自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑の整理整頓

このところ、土つくりばかりに専念していたので畑の整理整頓ができていませんでした。
ちらかっているのが嫌いな性格なので、毎日のように気になっていました。
少しは作業に余裕がでてきましたし、畑にお越しになられるお客さんも多くなったので気合をいれて整理することにしました。
まずは、不織布です。(画像上)
昨年、防虫ネットとしても使用していたものです。
今年から防虫ネットは全くしなくなったので不要となりました。
とりあえずは草の上に敷いて雨で汚れが流れ落ちた後に収納しようかと思います。
もしかしたら、霜除けとして出番がくるかもしれません。
それから、評判のいい折菜です。(画像中)
たくさんできています。
肥料なしでも沢山できます。
アブラナ科でも防虫ネットなしで綺麗にできます。
農家は口をそろえてアブラナ科の野菜は虫に狙われやすいといいます。
いろんな雑誌にも同じように書かれています。
そして、自分が栽培して害虫被害にあうとアブラナ科だから仕方ないと思う人間がほとんどです。
害虫被害に合わないように防虫ネットや農薬などの方向へ進むわけです。
一生、害虫とつきあうことになります。
勉強をしないとこのような苦労する人生が待っています。
こんなことをボクが言うと必ず反論されます。
折菜は害虫が好まない野菜なんだろうと...
農業経験が1年半と短いと絶対に認めようとしません。
困ったものです。
では、アブラナ科の小松菜はどうでしょう。(画像下)
こちらも防虫ネットはしていません。
虫食いはありません。
もちろん、無農薬です。
木酢や竹作液などといったものも一切使っていません。
次は、どんな反論をするのか楽しみです。
これらの野菜は本日、芦屋のフードヴァンさんに納品しましたのでリクエストして食べてみてください。

101126_141038_convert_20101126185516.jpg

101126_143211_convert_20101126185531.jpg

101126_143415_convert_20101126185546.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。