自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏のニンジン

本日は猛暑の中、当店まで足を運んでいただきありがとうございました。
今朝の収穫は、汗だくでした。
ボクが思うに朝日のパワーは偉大で、日が昇った時の日差しのほうが強いように思えます。
まだ、10;00あたりに作業をしたほうが汗の量も少なくて疲労も抑えられるような気がしました。
今年は季節の気温がおかしかったり雨量も少ない時期があったりと夏野菜が順調に育ちませんでした。
ただ、日程を分散して栽培しているので第二弾、第三弾の夏野菜がスタンバイしています。
そろそろレモンキュウリが実をつけるころだと観測していると、ブンブンとうるさいくらいのハチの大群がレモンキュウリの周辺に集まっていました。(画像上)
とにかく、ボクの畑にはハチが多すぎます。
他にいくところはないのでしょうか...
今日のメインとなるニンジンは、ラブリーキャロットです。(画像下)
基本的にニンジンは涼しい時期の野菜です。
気温が高いと根が生長する前に葉が成長して花が咲くからです。
大根なども同じです。
なので、今の時期に直売所などではニンジンや大根はほとんど売られていないかと思います。
栽培が難しいのです。
でも、ボクは年中栽培しています。
試行錯誤の上、栽培のテクニックを身につけました。
ヒントは雑草です。
雑草をある高さまで伸ばして、涼しい環境...生長を促進させない環境を作ります。
この雑草を伸ばす高さがポイントです。
伸ばしすぎてもいけません。
雑草と生長スピードを競い合って、一気に葉のみが生長します。
短すぎると太陽エネルギーを一気に吸収して、やはり葉のみが生長します。
収穫の際は、端のほうから雑草を刈り取りながら手前のニンジンから収穫していきます。
いつもはリストバンドをして農作業をするのですが、今日は忘れたので草負けをしてしまいました。
小さいニンジンですが、作業は大きい野菜以上に疲れます。

人気ブログランキングへ
 ┗ 明日も早朝から農作業と収穫です。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。


100724_071453_convert_20100724184337.jpg

100724_075044_convert_20100724184354.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。