自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症の疑い

このところ、体調不良が続いています。
訳がわからない状態で、目もショボショボでクシャミがひどいです。
クシャミのしすぎで喉まで痛くなりました。
もしかすると花粉症かもです。
そのような中、今日は宅配用の収穫作業です。
風も冷たく、みぞれが降っていました。
まずは、雪にうもれていたイタリアレタスのモッティストーンと縮緬葉からし菜を収穫です。(画像上)
今年に入って雪が多かったのですが、トンネルなしでも大丈夫です。
今の農家は、野菜に対して過保護しぎます。
でも、もしかしたら、ボクのような農業でなければ過保護でないとダメになってしまうのかもしれません。
それから、ごせき小松菜です。(画像中)
こちらもトンネルなしで、雪に埋もれていました。
肥料がなくても微生物によって、これだけ大きく生長します。
笑いが止まりません。
虫の被害もありません。
昨年あたりから気温の変化が激しいので、種は晩生タイプをチョイス。
早生だと少しの気温変化に敏感に対応しますが、晩生タイプだと長いスパンで季節を感じて生長するのでもってこいです。
種のチョイスは、農業をする上でとても大切なこと。
なんでも珍しい野菜を作ればよいわけではありません。
子供のママゴトではないのです。
それから、いよいよロマネスコがデビューしました。(画像下)
しかしながら、もっとすごいのがロマネスコのわき芽です。
これがまた生で食べるとおいしいです。
こちらもそろそろデビュー間近です。

110324_140037_convert_20110324175745.jpg

110324_132657_convert_20110324175724.jpg

110324_142805_convert_20110324175758.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。