自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗は成功のもと

今日は、夕方まで氷点下の中で作業をしていました。
もう、氷点下でもなんとも思わなくなってきました。
お昼には、いつもお世話になっている農家さんからは、ボクが種を無償提供している代わりに早生ミョウガの苗をたくさんいただきました。(画像上)
通常、ミョウガは9月あたりに収穫できるのですが、早生なので7月あたりには収穫できそうです。
一度、植えると数年は収穫可能なので、ニラと同じところに植えようと思っています。
来週は、ミョウガの植え付けからスタートとなりそうです。
2nd Stageでは、ミニカリフラワーの美星が寒さにやられています。(画像中)
不織布が足りなくて、そのままにしておいたら全て全滅してしまいました。
ただ、自然栽培でうまくできることがわかったので次回は大丈夫でしょう。
カリフラワーは、このサイズがとても美味しいのです。
とても贅沢な一品となります。
一方、寒じめ7というホウレンソウは順調に生長しています。
葉が黄色いのは窒素切れです。
必要最小限の窒素しか吸収していない証拠です。
この黄色い部分は、時間とともに栄養を吸収して緑色になります。
ただ、葉の脈を見るとあまりバランスのよい生長とは言えず、どうも土中で根がなんらかの障害に遭遇しているように感じ取られます。
来週早々に、木灰と籾殻くん炭をすきこんでみようと思っています。

P1040440_convert_20100205194726.jpg

P1040428_convert_20100205194836.jpg

P1040435_convert_20100205194808.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。