自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜の裏側

いろんな直売所に行くと農家と話す機会があるかと思います。
農家の話を聞くと農薬は少しだとか一回だと言って、無農薬のようなもんだと野菜の安全性を主張します。
それを聞いた消費者は、素直に安全だと思ってその農家の栽培した野菜を購入します。
どこでも見られる光景です。
ボクは素直に安全とは思わず、たった一回の農薬と主張するので使わなければいいのでは?と切り替えします。
農家や販売者の言うことに洗脳されてはいけません。
もちろん、ボクの言うことにもです。
常に疑問をもって、質問攻めにすることをお勧めします。
農家は一回の農薬使用といっても、実際はそれ以上に使っているケースが少なくありません。
しかも強力な農薬を一発使っているケースもあります。
直売所は、農家が直接販売するので新鮮で安全なイメージをもたれていますが、それは間違いです。
鮮度は確かにいいでしょう。
味もスーパーと比較するとよいでしょう。
そのからくりは、露地栽培だからです。
直売所で販売する農家は小さな農家が多いので、ハウス施設はほとんどありませんので露地栽培が中心です。
なので、鮮度+露地栽培というだけでもおいしく感じることができます。
ただ安全性だけは別です。
頭のボケている農家も確実にいます。
少量栽培するのに種を買って苗を作ったり面倒なことはしないので、苗をホームセンターで購入したりもします。
ホームセンターの苗はひどい種を使用しているケースもありますし、見栄えがよくなければ売れないので店頭にでるまで3回前後の農薬をかけています。
栽培履歴で、消毒と書かれているものは農薬です。
栽培履歴すら書かれていないひどい苗もたくさん出回っています。
どのような履歴で栽培されたのかもわかりません。
世の中に出回っている野菜というものは、そんなもんです。
だから自分の信頼できる農家の栽培した野菜を直接購入するか、ほしい野菜があれば農家に作ってもらうのが家族の健康を守ることができる一番の得策かと思います。
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。