自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急性胃腸炎

昨日の夕方からどうも急性胃腸炎を起こしたような...
朝から何も食べておらず、夕方近くになって絶えられないほどにお腹がすいたので目の前にあった気になるお店に入ってみました。
チェーン店です。
今年になって野菜をすべて国産に変更して、たっぷりの野菜を前面にアピールしています。
土日は駐車場に入る車で行列しているのを見かけます。
メニューには、長崎ちゃんぽんに野菜480gと書いてあります。
厚生労働省が推奨している一日の野菜の摂取量は350g。
現実は、300gに満たない程度の野菜しか食べていないとの調査結果。
なので、480gというとかなりの量です。
そこで、出てきたちゃんぽんの野菜をチェックすると貧乏臭い量。
絶対に480g入ってないはず。
すべて国産の野菜と宣伝して安全性もアピールしたいようですが、世界で農薬の使用量は日本がダントツの1位。
国産だからといって安全だとは限りません。
しかも相当な量を仕入れるからには、化成肥料で大量生産しなければおいつかないはず。
感想は、不味かった。
体に悪いものを食べにいったようなもの。
このようなものを行列をつくってまで食べに行く精神が理解できません。
自分で作れば、もっとたくさんの野菜を格安で食べることができるはずです。
ボクのお店で買っても、そのほうが安くあがります。
その後、急激にお腹が痛くなって今日になってもおさまりません。
キリキリしている状態が続いています。
昨日は、ちゃんぽんしか食べていないので疑っています。
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。