自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然界の法則

本日も猛暑の中、当店まで足を運んでいただき、ありがとうございました。
今朝から微生物や菌、人間の体について勉強していました。
おもしろくなってきたところで畑へ向かったので、早く帰宅して勉強の続きをしたくてたまりませんでした。
秋冬野菜の栽培に向けて、どのように畑のコンディションを整えていけばよいのか理解できてきました。
先週は、雑草の整備で時間をとられました。
今週は、畑一面をカーボンで覆う作業となりそうです。
単に覆うわけではありません。
必ず土と混ぜるのがポイントです。
混ぜるのと耕すことは、全く異なります。
絶対に土をおこしてはいけません。
自然の原理に反します。
カーボンの目的は微生物を養い分解してもらい、養分を土壌に送り込むためです。
微生物は土の中に存在するので、土と混ぜないとカーボンを分解することができないというわけです。
森林の自然界では、小動物が動いて表面の土壌をかき混ぜます。
その行為を人間が人工的に行うことで、自然界と同じ環境を構築します。
これを不自然の行為といいます。
不自然といって、反自然とは異なります。
ちなみに野菜を人間が作ることは不自然です。
人間が手を加えるのですから。
反自然というのは農薬等を使用して自然の循環を壊すこと。
農業以外にも建築業界など反自然にあたる行為は多々あります。
自然のパワーは偉大です。
反自然な行為を行えば、かならずツケを払わされます。
これが自然界の法則。
人間は好き勝手なことばかりをしていますが、あくまでも自然界の一部にすぎないことを忘れてはいけません。
なので、自然界にあわせた農業をしないと将来、大変なツケを払わされることになるかと思います。

人気ブログランキングへ
 ┗ 人間は偉そうにしていても自然には勝てません。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。