自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然界のツケ

昨年の夏に当ブログと店頭でも公開実験を行いました。
対象はナスです。
京野菜として1本200円で販売されている有機栽培されたナスと無農薬・無肥料で栽培したボクのナス。
結果は有機ナスは異臭とともに腐って、ボクのナスは枯れました。
このところ、これが意味することが明らかになってきました。
つまりはこの有機ナスは腐敗型野菜であり、ボクのナスは発酵型野菜であったということです。
害虫の腸はアルカリ性なので腐敗型の野菜を好みます。
なので、腐敗型野菜に虫はやってきます。
発酵型野菜を食べると死んでしまいます。
なので、虫は発酵型野菜には寄り付かなくなってしまいます。
ボクのナスには当初、アブラムシがびっしりとついていましたが、いつの間にかいなくなりました。
では、逆に人間が腐敗型野菜を食べるとどうなるか...
人間の腸は虫とは違い、大きいので少々食べても死んだりはしません。
でも蓄積はされ、あとの病気や死の原因となります。
また、農薬を使った慣行栽培や有機野菜は、野菜ができるまでの過程で虫を殺します。
このようなツケは、あとあと何かの形で償うことになります。
最近のウツ病や犯罪など、すべては食べ物が影響しているという発表があったようです。
食べるものによって人間はおかしくなってきているようです。
最近の主婦は、ダシをとるのが面倒だったり高くつくという理由で、粉末のダシを使っているようです。
飲食店もそのようなお店がほとんどです。
このようなものを食べていると、あとで必ずツケを払うことになります。
これが自然の原理です。
なので、昔から楽あれば苦ありという言葉が存在したのだろうと思います。
苦あれば楽ありというのは、苦しむ目的が明確であれば楽が待っていますが、苦しむ方向が間違っていればその先にはまた苦が待っています。
なので、目的の明確化は大切です。
目的をもつというのは未来の自分を想像し、未来から現在の自分を見つめて導くことになるので必ず思ったようにいくものです。
うまくいかないのは、努力が足りないのか努力すべき方向性が間違っているということです。
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。