自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーボンパワー

今日は4:00起きで、小野へカーボンを取りにいきました。
薄着で出かけたのが失敗でした。
とても寒いです。
寒い中、工場内で待機していました。
カーボンができあがるのに9:00までかかってしまったので、辛抱のスタートとなりました。
収集したカーボンはコラボレーションしている農家さんが、置き場を確保してくださったのでそちらへ保管することになりました。
カーボンを畑に投入する際には濃度を調整して慎重に行う必要があるので、置き場があると放置日数によって濃度が下がるのでとても助かります。
畑へ行くと2nd Stageでは、カーボンを投入していない畝は、このところの雨続きで一気に雑草に覆われてしまいました。(画像上)
サラダ大根を栽培しているのですが、大変なことになっています。
これが、これまでZERO-Veg.と言っていた野菜の栽培方法です。
雑草は窒素を吸収するスピードが早く量も多いので、野菜よりも生長スピードが早くなります。
するとどうしても野菜の生長を雑草に妨げられて、収量も少なくなるわけです。
野菜の生長を妨げないために雑草を抜いたりするのも面倒な作業です。
一方、今春から試験的に始めたカーボン栽培です。(画像中)
さきほどのサラダ大根の畝よりもはるかに早く畝立てをしました。
ジャガイモが生長しているので3月半ばくらいです。
雑草は、ほとんど生えていません。
これがボクが何度も計算しつくして割り出したカーボンの適量です。
ただ、安全マージンを設けています。
たとえば、計算上だとMAXで100ほどカーボンを投入すれば雑草は生えずに野菜だけが生長する結果が出た場合でも安全マージンを30ほど設けて70程度に投入をとどめています。
ちなみに100を超えると野菜も全滅します。
また、2nd Stage内でも畝によって、すべて計算をして投入量を可変しています。
安易にカーボンを使おうとする農家は少なくありませんが、楽をしてこの結果を得ることはできません。
なぜ、理想ばかりを求めて努力しないのかいつも不思議でたまりません。
これまでの農家はもちろんのこと、若い農家も同じことがいえます。
なので、残念ながらこれからも農業は変わらないでしょう。
口先だけですから...
それから、3月はじめに耕した2nd Stageの畝では、オカノリがビッグサイズにまで生長しました。(画像下)
韓国の種ですが、昨年秋に栽培したものとは比べ物にならないくらいのサイズです。
1st Stageにも同じ種を蒔いていますが、カーボンを投入しない以前の栽培方法なので大きくは生長していません。
この畝は初めてカーボンを投入したところなので、試験的に少量しか使用していません。
なので、小さいながらも雑草がところどころに見られます。
これがカーボンパワーです。
他に春蒔き三寸ニンジンなどもいい感じで生長しています。
つまみ食いしてみましたが、理想とする味に近づいていました。
畑でかじってみると柿のような味がして、フルーツニンジンといった感じです。
明日は、また早朝からいろいろと収穫する予定です。
来週にでも無農薬・無肥料で栽培した赤タマネギをデビューさせようと思っています。
このように栽培されたタマネギは、お金をだしてもなかなか買えないものです。

100528_160242_convert_20100528184415.jpg

100528_155751_convert_20100528184329.jpg

100528_155640_convert_20100528184231.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。