自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製造の違い

昨夜から新しいカーボンについての分析を行っていました。
どうしても苗つくりで生育障害を起こした理由がわからなかったからです。
今回のカーボンは、Type-Ba。
これにこだわるのは、ほとんど全国で誰もが使えてなくなる心配もなく環境保全につながるからです。
これまで使っていたカーボンは、運良く今住んでいる地域だからこそ手に入るものが多く、地方では同じ農業を行うことができないのが欠点。
ボクもいつまで関西にいるかは、わかりませんので。
また、まとめて運搬すると重たくて重労働になるのも欠点。
なので、労働時間も長くなり労費も多くなります。
今朝になって、顕微鏡で粒子を分析すると、同じType-Baでも繊維に大きな違いがあることがわかりました。
調べてみると製造方法に問題があるように思えました。
そのとき、タイミングよく九州のスポンサーより電話があったので質問してみるとビンゴでした。
なにも考えずに畑にすきこんで、すぐに種を蒔いても障害が発生しない九州のものと今回障害が発生した東海のものとでは、全く製造方法が違うのです。
おなじType-Baでも製造方法によって、これだけ差が出るとは...
また、ひとつ勉強になりました。
そして、乳酸菌の増殖が早いのも九州バージョン。
早めに気づいてよかったです。
危うく1年を棒にふるところでした。
これで今年は、これまで以上にインパクトのある美味しい野菜が作れると思います。
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。