自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一か八か

今日もとても暑くて、昨日定植したキャベツを見るとしんなりとしていました。
なんとか回復させるために暑さをしのげるように寒冷紗をかけて、お水をたっぷりとあげました。
これはテキストに書いているわけでもなく、自分が野菜の立場になって考えるとこうしたほうが喜びそうだと思ったからです。
夕方には、昼間よりはしっかりとしてきましたので、あとは野菜の生命力を信じるのみです。
さて、9月2日にアップした虫食いで悲惨なロングスカーレット(画像上)という赤長大根ですが、一か八か掛けに出ました。
これまで生長の邪魔をさせないように周辺の雑草を短くカットしていたのですが、ほったらかしにして完全に自然界の状態にしたところ驚くほどに回復しました。
もう3週間前とは全然違います。
なんとなく活き活きしている印象もうけ、喜んでいるようにも思えます。
また、赤葉大根のレッドオン(画像中)も生長と同時に虫食いの穴を修復しています。
今週末に少ないですがいくらか出荷できそうです。
それから、西洋七草のムスクラン(画像下)もOKです。
なんとも上品な色合いをしています。
今夜は、できた野菜を持ち帰って思いっきり食べました。
やはり、自ら無農薬で肥料もやらずに栽培した野菜は安心して食べられます。
スティック春菊は、生でもかまいませんがごま油で明太子やちりめんなどと一緒に炒めて、味付けはお酒とみりん、ポン酢もしくはめんつゆでどうぞ!

P1030480_convert_20090925215611.jpg

P1030481_convert_20090925215704.jpg

P1030482_convert_20090925215641.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。