自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の風

今朝は雑草刈からのスタートです。
昨日、水路をはさんだ隣の田んぼから苦情がきました。
こちらの雑草が伸びてるので害虫被害で困るとのこと。
ボク自身、疑問に思うことが多々ありましたが、素直に刈り取ることにしました。
結果、苦情を言われた田んぼサイドの雑草が伸びていました。(画像上)
ちなみにボクの畑の雑草は背丈も細く短くて、肥料を与えていないので色も黄緑です。
隣の田んぼは雑草を抑えるためのシートを被せていますが雑草の生命力は偉大なもので、わずかな隙間から太陽の光を求めて伸びています。
自然を甘く見ている証拠。
それにしても急斜面の草刈は体勢もきつく1時間で汗だくでした。
ただ、気温は34度でも吹く風は涼しく、気持ちよかったです。
その後は、休むこともなく夕方までノンストップで秋冬野菜用の畝を作っていました。(画像下)
まずは、種蒔きがしやすいように畝表面の雑草を完全に刈り取り、畝の両サイドにまとめます。
これで、やがて土にもどり養分を蓄えることになります。
畝表面には、3つのカーボンを投入して軽く土と混ぜるだけ。
このエリアは粘土質で硬く一番育ちが悪い場所でしたが、いまでは軽く手首まで入っていきます。
明日はお昼あたりから雨が降りそうなので、午前中に種を蒔く予定です。

人気ブログランキングへ
 ┗ お盆が過ぎると秋の風に変わると祖父が言っていたことは間違いなかったです。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。


100815_131049_convert_20100815203113.jpg

100815_141900_convert_20100815203129.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。