自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発酵型の畑

今日は4時から作業開始です。
カーボンを取りに行っていました。
ボクは3つのカーボンを畑に投入しています。
その1つは、コーヒー粕です。(画像上)
できたてホヤホヤのコーヒー粕をいただいています。
秘密主義のボクが、カーボンの正体を明かすのには誰もが真似できないからです。
素人が何の知識や計算もできなくて使うものなら、完全に野菜は全滅します。
ちなみにこのコーヒー粕はUCCのものです。
コロンビア産でブラックコーヒー専用です。
他に飲食店さんからいただいているコーヒー粕も使用していますが、炭素濃度が異なるので使用用途を変えています。
農業は簡単そうで、精密な計算が必要です。
そんなに甘くはありません。
他の2つのカーボンは、いまのところシークレットです。
このようなカーボンを計算結果に基づき畑に投入すると発酵型の畑になります。
なので、ボクの畑はあちらこちらに大きな椎茸ができています。(画像中)
畑の臭いもぬか漬けのような香りがします。
実はこれがキモなんです。
虫は発酵食物は食べません。
食べると死んでしまうからです。
胃腸のPHが人間とは違います。
発酵型の畑で栽培された野菜は、発酵型の野菜となります。
肥料を使って栽培した野菜は、腐敗型の野菜となります。
虫が食べることができる野菜です。
人間は胃腸が虫にくらべて丈夫なので、腐敗型の野菜を食べても死にませんが蓄積はされ、やがて病気を発症します。
本日、畑に来られた老人は、お孫さんがアレルギー体質でスーパーの野菜が食べられないので、ご自分で無農薬野菜を栽培し始めた方でした。
害虫の被害にあいながらも少しは収穫できたそうですが、それでもお孫さんは食べることができなかったようです。
ただ、ボクの野菜は食べることができました。
同じ無農薬なのに何が違うのかを知りたかったようです。
大きな違いは肥料を使うか使わないかのみです。
これまで肥料を使用していた畑では、畑を浄化するのに2~3年ほどかかりますが、とりあえずチャレンジしたいとのことでした。
それから、畑にカーボンを投入すると多くのテントウムシやクモを見かけるようになりました。(画像下)
テントウムシは、ナスの苗に1~2匹ほど住み着いています。
苗を作られた農家さんの土に原因があるのか、先日までアブラムシがついていましたので、それを食べてくれています。
いまの畑では、うまく循環というものができつつあることを実感しました。

100521_071717_convert_20100521203428.jpg

100521_125301_convert_20100521203451.jpg

100521_170532_convert_20100521203515.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。