自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅菜苔の生食

原木シイタケの作業で寒い中、体も温まってきたところで野菜の様子を見て回ります。
というよりは、声をかけにいってあげます。
肥料も与えられずに、とても過酷な環境でがんばって生長しているのですから...
まずは、販売を見合わせている紅菜苔です。(画像上)
生長した姿を見て、どうも納得いっていないのです。
他の農家が栽培したものは、もっと太くて立派です。
ボクの栽培したものは、細いながらも背丈はあります。
もしかしたらと思い、茎を折ってみました。
グニュ~とした感じではなく、ポキッといった感じでした。
この時点で、さらに期待は高まりました。
そのまま食べてみると、シャキシャキとしてアスパラガスみたいです。
ほどよく甘く、噛み続けると甘みが増してきました。
自然栽培した紅菜苔は、これまでの紅菜苔とは全く食感も違っていけるかもです。
どのくらい収穫できるかわかりませんが、週末にでも販売してみようかと思っています。
それから定植が遅れた結果、結球しなかったオレンジクイーン白菜です。(画像中)
葉を見ると、先のほうには鋭いトゲで覆われています。
外敵から自分を守るためでしょう。
先週、素手で触ってトゲが指の中に入って、なかなか取り除くことができませんでした。
オレンジクイーン白菜といえば、やわらかくて甘いというイメージですがボクの栽培したものは野生化しており、葉はしっかりとしています。
食べると、ガシッとした感じです。
青臭い味はしなくて、冬を越したせいか甘くなっています。
先日は、鍋でしゃぶしゃぶして食べましたが食べ応えもあり、これはこれで美味な白菜かもしれません。
失敗に終わった白菜でも十分に食を楽しむことはできるので、そろそろ破格値で販売しようと思っています。
一方、キャベツはゆっくりと巻きを重ねています。(画像下)
昨年9月からこの調子です。
春には、春キャベツとして誕生予定ですが、これだけ時間をかけても数百円でなければ売れないのでバカバカしく思えます。
一応、今年もキャベツは栽培しますが、どんなに時間や手間をかけてもお金にはならないので悩んでいます。
キャベツは畑の面積も必要としますので、他の野菜を作って回転をよくしたほうが効率がよいのです。
しかも運送するのも重くてかないません。
今のところ、キャベツで利益を出すには農薬や化成肥料を使用して、手間を省き生長を早めるしか思い当たりません。
キャベツの栽培は、しばらくボクの課題となりそうです。

P1040497_convert_20100217194835.jpg

P1040501_convert_20100217194901.jpg

P1040507_convert_20100217194928.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。