自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農業経営

朝早くから農家さんと電話でお話をしていました。
内容は、まじめに農業をやっていてもそれだけの収入はなかなか得られないといったことです。
結論からいうと、やはり雑草を枯れさせる除草剤を使用して作業を軽減して、農薬を何度も使用して害虫被害を防止し出荷数を増やすといった策です。
今、効率よく栽培している農家と同じやり方です。
淡路産のタマネギは有名ですが、農薬を何度も使用しないときれいにできません。
一般に販売されているものも同じです。
そこで計算してみました。
ボクの畑の畝は約70個で、ひとつの畝は20m程度です。
ひとつの畝にキャベツは40個程度栽培できますので、畑一面でキャベツを栽培できる数は約3000個。
これを無農薬で栽培して300円程度で販売したとして売上げは約100万円。
キャベツの栽培には半年ほどかかるため、半年の収入は100万円です。
年収は、200万円。
あくまでも、すべてがパーフェクトにできたと仮定した計算です。
年収を400万円にアップするには今の倍の面積を栽培しなければなりませんので、約2000坪となります。
はっきり言って一人では体力的にも難しくてやってられません。
そうなると、最後には除草剤や農薬を使用して機械に頼らなければならないということです。
化成肥料で栽培を短縮して大きくする手もあります。
今年からは、すべてを数値でシステマチックに把握するようにしています。
そうすることでいろんな事が見えてきますが、日増しに絶望感が...
消費者の意識が変わらなければ、農業も変わらないのかもしれません。
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。