自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻の大根

今朝は、いつも白菜のオレンジクイーンをいただいている農家さんからキャベツをいただきました。
品評会でも優勝したキャベツです。
大きくて巻きもしっかりしています。
値段は高いので、あまりお店で販売することはありません。
高くていい野菜はたくさん手に入りますが、なかなか普通には手が出せないと思い、お店で販売する野菜は値段とのバランスを考えています。
加東市の農家さんから三田市へ行くルートは車も少なくてハイブリッドの燃費が稼げます。(画像上)
野菜を販売するにあたり、いかに最短で燃費を稼ぐことができるかを何度も検証してルートを開拓しました。
他に地元野菜を販売する業者は多々ありますが、燃費などの経費を考えている経営者が少ないのには驚きです。
単価も利益も少ない商品なので、小さな積み重ねがなければ黒字につながりません。
さて、ようやくボクの畑では大根が大きくなってきました。
江戸時代から作られていた大蔵大根です。(画像中)
いつしか作り易い青首大根が主流となったようです。
いまの農家は自分の都合だけを考えて作りやすい品種をチョイスする傾向があります。
栽培が難しくても伝統野菜を栽培して、次の世代に引き継ぎたいものです。
この大蔵大根ですが、とても緻密で水分量が少ないのが特長なので、煮崩れしにくいです。
青首大根と同じように料理をすると硬いです。
しっかりと煮込めば、じわりじわりと甘さを味わうことができる大根です。
今の料理人は、なんでも同じように調理するので困ったものです。
もっと勉強して、特長を把握したうえで調理してほしいです。
時間をかけたブリ大根やおでんがおススメです。
一方、エンダイブも揃って生長してきました。(画像下)
ボクの感覚では、このくらいのサイズが一番ベストだと思っています。
今週末は今年最後の営業なので、エンダイブをはじめ他の野菜も増量して販売予定です。

P1040239_convert_20091225193543.jpg

P1040241_convert_20091225193614.jpg

P1040244_convert_20091225193638.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。