自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンネル強化

今日はお昼前でも六甲山は氷点下でした。
畑に着くと風も強く、さらに冷たさを感じます。
外に出て作業をしているのは、ボクとまじめな農家さんだけ。
孤独です!
昨日、しっかりと設置したビニールのトンネルは風で吹き飛ばされていました。
ポールの間隔を狭めてビニールを止め具で固定しても無駄だということがわかりました。
しかしながら、予想はしていたので昨夜は風力の物理的な計算と資材のコスト面から対策を考えてました。
ビニールはやめて、不織布で実行です。
コストのかかるポールと止め具の数を減らしても強度を高めたトンネルのスタイルができました。(画像上)
紐を使って強度を高めます。
これまでのトンネルとは、まったく違ってビクともしません。
あと少しだけ、改良して全てのトンネルをこのスタイルにしようと思います。
これで、不織布やビニールが吹き飛ばされた後の無駄な作業がなくなるはずです。
その後は、収穫作業です。
各レストランから大量の注文が入っていますので、休む暇がありません。
昼間というのに指先が冷たさで痛いです。
終いには指の爪まで折れてしまう有様です。
最近、当店で好評のルッコラですが、オータムポエムの周辺のあちらこちらで生長しています。(画像中)
ルッコラの種は粘土質の土と混ぜ、パチンコ玉サイズに丸めてシードボールを作って畑に放り投げます。
畑に落ちたシードボールは、雨で自然にとけて畑になじむわけです。
あとは、勝手に生長します。
ボクは、F1種子ではなく固定種で多くを栽培しているので案外簡単にできてしまいます。
さて、そろそろスティックセニョールを収穫しようかと思っています。(画像下)
農薬も肥料も使わずでできました。
無農薬といっても完全無農薬です。
焼酎やお酢、竹作酢といった自然農薬すらも全く使わないからです。
肥料も米ぬかや油粕も使っていません。
要は、少しだけの窒素が土壌に含まれていたら野菜が育つということがわかったからです。
つぼみの色からして、かなり甘く育っているのがわかります。
今週末か来週あたりにデビュー予定です。

P1040149_convert_20091217181251.jpg

P1040143_convert_20091217181158.jpg

P1040151_convert_20091217181319.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。