自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペシャルな大根

明日は平地でも雪が降りそうです。
明日、裏六甲へ行けないと営業ができないので、本日中に大量の野菜を運んでおきました。
農家さん宅へ行く時間の合間に畑によって作業をしました。
気温は低くて寒いですが、動いていると汗も出てそれほど寒くは感じません。
この三日間は、気持ちよく作業できました。
畑の土つくりは、きつかったりもしますが、畑が変わっていく様子や野菜の生長を見ていると楽しいものです。
昨年の今ごろは、それほど楽しく思ったことはありません。
おそらく、未来も見えず途方に暮れていたからでしょう。
いまは、未来が見えています。
きっと、今年は昨年とは比べ物にならないくらいの野菜ができると思います。
常にやるべきことはやって、毎日ベストをつくしているので。
さて、大根のデキが悪いと言われる今、ようやく聖護院大根ができてきました。(画像上)
先日、収穫してみましたが、とにかく綺麗です。
農薬を使った大根よりも綺麗です。
他に秀太郎大根もミディアムサイズですが、そろそろいけそうです。(画像下)
こちらも文句なしに綺麗にできました。
さすがにスペシャルな畝で育った大根たちです。
この畝で栽培された野菜は、来週の宅配でのデビューとなります。
今年からは、畑全面をスペシャルな畝に仕上げて栽培します。

110114_125836_convert_20110114182936_20110114183245.jpg

110114_130019_convert_20110114183053.jpg

年始めの宅配

今年初めての宅配(FIELD STAGE)は、new year packageとして年末同様に特価にてご提供いたします。
ボクが100%納得できるレベルの野菜ではないので特価です。
通常よりも約30~40%OFFとなります。
天候にもよりますが、来週の火曜日もしくは木曜日に宅配を予定しております。
水曜日は、ITの打ち合わせで京都に行っていますので難しいです。
雪による冷害で年末よりも野菜の種類が少々減少しておりますが、逆に各種大根ができてきました。
少量組み合わせで20~30種類程度は可能でしょう。
すべて、無農薬・無肥料・無防除で栽培しました。
ボクの畑はすでに5年以上、農薬も肥料も投入しておりません。
たぶん7年くらいになるかと思います。
農薬や肥料をやめて数ヶ月もしくは1,2年の畑とは土壌のレベルが全く違います。
畑には微生物も増えて、羽毛布団のように畝はふんわりとしています。
今回の宅配についての料金やご質問については、メール等でお問い合わせください。
昨年末よりご予約が入っているため、あと残り2~3パックが限界です。
野菜の販売業者は、ご遠慮ください。

土の作り方

今日は久しぶりに体のメンテナンスです。
理学整体へ行ってから畑へ向かいました。
このところ、作業スピードが猛烈に速くなりました。
年末にクローラーを導入してカーボンの運搬が楽になったこともありますが、要領を得てきたからだと思います。
手を抜くところや慎重にやるべき作業とメリハリをつけています。
今の時期は種を蒔いても発芽しないので、家庭菜園をされている方は何もされないのが普通。
農家も同じような人間がいますが。
そのような中、しっかりと土つくりを考えている菜園家もおられるようです。
最近、ボクのところに習いにこられる方も増えました。
とりあえずは、落ち葉の利用方法がわからないとのこと。
一般には米ぬかなどと一緒に混ぜて発酵させて堆肥として使いますが、ボクは堆肥はつくりません。
生のまま畑へ投入します。(画像上)
これからが問題です。
たいてい、このまま土にすきこむと土の表面がゴワゴワな感じになってしまいます。
大きなローターで深くすきこめはよいのですが、それでは腐敗して逆効果です。
空気が通らなければ腐敗してしまうので、微生物も増えません。
必ず深さ10cmを目処にすきこみます。
ボクの畑だと一発できれいにすきこまれて、土の表面が平らになります。(画像中)
土がフカフカで完成度が高い証拠です。
どのようにしてフカフカとするかを説明させていただきました。
このような状態にもっていくのは簡単です。
カーボンの種類と投入量を間違わずに、すきこむ際のローター回転数を調整すればあっという間にできあがります。
家庭菜園レベルだと一日あれば十分です。
あとは、経過を見ながらカーボンを増やしていけばよいです。
農家も同様ですが、今を頑張らない人間はいつ頑張るつもりなのでしょう!?
肥料を使わない自然栽培という分野は、そんなに甘くはありません。
さて、昔ながらの自然農法で栽培している1st Stageです。
年末近くに種を蒔いたスナックエンドウが、ゆっくりと生長しています。(画像下)
あたたかくなると一気に生長していくと思われます。
早くて4月くらいでしょうか...

110113_152637_convert_20110113192956.jpg

110113_153532_convert_20110113193011.jpg

110113_165920_convert_20110113193023.jpg

土壌の変化

今日も朝から畑仕事です。
今は、今月末からの種蒔きに向けて土のコンディションを整えています。
これまで悩んでいた水はけが悪く、粘土質なエリアもかなり改善してきました。
かなりフカフカです。
やはり肥料を投入したり、耕すのは逆効果なんだと確信しました。
土は上からできていくという自然の原理に従って、カーボンは土の上に敷いて軽く表面の土とかき混ぜるだけ。
雑草も抜かない。
適度な長さに刈り取るだけ。
自分で農業をしていると突然、謎が解ける時があります。
単にこれまで土がフカフカで軟らかいのがいい土壌の証拠だと思っていました。
おそらく、何もわかっていない農家や野菜に関係している人間は、野菜が根を張りやすいだとか生長しやすいと答えるでしょう。
ボクは違います。
土がフカフカで軟らかいのは、土壌に空気が通っている証拠。
空気が通って土壌の環境さえよければ、微生物も多くなります。
微生物の多い環境が形成され、微生物の養分によって植物が育ちやすくなるからいいのです。
多分、正解だと思います。
野菜を販売したり語る際に農業のウンチクをたれる人間が多くなってきましたが、農業は自然を理解していないと語れません。
また、経験がなければ本質を理解できません。
消費者がウンチク人間に騙されないことを祈ります。

110112_165209_convert_20110112185911.jpg

余韻ある野菜

昨日の夕食は、野菜ざんまいでした。
祝日に食べたランチの野菜に不完全燃焼だったので、急に自分で栽培した野菜を食べたくなりました。
自分で栽培しておきながら、最近ではほとんど自宅で食べることができません。
お客さん優先です。
畑では食べますが土のついたまま試食していますので、ゆっくりと食卓で食べることがありません。
先日はハンバーグランチを注文して出てきた野菜は彩りもよく、しっかり感がありました。
お店のお客も大喜びの様子。
鮮度が少々落ちるのは仕方ないことですが、食べてみると味がまったくありません。
食感は、冷水につけておけばシャキッとなるのでなんとでもできます。
食べた瞬間にハウス栽培だとわかりました。
昨年の秋からほとんどお酒を飲まなくなって、一段と敏感になってきました。
日本酒や焼酎を飲んでいる農家よりも自信があります。
その代わり、おかしなモノを食べると少々アレルギー反応が皮膚に出てくるようになったのが困りものです。
さて、1200円のランチで出てきた野菜をボクの販売している価格をベースに計算してみると原価15円前後です。
見た目は、沢山のサラダといった印象をうけますが、その程度のもので実際には多くありません。
安売り専門店で買うと10円以下だと思います。
そのような野菜の量に喜んでいるわけです。
1200円のランチを我慢したら、野菜なんていくらでも食べれると思うのですが...
自分で作るのは面倒なのでしょうか!?
それにしても昨夜のサラダと蒸し野菜の余韻は、今朝になっても残っています。
ニンジンはとても薄いオレンジ色で全く微量のエグミもなく、ちぢみホウレンソウは甘く仕上がっています。
レタス系は、根元が冷害で少々痛みのある部分もありますが、それを除けば食べることができます。
ミニチンゲンサイのシャオパオも熱を通すとこれまで見たこともないグリーンが際立ちます。
寒い日のサラダの食べ方は、お店か配達の際にお尋ねください。
もっともっと野菜が沢山食べたくなるはずです。
畑の野菜の種類は少なくなってきましたがリクエストにお応えして、来週あたりからFIELD STAGEのnew year packageを販売しようと思っています。

仕事はじめ

約二週間ぶりに畑へ行きました。
年末の強風や雪などの被害を恐れていましたが、大したことはなかったようです。
ボクの畑の周辺は、昼間をすぎても雪が溶けません。(画像上)
あちらこちら、道路にも雪がうっすらと積もっています。
野菜は何も被せていない完全露地なので、この寒さでシュンギクとカブラの葉が痛んでました。
仕方ありません。
しかしながら、他の野菜は雪が積もっていたにもかかわらず元気です。(画像中)
シャオパオの一部は、小鳥のエサとなってしまいましたが、小鳥も生きていかなければなりませんので気にしていません。
お昼からは新しい畑のデザインに着手です。(画像下)
拾ってきた落ち葉を混ぜています。
他に色んなカーボンを混ぜます。
年末につくったスペシャルな畝を観察していると、とても根の張りがいいようです。
ボクの計算に間違いはありません。
今年からは、畝を半減します。
その代わりに畝の幅を倍増させます。
来週中には、新しい畑のデザインのプロトタイプができあがる予定です。
今年は、さらに虫の食べない完璧な野菜を作りたいと思います。

110111_112703_convert_20110111173139.jpg

110111_112513_convert_20110111173123.jpg

110111_130533_convert_20110111173155.jpg

ずっこけ神社

今朝は氷点下の中、西宮のえべっさんへ行ってきました。
自転車だとすぐです。
昼間は混んでいるので避けています。
これだけ渋滞するとわかっていても車で来たり、そこらへ路上駐車したり...
出店で買ったゴミをそこらへ投げ捨てたりと。
早朝に行くとどれだけひどいものか、わかります。
このような人間も訪れるので、当然ながら貧乏神や死神を背負ってきます。
少しでもとりつかれない時間をチョイスすることにしています。
それにしても、いつもなら7時から福笹が買えるのですが、今日は8時からということで開けてくれません。
臨機応変に対応しない神社に対して、事務的になったと怒る方もおられました。
一時間以上も寒い中、待つことになりました。
その間、いろんな看板を読んでいたのですが、境内の修繕に7億円かかるので寄付をお願いしている文言が目につきました。
しかも5千円からと上から目線で金額まで指定されています。
この不景気の中、7億円もかけるのかと疑問に思えます。
ここは、商売の神様でも商売をしている神様ではないのかと思えてきました。
神様というのをいいことに、かなり儲けているはずです。
ボクは交通事故を起こしてから、少しだけ何かが見えるようになりました。
この神社に神様を感じません。
徳や福といったものも感じません。
帰省したときに訪問した誰もいない小さな神社のほうがパワーを感じました。
そろそろ、このような悪徳商法に騙されないようにしなければなりません。
お願いごとは、ご先祖さまのほうが確実です。

勝てる戦略

本日は雪の降る中、当店までお越しいただき、ありがとうございまいした。
おかげさまで、宮崎と大分からいただいてきた野菜は全て完売しました。
太陽のトマトは、引き続き販売します。
正式な販売価格は、まだ検討中です。
なるべく沢山のトマトを販売することで価格を抑えていきたいと思います。
太陽のトマトは夏に苗の定植を行いますので、夏前までの販売となります。
真夏は地元の露地トマトに切り替えて、夏の終わりくらいからいつもの北海道の農家さんへバトンタッチ。
秋からは、再び太陽のトマトといった感じで周年販売を計画しております。
来期からは、ボクのお店オリジナルトマトの栽培も委託予定です。
ボクはハウス栽培は予定おりませんし、トマトの栽培は専門農家には勝てる勝算はないと思っています。
これまで、いろんな農家さんとお会いしてみて、そのプライドの高さに圧倒されました。
昔、ボクが会社員だったころ色んな上司にたて突いていました。
そのときに尊敬できる上司に、負ける喧嘩はするなと教わりましたので。
一応、アレルギーをもたれている方向けに季節野菜としてトマトは栽培しますが、他の野菜同様に故意に肥料は投入せずに自然がつくりあげる味にまかせます。
さて、久しぶりにお店を終えて夙川を散歩してみましたが、こちらで休日にゆっくりとするのは久しぶりのことで懐かしく思います。
みんなが休んでいるときに休まないと惨めに思う性格なので、これからはお店を早めに切り上げられたらと思っています。
お店の固定客は、野菜をしっかりと食べていただける40世帯で十分です。
それ以上は、必要ないという考えです。
対象エリアは、御影から夙川まで。
欲を出して手を広げると品質もサービスも落としかねませんし、お客さんの好みも把握できません。
それ以外の客は、そこらの販売者にくれてやれ!と思っています。
そう考えると気持ちも楽になりました。
明日は、農作業初めとなりそうです。
まずは、早朝にえべっさんへお参りしてから畑へ向かおうと思います。

フライングな野菜

本日は寒い中、当店までお越しいただき、ありがとうございました。
今朝の気温は氷点下。
日差しもなく、寒かったです。
久しぶりに農家さんとお会いましたが、いつものように元気いっぱいで迫力負けしてしまいます。
そのような中、今年の斬新な戦略についてお話させていただきました。
今年からは販売方法も変えていきます。
いろんな販売者がやっているような安心・安全だとか有機・無農薬だとかレシピを添えてだとか...そのようなやり方は眼中にありません。
これは単なる自己主張にすぎないと思っています。
最近、バカのひとつ覚えのようにも感じます。
もっとお客さんの将来にプラスになるような、ボクのオリジナルなやり方に変えていきます。
さて、今夜は一足早い春の味を楽しみました。
フキノトウです。
九州を歩き回って、偶然にも農家さんを見つけました。
ハウス栽培されていますので、今の時期に食べることができます。
大きさも半端でないくらいに大きくて食べ応えがあります。
ボクが春に販売する天然のフキノトウの3~4倍くらいはあります。
外の葉を剥いて綺麗に洗って天ぷらで食べました。
ちなみに天ぷらにするなら、小さめのほうがオススメです。
ハウス栽培だと苦味は和らいでいるようにも思えますので、苦手な方はハウス栽培されたほうが食べやすいかもです。
明日は、ごま油で味噌炒めにしようかと思います。

110109_181825_convert_20110109193522.jpg

運転疲れ

20時に神戸に到着しました。
途中、混み合うこともなくスムーズに走ることができましたが、さすがに疲れました。
明日から初商いで朝も早いので、寝ることにします。

110108_134824_convert_20110109063022.jpg

急激な体重増

完全に太りました。
あたかも1日1kgを目標に食べていたかのように10kg増を軽くクリア。
すでに軽快に動けません。
ズボンのボタンもかけることができないので、車を運転する際にはチャックを半開きです。
でないと苦しいです。
短期で太った体重は一気に減らすことも可能なので、来週から畑作業に打ち込みたいと思います。
さて、空気がいいと食欲がわいてきます。
昨夜のスティックセニョールとスナックエンドウ、雲南百薬です。(画像上)
いまの季節のスナックエンドウはハウス栽培ですが、なかなかいい甘みが出ています。
雲南百薬は茹で時間にもよりますが、ツルムラサキよりもコリコリ感があります。
また、寒かった年末からは炭をおこして食べています。(画像中)
油が落ちると煙が立つので鶏肉はタタキを、太刀魚はミリン干しを。
自宅でよい素材が手に入り、このような食べ方ができるとなかなか外食してお金を使う気もなくなります。
つまらないお店への外食をなくすと結構、お金は節約できるものです。
そして、今日は親戚が公務員を退職して購入した畑を訪問しました。(画像下)
畑の広さは6反。
ボクの畑の2倍ですが、夫婦二人でも手が回らないようで半分以上は遊んでいました。
同居している息子も手伝ってくれないようです。
あまりにももったいないので、次回から帰省した際には遊んでいる畑でボクが野菜を栽培する予定でいます。
神戸へ戻ってからは、西神戸方面へ宅配ルートを新規開拓するために新しい畑の整備に着手しようと思っています。

110106_173809_convert_20110107172125.jpg

110106_175659_convert_20110107172149.jpg

110107_152618_convert_20110107172214.jpg

酸味のないオレンジ

スイートスプリングです。
果汁は多く、甘いとのこと。
いろんな記事で、評価されています。
ボクは、売れないと思ったので販売しないことにしました。
農家によっては味もさまざまかと思いますが、この系統の味は一般受けしづらいかと思います。
酸味が苦手な方にオススメといわれますが、酸味のないオレンジはオレンジらしくありません。
また酸味がないので、甘く感じるだけです。
旨みはミカンと比較しても劣ります。
後味スッキリとも紹介されていますが、後味はドンヨリです。
テンションが下がるようなイメージです。
ドレッシングの代用と考えても価格が高めなので、一般のミカンやレモンを使用したほうがマシかと思います。
一方、宮崎県北部の港町でつくられた太刀魚のミリン干しは最高でした。
見た目も味もミリン干しっぽくないミリン干しです。
帰りにまた頂けたら、ありがたいのですが...
昨日、いただいたトマトも今朝はサラダにして食べてみました。
他の野菜と一緒に食べたり、ドレッシングを故意に多めにかけたりとしながらトマトの味を再確認します。
このトマトなら、誰が食べてもトマトの存在感をいうものを大きく感じることができるはずです。
トマトの中身は、ゼリーがぎっしりとつまっています。
最近では、お店にに来られるとなくなっている野菜が多々あり、がっかりとされるお客さんもおられます。
本当に販売しているのか疑われるケースもありますが、たいていボクがブログに書いたりメール配信したタイミングでご予約完売となるケースが増えてきていますので、その際は次回の入荷までお待ちください。
売れ残るとリスクとなりますので、確実と思われる数量しか販売しないことにしています。

110106_082336_convert_20110106083950.jpg

太陽のトマト

今日は、母を連れてトマトを専門に栽培されている農家さんを訪問しました。
想像以上に広い農場です。
畑に投入しているものは、ボクとほとんど同じ。
カーボンを発酵させて早めに分解させる方法などを親切に教えていただきました。
いろんな肥料や栄養剤を投入して、こだわりを自慢する農家は多々います。
ここは、Simple is BESTです。
余計なものを投入すると、その後は余計な作業が発生するといった考え。
それが悪循環となり、さらに何かを投入する必要も出てきます。
お金がかかりすぎます。
やはり、農業はお金をかけないのが一番。
さらにボクと共通しているのは、いかに菌を増やすかという点。
菌を増やすことは、微生物の増加にもつながります。
こちらのトマトを3種類ほど試食させていただきましたが、ちょうど求めていた旨みでした。
味は、3種類ともに異なります。
特に赤いトマトは、絶妙です。
糖度自体は故意に上げていませんが、酸味を少々抑えられているせいか口に入れた瞬間に甘みを全体に感じます。
口の中で、落ち着いた味わいを楽しめます。
バカみたいに糖度の高いトマトではなく、後味のよい甘さです。
後で食べたくなる旨みなので、これであれば自信をもって販売できます。
9日(日)の初商いで、お披露目したいと思います。

110105_161619_convert_20110105185831.jpg

110105_155540_convert_20110105185802.jpg

太陽の野菜

昨日の宮崎は曇り空でしたが、本日は晴天です。
しかしながら、今年の冬は寒いようです。
昨日からシステム開発の不具合に悩みながらも仲間に助けられ、なんとか正常に動作するようにはなりましたが、原因を十分に理解できていないのでスッキリとした気分ではありません。
引き続き、本日も朝からITの仕事をしています。
そのような中、時間をみては宮崎の農家さんと連絡を取り合いながら農園訪問のスケジュールを立てています。
明日から本格的に野菜を見てまわる予定です。
寒い冬でも宮崎の日差しはとても暑く、太陽の野菜といっても過言ではないかと思います。
お客さんの中にはトマトを求められている方も少なくありませんので、明日はトマトを栽培している農家さんを訪問します。
数多くの農家さんの中からチョイスする理由は明確です。
農業をしているので、どのような土つくりをされているかがポイント。
なるべく、ボクと同じ考えで土つくりをしている農家さんを探します。
そして、専門分野まで掘り下げて質問し、農家のレベルを見極めています。
これが農業経験のない素人だと農家から何を言われても納得させられて、いいものだと勘違いしてしまいます。
通常、無農薬や有機野菜を専門に販売している人間は、ネット上で検索してメールなどでアポイントをとり契約に至っています。
このような経営をしているので、どこでも同じ野菜を販売することになります。
ネット検索もよいですが、やはり野菜探しは自分の土地勘で足で見つけ出すのに限ります。
あとは自分の舌で判断するのみです。
他には、季節的に北海道のカボチャが難しくなってきましたので、宮崎のカボチャを持ち帰ろうと思っています。

システムの不具合

新年早々、ボクの野菜のお問い合わせをありがとうございます。
年末寒波で現在、畑の野菜がどのような状態になっているのか検討がつきません。
来週には神戸へ戻りますので、状況を把握した上で受付をさせていただきたく思います。
さて、昨夜からまた徹夜に入ってしまいました。
システム開発で文字化けのエラーが解決できず、寝るに眠れません。
ストレスと焦りもあり、時間の経過ともにカリカリしています。
このような精神状態のときは、誰ともコンタクトをとらないように心がけております。
本日は終日、ITの仕事に集中させていただきたく思います。
早く、解決できればよいのですが...

過疎化の町

本日も宮崎は晴天です。
風は冷たいですが、ポカポカ陽気です。
連日、大雪のニュースをテレビで見ますが、嘘のような天気が続いています。
午前中にITの仕事を済ませたあとは、お昼から港町へ初詣に出かけました。
田舎のほうは人も少なく混雑しているところはありませんが、毎年のように寂しさを感じます。
過疎化が進んでおり、若者の姿もあまり見受けられません。
これから数十年先、どのようになっているのかを考えると恐ろしくなってきます。
日本の将来を先読みしているようにも思えます。
今日は串間市へ出かけたついでに、こちらの名産であるサツマイモを見てきました。
聞きなれない名前ですが、寿甘藷といいます。
当店のお客さんの中にはサツマイモが大好きなご家庭もありますので、沢山いただいて帰ろうと思っています。

110102_121649_convert_20110102141815.jpg

謹賀新年

あけまして、おめでとうございます。
宮崎の実家へ帰ってからは、毎日のように10時間以上熟睡しています。
本日も朝食を食べたあと、また寝てしまいました。
空気が違うせいか、よく眠れます。
食欲もありすぎます。
食べても食べてもキリがありません。
このような調子で一週間ほど生活を続けると神戸へ帰れなくなりそうです。
そのような中、ITの仕事は計画通りに遂行しています。
我ながら、デザイン性のあるシステムが完成しそうです。
セキュリティ対策も万全です。
夕方になって、暇つぶしに『やさい畑』という雑誌を買いました。
近頃、本屋に行くと真っ先に農業関連のコーナーへ行ってしまいます。
本当に野菜を栽培することが好きになったのかもしれません。
もしかするとマニアかもです。
今夜も地元のおいしいものを食べて、速攻で寝ようと思います。
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。