自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜中のひらめき

今日は寝不足です。
昨夜、熟睡していたはずなのですが、突然ひらめいて目を覚ましてしまいました。
農業をはじめてからよくあることです。
いきなり答えが見つかることが多々あります。
昨夜は、なぜボクの畑に虫がこないかという答え。
これまで畑には畝を作って、雨が降ると水路を流れて排水溝に逃がすようデザインしていました。
排水溝に近いほうを川下とすると、川上のほうから虫は野菜につかなくなりました。
土壌を浄化していると毒素は川下の方へ流れていきます。
また、粘土質のエリアはうまく排水溝まで水が流れずにその場で蒸発するまで溜まっていた。
虫たちは目が悪くて、臭いで寄ってくる習性があります。
なので比較的、粘土質のエリアと排水溝に近い毒素が多いところで栽培していた野菜は被害にあったと考えられます。
そして、いつしか畑は水はけもよく畑に溜まった水が排水溝には流れずに地面直下に浸透するようになりました。
すると、これまで何度か書きましたが畑にいると青リンゴの香りが漂っていました。
とても心地よい香りです。
それと同時に虫もいなくなりました。
すべては臭いです。
ボクが畑に投入しているカーボンの中には消臭効果を持っているものもあります。
これによって、酸性雨が降っても数日で改善できるのだとわかりました。
これは2nd Stageの例です。
一方、1st Stageでは農業を始め出したときに何もわからずに堆肥が必要とのことで牛糞を川上のほうへ置いておきました。
今、考えると牛糞の置いてある川上のほうがひどく虫に食べられていました。
そこから毒素が川下へ向かって流れるので、当然川下も虫に食べられます。
牛糞は未熟だと雨が降ると臭くていつも憂鬱でしたので使わないことにしてそのままにしておきました。
それから一年もすると完熟し臭いもなくなりました。
同日に雨が降ると地面直下に水が浸透するようになったので、川上も川下もなくなり土壌が浄化され虫もいなくなりました。
すべての謎が解けた瞬間です。
それからは、興奮が止まずに朝までなかなか眠れませんでした。
少しばかり仮眠をして一週間ぶりに裏六甲の農家さん宅へ行きましたが、お昼になっても雪がちらほらと降っていました。
農家さんの苗床ではトマトの苗が20cmほどに生長しています。
この苗床の一部をお借りして、来月からボクも苗つくりを開始します。
昨年は露地で苗つくりをしたので失敗しましたが、今年は大丈夫です。

110128_103443_convert_20110128135616.jpg

110128_103801_convert_20110128135635.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。