自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然の訪問

今日もひたすら畝の整備です。
糸を張って直線を作り、クワや鎌を使って人力で構築しています。
日増しに道具の使い方がうまくなってきました。
その結果、筋肉痛もさほどなく作業ペースも早いです。
画像を撮り忘れたのですが、とても芸術的な畝です。
やはり芸術は機械ではなく手作りに限ります。
作業をしているとアポイントなしで2名の方が畑を訪問に来られました。
自然栽培について興味があるとのことでしたので、ボクのわかる範囲で簡単に説明しました。
自然栽培と自然農法は、微妙に違うのです。
自然栽培というのは、無農薬はもちろんのこと肥料も全く使いません。
肥料の代わりにマメ科を植えて窒素を畑に供給します。
畑は荒く耕して、雑草が生えにくくします。
一方、自然農法というのは、無農薬という点は同じですが肥料は補いという意味で米ぬかや油粕を使います。
基本的に畑は耕しません。
同じようで、少しだけ異なります。
農業を職業とするのであれば、やはり自然栽培かなあと。
趣味や自給自足が目的ならば、自然農法かと自分なりに解釈しています。
現在、畑は改良中なのでお見せするのは恥ずかしいのですが、リクエストされたので一通り案内しながら野菜を食べていただきました。
食べた感想としては、自然栽培された野菜の味に驚いたとのこと。
やはり、タケノコ白菜の味はフルーツかと思ったとの発言。
ボクには野菜を栽培しているという意識は全くなく、生長するお手伝いをしているだけなので何故、このような味に育ったのか明確にはわかりません。
最後に自然栽培を成功させるための重要なポイントをお伝えしました。
とても簡単なことなのですが、絶対に軽視してはいけないことがあるので。
現代の農家はもちろん、無農薬栽培している農家すら軽視している内容です。
本日、帰るころには辺りは真っ暗でした。
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。