自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の目標

本日は暑い中、当店へお越しいただきありがとうございました。
さすがに今日の暑さはこたえました。
収穫時の暑さも大変ですが、野菜を運ぶときに鮮度が落ちないように気をつかうのがさらに大変です。
特注の発泡スチロールBOXに保冷剤を入れて、さらにBOXの上にシルバーシートをかけて運んでいます。
小さな八百屋は、このような面倒なことはせずにダンボール箱に詰めて運びます。
鮮度が落ちるはずです。
さて、2nd Stageでは適当に蒔いた種からブロッコリーができ始めていました。(画像上)
おそらく、スティックセニョールかと思います。
ボクは少しでも種があまると適当にあちらこちらに種を蒔いています。
1st Stageで栽培しているスイスチャードは、カラフルだけなく透明度も高いです。(画像中)
透明度が高いのは自然栽培の特長です。
味は、素直でシンプルです。
人間が作り出した味ではありません。
また、近くではフレッシュオニオンも大きくなりつつあったので収穫してみました。(画像下)
味は、ばらつきがみられます。
おそらく、F1の種に原因があると思います。
今回は、どちらかというと失敗に近い結果となりましたが、あきらめずに再チャレンジします。
生で食べると甘さのあとにピリリと辛味がやってきますが、焼くとぬめりがそのまま残るのが特長です。
煮込むと繊維が細かくてとろけるかと思います。
味は悪くないかと。
現在、改良中のカーボン栽培であれば、おそらくうまく生長するはずです。
昨年とは違って、おもしろいように種を蒔けば芽を出して農薬や肥料を使った慣行栽培並に生長してくれます。
今年の目標は、無農薬はもちろんのこと肥料を使わなくても慣行栽培以上の生長スピードと収量を達成することです。
なんだか先が見えてきたような気がします。

100522_065126_convert_20100522180336.jpg

100522_083810_convert_20100522180358.jpg

100522_085258_convert_20100522180422.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。