自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチかバチか

お昼から雨との予報なので朝から急いでバークを畑の中にすきこむ必要があります。
すると、なにやら嫌な予感が...
近くの年老いた農家が暇つぶしなのか声をかけてやってきました。
いつものことで迷惑なので忙しいからと言って断りました。
断りもなく畑の中に入ってこられるのも嫌なものです。
サラリーマンであれば仕事中に会社に他人が入ってきて、話しかけられるようなものです。
いかにこれまでの農家が農業という職業を園芸クラブ程度にしか考えていなかったかという証拠です。
これでは、農業が衰退しても仕方ありません。
今日は、はじめにバークを畝の上に置きました。(画像上)
それから畑の中にバークと秘密のカンフル剤をすきこむと土壌はフカフカになります。
なんども土を握っては、壊れる様子を観察しました。
上出来です!
画像ではわからないかと思いますが、これが自然栽培をバージョンアップした畝です。(画像下)
昨年から自然栽培を行って野菜もできて栽培方法も理解できましたが、ひとつだけ問題があります。
労力に対する収量が少ないということです。
農家は、多くの方に野菜を食べてもらってなんぼの世界です。
今年は収量アップと価格の引き下げに重点を置いて、新たな取り組みを始めました。
また、これが成功すれば廃棄物を処理するための二酸化炭素の排出軽減にも貢献できることになります。
ボクの計算では、これですべてが解決するはずですがイチかバチかの賭けも含まれています。
失敗したらすべての野菜は全滅です。
お昼からは予報どおり雨が降り出したので、2種類しか種を蒔くことができませんでした。
片付けが終わったころには、雨でズブ濡れ状態でした。
おそらく、来月にはなんらかの結果はでるかと思います。
怖い気もしますが、ワクワクもしています。

P1040663_convert_20100318164126.jpg

P1040664_convert_20100318164150.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。