自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆転!マルシェジャポン

先日、関東方面の知人がマルシェジャポンへ出展したとこのこと。
結果は悲惨なもので、ほとんど売れなかったようです。
いろんな画像を見せていただきました。
ボクの第一印象は、ダサい!です。
値段の高い知人の栽培した無農薬野菜よりも価格の安いほうへお客は流れていたとか。
JAも参加していましたが、ここのマルシェジャポンは直売所の延長で単に生産者が売っているだけの違いです。
詳細を聞いているとかわいそうになって、秘策を伝授することに。
まず、敵を知ることです。
農家の大きな弱点は、センスがないのと会話がおもしろくない点。
会話は現場でないとサポートできないので、ポップデザインでカバーする策にでました。
『無農薬』というキーワードではなく、腐敗実験をした結果の画像と一緒に『腐らない野菜』というキーワードで製作させました。
野菜を展示販売する高さもポイントですので、人間工学に基づき細かく指示。
野菜を入れる箱や包む用紙も全体的なイメージカラーもすべてに気配りする必要があります。
箱は、こちらから高級ワインopus oneの木箱と英字新聞を送りました。
それから、今回のイメージカラーはオレンジです。
テーブルカバーはモスグリーンもよいのですが、マルシェの全体的なカラーがダーク系で染まっていたので明るいカラーをチョイス!
服装も農作業に行くわけではないので、街に出かけるような服装で腰かけエプロンをするようにと。
また、画像を見るとほとんどの人間がダサい帽子をかぶっていたので、これもナシです。
今回の結果、知人の値段の高い野菜のほうが先にすべて完売したようです。
何事も成功するためには、まずは敵を知り死ぬほど努力することが最低条件だとわかったようです。
農作業も楽ではないですが、販売も大変なんです。
ボクが定期的にお店の改装をしているひとつの理由だったりもします。
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。