自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芽出しのテクニック

今日は、畑に行くのをやめて自宅でITの仕事をしていました。
いつもチェックしているのは、風速です。
風が強いとイライラとして作業に集中できません。
効率も悪いです。
特にボクの畑は、ダイレクトに風が吹き抜ける場所にあるのでたまったもんじゃありません。
なので、午後から急に風速が上がる予報だったので中止にしました。
午前中だけ仕事をして帰るのは、いくらハイブリッドでも燃料費の無駄です。
細かな経費まで計算していかないと、なかなかやっていけませんので。
昨日の畑のチェックでは、ホウレンソウがきれいに揃って芽を出していました。(画像上)
このようなことは初めてです。
もちろん、水やりは一度も行っていません。
失敗すればするほど勉強するので、手に取るように芽出しの原理がわかってきました。
もともと勉強は好きなので、全く苦になりません。
それから、スタンバイ状態の生姜専用の畝です。(画像中)
これから、仕上げに入ります。
昨年の生姜は、かなりの反響がありましたので、今年は品種も増して増産する予定です。
ニンニク同様にボクの得意とする分野です。
さて、午後は気休めにiPadを触っていました。(画像下)
禁断の裏ワザを使って、リアルタイムでテレビを見ることができるようにしました。
アンテナ不要で、インターネット経由で見れます。
他に各地のラジオなども。
巷では携帯電話がスマートフォンに変わりつつあります。
おそらく、今年が変わり年だと思います。
来年は、ガラリと変わるでしょう。
使いこなせれば宝の山となりますが、そうでなければ宝の持ち腐れとなります。
これも勉強次第です。

110410_080750_convert_20110411213709.jpg

110410_080431_convert_20110411213652.jpg

110411_143135_convert_20110411213724.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。