自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズブ濡れの作業

近頃、お客さんから新しい八百屋ができているとの情報を沢山いただきます。
実際のところ、あちらこちらにできているようです。
市場から仕入れて販売している昔ながらの八百屋や農家の野菜を販売しているブローカー的な八百屋など。
どれも同じようなビジネスモデル。
お店の目的も上っ面だけで中身がなくて、どうもよくわからない。
ボクは一足先に次のモデルへと転換します。
なので、お店をクローズすることにしました。
一旦、自分の農業に専念して安定した収穫を確信してから南向きの店舗を探す予定です。
誰もが簡単に真似できない自分で栽培した野菜を自ら販売します。
野菜の味も安全性も鮮度持続もどこに負けないレベルの野菜でオンリーワンを目指します。
さて、本日はキャベツとレタスの定植です。
畑に到着した途端に雨が降ってきました。
雨の日は作業をしないので、雨具をもっていません。
仕方なく、雨に濡れながら作業をすることにしました。
本来、キャベツは1000円以上で売れなければ割が合わないので自分で食べる分しか作らない方針なのですが、1000円でも買うというお客さんが意外と多かったので予約限定で作ることにしました。(画像上)
だからといって、1000円で売るつもりはないのですが...
定植は不耕起で行うので、雨でも大丈夫です。
草は軽く抜けるほどやわらかい土壌ですが、根を土壌内に残して微生物に分解させ空気の層を作りたいので根元でカットして定植します。
刈り取った草は、その場で発酵させます。
また、畑の空きスペースでは新たな実験をしています。(画像下)
今は、すでに夏の種蒔きの焦点を当てて行動しています。
それだけ、野菜というものは種を蒔けばすぐに虫や病気に強いものはできないということです。
このカーボンは、六甲アイランドの大企業さんからいただいているもので、日本でもあまり例がありません。
なので、一から自分でデータ取りして研究しています。
これが楽しいのですが、結果が出るのにあと一ヶ月はかかりそうです。
今日は雨に濡れたので風邪を引かないように早めに寝ようと思います。

DSC_0010_convert_20110422195752.jpg

DSC_0008_convert_20110422195730.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。