自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年の準備

すでに来年の準備に入っています。
今年は、はじめての農作業で手際も悪く準備不足でした。
ようやく要領もわかってきました。
ボクは、今の経済の動きを把握するために本屋に行きます。
どのような本が並んでいるかで、生活動向の傾向がつかめるからです。
最近は、自宅で簡単に料理ができるレシピ本や野菜中心の本が多くなってきました。
この不況で、多くの方が自宅で料理をつくるようになったのでしょう。
このような状況で追い風を受けるのは手ごろで受けられる野菜中心の料理教室、逆風は飲食店が受けます。
飲食店は、家庭ではできないメニューで構成するか自宅で食べれるようなテイクアウトを模索する必要があると考えます。
素材を無視した安さ重視の戦略だと客足は遠のくばかりかと。
今回、本屋では『もっとからだにおいしい野菜の便利帳』という本を買いました。(画像上)
中身は、栽培したくなるような珍しい野菜もたくさん載っています。
表紙が似た本が別にあるのでお間違いなく!
また、韓国の方の協力を得て韓国で販売されている種を入手しました。(画像下)
韓国人はとにかく野菜を食べています。
整形をしていなくても肌はとても綺麗で、日本人が化粧をしても韓国人の肌にはかないません。
現在、韓国の業者と直接、韓国海苔の交渉を進めています。
デビューは来年になるかもしれませんが、来年もどこにも真似できないビジネスモデルで突っ走ろうと思います。

P1030899_convert_20091125085640.jpg

P1030902_convert_20091125085718.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。