自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金のかからない農業

農業という業界は、ITに比べると努力や勉強をする人間が圧倒的に少なく感じます。
農家が努力しているといっても、現状を見てみるとボクにしてみれば甘いです。
そんなもんです。
農家の言うことを全て真に受けてはいけません。
ITと言ってもピンキリですが、トップの企業にいると技術の進歩が早すぎるので、少しでも気を抜くと置いていかれます。
1ヶ月もするとついていけないこともでてきます。
このところ、カーボンについてのご質問もあったので、下記へまとめておきます。
今週から大企業に交渉しているカーボンがあります。
先週までは、もう何もないだろうと思っていましたが、勉強すると出てくるものです。
これまでのカーボン以上に優れものかと思われます。
始めは、丹波の職人さんに問い合わせをしていたのですが、大量に提供していだける企業をご紹介していただきました。
もちろん、企業サイドとしては産業廃棄物となるため不要なものです。
燃やせばCO2が排出されます。
これを畑へ投入して土壌改良とともに地球環境に貢献しようと思っています。
これまでの農家だと新しい肥料等がでると試したり、いろんな資材を高いお金を出して購入していました。
それは本来の農業とは違うと思います。
そのような資材を製造している会社の思うツボかと。
いろいろと混ざった資材を使うことで、訳のわからない野菜の味ができてしまいます。
土壌の状態もわからなくなることでしょう。
訳のわからない状態だから害虫や病気も発生します。
そして、さらに無駄な手間をとられます。
お金もかかります。
原価計算すると割りがあわないはずです。
有機野菜は有機肥料が高いから価格も高いといった農家がいましたが、それを価格に転嫁するのはいかがなものかと。
自分が勉強も努力もしないから高いお金を出して肥料を買うことになったわけですから...
また、こだわって色んな成分を投入している農家もいますが、味覚がおかしな農家が味にこだわってもおいしい野菜が作れるわけがありません。
農家の食生活を見ればわかりますが、それほど味覚がしっかりとした農家はいません。
おいしいものを食べてきたことがないのですから、何を目指していいのかわかるはずもありません。
これは販売者や飲食店のシェフにも言えることです。
あとグルメ気取って、あちらこちらにコメントを書いている人間にも同じことが言えます。
ネットや雑誌に書かれていることを信じて、よいイメージをもつのは危険です。

Carbon(交渉中)
 ・Type-G ← 微量でも燃やすと虫除け、すき込むと微生物増殖して水はけのよい資材(秘)

Carbon(メイン)
 ・Type-K ← 土壌改良に即効性のある資材(秘)
 ・Type-S ← 微生物が分解しやすく扱いやすい資材(秘)

Carbon(サブ)
 ・Type-C ← カリフォルニア産ブラックコーヒー粕
 ・Type-Z ← 刈り取った雑草
 ・Type-M ← 保水性抜群の資材(秘)
 ・Type-H ← 秋の枯れた落ち葉

Carbon(検討中)
 ・Type-T ← Type-Bよりも分解しやすく扱いやすいバーク系資材(秘)
 ・Type-O ← Type-Bよりも分解しやすく扱いやすいバーク系資材(秘)

Carbon(使用中止)
 ・Type-B ← バークチップ(炭素濃度にばらつきあり)

人気ブログランキングへ
 ┗ 産業廃棄物でも農業にとって宝の資材は、まだまだ眠っているようです。
    みなさんの心ある1クリック/日が、本日の活力となります。
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。