自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生姜の裏話

生姜の保存について、どうしても一人で解決できないため農家さんにヘルプしました。
はじめから、確認しておくべきでした。
農家さんが言うには、一般に販売されているものは2つのポイントがあるようです。
まずは、市場に出回って時間も経過しているのに腐らない理由は、卸の販売元が大量に農薬漬けにしているとのこと。
次にスーパーでは洗われている生姜をよく目にしますが、それは洗うのも仕事ですがすぐ腐らないように防腐剤に漬けてから販売しているとのこと。
やはり、大量仕入れで買い置きするために行ってるようです。
ボクが、これまで実験していたのはスーパーに売られていた安い生姜だったので、お水に漬けていたら濁ってきました。
それは、おそらく農薬水らしく...
どおりで、本物の食材しか食べない母が、デパートの生姜をたくさん食べて体調がおかしくなるはずです。
デパートや高級スーパーで売られているもの全てが、安全なものとは言えませんので。
それから、当店で販売している無農薬の生姜は、土付きの状態でそのままいただいているので茎が少しついていて、そこの周りは早く痛むようです。
もし、無農薬の生姜を何かに漬けて保存する際には、焼酎や酢で常温保存がいいとか。
農家さん宅では、昨年の甘酢漬けがまだ腐らずに美味しく食べられているようです。
生姜は土もので寒さ風に弱く、気温が10度を超さないと掘り起こしもしませんので、やはり14度が最適らしく...
値段が高いのものには、必ず理由があります。
今を楽しむ娯楽に投資をして食費をケチるか、将来の健康を考えて食材を重視するかはお客さん次第かと。
これからも品質向上に取り組みたいと思います。
小さなクレームでもかまいませんので、お気づきになられたことや疑問におもわれたことはお気軽にお申しください。
わかる範囲で、回答したいと思います。
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。