自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土の作り方

今日は久しぶりに体のメンテナンスです。
理学整体へ行ってから畑へ向かいました。
このところ、作業スピードが猛烈に速くなりました。
年末にクローラーを導入してカーボンの運搬が楽になったこともありますが、要領を得てきたからだと思います。
手を抜くところや慎重にやるべき作業とメリハリをつけています。
今の時期は種を蒔いても発芽しないので、家庭菜園をされている方は何もされないのが普通。
農家も同じような人間がいますが。
そのような中、しっかりと土つくりを考えている菜園家もおられるようです。
最近、ボクのところに習いにこられる方も増えました。
とりあえずは、落ち葉の利用方法がわからないとのこと。
一般には米ぬかなどと一緒に混ぜて発酵させて堆肥として使いますが、ボクは堆肥はつくりません。
生のまま畑へ投入します。(画像上)
これからが問題です。
たいてい、このまま土にすきこむと土の表面がゴワゴワな感じになってしまいます。
大きなローターで深くすきこめはよいのですが、それでは腐敗して逆効果です。
空気が通らなければ腐敗してしまうので、微生物も増えません。
必ず深さ10cmを目処にすきこみます。
ボクの畑だと一発できれいにすきこまれて、土の表面が平らになります。(画像中)
土がフカフカで完成度が高い証拠です。
どのようにしてフカフカとするかを説明させていただきました。
このような状態にもっていくのは簡単です。
カーボンの種類と投入量を間違わずに、すきこむ際のローター回転数を調整すればあっという間にできあがります。
家庭菜園レベルだと一日あれば十分です。
あとは、経過を見ながらカーボンを増やしていけばよいです。
農家も同様ですが、今を頑張らない人間はいつ頑張るつもりなのでしょう!?
肥料を使わない自然栽培という分野は、そんなに甘くはありません。
さて、昔ながらの自然農法で栽培している1st Stageです。
年末近くに種を蒔いたスナックエンドウが、ゆっくりと生長しています。(画像下)
あたたかくなると一気に生長していくと思われます。
早くて4月くらいでしょうか...

110113_152637_convert_20110113192956.jpg

110113_153532_convert_20110113193011.jpg

110113_165920_convert_20110113193023.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。