自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生産者の優位性

今日から播種機のごんべえを使っての種蒔き開始です。
さっそく使いやすいようにチューニングしてみました。
少量の種を最後まで綺麗に使い切る加工です。
畑で地面に座って加工をした後、試しに小さい種のカブを蒔いてみました。
一発で成功です。
これまでの作業がバカらしいくらいに短時間で種蒔きが終わりました。
約20mの畝を10本蒔くのに1時間程度。
あっという間です。
その後は、宅配用の野菜の収穫をしました。
ボクの野菜は、ボク自身から手渡しでお客さんのもとへ。
そんなときにふと思ったことがあります。
農薬を使って栽培している農家も同じように手渡しで野菜を販売したり宅配をしている人間はいます。
そんな人間は、お客さんや小さい子供を見てどのように思うのだろうかと...
減農薬といって正当化していても農薬を使用していることに変わりはありません。
特にかわいらしい子供の顔を見れば、絶対に農薬を使って栽培できないと思うのですが。
ボクのつくった野菜は、おいしいかどうかはわかりません。
自然に任せていますので。
でも虫も食べない最高レベルの安全性であることは確かです。
また、ボクのような栽培方法をしているのは日本でもごくわずか。
いたとしてもそれほど多くの品種を作っているわけでもなく...
いくらお金を出すと言われてもボクが売らなければ食べることもできません。
いらないと言われればそれまでですが。
お金があっても手に入らないものを作れば、生産者が優位に立つことができるわけです。
ボクは金で左右されないので、これまで気を長くして待っていただいた方だけにしかご提供しない考えです。
ここまで到達するには苦労しましたが、無農薬無肥料栽培の道を選んでよかったと思います。
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。