自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物事の本質

GWは、甥っ子や姪っ子らとゆっくり過ごしています。
小さいのに味覚はしっかりとしているので、外食しても不味いらしく色んな料理をリクエストされます。
手打ち生パスタで作る明太子パスタはお気に入りのようで、子供仕様に味付けした塩キャベツは、つまみ食いでなくなってしまうほどです。
外で食べる塩キャベツは辛くて食べられたもんではありません。
せこい塩を使っているので、毒素が体内に蓄積され身体に悪いです。
うちでは、100%天日干しされた自然海塩を使っているので、いくら食べても身体がコントロールしてく過剰な摂取量は全て体外へ出してくれるので安心です。
先日の生肉の事件でもわかるように安い価格には必ず理由があります。
野菜も同じです。
少しだけ勉強して、自分が農家の立場になって考えればわかるはずです。
基本的に安いということは、それだけ楽ということ。
安さばかりを求めて野菜を買う消費者には、それほど楽して野菜ができると思っているわけで、だったら自分で作ればいいじゃん!と言いたいです。
野菜を作る仕事が楽だと思うのであれば、農業に転職すれば毎日が楽に暮らせますよ!と。
そう言っても、誰も農業をしません。
なぜなら、農業はきつくて儲からないことを知っているからです。
自分がしたくないことを他人へ押し付けているわけです。
見えない社会人のいじめのようなものです。
野菜の販売者も同じことです。
野菜を作るよりも販売するほうが楽で儲かるので、農業の世界に入り込まないわけです。
また、最近では震災のボランティアも不思議に思えます。
よくボランティアを望む人間を目にしますが、他人の世話をする前に自分の親に対してどれだけ親孝行しているのだろうかと...
身内に対して精一杯できていない人間が、あたかもいい人ぶっている印象も受けます。
すべての人間がそうだとは言っていません。
けっして世の中の流れに流されてはいけません。
違った角度から物事を見て、本質を見抜く力が必要かと思います。
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。