自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏野菜のデキ

今日は、母に送る野菜の収穫と畑のメンテナンスがメインです。
畑の一部では、トマトが赤色になってきています。
天候不順でありながら、完全露地栽培としては早いほうかと思います。
しかも、肥料もあげていませんので。
大きく育ったトマトの苗を支柱に誘引する作業をしていると青い実が取れてしまいました。(画像上)
小桃というトマトです。
せっかくなので、食べてみました。
これまで、トマト農家や有機農家のトマトを青い実のまま食べてみましたが、食べると喉にイガイガとした感じが残って食べれたものではありませんでした。
ボクのトマトは、このままで普通に食べることができます。
緑のトマトといって売っても大丈夫かと。
あまり酸味は感じることができませんが、ほのかにさわやかな甘みを感じることができます。
今のペースだと7月半ばには販売できそうです。
また、先週末に小さな実が成っていたキュウリが大きく生長していました。(画像中)
ネットをせずに地這いで育っています。
品種は、たぶん北進キュウリだったかと思います。
おおげさに表現するつもりはありませんが、イボイボがトゲみたいに鋭くて、とても素手では触れないほどでした。
自然栽培するとこうなるのかもしれません。
天候次第ですが、早ければ今週末から収穫できそうです。
今回のは、母へ送りました。
他に茄子も万願寺、ピーマンも実をつけていました。
来月の野菜は一気に夏野菜に切り替わりそうです。
一方、結球レタスのシスコは途中まで順調に生長していたのですが、急激な温度変化と大雨で綺麗に巻きませんでした。(画像下)
形は悪いですが、十分に食べることはできます。
本日、味見をしましたが、これまで食べたことがないような甘みを感じました。
まだ土がしっかりとできていませんが、今の土壌でこの味が出せるのでもっとすごいレタスになりそうです。
こちらは、たべごろ宅配や週末に向けて出荷予定です。

100621_124508_convert_20100621200924.jpg

100621_125648_convert_20100621201014.jpg

100621_182234_convert_20100621201035.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。