自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨーカーな経営戦略

日ごろ、いろんなお客さんと今後の展開や考えなど時間のある限りお話をしています。
とはいっても誰にでも話すわけでもなく、まずはこれまでお店をささえてきてくだっさってきた方やメールでやり取りをさせていただいているお客さんからご意見を伺いながらという具合に。
昨日は、はじめてお店の全貌を明らかにしましたところ、なんと先日、BS放送でニューヨークに住んでボクと同じように野菜を販売している方の特集があったとか。
畑から直接野菜を運んでの販売や畑をステージとしてお客さんが収穫を行う経営、お店をステージとした会員制定額販売など。
ボクと全く同じ視点でものごとを見て、同じ思いで実践している人間がニューヨークにいるとは驚きでした。
お客さんのほうも驚いている様子で、何から何まで構想や思いが同じだったもので。
やはり一番のキモは、これまで生産者が見える販売をどこの販売店も行ってきましたがこれからは消費者も見える販売方法でなければという点です。
これは、スーパーのポイント会員制などで顧客を囲いこむのとは全く意味が違います。
消費者の顔が見えることで販売者や生産者は、よりいっそうに品質や安全性の向上につとめることになります。
そこに本当の安全性や信頼というものは生まれると思っています。
これができるのは小さな地域密着のお店の強みです。
ただ、このようなビジネスモデルを構築するには前提条件があり、販売者も消費者を選ぶ権利があってのことです。
販売者も生産者も自分の選んだお客さんだからこそ、真剣度は増すからです。
お客さんが誰でもよいのであれば、またいい加減な販売や生産に戻ってしまうと思っています。
少なくともボクは、これから自分の年収を大幅に落としてまでも嫌なお客さんのために苦労してまで生産や販売をしようとは思わないかと。
では、今来られているお客さんに嫌な方がおられるかというとそうではありません。
これまでに3組だけ、絶対に二度ときてほしくないお客さんはおられましたが、何かを感じられたのか二度目の来店までには至っておりません。
まだまだ、全貌はブログではあきらかにはできませんがボクと同じことを考えて実践している人間が海を越えたところにいることを知って自分の考えていることは間違っていないことを確認できた一日でした。
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。