自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早めの帰宅

今日は、15:00には畑を出ました。
熱はないのですが、喉が痛く鼻炎も。
体が熱いと思ったら、首の後方でした。
夕方には、原木きのこ類が到着したのできのこ汁でも食べて寝ようと思います。
ボクの畑の隅には、旬が過ぎた野菜や失敗した野菜が積んであり枯れています。(画像上)
これらを燃やした草木灰は、畑にもどします。
先日は、黒枝豆も失敗しました。
失敗した野菜は数知れず。
原因は種まきの時期にあると思っています。
いつも遅いので、次回からは早めに分散して蒔こうかと。
もっと地温の把握もしなければなりません。
一方、できても発芽率が悪く数量が少ない野菜もあります。
その中でも何度やってもうまくいかないのがスイスチャードです。(画像中)
ボクの畑は、弱酸性なのですがこの手の野菜はアルカリ性のほうが育つとも聞いています。
もっと勉強が必要かと。
とにかく、野菜がもともと発生した国の地形を理解して、その国の土壌を再現すればうまく行くはずです。
キャベツ(画像下)は、ひとつだけ大きく生長しています。
なぜ、このキャベツだけ生長しているのかはわかりません。
それにしてもこのキャベツにもバッタがとまって葉を食べていました。
いまの時期にこれだけ野菜を食べられているのはバッタだとようやくわかりました。
早く気づけばよかったのですが、どうやら雑草が多いとバッタが発生するようです。
いまは、ほとんど寒冷紗で野菜を覆っているので被害は少なくなるかと。
無農薬できれいな野菜をつくる方法はわかってきました。
来年は失敗したくないので、もっといろんな経験をしてデータを集めたいです。

P1030655_convert_20091023190716.jpg

P1030652_convert_20091023190621.jpg

P1030653_convert_20091023190654.jpg
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。