自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レシピの著作権

農業をしていると販売するルートに苦労します。
野菜がつくれるようになれば、次のハードルは売り先です。
たいていの人間は、安易にネット販売を考えています。
ネット販売なんて、全国あちらこちらで行っています。
自分の野菜を買ってもらえる根拠が明確であればよいですが、特別な野菜をつくったり思いっきり安くなければ注文はいただけません。
ましてや、ホームページのデザインのセンスやブログの更新頻度など、賢い消費者はしっかりと見ています。
どこかの空きスペースで対面販売をするのもいいですが、なかなか見つかるものでもなくすぐに売れなければ野菜も傷みます。
しかも対面だと話す内容で、野菜の知識や舌のレベルがすぐにバレてしまいます。
なので、日ごろ良いものを食べていない生産者が口のこえている消費者や飲食店に見抜かれます。
たまに対面販売している農家や販売者がいると客のふりをして質問するのですが、はじめは自慢げにあれこれと話をするのにボクが無農薬・無肥料で野菜を栽培していることを明かすとパタリと話が止まってしまいます。
こっけいな風景です。
さて、しっかりとしたビジョンのない生産者は、まずは近くの入りやすい飲食店へ野菜を持っていって営業をかけるのが一般的です。
それで評判がよければ自信をつけて、野菜をもちこむ飲食店のレベルをあげていきます。
そうするとはじめにお世話になった飲食店へ野菜を提供できなくなるため、迷惑もかかります。
自分勝手な行動にすぎません。
ホームページなどで自分の野菜を自慢するのであれば、はじめから一流レストランへ持っていけばいいのに...といつも疑問に思えます。
ボクは、変態な性格なので自信がなくても一発目から一流レストランへ持ち込みました。
断られたら、認められるようにがんばればよいだけ。
あと、どのくらいのものを作ればいいのか、どのような野菜を提案すればよいのか明確な距離感が見えてきます。
でも、そのようなニーズは常に変化します。
なぜならレシピには著作権というものが存在しないからです。
どの料理人でもひとつの飲食店で数年も働けば、そこの味を覚えます。
そして、その味を外部へ持っていって、自分のお店をかまえます。
味のベースは、以前働いていた飲食店のもので少しアレンジした程度です。
すべてがそうではありませんが...
遠くへお店を出せばよいものの、以前働いていた近くで出店するともとのお店は対策を考えなければなりません。
もし、これまでと同じように営業をしているとお客さんを奪われる可能性もでてきますので。
そこで、もとの飲食店は食材に目をつけて品質のよい野菜や珍しい野菜を探し始めます。
野菜の営業というのは行き当たりばったりではなく、飲食店業界の仕組みを知った上で行動したり提案すべきだと思っています。
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。