自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農業を変える方法

昨日も朝から農家のイヤミを聞くことに。
もちろん、農薬も肥料も使わないボクの栽培方法についてです。
現実を見ずにして、肥料を与えないで野菜が育つわけないと頭ごなしに言ってきます。
素人だからテレビや本の見すぎで夢を見ているとか。
これまで、農薬を使用してきた農家でボクの栽培を理解したのはたった1人。
理解したかどうかは別としてイヤミやケナシをしなくなったのは3人。
これは、ボクを怒らせると理論攻めで叩き潰されるから黙っているだけかと。
あとは、全て敵です。
逆に周辺住民の方は、すごく理解して応援していただいています。
今年のGWに自然農をされている鹿児島の農家さんにバカにならないとできないと言われたことが脳裏によぎります。
先日読んだ木村秋則さんの『リンゴが教えてくれたこと』にも同じように周辺農家からの反発などが書かれており理解できます。
いまの農業は、人間的にも低レベルで未だに昔の風習や人間関係というものが根強く残りくだらない世界だと思います。
農地があまっていても人に貸すことで土地がとられてしまうという考えがあるので、休耕地がいかされるわけがなく新規就農者が増えるわけもありません。
政府が農家の救済策を打ち出してきていますが、本当の実態などわかっていません。
政治家のコメントを聞いてもバカバカしいです。
国が農家に対して過保護になっていると思います。
一度、今の農業をぶち壊さないと何も変わらないかと。
木村秋則さんの本は、おもしろいと言って母が実家へ持ち帰りました。
他に仕事もなく途方にくれている後輩にもプレゼントしました。
後輩は、まだまだ努力の足りない今の自分が情けなくなったと。
11月から少しだけ野菜の栽培を教えることになりました。
今の農業を変えるには農家からでなく周辺から変えていき、農家が変わらざるをえない社会環境にもっていくことだと思っています。
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。