自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鮮度の重要性

ボクは、可能な限り採れたて野菜を販売するようにしています。
そのため天候によっては、収穫を見送ってお客さんにご迷惑をおかけすることは多々あります。
朝に収穫してからお店に持ち帰って、袋詰めして販売するといったスタイルは非常にハードでスーパーや他の販売店からしてみればとても馬鹿げています。
そんな努力をして、野菜が高く売れるわけでもないからです。
今の販売店の売り方は、すべて売る側の視点から見たもの。
価格が安いことばかりを訴えて、お客さんの視点から物事を見ていません。
野菜というものは、収穫してから1週間後にはビタミンCが半減してしまいます。
ビタミンというものを甘くみてはいけません。
昔、日露戦争での戦死者は5万人近く。
その半数以上は、脚気という病気が原因です。
この病気を引き起こした原因は、ビタミン不足ということは明確です。
つまり、ビタミンが極端に不足すると人間は死ぬということです。
また、テレビ等で野菜の賢い保存方法として茹でて保存したほうがよいとあります。
このような人間は、栄養価のことや本気で消費者のことを考えているように思えません。
茹でて保存した場合は、収穫後3日目から急激にビタミンCは減少します。
採れたて野菜でなければ、すでにビタミンCは減少した上にさらに減少します。
嘘だと思うなら調べてみるとよいでしょう。
なので、ボクはなるべく生で保存して十分な栄養素を摂っていただきたいので、採れたてにこだわっています。
ボクのやることには明確な理由があります。
単に採れたて新鮮ということだけで販売しているわけではありません。
新鮮というキーワードを使って販売している生産者や販売者はたくさんいます。
それは、新鮮といったほうがイメージもよくて売れるからです。
なぜ新鮮がよいのか、それ以外に理由は持っていないはずです。
常になぜ?という疑問を持ちながら世の中を見ることで、本質というものを見抜くことができると思います。
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。