を整えるとおいしいです。
これにベーコンなどお肉類を加えるとよいでしょう。
おそらく、酢豚やオイスター系の炒め物に入れると相性がよいと思います。
少ししかありませんが、店頭販売します。

101111_135553_convert_20101111204625.jpg

101111_164944_convert_20101111204650.jpg

101111_191948_convert_20101111204705.jpg

自然界の謎解き

昨夜は、ITの仕事の打ち合わせでした。
来春までの仕事で自宅と会社をネットワークでつないで一人で行います。
まだ仮契約ですが、これで数百万円を稼げると思うとやっぱり農業という世界はきついです。
つい、自分の人生を棒にふるかもしれないのにこれでよいのだろうかと思ってしまいます。
自分と親族だけがおいしい野菜を食べて、他人のことまで考えることまでしなくてもよいのでは...と思ったりもします。
そのようなことを本気で思うとご先祖さまに怒られそうですが...
先祖代々、うちの家系は商売人で世のため人のためになる仕事をするように教育をうけていますので。
とりあえずはこれで赤字を埋めて、残ったお金で軽トラックや運搬車を買おうと思っています。
なんだか切り詰めていた生活が少しは楽になりそうで、とても気分が明るくなりました。
そして、毎日のように自然界の仕組みを微生物を中心に勉強していた結果、ようやくすべての謎が解けました。
ボクの畑はほとんど害虫被害はないのですが、それでも100%とは言えません。
なぜ部分的に被害にあうのかというと土壌の腐敗にありました。
腐敗化というものは起こりうるものです。
腐敗化した場合の対策をとっていなかったのが原因です。
そこで、腐敗した土壌を浄化する仕組みを作れば、限りなく100%に近く被害に害虫被害にあわなくなるはずです。
腐敗土壌を浄化するカーボンはすでに把握しているので、これからつくるスペシャルな畝から対応しようと思っています。
ということで、すでに4つ目のスペシャルな畝は準備に入っています。(画像上)
明日中に仕上げて種を蒔く予定です。
また、そろそろボクの野菜も販売開始できそうです。
東京べか菜も防虫ネットなしで綺麗にできています。
葉カブのセンツァテスタもいい感じです。(画像下)
葉を食べるカブですが、カブの葉と比べると味は全く違います。
葉は断然、センツァテスタのほうがおいしいです。
畑はとても寒くなってきましたが、明日も気合を入れてがんばろうと思います。

101110_160843_convert_20101110205355.jpg

101110_161022_convert_20101110205413.jpg

贅沢な野菜ジュース

昨夜は、1st Stageに6月くらいに種を蒔いた子安三寸ニンジンとこぼれ種でできたカブラを創作中華料理のぴーまんさんへもって行きました。
月曜日の夜というのにほとんど満席状態でした。
今回は週末に繊維を壊さない野菜ジュースの作り方をお聞きして、試飲するためです。
ニンジンの葉をすべて使うのですが、できればボクのニンジンの葉で作っていただきたいと思いました。
低速回転ですりつぶすように機械が動作します。
繊維のことまで考えて絞りだすところが、ママゴトレベルの野菜ソムリエとは違うところです。
野菜を前面に出してお店をアピールする飲食店も増えてきましたが、ほとんどすべてが単に使っているというレベル。
どのように野菜を調理すると体内で栄養素がどのように変化するかまでは考えていません。
たくさんの野菜を食べても調理の仕方では、せっかくの栄養素が台無しです。
よくメールなどで野菜ソムリエについてのご質問をいただきますが、見栄を張りたいなら数十万円かけて取得するといいと返答します。
本物の知識を得たいのならば、ボクの畑やお店に来て話をするだけで身につくと返答しています。
すると、ほとんどの方が見栄の道を歩みます。
畑などへ出向いて実際に体験して身につける道は、面倒で汚れるせいか絶対に避けて通ります。
これが現状です。
野菜ソムリエの何人が野菜を栽培したことがあるのでしょう...
各種媒体で野菜ソムリエが野菜を育てている記事があっても鵜呑みにしてはいけません。
一人でたった一坪の家庭菜園すら毎週、管理できている人間はほとんどいませんので。
普通に肥料や農薬を使った野菜つくりを知りたいのであれば、家庭菜園をされているお年寄りに直接習ったほうがマシです。
その中で、自然と野菜ソムリエ以上の野菜の知識は身についてきます。
ただ、その場合はこれまでと同じ肥料や農薬を使用した農業をすることになります。
さて、試飲した野菜ジュースですが、見た目は青汁です。
ニンジンの葉以外にターツァイなども入れているので濃いグリーンです。
あまり積極的に飲みたい気分にはなりません。
香りは青臭いです。
何度も匂っているとボクの畑に近い匂いを感じてきました。
味は、見た目からは想像できないくらいに口当たりが軽く、さわやかな飲み応えでした。
青リンゴやブドウのピオーネが活躍しているようでした。
一気に約500mlを飲み干しましたが、お腹いっぱいになります。
これ一杯でお腹いっぱいになるので、なかなかお店のメニューとしては出せませんが、病人や介護など沢山の量が食べられない環境で栄養を十分に補給したい方や綺麗な肌の細胞を作りたい方にはオススメです。

批判される農業

昨夜はゆっくりと休んだつもりでしたが、今朝起きると体がつらかったです。
なかなか疲れがとれません。
なので、畑には午後から行ってきました。
まずは、週末にいただいたワケギを植えつけました。(画像上)
昨年は土壌の養分不足のせいか、思い通りに生長しませんでした。
今回は大丈夫かと思います。
また、1ヶ月前に種を蒔いたアトラスホウレンソウが10cm以上までに生長しました。(画像中)
種を蒔く間隔を誤って10cmとしてしまいました。
他のホウレンソウは5cm間隔にしています。
ちょっと贅沢ですが、このサイズでの生サラダはとてもおいしいです。
それから、生長スピードが早いのはあぶら菜の折菜です。(画像下)
小松菜の仲間みたいなものです。
防虫ネットなどの防除なしでもこの通り綺麗にできます。
肥料を入れなくても耕さなくてもきちんと育ちます。
何をもって肥料や石灰をまくのか理解できません。
そして、そのような農家の言うことを100%信じて家庭菜園をしている方も気の毒です。
ボクの農業は、今でも多くの農家に批判されます。
なぜ批判するのかワケがわかりません。
なにかとケチをつけられます。
今日も農作業をしている農家はそれほど見かけませんでした。
農業は片手間でできるほど甘くはありません。
今の時期は、それなりに忙しいものです。

101108_135411_convert_20101108221452.jpg

101108_162646_convert_20101108221516.jpg

101108_162921_convert_20101108221539.jpg

来年の目標

本日は、お出かけ日和にかかわらず当店まで足を運んでいただき、ありがとうございました。
11:00から慌ててオープンしてから、実質1時間ほどで終了しました。
あまりダラダラとお店を開けていても非効率なので、少し多めにあまった野菜は宅配セットに入れることにしました。
というのも今朝から微生物の勉強をしていて、早く帰宅して続きの勉強をしたかったからです。
なんとも自分勝手です。
来年の栽培は、すでにスタートしており、今から土作りをしなければなりません。
これからの冬の時期が、菌が繁殖するので怠けている場合ではありません。
もっと虫に食べられない完璧な野菜作りを目指します。
なんとか来年の目標も見えてきました。
すべては、これからです。
来年、農業三年目の年こそ、勝負の年にしたいものです。
野菜を売り込みに行くお店も絞り込みました。
ボクのつくる野菜の価値を十分に理解していただき、どこにも負けたくないレストランに売り込みます。

本当の真実

昨日、販売した生落花生です。
メール配信しているおしながきに書き忘れてしまいました。
いつも思い出しながら、おしながきに販売する野菜をリストアップしているので書き忘れる野菜も多々ありますので、ご了承願います。
他には、筋なしのやわらかいインゲンも書き忘れてしまいました。
生落花生は、枝豆と同じように塩茹でしてから食べます。
今回、中身の豆が黒いブラックピーナッツを栽培しようと思っていたのですが忘れてしまいました。
来年、チャレンジしたいと思っています。
生落花生も枝豆同様に食べだしたら止まりません。
ビールが合うようにも思えませんし、ワインが合うようにも思えません。
お茶がいいのかもしれません。
最近、ボクはほとんどお酒を飲まなくなりました。
お酒を控えることで、野菜の味を正当評価するためです。
お酒の刺激は、舌にマイナスに働く可能性もあります。
野菜の旨みを出すために野菜に熱を通して、野菜嫌いな子供に野菜を食べてもらって満足気な顔するする人間がいますが、ボクはあくまでも生にこだわります。
生でそのまま食べてもおしく食べることができる野菜をつくります。
また、無農薬や無添加を前面に出して販売する業者もいます。
そして、その言葉だけに動かされて買う消費者もいます。
どちらも自分の舌では判断できない人間です。
思い込みはひどいもので、あたかもその道の達人かのようにブログや雑誌のコメントに偉そうなことを書いています。
そして、その内容を鵜呑みにした人間があちらこちらで自慢気にコメントします。
無農薬でも肥料による害や無添加表記されていても裏のある無添加商品も多々あります。
ボクは農薬をつかって栽培する気は一切ありませんが、農薬というカテゴリに属しているものを使用しても有機野菜より安全な野菜もあります。
農家や販売者、コメントを信頼できるかどうかは、その人間の食生活を知ることが手っ取り早いと思います。
現実には難しいでしょうが...
ボクの知る限りは、とにかくひどいです。
使っている調味料やダシの元など...
ホームページや雑誌、テレビなどと同様に表面では、なんとでもよいイメージでアピールすることは可能です。
ボクでもやろうと思えば斬新なホームページやおしゃれなお店など何とでもできます。
すべての商品を無農薬野菜と無添加商品で揃えることも簡単なことです。
今の情報化社会は、便利な面もあればそれ以上にマイナス面も多々あります。
目に見えるものや聞いたことすべてが必ずしも真実ではないということを忘れないでほしいものです。

101106_212111_convert_20101107081346.jpg

いつものパターン

本日はお休みの中、当店まで足を運んでいただきありがとうございました。
今日は少し、のんびりとした営業でした。
しかしながら、帰宅するといつものように寝てしまいました。
またもや、寝ぼけながら書いています。
なぜか日をまたぐ前に一度、起きてしまいます。
明日ものんびりと営業したいと思います。

忙しかった一週間

今週は、なんだか疲れました。
平日でも野菜の配達をしていたからだと思います。
同時に土作りや種蒔きも結構疲れるものです。
すべてが手作業なので...
最近は、籾殻を畝に厚めに敷いています。
朝夕が寒くなったからです。
そろそろ、不織布で覆ってやらないと霜でやられる野菜もでてきそうです。
次から次へといっぱいやることが出てきます。
来週の火曜日はITの仕事依頼があり、久しぶりに京都です。
京都によく出かけるのは、ボクのエージェントがいるからです。
日ごろ、自分で営業に回れないのでボクの経歴を把握している人間に頼んでいます。
なかなか信頼できて、いつもドンピシャの仕事を探してきてくれます。
今回の仕事は来年三月までの予定ですが、自宅からネットワークを介してできるようでしたら時間に自由がききます。
そうなると毎日、畑へ行けるのでベストです。
畑の見学を待ち遠しく思っている方の対応もできます。
あと一ヶ月もすれば、そこそこの野菜ができてくるかと思います。
本日は丹波で天然のしめじをいただいてきたので、軽めに炙っておろし大根とポン酢でシンプルに食べようと思っています。
ちなみに昨夜は、サフラン入りの手打ち生パスタを使ってのスープパスタでした。
いろんな野菜をベーコンと豚肉と一緒に炒めてからお水を入れます。
これで沢山の野菜を食べることができます。
味付けはコンソメでもよいですが、野菜の旨みやベーコンから味はつきますので仕上げにお醤油やポン酢で整えてもよいかと。
お水と一緒に生のパスタを入れてもよいのですが、煮込みあがった後に茹で上がったパスタを入れたほうが簡単です。
乾燥パスタよりも手打ち生パスタが絶対にオススメです。

人気ブログランキングへ
 ┗ 今週は丹波へ行く機会が多かったので、ハイブリッドでもガソリン代が痛いです。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。

虫が食べない野菜

ボクは防虫ネットも自然農薬も一切、使用しません。
なぜなら、人間の腸にあった野菜は虫は食べることができないからです。
人間と虫の腸のPHは全く違います。
なので、絶対に人間にしか食べることができない食べ物を虫が食べると死んでしまいます。
死んでしまうので食べません。
人間は、虫が食べるものを食べても死にません。
腸が虫に比べると遥かに大きいからです。
よく有機栽培をしていて、一生懸命に虫をとって栽培したとか、防虫ネットに金を費やしたなど苦労話をする農家がいますが自業自得です。
虫が食べるような粗悪な野菜を作っているのだから仕方ありません。
つまり、虫が好んで食べるような低レベルの野菜を売っているということです。
そして、消費者はそのような野菜を見て何を根拠としているのか、虫食いがあることや虫が出てきたことで安全だと思い込んでいます。
さて、今週のお天気がよいせいか津田かぶが勢いよく生長しています。(画像上)
この調子だと、なんとかクリスマスまでには間に合いそうです。
そして、スティックシュンギクも大きくなってきました。(画像中)
まだ小さいですが、このサイズでサラダとして食べるのがオススメです。
大きくなったら炒めて食べたほうがよいでしょう。
それからターツァイです。(画像下)
昨年は、何度も種を蒔きましたが害虫被害に合って、まともできませんでした。
今年は、なにもかもが違います。
どのような味のターツァイができるか楽しみです。

人気ブログランキングへ
 ┗ 今の時期は誰も農作業をしていません。毎日、一人でコツコツとまじめに作業しています。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。


101104_170139_convert_20101104211529.jpg

101104_170107_convert_20101104211516.jpg

101104_165811_convert_20101104211446.jpg

スペシャルな畝

本日、3つのスペシャルな畝が完成しました。(画像上)
この畝では、ブラックキャロットやターニップなどを中心に高価な野菜を栽培します。
ボクのフラッグシップ的な野菜となります。
微生物の活動を活発化させるためにカーボンを大量に投入して、徹底的に土壌を発酵させています。
もし、イノシシの被害に合わなければ、このような畝つくりは考えなかったかもしれません。
一方、イノシシに荒らされた畝では、韓国のジョークオークリーフとトレヴィーゾ2のコントラストが美しいです。(画像中)
そして、ルッコラも生長しています。(画像下)
こちらのルッコラは既に出荷中です。
一般に栽培されているものよりも遥かにパンチの効いた味に仕上がっています。
マニアックな方には、たまらないかもしれません。
今週末から店頭販売しようかと思っています。

101104_160049_convert_20101104211429.jpg

101104_170450_convert_20101104211546.jpg

101104_170017_convert_20101104211500.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。