自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラディッキオ

週末にデビューしたラディッキオ(トレビス)です。
あまりご存知でない方も多く、またご存知の方もこれまでのトレビスとは違うと感じたことでしょう。
こちらは、イタリアから種を直輸入して無農薬で栽培しました。
当店で販売しているトレビスは、一般に販売されているものとは見た目も大きさも味も全く別物で、大きさも半端ではなく大きなキャベツほどになります。
トレビス(米)の別名は、アンディーブ(仏)、ラディッキオ(伊) 、 赤チコリ(日) といわれるので赤いチコリを想像される方もおられますがちょっと違います。
ボクは、イタリア野菜なのでラディッキオということが多いですがトレビスと言ったほうが伝わりやすいので、人によってはトレビスを言っています。
サラダに追加することで彩りが楽しくなってきます。
少し蒸して鮮やかな色にしてからサラダにするとよいでしょう。
味は、ハッキリ言って苦いです。
ただ、日本人がその苦味になれていないだけで食べているうちに慣れてくると思います。
触った感じはキャベツよりもやわらかいのですが、葉はしっかりとしています。
やわらかい部分をサラダとして使われるとよいでしょう。
ボクは、蒸して苦味を和らげ白い部分をつかんでバーニャカウダで食べました。
また、韓国風にトレビスでお肉や刻んだ野菜をたくさん包んでお好みのソースやマヨネーズで食べるのもよいでしょう。
来年はボクがつくるので、もしうまくできたらお安くご提供できると思いますよ。
まだ半分残っているので、次回は贅沢にも残りすべてを細かく刻んでイカ墨リゾットの具材として楽しもうと思っています。
実は、これがたまらなくおいしいのです。

2008122220500000_convert_20081223060238.jpg

2008122220530001_convert_20081223061631.jpg

Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。