自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たなカーボン

いまのボクの農業にはリスクがあります。
現在、3つのカーボンを使用していますが、その中で一番即効性のあるカーボンが手に入らなくなった場合はとても重大です。
これまでと同じように野菜ができなくなる可能性すらあります。
いつもお店の経営と同様にリスクや脅威を第一に考えています。
そこで企業にとって廃棄物で、廃棄すると環境に悪く、畑にとってよいカーボンをずっと模索していました。
そして、ようやくこれまでのどのカーボンよりも強力なものを見つけ出しました。
それは、保水性が約20%向上するすぐれもの。
ついでに大腸菌の繁殖も抑え、アンモニア臭も約40%減少させるほどの能力があります。
これなら臭いの苦情も周囲から発生することはありません。
さらにこれまでのカーボンと組み合わせることで、発酵も促進させることができることもわかりました。
来月早々にでも企業へ提案して、スポンサーになっていただくよう営業開始です。
すごいものを見つけてしまいました。
いまだに農家は、何も自分で努力も勉強せずに安易に答えを求めようとします。
親切に教えても失敗するとボクのせいにします。
カーボンの正体はお客さんには説明しますが、農業関係者からの問い合わせはご遠慮ください。
最近、あちらこちらに情報がリークしているのも気分が悪いです。

新たなカーボン
 Carbon Type-S

現在のカーボン
 Carbon Type-K
 Carbon Type-C(コーヒー粕)
 Carbon Type-M

最強の組み合わせ
 Type-S + Type-K
 Type-C + Type-M
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。