自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな実験

なかなか雨が降りそうで降りません。
今年は夏から非常に降水量が少ないです。
この3ヶ月間、まともな雨は数えるほどしかありません。
ボクは畑の水やりをしないので、野菜も限界にきています。
たとえ、水やりをしたとしても相当量の水分がなければ土壌に浸透しないため生育は悪くなります。
困ったものです。
さて、本日は理学整体の後に畑へ向かいました。
まずは、ニンニクの植え付けです。(画像上)
田子ニンニクをチョイスしました。
ニンニクの球根は高くて、栽培にも半年以上かかるので価格も高くなるのは納得です。
たいていの農家は安い中国産ニンニクの球根を買って栽培するようです。
ちなみに中国産ニンニクは、国産の10~30分の1の値段です。
ボクは、中国産をすべて疑っているので安くても買わないことにしています。
中国産のニンニクに限らず、松茸にしても過剰な香りと雑味がして食べられたものではありません。
そして、畑では新たな実験もスタートしています。(画像中)
新たな計算式でブレンドした土です。
今後、想像もつかない気象の変動に対応できるようにしておく必要があります。
真冬に種を蒔いても野菜を生育させたり、畑が全滅しても別の場所で簡易的に栽培できたりと...
すべて露地栽培での可能性を探ります。
特に寒い時期での栽培では、いかに土壌を暖かく保つかがポイントとなるかと。
植物の根は、暖かいところにしか根を伸ばそうとしません。
そこで、ある廃棄物を混ぜることで一日経たないうちに発酵させて地温を上げることに成功しました。
さらに白い糸状の菌も同時に繁殖しています。(画像下)
理論上は、これで野菜は生長するはずなので、今後の経過をウォッチしていこうと思います。

人気ブログランキングへ
 ┗ 産業廃棄物の中には、まだまだ畑に活用できる資材がありそうです。
    みなさんの心ある1クリック/日が、明日への活力となります。


101021_133614_convert_20101021174708.jpg

101021_150304_convert_20101021174726.jpg

101021_150334_convert_20101021174740.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。